「町活性化センター」とは?

関連ニュース

【京都】茶畑、上空から見てみると…宇治茶産地の和束 - 04月21日(土)23:23  newsplus

 宇治茶の産地、京都府和束(わづか)町で、新茶の収穫が始まっている。上空から茶畑を見ると、鮮やかな緑色の新芽と黒い覆いがしま模様を描く。同町は抹茶の原料になる「てん茶」や「玉露」など、宇治茶の生産量の約4割を占める一大産地。収穫前、畝(うね)を覆って直射日光を遮ることで、うまみが増すという。  同町活性化センターによると、美しい景観から「茶源郷(ちゃげんきょう)」と呼ばれ、茶摘みの季節には外国からも多くの観光客が訪れる。収穫は新茶、二番茶、秋番茶の順に10月いっぱいまで続く。(加藤諒) 2018...
»続きを読む
カテゴリー:

「町活性化センター」の画像

もっと見る

「町活性化センター」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる