「田鍋梨々花」とは?

関連ニュース

月9『コード・ブルー』流産に麻痺も…冷酷展開に「重すぎる」の声も - 08月15日(火)16:30 

©sirabee.com山下智久主演ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)の第五話が14日に放送された。登場人物たちの恋愛模様が描かれるなど、前シーズンまでと比べてライトなテイストになっていた印象の今シリーズ。しかし、この日はある意味、非常に『コード・ブルー』らしい展開に。■名取が骨盤骨折を見逃すミスこの日の放送では、フェロー・名取颯馬(有岡大貴)の失敗と成長、および冴島はるか(比嘉愛未)の身に起きた悲劇を中心に描かれた。ある日、翔北救命センターにドクターヘリの要請が入る。下水道工事中の作業員が増水のため流されてしまい、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷したというのだ。現場に到着すると、名取はベテランレスキュー隊員で意識のある倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたることに。しかし、名取は骨盤の骨折を見抜けず、他病院に送った倉田は後に容態を急変させてしまうことになる。最終的に倉田は助かったものの、名取は医師としての資質に疑問符がついてしまうことに。■冴島はまさかの流産……一方、意識不明になった人の治療をしていると、冴島はるか(比嘉愛未)が突然体調を崩し、倒れてしまう。出血し、叫び苦しむ冴島。産科の専門医でもある緋山美帆子(戸田恵梨香)が処置に当たるが、恋人の藤川一男(浅利陽介)の応援むなしくお腹の中の赤ちゃんの命は救えず。...more
カテゴリー:

【ドラマ】<コード・ブルー3>第5話は13・8% 好調キープ - 08月15日(火)09:21  mnewsplus

俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第5話が14日に放送され、平均視聴率は13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。  初回16・3%。7月クールの連続ドラマでトップの好スタートを切ると、第2話は15・6%で、“月9”としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶりとなる初回から2週連続の15%超えを記録。第3話14・0%...
»続きを読む
カテゴリー:

「コード・ブルー」第4話がぶっちぎりの1位!! 「藍沢先生」も注目ワードに!【視聴熱】 - 08月08日(火)22:30 

8月7日に第4話が放送された“月9”ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」が、視聴熱(※)デイリーランキングのドラマ部門で1位に立った。2位以下を大きく引き離し、26404ptという高ポイントを獲得してのダントツの1位。前週7月31日の23262ptからも数字を伸ばし、自己記録も更新した格好だ。 「コード・ブルー―」で山下智久演じる“藍沢先生”が熱トピに! また現在、FOD(フジテレビオンデマンドサービス)では、「コード・ブルー―」の見逃し配信に加え、1stシーズン、スペシャル、2ndシーズンを無料配信中だが、こちらも6月19日(月)から8月3日(木)までで合計1000万再生回数を突破。FOD史上最高の再生回数を記録している。 さらに、8月7日の熱トピ(テレビ発のトピック)として、山下智久が演じる医師の名前「藍沢先生」が注目の的に。7日放送の第4話では、“藍沢先生”が、手術を渋る奏(田鍋梨々花)に「君はとても強い。だから、大丈夫だ」と励まして手術を勧めるシーンが話題となり、優しく微笑んで奏を説得するその姿が、SNS上では「藍沢先生の笑顔たまらん」「励まされるのもいいけど、私は藍沢先生に叱られたい」など大きな反響を呼んでいる。中には「藍沢先生は7年経って、どんどん“人”として魅力的になってる」と、続編ドラマならではの感想も。 なお、8月14日...more
カテゴリー:

『コード・ブルー』第4話、「涙無しで見れない」ファンの涙腺崩壊 - 08月08日(火)11:05 

 『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が7日に放送。橘(椎名桔平)、三井(りょう)の重病の息子を扱ったエピソードに涙したという声が多く上がる一方で、藍沢(山下智久)が不意に見せた笑顔に“やられた”というコメントが多く寄せられた。【関連】『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』記者発表フォトギャラリー 藍沢たちを育てたフライトドクターの橘と三井は、元夫婦。難病の息子・優輔(歸山竜成)との時間を大切にするため、三井は現場を一度去り、緋山(戸田恵梨香)に託していた。ある日、優輔の容体が急変し、ICU(集中治療室)に入ることに。隣のベッドには、優輔と同じ病で年も近い患者・暁人がいた。 移植手術のドナーを数年待ち続ける優輔と暁人は、外に遊びに行くことも出来ない中、いつか迎える手術の日のためにお互いを励まし合っていた。しかし、暁人の容態が急変し、心破裂をおこし、緊急オペを行うが亡くなってしまう。橘から友人の死を聞くも平然を装っていた優輔だったが、かつて暁人と思いを巡らせた花火大会の夜、優輔は花火を見上げながら思わず涙する。そんな息子の姿に、衝突を繰り返していた橘と三井は、仲の良かったかつての家族関係を、束の間、取り戻していた。 第4話放送終了後、「今回の話は涙無しじゃ見れんやつよね?...more
カテゴリー:

「コード・ブルー」3話。山Pとガッキーの恋愛は進行してるのしてないの? - 08月07日(月)10:00 

「結婚しよ!ちゃんとしよ」「“ちゃんと”って何? なんで今、結婚なの? 私が妊娠してなかったら結婚しよって言った?」朝の通勤途中、車中で藤川(浅利陽介)が冴島(比嘉愛未)にプロポーズをしたものの、なぜかご立腹の冴島。……やっちまったなぁ藤川先生。でも、後に起こる出来事で、この会話がどれだけ幸せなことかを思い知らされる。「命より大切なもの」コード・ブルー3話 藍沢が脳外科時代に診ていた14歳の天才ピアニスト、天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍が限界にきていた。手術を受けなければ命が危ない、しかし指先に後遺症が残る可能性がある。天才ピアニストにとっては致命的だ。「これが普通の女性だったら……」藍沢も頭を悩ませた。医者にとっては人命第一だが、患者にとっては命よりも大切なものがあるかもしれない…「命よりも大切なもの」がテーマだった3話。フライトナースの冴島が意識不明にヘリでの搬送中、患者の吐瀉物によってドクターとナースも汚染されてしまう。特に冴島は意識を失うほど深刻な状態で、この時点で原因は不明。めまいに襲われながらもどうにか持ちこたえた白石の報告で、除染の準備にとりかかる救命センター。緊急外来を立ち入り禁止にして、全員がエプロン、手袋、マスクを着用するなど物々しい雰囲気で受け入れの準備をした。救命はこういうケースもあるのか。ヘリが着陸すると、すぐに駆け寄ろうとするフェローたちに声を張る藍沢。「...more
カテゴリー:

『コード・ブルー』第5話、比嘉愛未、浅利陽介のストーリーにファン涙止まらず - 08月15日(火)11:04 

 『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が14日に放送。冴島(比嘉愛未)、藤川(浅利陽介)の子供を巡る切ない話に、涙が止まらないというコメントや、藍沢(山下智久)の担当患者の救いの道が断たれるという衝撃のラストに驚いたという声が広がっている。【関連】『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』記者発表フォトギャラリー 冴島が出産に向き合い始めたことで、ウキウキ気分な藤川。しかしある日病院内で冴島は倒れ、流産してしまう。自責の念に駆られる冴島だったが、仲間の温かい励ましや、冴島の子供への愛情を知る藤川の「はるか(冴島)はすごくいいお母さんだと思う」という優しい言葉に支えられ、冴島は新たな一歩を踏み出す。 一方、藍沢が脳外科・新海(安藤政信)と共に担当する少女・奏(田鍋梨々花)が、術前に発作を発症。一時は意識を取り戻し新海より「両手の麻痺と震えがなければ大丈夫」と語るが、希望もむなしく奏の右手は、震え続けていた…。 第5話の放送終了後、SNSでは「今回も、重かったですね」「涙が止まらんかったよ。話にも感動したし」と、冴島と藤川のストーリーに涙腺崩壊したという声が続出。また、藍沢と新海が担当する患者のラストに「うそ…むり…今回つらすぎる…」「この終わり方はやばい」「ドラマで泣いたこと...more
カテゴリー:

「コード・ブルー」4話。山Pに「大丈夫」って言われてみたい - 08月14日(月)10:00 

「いつからだろうな、医者が患者に大丈夫だって言ってやれなくなったのは」新海(安藤政信)は、藍沢(山下智久)の言動に少し揺さぶられていた。「後で嘘つきと罵られようと、代償を払わされようと構わない。彼女が生きている方がいい」人命第一と教えられてきた藍沢らしい覚悟の決め方だった。「コード・ブルー」第4話。山Pのやさしい表情が見られた「コード・ブルー」4話拡張型心筋症で移植を待つ橘(椎名桔平)と三井(りょう)の息子、優輔(歸山竜成)の容体が急変。フライトを藍沢に任せて治療に当たった橘。一命を取り留めたが、臓器移植まで平均1000日も待つのが実態と、綱渡りの状況が続く。先の見えない長い戦いは、たとえ医師であっても堪えるようで、三井はヘリに乗っていた頃とは別人のよう。敏腕フライトドクターの面影はなく、辛くて苦しそうな表情が増えた。心拍数が上がってしまうことを避けるため、泣くことすらセーブしなければならない優輔は、久しぶりに見た母の笑顔に癒され、反対に橘と三井も優輔の笑顔に勇気づけられる。。藍沢先生に言われたい「大丈夫」「君はすごいな。そこまで体調が悪かったら一刻も早く手術をしてくれというのが普通だ…それだけピアノが好きなんだな」ゆっくりとした口調で、冷静だけど感心を隠せない様子で語りかけた藍沢。相手は14才の天才ピアニスト。天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍は肥大し、容体は悪化の一途をたどる。それで...more
カテゴリー:

三宅健が胸キュンキスを披露で馬乗りキス王子に!?【視聴熱】 - 08月08日(火)18:55 

webサイト「ザテレビジョン」では、8月3日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 「コード・ブルー」がドラマ部門で第1位に! ■ 人物ランキング 三宅健がキュンとさせるキスを披露! 1位 乃木坂46/2位 嵐/3位 三宅健 三宅健…三宅健が7日放送の「キスマイBUSAIKU!?」(毎週月曜夜11.00-11.30、フジ系)に出演。“彼女を最高にキュンとさせるキス対決!”に参戦した。三宅は、眠ってしまった彼女のおでこにキスを。さらに、イチャイチャしてからの馬乗りキスやハグを披露し、“馬乗りキス王子最高”などのコメントを獲得。一般女性100人が選んだランキングで2位にランクインした。三宅健は「見るのとやるのは全く違うね! 本当に(マイコと)二人きりにさせられるのな。収録の前日は寝れなかった」とプレッシャーを告白した。 ■ ドラマランキング 藍沢と新海がタッグを組んでオペ! 1位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON/2位 おんな城主 直虎/3位 僕たちがやりました コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON…8月7日に第4話が放送。河川敷でバーベキュー中にケガをした家族を救出するため、ドクターヘリ要請が入り、駆け付けた藍沢(山下智久)らは首にバーベキュー用の串が刺さった8歳の少年の姿に驚く。難しい緊急オペになり、...more
カテゴリー:

TIF登場&中元日芽香の卒業で乃木坂46に高い注目が! 【視聴熱】7/31-8/6ウィークリーランキング - 08月07日(月)17:20 

webサイト「ザテレビジョン」では、8月7日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=7月31日~8月6日)を発表した。 【写真を見る】ドラマ部門1位は高視聴率をキープのあの注目作! 7月31日~8月6日“視聴熱”ウィークリーランキング ドラマ部門 ■ 人物ランキング 乃木坂46・中元日芽香が卒業を発表 1位 乃木坂46/2位 嵐/3位 新木優子 乃木坂46…8月6日に中元日芽香が「らじらー!SUNDAY」(毎週日曜夜9:05-11:00、NHKラジオ第1)で卒業を発表。今年1月に体調不良で休業し、4月に復帰していたが、その後も体調の優れない日がたびたびあったことが、卒業を決めた大きな理由の一つと明かした。8月11日(金)から始まる「真夏の全国ツアー2017」は全て欠席するが、10月に開催される「アンダーライブ全国ツアー2017~九州シリーズ~」には出演予定。なお、同じ8月6日には「TOKYO IDOL FESTIVAL2017(通称TIF)」に3期生が初出演。後半には白石麻衣、西野七瀬らもサプライズ登場して盛り上げた。 ■ ドラマランキング 「コード・ブルー」が3話連続で高視聴率をマーク 1位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON/2位 ひよっこ/3位 過保護のカホコ コード・ブルー―…第3話が7月31日に放送され、視聴率14.0%(ビ...more
カテゴリー:

「コード・ブルー―」3つのスゴいシンカについてプロデューサーを直撃! - 08月05日(土)08:00 

救命医療の現場をリアルに描写し、救命救急センターで患者の命を救うために奮闘するフライトドクター・藍沢(山下智久)らの活躍や、人としての成長を描く「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジ系)。そんな「コード・ブルー―」のスゴさを3つの“シンカ”の視点から探るべく、増本淳Pを直撃。また、3rdシーズンからフェロー・名取役で出演している有岡大貴にもインタビューを行った! 【写真を見る】藍沢と新海(安藤政信)のライバル関係は!? ■ 【深化】7年間で人として深みが増した藍沢たち 2ndシーズンから3rdシーズンの間の7年に、藍沢ら5人はどのような日々を送り、どのような人間に成長したのか。増本Pは「人物設定は実はかなり膨大にあるんです。最終回までにどれくらい皆さんの目に触れるかは分かりませんが、物語の厚みが増すなというときに、細かい設定を少しずつ出しています」と含みを持たせるコメント。 藍沢が脳外科に在籍している際に出会った天才ピアニスト・奏(田鍋梨々花)は、脳に腫瘍があり、手術をすれば命は守られるがピアノが弾けなくなる危険も。そんな奏の処置に悩む藍沢について、増本Pは「才能もあり、努力家という自分に似た奏に共感し、いつもなら簡単に出せた結論が出せない。それは藍沢にとって人間としての成長か、医師として鈍ってしまったのか、そ...more
カテゴリー:

もっと見る

「田鍋梨々花」の画像

もっと見る

「田鍋梨々花」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる