「異素材」とは?

関連ニュース

アイデア満載!女子DIYクリエイターリレー 女優気分でメイクを楽しもう! 「LEDキラキラミラー」by スプンクさん - 01月20日(金)06:00 

腕利きDIYクリエイターたちが、バラエティ豊かなDIYアイテムを毎週お届けする、この連載。今回スプンクさんが紹介してくれたのは、女優さんの楽屋にあるライト付きの鏡をイメージした「LEDキラキラミラー」。ライトアップした鏡で、毎日のメイクを楽しんじゃいましょう!スプンクさん「ライトのスイッチを入れて鏡をのぞくと、鏡に映った顔の周りがキラキラ輝きます。お出かけ前にテンションが上がること間違いなしです!」■用意するもの丸くカットした板(MDF材を使用)ウォールミラーLEDイルミネーションデザイン養生テープ(ビビッドヴアンのYOJO TAPEを使用)ヒモスプンクさん「今回使った『YOJO TAPE』は、オシャレなデザインの養生テープ。柄が豊富で、マスキングテープ感覚で使えますよ」■LEDキラキラミラーの主な作業工程1.板にデザイン養生テープを貼る2.LEDイルミネーションライトを裏側からとめる3.板の裏面に電池ボックスを取り付ける4.ヒモを通してウォールミラーをとめるそれでは、スプンクさんのナビゲートのもと、作業スタートです!1.板にデザイン養生テープを貼るスプンクさん「板にデザイン養生テープをすき間なく貼っていきます」スプンクさん「裏返して、はみ出た部分をカッターなどでカットしてください」2.LEDイルミネーションライトを裏側からとめるスプンクさん「裏側からLEDイルミネーションライトを...more
in English
カテゴリー:

冬のコンビニ最新事情 300円以上の贅沢高級アイスが人気に - 01月17日(火)07:00 

 今年、森永乳業が行った冬アイスに関する意識調査によると、全国20~60代の女性が「冬に夜食として食べるメニュー」の第1位は、なんとアイスだったという結果が出ている。 冬にアイスを食べる人が増えている理由をフードライターの西村愛さんはこう語る。  「暖房のきいた暖かい部屋で冷たいアイスを食べるという贅沢さが冬アイスの醍醐味です。夏は体を冷やす目的で食べますが、冬はスイーツ好きな人があえて食べるデザートなので、コンビニで300円以上する高級アイスも飛ぶように売れているんです。  大手メーカーも各社開発に力を入れているため原材料にマダガスカル産のバニラビーンズを使っていたり、スイーツ専門店に引けを取らないクオリティーです。クリスマスやお正月などイベントの多い時期の手土産にもピッタリですし、近年の日本人の食文化とマッチしたのでしょう」  高級志向が進む“冬アイス”は、夏にはない濃厚な味わいが楽しめる商品が多い。この冬のトレンドについて、コンビニアイス研究家のアイスマン福留さんに聞いた。 「きなこや黒蜜など和の素材を使ったアイスが業界全体のトレンドで、10日で100万個を売り上げたミニストップの安納芋ソフトクリームなど大ヒット商品も出ています。今年の新しい動きとしては、セブンプレミアムのマカロンアイスやローソンのダックワーズサンドなど、異素材を組み合わせた„ハイブリッド系“も人気です」  ...more
in English
カテゴリー:

ロンドンの翳り - 01月13日(金)06:00 

 17~18年秋冬コレクションシーズンがロンドンのメンズコレクションからスタートした。ヒップホップムーブメントを背景にしたラグジュアリーなスポーツスタイルが広がる中、近年、ロンドン・メンズはその影響力を強めてきた▼秋冬ロンドン・メンズは、デコンストラクトなスタイルが広がった。異素材のはぎ合わせによるリサイクルやアップリケを多用したカスタマイズも多い。チャンキーセーターからディテールの変化で見せるローゲージのセーターまで、ニットウェアも充実している▼とはいえ、ここ数年に比べると勢いに欠けた。ラグジュアリースポーツのマーケットは確立されたものの、それに変わる新しいうねりのようなものは出てきていない。「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の凱旋ショーや日本ブランドの参加で話題を作っているが、いくつかのブランドがスケジュールから抜け落ちた▼抜け落ちたブランドの中には、メンズをレディスと同時期に発表するというものもある。1月初旬に準備を合わせるのは大変だとも聞いた。この後に控えるミラノ・メンズも「グッチ」などビッグブランドがレディス時期に発表を移行したことで、内容的には陰りが見えている。メンズコレクションはこれからどうなるのだろうか。大規模な日程再編も考えられる。 (2017/01/13)
in English
カテゴリー:

【特集】大人レディス市場注目ブランド6選 - 01月20日(金)00:00 

■FRAY I.D フレイアイディー (COMPANY:マッシュスタイルラボ)日本の働く女性とともに、次のステージへ徹底したクオリティーに高揚感を加えて マッシュスタイルラボのレディスブランド「フレイ アイディー」が、大きな変革に取り組んでいる。16 年は商品を基礎から鍛え直した。 次世代キャリア市場をリードしてきたブランドは、時代の変化をどう捉え、次のステージへ進むのか。 「ニューモードキャリア」を掲げ、10 年にデビューしたフレイ アイディー。象徴的な異素材コンビのワンピースをはじめ、キャリア市場の新トレンドとして注目された。その後、かちっとしたスタイルから、カジュアル、ドレスアップまでさまざまなシーンで愛用されるブランドに成長。次世代キャリア市場自体も定着し、改めて「本物のものづくりが大切」と執行役員企画部長の楠神あさみさん。日本の働く女性のファッションの進化とともに、「カジュアルだけど品格があって女性らしさも楽しめる服、より良いクオリティーの服」が必要になってきたと感じている。 そこで16年は、キャリア服としての品質を徹底的に見直し、着心地の良い素材、女性を美しく見せるパターン技術などを再構築。歴史ある他社のキャリアブランドの品質をリスペクトしつつ、自分たちの表現を追求した。16年秋物展示会では、品質やものづくりの良さが伝わるベーシックな商品をぐっと増やし、ブランドの変革を...more
in English
カテゴリー:

メンズコレクションのスケジュールはこれからどうなる? - 01月15日(日)09:00 

17~18年秋冬コレクションシーズンがロンドンのメンズコレクションからスタートした。ヒップホップムーブメントを背景にしたラグジュアリーなスポーツスタイルが広がる中、近年、ロンドン・メンズはその影響力を強めてきた▼秋冬ロンドン・メンズは、デコンストラクトなスタイルが広がった。異素材のはぎ合わせによるリサイクルやアップリケを多用したカスタマイズも多い。チャンキーセーターからディテールの変化で見せるロー...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

17-18秋冬ロンドン・メンズコレIII - 01月12日(木)06:30 

 【ロンドン=小笠原拓郎、若月美奈通信員】17~18年秋冬ロンドン・メンズコレクションには、ソフトな素材で作るデコンストラクトなスタイルが広がっている。その流れとして、異素材のはぎ合わせによるリサイクルやアップリケを多用したカスタマイズも多い。チャンキーな編み込みセーターからディテールの変化で見せるローゲージのセーターまで、ニットウェアが充実している。  ■KTZ KTZは黒と白をベースに、たくさんのレースアップのディテールを取り入れた。スウェットパーカのようなストリートアイテムが靴ひものような白いひもで締め上げられ、フェティッシュな空気をはらむ。ウエストに付けられたレースアップパーツは、まるでコルセットのようでもあり、大きなサイズのパーカに変化を作る。後半はキルトスカートを思わせるプリーツスカートやギャザースカートのレイヤード。ストリートのやんちゃな空気をベースにしながらも、新しい服のありようを模索した。KTZ■ヴィヴィアン・ウエストウッド ロンドン・メンズコレクション初参加となったヴィヴィアン・ウエストウッドは、メンズとレディスを一緒に見せた。ずるずるのパッチワークセーターの男性からスタートしたショーは、裾をジオメトリックにカットしたかっちりとしたテーラードスーツの女性、同じジャケットの男性、ヴィヴィアン自身のポートレートやお化けの顔がいっぱいプリントされたエレガントなドレスの...more
in English
カテゴリー:

「異素材」の画像

もっと見る

「異素材」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる