「男子マラソン」とは?

関連ニュース

【マラソン】川内優輝と瀬古リーダーが東京五輪挑戦巡り“舌戦” 瀬古「(東京五輪挑戦拒否は)撤回だよな。今日で撤回します」 - 04月22日(日)02:13  mnewsplus

 来年4月からのプロ転向を表明した男子マラソンの“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=が21日、 岐阜市内でぎふ清流ハーフ(22日)の会見に出席した。  ボストンマラソンで日本人31年ぶりに優勝を飾ってから、中5日でのレースに疲れた表情の川内だったが、 会見には31年前のボストンマラソン覇者でもある日本陸連の瀬古利彦強化戦略プロジェクトリーダーが現れ、 東京五輪出場などを巡り、怒とうのやりとりが繰り広げられた。  川内と瀬古リーダーのやりとりは次の通り。  瀬古リーダー(以下、瀬)「...
»続きを読む
カテゴリー:

【陸上男子マラソン】青木真也「空気を読んではいけない」 川内優輝 「そだねー」 - 04月19日(木)17:56  news

プロ転向表明の川内優輝 職場に伝えておらず「呼び出されると思う」  世界最古のマラソンと呼ばれるボストンマラソンで日本人31年ぶりとなる優勝を飾った “最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=が19日、成田空港に凱旋帰国し、 来年4月でのプロランナー転向を表明した。職場にはまだ正式に伝えておらず、 空港での電撃発表となったが、自身の代名詞であった 「公務員ランナー」については「1つやり方は示せた」と、役割を終えたという認識を示した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000076-...
»続きを読む
カテゴリー:

「劣悪な環境味方、川内らしい走り」 31年前V瀬古氏 - 04月17日(火)19:23 

 31年前に優勝した瀬古利彦リーダーの話 「メジャー大会を勝ったことはとにかくすごい。劣悪なコンディションを味方にした川内らしい走りだった。大迫の福岡国際での好走、設楽悠の日本記録と続いた男子マラソン…
カテゴリー:

ボストン・マラソン:川内、瀬古以来31年ぶりV - 04月17日(火)10:13 

 男子マラソンで世界選手権3度出場の川内優輝(31)=埼玉県庁=が16日、米ボストンで行われたボストン・マラソンを2時間15分58秒で制した。日本勢では1987年の瀬古利彦以来31年ぶり9度目の頂点で、過去の優勝者は65年の重松森雄や66年の君原健二ら。122回目を迎えた伝統のレースで公務員ランナー
カテゴリー:

川内優輝は「ベビーメタル(BABYMETAL)とX JAPAN を愛する」米音楽メディアが異例特集 - 04月20日(金)22:22  news

海外からも注目を集める川内、今度は米音楽メディアが異例の特集  男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)は伝統のボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした。 海外メディアからも称賛を集め、プロ転向表明も話題になるなど、今や時の人となった“公務員ランナー”。今度はなんと米の音楽専門メディアにも登場している。  寒さに雨、さらに強風という最悪のコンディションを跳ね返しボストン・マラソンで頂点に立った川内に、米のエンタメ界も熱視線を送っ...
»続きを読む
カテゴリー:

マラソン:川内優輝が来春プロ転向 埼玉県庁を退職へ - 04月19日(木)17:12 

 男子マラソンの川内優輝(31)が19日、来春に埼玉県庁を退職しプロに転向する意向を表明した。日本勢として31年ぶりの優勝を果たしたボストン・マラソンから帰国した成田空港で明らかにした。
カテゴリー:

【陸上】31年前にボストンマラソンを制した瀬古利彦氏が川内優輝を祝福 「正直、優勝はありえないと思っていましたので、驚きました」 - 04月17日(火)16:07  mnewsplus

 日本マラソン界のレジェンドで、日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める 瀬古利彦氏(61=横浜DeNAランニングクラブ総監督)が17日、 ボストンマラソンを制した川内優輝(31=埼玉県庁)に祝福のメッセージを寄せた。  結果は今朝、ニュースで知ったという。「正直、優勝はありえないと思っていましたので、驚きました。 劣悪なコンディションの中、我慢強く走ってくれました」。 昨夏の世界選手権覇者のジェフリー・キルイ(ケニア)らに先着する大金星を喜んだ。  同氏は31年前の87年にボ...
»続きを読む
カテゴリー:

ギネス世界記録認定の川内優輝が語る「マラソン日本新記録」と「厚底シューズ」 - 04月13日(金)06:00 

最強の市民ランナー、川内優輝(31歳・埼玉県庁)が、フルマラソンを2時間20分以内(サブ20)で78回完走したことでギネス世界記録に認定された。 川内は初マラソンとなった2009年の別府大分毎日マラソンで2時間20分を切ると、今年の元日には米マサチューセッツ州のマーシュフィールド・ニューイヤーマラソンでマイナス17℃という極寒のなか世界最多、自身76回目のサブ20を達成。3月18日には通算80回目のフルマラソンとなった台湾・新北市のワンジンシマラソンでその数を78にまで伸ばしていた。 実業団の選手がフルマラソンを走るのは通常、年に2、3回程度ということを考えれば、足かけ10年でこれほど多くのレースを走ってきたことにあらためて驚かされるが、そのほとんどで大崩れすることなく、安定した結果を残してきたことが川内のスゴさともいえる。 スケジュールさえ合えば積極的に市民マラソンにも参加する川内は3月25日に埼玉県久喜市で開催された久喜マラソン(ハーフ)にゲスト出走。毎年このレースには「なんとか地元を盛り上げたい」とコスプレで参加してきたが、今年はパンダの着ぐるみで激走し、その後のイベントでギネス世界記録の認定証を受け取った。 「まさかこういう記録で認定されるのか、というのが正直なところ。1...more
カテゴリー:

「男子マラソン」の画像

もっと見る

「男子マラソン」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT マラソン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる