「番勝負」とは?

関連ニュース

久保王将が3勝1敗に=将棋・王将戦 - 02月20日(火)20:05 

 将棋の久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する第67期王将戦7番勝負第4局が19日から兵庫県尼崎市で指され、20日、後手の久保が130手で勝ち、3勝1敗とした。第5局は3月6、7日に島根県大田市で行われる。 【時事通信社】
カテゴリー:

王将戦:久保が豊島破り、防衛へ王手 第4局 - 02月20日(火)19:20 

 19日から兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで指されていた第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は20日、130手で久保利明王将(42)が挑戦者の豊島将之八段(27)を破り、3勝1敗でタイトル防衛へ王手をかけた。
カテゴリー:

王将戦:久保が封じ手 難しい中盤戦続く - 02月19日(月)19:46 

 兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで19日始まった久保利明王将(42)と豊島将之八段(27)の第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会など共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は午後6時2分、久保が54手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は豊島3時間21分、久保4時間12分。20日午前9時に対局を再開する。
カテゴリー:

将棋:先手番豊島、初手7六歩 王将戦第4局始まる 尼崎 - 02月19日(月)09:42 

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦し、久保が2勝1敗とリードして迎えた第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)が19日、兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで始まった。
カテゴリー:

声優・巽悠衣子と大橋彩香の『あどりぶ』、スペシャルCDの発売が決定 - 02月18日(日)01:30 

声優の巽悠衣子と大橋彩香の2人がパーソナリティを務める文化放送 超!A&G+で放送中のラジオ番組『あどりぶ』(毎週土曜日25:00~25:30放送中)より、冬の寒さを吹き飛ばすような熱い3番勝負を収録した「あどりぶ 真冬の決戦2018スペシャルCD」の発売が決定した。
カテゴリー:

【将棋】久保王将が豊島八段に勝ち、防衛まであと1勝/王将戦 - 02月20日(火)19:20  mnewsplus

七番勝負第4局は130手で久保王将の勝ちとなりました。終局時刻は19時12分。消費時間は▲豊島7時間58分、△久保7時間58分。対戦成績は久保王将の3勝1敗となりました。第5局は3月6日(火)から7日(水)にかけて、島根県大田市「さんべ荘」で行われます。 http://kifulog.shogi.or.jp/ousho/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

王将戦:封じ手は1六歩 第4局2日目始まる - 02月20日(火)09:17 

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦する第67期王将戦七番勝負第第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は20日、兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで対局が再開された。
カテゴリー:

将棋:三たび相振り飛車 王将戦第4局始まる - 02月19日(月)11:17 

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦、久保の2勝1敗で迎えた第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は19日、兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで始まった。
カテゴリー:

王将戦:19日から兵庫で第4局 久保2勝1敗で - 02月18日(日)19:21 

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦し、久保の2勝1敗で迎える第67期王将戦七番勝負第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、尼崎王将戦実行委員会ほか共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は19、20日、兵庫県尼崎市の都ホテルニューアルカイックで指される。
カテゴリー:

<囲碁・棋聖戦>井山棋聖タイトル防衛 一力八段及ばず - 02月17日(土)06:05 

囲碁の井山裕太棋聖(28)=名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段=に仙台市出身の一力遼八段(20)が挑む第42期棋聖戦7番勝負(読売新聞社主催)で、大船渡市で打たれた第4局は2日目の16日、井山棋聖が
カテゴリー:

もっと見る

「番勝負」の画像

もっと見る

「番勝負」の動画

Wikipedia

番勝負(ばんしょうぶ)は、主として、囲碁将棋棋戦などにおいて、同じ2名の対局者が複数回の対局を行い、勝数が多い方を優勝者等とする仕組みを指す言葉である。「番」は対局の局数(回数)を意味する助数詞であり、本来は「七番勝負」のように漢数字を冠して表記するが、様々な番数の勝負の総称として「番勝負」と言う。囲碁では「番碁」(ばんご)という言葉を使うことも多い。

形態

番勝負には、次のようにいくつかの形態がある。

  • 1人と1人が複数回戦うもの(= 典型的な番勝負)

予選を勝ち抜いた挑戦者がタイトル保持者・前回優勝者に挑戦するとき(囲碁界では「挑戦手合い」と呼ぶ)のほか、一部のトーナメント戦の決勝戦、タイトル戦の予選の最後となる挑戦者決定戦等がこの形態に属する。

スポーツなどにおける、同一相手との複数回の対戦で勝敗を決める際の「○番勝負」の表現もこの形態に属する。

  • 1人が1回ごとに相手を変えつつ複数人と戦うもの

後述の瀬川晶司のプロ編入試験やプロレスの場合はこの形態である。

他に有名なものとして、山口瞳の「血涙十番勝負」や映画の「新吾十番...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる