「由来」とは?

関連ニュース

美白ケアとエイジングケアの両方ができる!プラセンタの効果とは? - 05月24日(水)18:00 

プラセンタは美白効果とエイジングケアを同時に期待できる美容成分 そもそもプラセンタとは、動物の胎盤から抽出された成分のことで、豚、馬、羊などの動物由来のものが多く出回っています。 プラセンタには、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、ミネラルが含まれており、身体のサビにつながる活性酵素を消し去り、シミやシワなどの肌老化をストップしてくれる効果があるのです。それだけではなく、コラーゲンの生成を促し、ハリとツヤのあるお肌へと導いてくれる効果まで! さらに、プラセンタにはメラニン色素の生成と深い関わりのあるチロシナーゼという酵素の働きを止めることで、メラニン色素の発生を抑えてシミを防いでくれるという美白効果もあるのです。 プラセンタは血行を促進させる効果もあるため、栄養や酵素が肌に行き渡りやすくなり、余分な老廃物が効率よく排出されるため、若々しいお肌をキープすることもできますよ。 プラセンタの効果的な摂り方は? プラセンタは、大きく分けて肌の外側から塗る化粧水などの基礎化粧品・体の内側からケアするサプリメントや美容ドリンク・クリニックなどでのプラセンタ注射などから摂取することができます。 プラセンタは独特の匂いと味があるため、口から取り入れるのが苦手な方は基礎化粧品や、クリニックなどでのプラセンタ注射がおすすめです。 美肌効果抜群のプラセンタで透明感とハリ肌を手に入...more
カテゴリー:

管理栄養士が解説!カレーとらっきょうを一緒に食べるのが正解な理由 - 05月24日(水)12:00 

5月に旬を迎えた食材のひとつにらっきょうがある。らっきょうといえば、塩漬けや甘酢漬けした漬物を想像する人が多いのではないか。先日、「教えて!goo」では「1年間保存が効くらっきょうの漬け方」の記事で塩漬けの方法をご紹介したが、これからの季節なら、カレーにらっきょうを添えて食べる機会が増えるのではないか。しかし、なぜカレーにらっきょうを添えて食べるのだろう……? わざわざカレーにらっきょうを添える以上、栄養面で何かメリットがあるということか? 今回はその疑問に迫ってみたい。 ■夏にカレーを食べる理由にも関係が!? カレーにらっきょうを添えるようになった由来は、諸説あるようだ。筆者なりにリサーチしてみたところ、なんでも戦前、有名ホテルが食堂車で漬物として一緒に提供したのが始まり、という説があれば、西洋ではピクルスを添えていたが、日本では馴染みの深いらっきょうにしたという説も。 カレーにらっきょうを添えるようになった理由は諸説あるようだが、栄養面での効果はどうなのだろう? 管理栄養士の松原郁実さんに、カレーとらっきょうの組み合わせの効能について聞いてみた。 「栄養面ではカレーとらっきょうの組み合わせは、理にかなっています。まず、らっきょうの辛味成分である『硫化アリル』は消化液の分泌を助ける働きがあります。カレーは油っぽい料理なので、消化の面でも相性抜群です。また、硫化アリルはビタ...more
カテゴリー:

福岡県民、なぜトリ料理好き 由来は江戸時代の政策に - 05月24日(水)10:58 

 東京から福岡に赴任する前は、福岡の食のイメージといえば、もつ鍋や豚骨ラーメン。牛や豚の肉をよく食べるという印象があった。だが、住んでみると、意外にも水炊きやかしわうどんなど、鶏肉料理を好む人が多いこ…
カテゴリー:

オーガニックなのに低価格! 敏感で繊細な赤ちゃんのためのスキンケア用品 - 05月24日(水)06:30 

赤ちゃんのスキンケアにはこだわっていますか? 敏感な赤ちゃんの肌には、できるだけ高品質なスキンケア用品を使いたい、というのがママ共通の願いですよね。でも、オーガニックは価格が高いから使えない、と思い込んでいませんか? 料理、育児、節約、掃除術などママお役立ち情報いっぱいのイベントレポ【詳しくはこちら】 今回ママたちにご紹介したいのが、5月に日本初上陸したイタリアのボディケア&ヘアケアブランド「MammaBaby(ママベビー)」。ブランドの特徴は、「いちばんの品質を、手に届く価格で」という考え方。これまでの「高品質なオーガニック製品は高価」という、世間の常識を180度変えてしまうブランドなんです。 オーガニック製品が高価な理由の1つには、「オーガニック認証」の手続きに多額の費用がかかるという側面があります。「MammaBaby」は、その「認証」や「マーク」にこだわることをやめ、高品質な製品を低価格で消費者に届けることを選択しました。「名を捨てて実を取った」というわけです。 「MammaBaby」がこだわるのは「オーガニック認証」ではなく、品質そのもの。赤ちゃんの敏感で繊細な肌のために、有機農法栽培の植物由来成分を中心に使用した製品を展開しています。あくまでも、肌のバリア機能や汗、皮脂など「人間が本来持っている機能を奪わず」に、正常に働くようケアすることを大切にしているのです。 商品ラ...more
カテゴリー:

福岡アイドル・LinQ『週プレ』グラビアで大人の色気を表現 - 05月23日(火)18:00 

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQの坂井朝香(20)・高木悠未(20)・新木さくら(20)の3人が、22日発売の『週刊プレイボーイ』23号(集英社)に登場。ふだんのアイドルの一面とは違う、大人っぽいセクシーな魅力を披露した。 【表紙カット】美しい白肌!背中を大胆披露した乃木坂46・白石麻衣  同グループは「Love in 九州」の頭文字から発想された造語が由来で2011年に結成。21名のメンバーが所属しているが、現在はさらなる成長と活性化を目指して「解体・再開発プロジェクト」の真っ只中にあり、今年6月を持って現体制での活動は終了させる。  そんな状況の中、今回のグラビアには色気のある3人が抜てき。黒やネイビーなどダークトーンの水着にレース素材の手袋やガーターベルトを合わせ、大人の色気を表現するなど新たな魅力を発揮している。  同号にはそのほか、non-noモデルの馬場ふみか(21)・鈴木友菜(24)・松川菜々花(19)、新人グラドルの仲村美海(24)、SKE48の小畑優奈(15)、元シェフの新人グラドル・愛生(22)、タレントの住谷杏奈(33)などが登場。表紙は乃木坂46の白石麻衣(24)が飾っている。 【関連記事】 【写真】ダンスで鍛えたスレンダーボディ!組体操を披露したLinQ 【写真】浅川梨奈も!JKアイドル3人が極寒の富士山でのグラビア披露 【写真...more
カテゴリー:

三宅裕司の「東京喜劇」は爆笑の連続! 毎年5万人動員の人気公演を見に行こう - 05月24日(水)15:29 

戦前から戦後にかけて、東京ではエノケン(榎本健一)、ロッパ(古川緑波)に代表される"軽演劇"が一世を風靡しました。年配の人から若い人まで、あらゆる年代の人達が一緒に笑える大衆的なお笑いを目指し、やがて東京喜劇と呼ばれるジャンルを確立していったのです。その伝統を受け継ぐ三宅裕司が率いる『熱海五郎一座』の新橋演舞場公演が今年もやってきます。 由来は「伊東」の手前で「四朗」の次 この一座は、伊東四朗と三宅裕司を中心に結成された『伊東四朗一座』がベースとなっています。伊東四朗が参加できなかった回に『熱海五郎一座』と銘打ち公演を行ったことがきっかけとなって、三宅裕司が率いる場合は『熱海五郎一座』と称するようになりました。ちなみに、名前の由来は、伊東の手前が熱海で、四朗の次は五郎、ということだそうです。 新橋演舞場で公演を行うようになって今年で4回目。今では毎年5万人以上を動員する人気公演に成長しました。 三宅が常にこだわっているのは東京喜劇。万人に受け入れられるお笑いに徹し、時には歌やダンスなども取り入れた、娯楽性の高い舞台を目指しています。冒頭のシーンから休憩を挟んで2幕のエピローグまで爆笑の連続で、ラストにはホロリとさせられるという物語構成は今回も変わらないはずです。 今年の物語はミステリー 夫婦デュオのボーカルとして活動していた京香は、類まれなる美貌の持ち主。相方の不祥事で...more
カテゴリー:

【福岡】福岡県民、なぜトリ料理好き? 由来は江戸時代黒田藩、財政再建策に - 05月24日(水)11:41 

東京から福岡に赴任する前は、福岡の食のイメージといえば、もつ鍋や豚骨ラーメン。牛や豚の肉をよく食べるという印象があった。 だが、住んでみると、意外にも水炊きやかしわうどんなど、鶏肉料理を好む人が多いことに気が付いて驚いた。 福岡と鶏肉の関係が気になって調べてみて、さらにびっくり。 総務省家計調査(品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング)では、福岡市の鶏肉購入量は2014~16年の平均で2万298グラム、支出金額も同1万8642円で、いずれも52都市中トップ。 北九州市も購入量が13位...
»続きを読む
カテゴリー:

真木よう子、美人女優たちとオトナのオンナバトル 連ドラ『セシルのもくろみ』主演 - 05月24日(水)09:47 

 女優の真木よう子が、フジテレビ系7月期ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜 後10:00)に主演する。平凡だけど夫と息子とともに幸せに生きていたパート主婦が女性ファッション誌の読者モデルにスカウトされ、嫉妬・見栄・経済格差など“オンナの世界”でもがきながら、一流モデルへ成長していく姿を描く。共演陣には吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子ら美人女優が勢ぞろいした。 【写真】吉瀬美智子、長谷川京子ら共演陣も発表に  原作は主婦層に支持されるファッション誌『STORY』で2008年から10年に連載された直木賞作家・唯川恵氏の同名小説。タイトルの“セシル”とは、フランスの小説家のフランソワーズ・サガンの名作『悲しみよこんにちは』の主人公名が由来。原作では、かわいい顔をして恐ろしい“もくろみ”をもった少女が抱く女性の悩み、葛藤、思惑など女性自身の中に潜む“オンナ”という意味で使われている。  自分を着飾ることに興味がなく、日々の小さな幸せに満足している主婦・奈央(真木)は、ファッション誌『ヴァニティ』の編集者にたまたまスカウトされたことから生活が一変。“自分を美しく見せること”自体に抵抗を感じていた奈央だったが、タッグを組むことになった崖っぷちライターや、美しさとプロ意識で他を圧倒するトップモデルらと接していくうち、徐々に新たな世界の扉が開いていき、それまで感じたことがなかった価...more
カテゴリー:

KIPPISが伝授!その土地ならではの味覚を楽しむ地産地消BBQ_今日もバーベキュー日和03 - 05月24日(水)00:00 

いつもとひと味違うバーベキューを楽しみたい! そんな人におすすめなのが、訪れた先の地元食材をふんだんに取り入れる“地産地消BBQ”。日ごろから「その土地でしか味わえない新鮮な食材」との出会いを大切にしているという、アウトドアパーティ集団「KIPPIS」のBBQに密着!◆食材との出会いを楽しみ、ひらめきを大切に調理する!それが“地産地消BBQ”の極意「地元食材を使いながらレシピを自由にアレンジして」気軽に楽しむ外ごはんの魅力を発信する4人組ユニット「KIPPIS(キッピス)」。この日は、主宰の猪俣慎吾さんと、フードスタイリストの小澤かおりさんの2人が、千葉県香取市の農園リゾート「ザ・ファーム」を訪れて“地産地消BBQ”を実施することに。国内外でこれまで数多くのアウトドアパーティを開いてきたKIPPISは、ふだんから訪れた土地で出会う食材を積極的に料理に取り入れているそう。「地元の市場や漁港を歩くと、都内には出回らない珍しい食材や、とびきり新鮮な旬の食材が手に入るんです」と猪俣さん。以前、九十九里にキャンプに出かけたときは、偶然通りかかった市場でイワシの稚魚を購入。「指でさばいて、そのまま醤油をつけて食べたら、あまりのおいしさにびっくり。会話も盛り上がるし、みんなの記憶にも刻まれますよね」(猪俣さん)地元食材を使いながら、メニューをオリジナルにアレンジして楽しむのも“地産地消BBQ”の...more
カテゴリー:

【京都観光】京みやげの名店や人気スイーツも!京都タワーサンドおすすめグルメベスト3 - 05月23日(火)16:00 

京都観光の玄関口、JR京都駅の前にそびえる京都タワーの、地下1階から地上2階までの商業フロアが改装され、「京都タワーサンド」としてオープン。地下1階は、「食べ歩きが楽しいフードホール」をコンセプトに、地元の名店や話題の店を集め、京都の食を堪能できる飲食フロアを展開している。そこで、地下の飲食フロアの人気店ベスト3をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年4月18日発売号)より> 【写真を見る】マールブランシュのタワーサンド店限定となる濃厚な生茶の菓アイスバー ■ 京都タワーサンドフードホールベスト3 ■<1>KYOTO TOWER SANDO バル 京都の地酒、和食に合う京都ワイン、話題のクラフトビールなど、京都発のドリンクをそろえたカフェバルがオープン。 ■<2>魏飯吉堂 創作中華「一之舟入」がプロデュースする中国料理。点心や麺類、台湾の名物料理などが気軽に楽しめる。 ■<3>京の焼肉処 弘 三条商店街の精肉店が営む焼肉串店。黒毛和牛を一頭買いするから、新鮮で上質な牛肉がお値打ち価格で味わえる。 ■ 1階には京都の名物をそろえた物販フロアが! 京都タワーサンド1階は京都の和洋菓子やコスメなど、おみやげにもうれしい京都の名物をそろえた物販フロアに。 ■京都しゃぼんや 手作りの無添加洗顔石鹸を中心に、バスグッズや美容用品を展開。自然由来の素材使用のため肌にも優しい。 ■UCHU ...more
カテゴリー:

もっと見る

「由来」の画像

もっと見る

「由来」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 発祥...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる