「田原俊彦」とは?

関連ニュース

【歌手】契約解除の西内まりや、あのレコード会社から救いの手?安室奈美恵がプロデュース - 04月17日(火)21:39  mnewsplus

「さよならだけが人生だ」。そう言ったのは井伏鱒二だが、社長をぶん殴って事務所にサヨナラしたのがタレントの西内まりや(24)である。 桜舞い散る木の下で、フリーになった彼女を待ち構えるものは。  *** 西内がライジングプロとの契約を解消したのは3月31日のこと。 「昨年10月、彼女がライジングプロの関連会社社長をビンタで殴ったことが週刊文春に報じられましたが、この時点で彼女の心は完全に事務所から離れており、以降は話し合いも弁護士を立てて行うしかなかったのです」(レコード会社関係者) モデルから女優...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】フジテレビ「月9」視聴率不振、背景に“らしさ”の呪縛も 「極悪がんぼ(2014年)」あたりから始まる不振 - 03月23日(金)10:57  mnewsplus

フジテレビの月曜21時台の連続ドラマ枠『月9』で、1月から放送されていた芳根京子主演『海月姫』が3月19日に最終回を迎えた。視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)は5.8%に終わり、全話平均視聴率は1987年4月から始まった同枠で最低の6.1%を記録した。 . 2016年以降、『月9』で全話平均視聴率が2ケタを超えたのは2017年7~9月期の『コード・ブルー 3rd』のみ。かつての高視聴率枠の苦戦が続いている。テレビ局関係者が話す。 . 「最近の『月9』は初回の視聴率から低い。『海月姫』は8.6%、昨年10~12月期の『民衆の敵...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】「アイドルの作られ方」が激変した根本理由…平成アイドル史、この30年で何があったのか - 04月08日(日)08:41  mnewsplus

マスメディアが数々のアイドルを生み出した昭和の時代が終わり、平成となって30年。その間にはメディアの構造も、アイドルのあり方も大きく変わった。そして平成の時代もまた終わろうとしている今、アイドル/タレント研究の第一人者に、アイドルという概念の変容について詳細に分析してもらった。 ■「アイドル冬の時代」は本当だったのか? 「昭和」や「平成」という元号自体に世の中を変える力はない。だが不思議なことに、昭和から平成への移行は、さまざまな社会の変化と重なっていた。それは、アイドルについても例外ではない。...
»続きを読む
カテゴリー:

「田原俊彦」の画像

もっと見る

「田原俊彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる