「田中要次」とは?

関連ニュース

【映画】映画「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」第1弾特報映像! - 03月28日(火)12:34 

2017年8月26日テアトル新宿他全国公開決定! 2000年公開の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」以降挑戦的な内容とスタイリッシュな作画で話題を呼び続けた「BLOOD」シリーズ。 2011年TVアニメ化、2012年には劇場版、2015年には舞台化された「BLOOD-C」シリーズの最新作の実写映画化が決定! 映画「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」第1弾特報映像! https://youtu.be/MfdPRCMrIpA 【CAST】 青野楓/松村龍之介/古田新太/宮原華音 手塚とおる/八神蓮/田中要次/銀粉蝶/水野美紀/坂井真紀 郷本直也/滝川英治/南圭介/結城貴史/友常勇気 石渡真修...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

百田夏菜子、前田敦子…「センター経験者は名女優になる」の法則? - 03月26日(日)16:11 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』が4月1日(土)の放送で最終回を迎える。どの朝ドラもそうなのだが、終わりが近づくと20~30代の出演者たちが老後の姿を演じるので、ビジュアル的にはギャップが見えてくる時期。  それでも半年間の集大成が近づくということで、これまでのシーンが走馬灯のように去来、胸をつくセリフに毎朝涙しているライターのスナイパー小林です。  その出演者たちのなかで、私が注目したのは百田夏菜子。当初はアイドルの朝ドラ出演にやや厳しさを感じたけれど、放送が進むにつれて女優感を確実に増していったように思う。そんな彼女の魅力について考えてみた。 ◆色気を醸すチャームポイントのえくぼ  百田が演じたのは主人公の坂東すみれ(芳根京子)の同級生、小澤良子。ドラマの舞台となった子供用品会社「キアリス」の創業メンバーの一人であり、15歳年上の夫と20代の息子(現在)を持つ母親でもある。 「ももいろクローバーZ」では赤い強烈なインパクトのコスチュームで登場する不動のセンター。明るい、おバカキャラを売りにしていたアイドルが朝ドラに出演するというのは、放送スタート時に不安を感じたのはきっと私だけではないはず。  戦時中に結婚、出産と女性として成長していくものの、15歳年上の夫役の田中要次との夫婦設定にやや無理があるのでは? と感じながら見ていたら、息子も大きくなり、設定が40代...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」144話。最終回につぐ最終回展開、あのワンピースの少女登場 - 03月25日(土)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第144回 3月24日(金)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎144話はこんな話引退してヒマを持て余していたすみれ(芳根京子)たちのところへ、かつてショウウインドウに飾ってあったワンピースをもらった美幸(星野真里)が訪ねて来た。諦めた 恋だから諦めた 恋だから なおさら 会いたい会いたい五木ひろしの粘り気のある歌い方が印象的なヒット曲「夜空」を社長室で歌う武。これはついに栄輔と結ばれてしまった明美への捨てきれない想いなのか。初恋の思い出は甘くて苦い。武「いつからおおったんや」健太郎「ずっとです 見てましたよ」自分より学歴が低く、しかもこんな感じで歌っているような武の下で働く、東大卒の健太郎(古川雄輝)の気持ちを慮ってみるも、キアリスの魔法にかかって、そんな尖った気持ちはすっかり浄化されているのだろう。そう、ここはワンダーランド。武と健太郎は、すみれたちが描いたワンダーランドの絵を見て「これはみんなの夢じゃ」と決意を新たにする。私にとっては宝物です引退してヒマになったキアリスの4人ということだが、やっていることがとくに変わった印象がない。なぜなら、すみれ(芳根京子)たち、この数週間、ほとんど仕事している描写がないから。映画つくったり、レリビィに集ったり...more
in English
カテゴリー:

龍ちゃんこと森永悠希が見た「べっぴんさん」 - 03月22日(水)08:00 

現在放送中の連続テレビ小説「べっぴんさん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)が、3月27日(月)より最終週に突入する。 【写真を見る】「どうしてそうなった!」とツッコミたくなる、龍ちゃんの奇抜過ぎるファッション/(C)NHK ヒロイン・すみれ(芳根京子)をはじめ、穏やかでのんびりとしたキャラクターが多い本作。その中で異彩を放っていたのが、すみれの親友である小澤良子(百田夏菜子)の息子・龍一だ。 龍一は大学を中退して放浪の旅に出た後、7年後に突然帰国。やがて喫茶店「世界の料理 レリビィ」を開き、世界各国で味わってきた料理を再現してみんなを楽しませるようになる。 今回、そんな龍一を演じる森永悠希にインタビューし、クランクアップを迎えた感想や、森永が思う本作の“べっぴん(=特別な品)”ポイントを聞いた。 ──まずはクランクアップを迎えた心境をお聞かせください。 「やり切った!」という気持ちもありますが、小澤家がすてきだったので、やはり寂しくもあります…。 ──龍一を演じる上で、心掛けていた点はありますか? とにかく「振り切ること」ですね。 あと、龍一はすぐに余計なことをしますが、嫌な人に見えてしまわないように気を付けていました! ──森永さんご自身は、料理はお好きなのですか? はい、好きです! 龍ちゃんほどの腕前ではありませんが、一人暮らしをしているので、よく自炊し...more
in English
カテゴリー:

テレ東「ローカル路線バス」新コンビに田中要次&羽田圭介! - 03月21日(火)10:00 

テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送をもって卒業した太...
in English
カテゴリー:

映画「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜」第1弾特報映像解禁 公開日は2017年8月26日に決定! - 03月27日(月)10:22 

 映画「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜」の公開日が2017年8月26日に決定し、第1弾特報映像が解禁されました。戦慄のバイオレンスアクションが、実写で復活します。 【拡大画像や他の画像】  舞台は戦乱の時代に陥る少し前の日本。血の病を患い診療所で過ごす姉を持つ青年・蓮のもとに「古きものを狩るためにここに来た」と告げる制服姿の少女・小夜が現れる。日本刀を携える小夜の刀がが煌めく時、因習と血脈で塗り固められた惨劇の幕が開く――というストーリーです。  今回解禁された第1弾特報映では、ハードなアクションシーンや田中要次さん、古田新太さんといった豪華キャストの姿も明らかになりました。日本刀を持つ小夜の激しい剣客アクションなどアニメ「BLOOD-C」の世界を最大限に表現しています。  公式サイトでは3月25日から4月10日まで、非売品DVD特典付きパッケージの限定前売り券(3500円・税込)と、QRコードを入力することで特典映像を楽しめるM∞CARDチケット(1500円・税込)が販売されています。チケットのデザイン及び特典映像の内容はそれぞれ違うとのことです。  今後の最新情報は公式サイト及び公式Twitterで発表されるとのことなので、要チェックです。  「BLOOD-C」は2011年にMBS・TBS系列で放送されたアニメオリジナル作品で、2000年公開のアニメ映画「BLOOD THE ...more
in English
カテゴリー:

結局2人で旅している 太川陽介&蛭子能収コンビは不滅? - 03月25日(土)21:00 

 テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』でコンビを組んだ太川陽介と蛭子能が、同局の別の旅番組で今年2度目の共演。4月1日放送の『いい旅・夢気分スペシャル』(後6:30)で今度は春の房総半島を巡る。 ここでも路線バスに乗っている太川と蛭子  今年1月2日に放送された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は第25弾をもって終了。コンビ解消かと思いきや、1月28日放送の『いい旅・夢気分スペシャル』で再共演。神奈川・箱根~静岡・伊豆で温泉三昧の旅を楽しんだ。  今回は、2013年に「路線バスの旅」で、山形県の米沢から青森県の大間崎を目指して一緒に旅をした、マドンナ・さとう珠緒が飛び入り参加し、房総半島へ。内房総の姉ヶ崎を出発して、バスで五井駅へ。さらにローカル線の小湊鐵道に乗り換えて終点を目指す。道中、3人はかつての路線バス旅を振り返りながら、花摘みやイチゴ狩りなどを満喫する。  そのほか、「東京箱根間往復大学駅伝競走」で3連覇中の青山学院大学陸上部・原晋監督が、妻への感謝と慰労の気持ちを込めて、夫婦水入らずで春の箱根路の旅へ。小田原城からスタートし、箱根湯本から路線バスで向かったのは、駅伝で馴染みの深いルート。そして、強羅に昨年12月にオープンした宿で旬の料理に舌鼓を打つ。翌日は、大涌谷を観光し、遊覧船で芦ノ湖へ。湖畔でこの春おススメのスイーツを楽しみながら、旅を振り返る。  遼...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」142話。もう総集編かと思った - 03月23日(木)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第142回 3月22日(水)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎142話はこんな話キアリスを引退しようと考える紀夫とすみれ(芳根京子)。そして、キアリスの4人はこれまでを振り返る。 生きがいってものすごい言葉やなまるで総集編のようであった。キアリスを30年近く前からはじめたってことは、すみれは50代か。50代で引退するのは、いまの時代と比べたら早い。君枝と話していて昭一(平岡祐太)が熱く強く「生きがいってものすごい言葉やな」と語る。ここのところ「東京タラレバ娘」(日本テレビ)でちゃらい二股バンド野郎を演じていてそっちのイメージが強くなってしまい、昭一としての存在感は時々出てきても一言も台詞がないことすらあった。ここでようやく台詞らしい台詞があってよかったと思う。 あの頃の私に教えてあげたいわなんで15も上のひとと・・・って、少女の頃、不満に思ったことを、勝二(田中要次)に話す良子(百田夏菜子)。いまやすっかりお似合いの夫婦。こういうこともあるんですねーという良いサンプル。 はい、おしまい紀夫(永山絢斗)が、すみれが初恋の人だったと告白。また白髪チェックがはじまって・・・それを、台所で並んで膝を抱えて聞いているさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)。朝ド...more
in English
カテゴリー:

路線バス、タクシー降りる時に「ありがとう」って言える人は人間出来てる - 03月21日(火)11:31 

[映画.com ニュース] テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の 新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、 俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送を もって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に 抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。 http://eiga.com/news/20170321/10/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

テレ東「ローカル路線バス」新コンビに田中要次&羽田圭介! - 03月21日(火)10:00 

 テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送をもって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。  「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、2007年10月にスタートした旅バラエティ番組で、2人の旅人が、各回のマドンナとともに路線バスを乗り継ぎ、3泊4日の日程内に目的地への到着を目指す。前シリーズでは、太川と蛭子の凸凹コンビが繰り広げるかけ合いが人気を博した。田中&羽田の新コンビによる最初の旅は、マドンナにIMALUを迎え、静岡・伊豆半島の下田港から愛知・知多半島の師崎港までの旅を追う。  田中&羽田コンビは、昨年11月に放送された特別編で本シリーズに初参加し、見事目的地へのゴールを果たした。そんな経験を経て、新コンビに抜てきされた田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を見て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田くんの新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と“先輩コンビ”の人気の高さを痛感している様子だ。  一方、羽田氏も「テレビ東京の看板番組に自分が出ていいのか?...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「田中要次」の画像

もっと見る

「田中要次」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる