「男子決勝」とは?

関連ニュース

大麻旗剣道・高校生大会 - 08月15日(火)10:06 

第39回大麻旗争奪剣道大会最終日は14日、佐賀市の県総合体育館で高校生大会の決勝までがあり、男子は福岡第一が6年ぶり3度目、女子は八代白百合(熊本)が17年ぶり3度目の頂点に立った。 男子決勝は福岡第一が宮崎北を2-1で下し、女子決勝は八代白百合が代表者戦の末に三養基を退けた。3位には男子の八女学院(福岡)と東海大付熊本星翔、女子の筑紫台(福岡)と長崎日大が名を連ねた。 佐賀県勢は女子の三養...
カテゴリー:

能代ブルーインズが20年ぶりV 東北ミニバスケ男子 - 08月13日(日)08:01 

 東北電力旗第30回東北ミニバスケットボール大会は11、12の両日、宮城県利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで東北各県と新潟県の代表男女各16チームが参加して開かれた。男子決勝では秋田県第1代表の…
カテゴリー:

ボクシングの今永、荒本が高校7冠=高校総体 - 08月10日(木)19:32 

 全国高校総合体育大会第14日は10日、福島・あいづ総合体育館などで行われ、ボクシングでライト級の今永虎雅とウエルター級の荒本一成(ともに奈良・王寺工)が3度目の優勝を果たし、2度の国体、2度の全国高校選抜大会と合わせて高校7冠を達成した。 柔道男子の81キロ級は奥田将人(京都・京都学園)、90キロ級は村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園)、100キロ級は梅野雅崇(埼玉・埼玉栄)、100キロ超級は中野寛太(奈良・天理)が制した。 ハンドボールは男子決勝で法政二(神奈川)が氷見(富山)を38-32で退け初優勝。女子は佼成学園女(東京)が高水(山口)を31-17で下し3年ぶり3度目の優勝を遂げた。 [時事通信社]
カテゴリー:

2017四国中学総合体育大会最終日/ソフトボール 記録 - 08月07日(月)09:57 

(吉野川北岸グラウンド) ▽男子決勝池川・仁淀(高知) 6―5 重信(愛媛)(池川・仁淀は初優勝) ▽女子準決勝阿波・三加茂・岩倉(徳島) 3―2 国分寺 ▽決勝城北…
カテゴリー:

【水泳】江原騎士(ないと)、決勝進出ならず「これが今の実力」 200自 世界選手権 - 07月25日(火)02:15  mnewsplus

7/25(火) 1:56配信 日刊スポーツ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-01861199-nksports-spo <水泳:世界選手権>◇24日◇ブダペスト◇男子200メートル自由形準決勝  リオ五輪代表の江原騎士(23=自衛隊)は1分47秒36の全体15位で、決勝進出はならなかった。  レースを終えた江原は「タイム的にあんまり良くなかったので、これが今の自分の実力かなと思う。 世界とはまだまだ離れているなと痛感した」と話していた。 7/25(火) 1:20配信 毎日新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-000000...
»続きを読む
カテゴリー:

男子は西村、長谷川組V=ビーチバレー - 08月13日(日)19:06 

 ビーチバレージャパン最終日は13日、神奈川・鵠沼海岸ビーチバレーコートで行われ、男子決勝は西村晃一(WINDS)長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)組が、畑辺純希(ウィンコーポレーション)村上斉(ADI.G)組に2-1で逆転勝ちして優勝した。 女子決勝では長谷川暁子(愛媛県競技力向上対策本部)二見梓(東レエンジニアリング)組が、石井美樹(湘南ベルマーレ)村上めぐみ(オーイング)を2-0で下した。 [時事通信社]
カテゴリー:

大麻旗剣道 女子・大和A、攻めて勝つ - 08月12日(土)10:54 

第39回大麻旗争奪剣道大会第1日は11日、佐賀市の県総合体育館で中学生大会があり、女子は大和中A(佐賀市)、男子は高田中A(福岡)がそれぞれ初の頂点に立った。 中学生大会には男子141、女子82の223チームが出場。女子決勝は昨夏の全国大会で準優勝した大和中Aが平戸中部中(長崎)を2-0で下した。県外勢の顔合わせとなった男子決勝は高田中Aが杵築中A(大分)を2-1で退けた。 県勢はほかに、女...
カテゴリー:

テニスの菊地3冠=高校総体 - 08月08日(火)19:09 

 全国高校総合体育大会第12日は8日、福島・会津総合運動公園あいづドームなどで行われ、テニスの男子シングルスは菊地裕太(兵庫・相生学院)が優勝した。菊地はダブルスも制し、4日の団体と合わせ3冠を達成した。 女子シングルスは平田歩(岡山・岡山学芸館)が優勝。同ダブルスは我那覇、前田組(沖縄・沖縄尚学)が制した。 ソフトボール男子決勝は飛龍(静岡)が啓新(福井)を3-1で下し、2年連続4度目の優勝を果たした。 カヌー・スプリントの女子カヤックシングル500メートルはファンニ・ペトラン(福井・福井工大福井)が連覇を遂げ、同男子は松代龍治(愛知・南山)が制した。 [時事通信社]
カテゴリー:

【東京五輪】<新国立競技場>カネにならない陸上は用なし!サッカー開催ないのに大会後は「球技専用」  - 08月04日(金)23:11  mnewsplus

 新国立競技場が2020年東京五輪・パラリンピック後に、サッカーやラグビーなど球技専用になることが、本決まりになったようだ。 大会後に陸上のトラックの位置に観客席を増設し、8万人収容のスタジアムになり陸上競技場としての機能はなくなるという。なるほど、サッカーやラグビーではトラックをはさんでの観戦より、臨場感はぐんと高まり将来のW杯誘致にもつながる。  コンサートなどイベント開催にも、より都合がいい。アスリートならぬ収益ファースト。年間24億円と試算される維持管理費を捻出するためには「カネにな...
»続きを読む
カテゴリー:

「男子決勝」の画像

もっと見る

「男子決勝」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる