「男女7人夏物語」とは?

関連ニュース

【芸能】さんまプロデュースドラマ「Jimmy」全キャスト発表、大竹しのぶ役に池脇千鶴 - 03月21日(火)07:09 

明石家さんまがプロデュースするドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」の全キャストが発表された。 今夏、Netflixオリジナルドラマとして世界190カ国で配信される「Jimmy」。ジミー大西の実体験をもとに、子供の頃から何をやっても失敗ばかりしていたジミーがさんまと出会って売れっ子芸人となり、芸人引退を考えている中で絵の才能を開花させていく過程を辿る全9話のドラマだ。2人を取り巻く強烈なキャラクターたちとの15年にわたる交流、嘘のようで本当に起こった爆笑のエピソードが描かれる。 明らかになったのは、佐藤浩市...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

佐藤浩市が「Jimmy―」で名物Pに! 大竹しのぶ役は池脇千鶴 - 03月21日(火)06:00 

今夏、Netflixオリジナルドラマとして、全9話・世界190カ国同時配信を予定している明石家さんま企画・プロデュース作品「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の全キャストが発表された。 【写真を見る】似てる? 似てない? 池脇千鶴が大竹しのぶ役に挑戦!/(C)2017YDクリエイション 本作は、稀代のエンターテイナー・明石家さんまが芸歴42年目で初めて連続ドラマを企画・プロデュースし、ジミー大西を中尾明慶、さんまを小出恵介が演じることで話題を呼んでいるドラマ。 笑いが世の中を席巻し、日本に最も活気があった時代。子供の頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西は、人気絶頂のさんまと出会い、芸人としての才能が開花する。 唯一無二の存在となり、やがて芸人の域を超え、世界的な画家へと転身、一方、さんまも快進撃を続け、国民的スターへと上り詰めて行く。そんな2人と彼らを取り巻く強烈なキャラクターたちとの15年にわたる交流、そしてうそのようで本当に起こった爆笑エピソードの数々。 笑いをまき散らしながらも最後にホロリとさせる、「笑い」に夢を懸けた若者たちが繰り広げる奇跡の実話をドラマ化したものだ。 今回発表されたキャストは、テレビ局の名物プロデューサー・三宅恵介役の佐藤浩市、さんまと「男女7人夏物語」で共演し、結婚した女優・大竹しのぶ役の池脇千鶴、ジミーが高校時代に所属していた野球部の...more
in English
カテゴリー:

片岡鶴太郎が考えるモノマネと芝居、その共通点と違い - 03月21日(火)07:00 

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、数々のモノマネで知られるお笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では役者としても活躍する片岡鶴太郎が語った、モノマネと芝居についての言葉をお届けする。  * * *  片岡鶴太郎は1980年代にお笑い芸人としてバラエティ番組などで活躍した後、俳優としての実績を積み重ねていった。 「子供の頃にフジテレビのドラマで渥美清さんが棟方志功を演じているのを観て、幼心に強烈でした。シリアスとペーソスを演じる姿に憧れましたね。  それで役者さんになりたいとは思っていましたが、養成所に入るというのは性に合わない気がしました。弟子になりたかった。もう四六時中、その世界にいたいと思っていましたから。  それで清川虹子さんや松村達雄さんのところに弟子志願で行きましたが、断られるんです。役者って弟子をとらないの。  師弟関係というのが存在しているのは演芸の世界でした。それで(片岡)鶴八師匠の弟子にさせていただきました。鶴八師匠はモノマネの中でも歌舞伎の声色をされていて、全て芝居仕立てでやるわけですよ。ようするに、モノマネで一人芝居をやっている。芸が好きでしたし、ゆくゆくは芝居をやりたいという想いもあったので、鶴八師匠の弟子になろうと思いました」  本格的に俳優としての仕事をスタートさせたのは、1986年のTBSド...more
in English
カテゴリー:

さんま連ドラ初プロデュース「Jimmy」に佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久ら実力派参戦! - 03月21日(火)06:00 

 明石家さんまが初めて連続ドラマを企画・プロデュースし、中尾明慶と小出恵介が主演する「Jimmy アホみたいなホンマの話」の全キャストが発表され、佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久、手塚理美、温水洋一ら実力派俳優の出演が明らかになった。  本作は、今夏に全世界190カ国で全9話一挙配信が決まったNetflixオリジナルドラマ。1980年代の大阪を舞台に、子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・ジミー大西と、当時人気絶頂だった明石家さんまの15年に渡る交流を、嘘のようで本当に起こった爆笑エピソードの数々を交えて描く。中尾はジミー、小出はさんまを演じている。  発表されたキャストの役どころは、さんまや多くのタレントと数々の名番組をつくり上げたテレビ局プロデューサー・三宅恵介役を佐藤、さんまと「男女7人夏物語」で共演し後に結婚する女優・大竹しのぶを池脇が演じる。また、生瀬が、野球部に所属していた大西を吉本興業に入れるために尽力した高校教師役、手塚が定食屋のおかみさん役、大西が運び込まれる病院の医師役を温水が扮する。  オファーを受けた佐藤は「さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました」と嘘か真かわからないユニークなコメントを寄せている。  また、すでに発表済みの尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八...more
in English
カテゴリー:

「男女7人夏物語」の画像

もっと見る

「男女7人夏物語」の動画

Wikipedia

男女7人夏物語(だんじょしちにんなつものがたり)は、1986年7月25日から9月26日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は明石家さんま

明石家さんまと大竹しのぶを引き合わせ、後に結婚(IMALU誕生、その後離婚)に至ったドラマとして有名。さんまと大竹の掛け合いの面白さが話題となり、最高視聴率は31%を越え、続編男女7人秋物語も制作された。トレンディドラマの元祖であるとも言われる。

ストーリー

旅行代理店ツアーコンダクター・今井良介が朝起きるとベッドに知らない女が寝ていた。その女を起こさないようにベランダに出て、友人である野上君章に電話をかけるところから物語は始まる。酔って記憶をなくした彼は昨夜、初対面で意気投合した神崎桃子を部屋に泊めていたのだが、桃子にも記憶がなく、目を覚ますなり一悶着となる。

ノンフィクションライターを目指す桃子は、報われぬ恋に身をやつす友人・沢田香里に新しい恋を!と、仲間である浅倉千明や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる