「田中要次」とは?

関連ニュース

芥川賞作家・羽田圭介は月収300万!本音は「路線バス旅めんどくさい」 - 05月26日(金)17:00 

芥川賞作家・羽田圭介(31)が25日深夜放送のテレビ東京『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』にゲスト出演し、過去3カ月間の収入をテレビ初告白。さらに「払いが渋い」「タクシーチケットが出ない」など、各テレビ局での待遇差を赤裸々に語り視聴者を楽しませた。(画像はTwitterからのスクリーンショット)■印税2,200万円も生活は変わらない羽田は2003年に『黒冷水』で第40回文藝賞を受賞しデビュー。数度の候補を経て2015年、ピース・又吉直樹(36)の『火花』と共に『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞し、一躍時の人に。芥川賞の受賞に関しては「半年に1度、狭い条件の中で出てくるもの。やり遂げた感じはない」と独特の感想を述べた。番組内では「ジャンル別 芸能界のギャラ事情SP」として、作家の羽田が懐事情を告白。まずは、ちゃんと話せるお金の話、計算できる「印税」について。芥川賞に輝いた『スクラップ・アンド・ビルド』は23万部発行。1冊1300円の10%、2,200万円の印税と賞金100万円を獲得した。受賞後も特に生活は変えず、食事のために外出するのは面倒と考える羽田。収録などで出る弁当を2.3個持って帰ったり、安いオージービーフを4キロまとめ買いしてハンバーグを大量に作り置きしたりと、庶民感覚を忘れない。移動は電車と路線バスが中心のため、「テレビ東京の某番組ではタクシーチケッ...more
カテゴリー:

密閉空間で決死のサバイバル「新感染」特報&ティザービジュアル完成 - 05月25日(木)12:00 

 「トガニ 幼き瞳の告発」のコン・ユ主演のサバイバルアクション「新感染 ファイナル・エクスプレス」の特報と、ティザービジュアルが完成した。 ・【動画】「新感染 ファイナル・エクスプレス」特報  映画は、走行中の高速鉄道の車内で、未知のウイルスに感染&凶暴化した乗客と、逃れようとする者の攻防を描く。突如発生したパンデミック(感染爆発)を免れた父ソグ(コン)と娘スアン、妊娠中の妻と夫、学生たちは、時速300キロ超で疾走する密閉空間で決死のサバイバルに身を投じていく。ヨン・サンホ監督がメガホンをとった。  このほど公開された特報は、駅のホームで何者かに飛びつかれる駅員を目撃するスアンの姿からスタート。襲いくる感染者を目の当たりにし、パニックに陥りながら列車内を逃げ惑うソグらの様子が描かれる。また、「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督から「傑作!」、「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督から「激走! 爆走! 超ヤバイ!」との絶賛コメントも収録されている。  また、ティザービジュアルには、炎に包まれた街と、米作家のスティーブン・キングをはじめ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督、「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督、音楽クリエイターのヒャダイン、電車好きで知られるお笑いトリオ「ななめ45°」の岡安章介、元鉄道社員で俳優の田中要次らからのコ...more
カテゴリー:

『新感染 ファイナル・エクスプレス』特報&ティザービジュアル公開 - 05月25日(木)12:00 

 『第69回カンヌ国際映画祭』を筆頭に、世界156ヶ国から買い付けオファーが殺到した韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の公開日が、9月1日に決定し、あわせて特報とティザービジュアルが解禁された。 【動画】『新感染ファイナル・エクスプレス』特報  高速鉄道の車内で突如起こった感染爆発(パンデミック)。疾走する密室の中で凶暴化する感染者たち。偶然乗り合わせたある父と幼い娘、妊娠中の妻とその夫、学生たち…果たして彼らは安全な終着駅にたどりつくことができるのか。  監督は『The King of Pigs』のヨン・サンホ氏、出演は『トガニ幼き瞳の告発』のコン・ユ、『ソニはご機嫌ななめ』のチョン・ユミ、『殺されたミンジュ』のマ・ドンソクら。  特報では、感染者と思われる男が駅員を襲う姿から、密室の列車内で感染が拡大。感染した女の姿、乗客を避難させる乗務員、娘を抱えて必死に走る男。次から次へと目が離せない、夥しい数の感染者が襲いかかり、最後は『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督より寄せられた「激走!爆走!超ヤバイ!」というコメントで締められる。  ティザービジュアルには、樋⼝監督のコメントに加え、ヒャダイン(音楽クリエイター)と最上もが(でんぱ組.inc)電車好き芸人の岡安章介(ななめ45°)や、元鉄道社員で俳優の田中要次より鉄道にかけたコメントなどを掲載している。 【関連記...more
カテゴリー:

宮部みゆき原作『荒神』スペシャルドラマ化 内田有紀が出演 - 05月16日(火)21:36 

 人気作家・宮部みゆき氏初の“怪獣もの”とも言える小説『荒神(こうじん)』がNHK・BSプレミアムでドラマ化されれることになり、女優の内田有紀をはじめ、俳優の平岳大、平岡祐太、柳沢慎吾ら出演者が発表された。放送時期は来年1月~2月、単発。 【写真】平岳大らメインキャスト  関ヶ原の戦いから100年経った太平の世、東北の寒村に、突然怪物が現れた。村人を殺し、村を焼き尽くしてしまう。朱音(あかね/内田)の住む村に、怪物に襲われて傷だらけになった少年が逃げてくる。迫りくる怪物の恐怖。朱音は、浪人・榊田宗栄(平岡)、絵師・菊地圓秀(柳沢)とともに、村を守るため、知恵と勇気をふりしぼって怪物との戦いに挑んでいく。  一方、朱音の兄で藩の重臣・曽谷弾正(平)は、怪物を自ら操ろうと企む。怪物との戦いの陰で繰り広げられる愛憎劇。やがて明らかになる怪物誕生の意外な真相。そこに浮かび上がるのは、罪深い人間の業だった。  怪物はなぜ現れたのか? どうすれば倒すことができるのか? 朱音たちと怪物との戦いの行方は? 怪物と人間たちの死闘を最新のVFXを駆使して描く、スケールの大きなエンターテインメント時代劇。出演者はほかに、前田亜季、前川泰之、中本賢、角替和枝、中原丈雄、品川徹、田中要次、加藤雅也、柴俊夫、大地康雄。  原作は、2014年4月までの約1年間、朝日新聞の新聞連載小説として掲載。朝日新...more
カテゴリー:

「田中要次」の画像

もっと見る

「田中要次」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる