「田中萌アナ」とは?

関連ニュース

「グッド!モーニング」新キャスターのミス青学が「美人過ぎる」と評判 田中萌アナ騒動で「池上彰の-」も担当へ - 01月23日(月)11:30 

テレ朝系「グッド!モーニング」といえば、忙しい朝にぴったりの情報番組として欠かさず見るファンも多いだろう。その朝の顔とも言える新キャスターとして福田成美さん(2…
in English
カテゴリー:

不倫スキャンダルに厳しいテレ朝、田中萌アナの復帰プランとは… - 01月22日(日)06:00 

昨年12月に『グッド!モーニング』の共演者で、先輩局員の加藤泰平アナとの不倫疑惑が報じられてしまったテレビ朝日の田中萌アナ。スキャンダル発覚以降、同番組の出演を見合わせられており、年が変わった今も“謹慎”状態が続いているのだ。 「当初の予定では、出演自粛は昨年いっぱいだったのですが、視聴者からのクレームが多く、復帰のメドは立っていない状態。とはいえ、彼女の穴を埋めなければならない。そこで『ミス青山学院2016』に輝いた福田成美に白羽の矢が立ち、1月から新メンバーとして加入することになりました」(同局関係者) テレビ朝日は不倫スキャンダルを起こした女子アナに対して、過去にも厳しい姿勢を見せている。 「1997年に池谷幸雄との不倫が報じられた吉元潤子アナ(退社)は1年以上もTV出演が見合わせられましたし、2003年にウンナン・内村光良との不倫が発覚した徳永有美アナ(退社)に至っては、スキャンダル報道直後の出演番組で『今日限りで辞めさせていただきます。申し訳ありませんでした』と涙ながらに挨拶。ある意味で見せしめのような処分を下しています」(テレビ朝日局員) 崖っぷちの田中アナだが、浮上の目はあるという。 「今年に入って復活したベッキーと番組で共演し、思い切って不倫をネタ...more
in English
カテゴリー:

転換期を迎えている女子アナ業界。不倫発覚で逆に期待される救世主とは? - 01月15日(日)06:00 

絶対的な人気を誇る日本テレビの水卜麻美(みうら・あさみ)アナ以外、だんご状態ともいえる女子アナ業界。今年、ブレイクが予想される女子アナ3人を識者が紹介する。 ひとり目はフジテレビの入社1年目の堤礼実(れいみ)アナ。現在、『めざましテレビ アクア』『うまズキッ!』などに出演し、男性人気をじわじわ獲得している。女子アナ評論家の戸部哲也氏が話す。 「マニアックなところがあって、ヨーロッパの貴族であるハプスブルク家の歴史を調べるのが趣味。彼女自身、『前世はハプスブルク家の人間だと思う』なんて言っているほど(笑)。まだバラエティ番組の出演経験が少なく、いろいろとイジりどころがあるので局員も期待しています」 続いて、テレビ評論家の朝日富士夫氏が推すのは…なんと、不倫スキャンダルが発覚してしまったテレビ朝日の田中萌(もえ)アナだ。 「図らずも知名度が上がったので、これからどう挽回するかにかかっている。テレビ朝日は竹内由恵アナや松尾由美子アナ以外、全国的に人気を博す女子アナがいない。ある意味、ピンチはチャンス。番組で芸人と共演して、ネタとして扱えるようになればいいんですが…」 そして最後は、女子アナウオッチャーA氏が意外な女子アナの名前を挙げる。 「日本テ...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】<乙武氏>テレ朝局内不倫対応に疑問!「結局、最後はしらばっくれる」 - 01月13日(金)19:35 

作家・乙武洋匡氏(40)が13日、TOKYO MXで放送された「5時に夢中!」にゲストコメンテーターとして出演。アナウンサー同士の不倫が発覚したテレビ朝日の対応に疑問を呈した。  番組では最近の“マスコミの不祥事”について取り上げた。乙武氏は、「ASKA(逮捕時の取材で)の(車の)エンブレムが取れちゃった問題にしても、テレ朝局内不倫にしても、結局最後はしらばっくれる」でカタつけようとしてるじゃないですか。 誰かの落ち度があった時には『謝罪しないんですか!』と徹底追及しながら、身内にあった時には...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】 フジテレビ関係者 「ウチにはスキャンダルも数字もない」と嘆息 - 01月12日(木)11:16 

女子アナ界に“大戦国時代”が到来している。日テレでは久野静香アナ(27)が水卜麻美アナ(29)率いる“水ト会”に反旗を翻し“久野会”を開催。 テレビ朝日では田中萌アナ(25)が不倫騒動を起こすもおとがめナシ。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が絶好調だったTBSでは 吉田明世アナ(28)、林みなほアナ(26)と結婚ラッシュ。 民放各局の女子アナ界は話題豊富に見えるが、その一方で──。 「ウチはスキャンダルも数字もない」と嘆くのは、フジテレビ関係者だ。 本誌は昨年12月2日号でショーパン(生野陽子アナ、32)派と旧カトパ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】不倫スキャンダルに厳しいテレ朝、田中萌アナの復帰プランとは… - 01月22日(日)11:11 

昨年12月に『グッド!モーニング』の共演者で、先輩局員の加藤泰平アナとの不倫疑惑が報じられてしまったテレビ朝日の田中萌アナ。スキャンダル発覚以降、同番組の出演を見合わせられており、年が変わった今も“謹慎”状態が続いているのだ。 「当初の予定では、出演自粛は昨年いっぱいだったのですが、視聴者からのクレームが多く、復帰のメドは立っていない状態。とはいえ、彼女の穴を埋めなければならない。そこで『ミス青山学院2016』に輝いた福田成美に白羽の矢が立ち、1月から新メンバーとして加入することになりました」(...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

SMAP5人の映像がTV局でお蔵入り 元SMAPの肩書きも禁句 - 01月15日(日)16:00 

 最後のベストアルバムがミリオンセラーを達成し、解散後も大きな存在感を見せ続けているSMAP。だが、もしかしたらもう二度とテレビで5人揃った映像は見られないかもしれない。 「解散後から“SMAPの映像”がテレビで使えなくなっているんです」  そう明かすのはフジテレビ関係者だ。  異変が起きたのは年明けに放送された同局の朝の情報番組『とくダネ!』。  解散間もないSMAPの動向を伝えるニュースを報じたのだが、奇妙なことに画面にはSMAP5人の姿が映されることはなく、代わりに精巧な似顔絵イラストが映し出されていた。昨年12月26日放送の『SMAP×SMAP』(フジ系、以下スマスマ)最終回では、「世界に一つだけの花」を歌った後に、リーダーの中居正広だけが後ろを向いて涙ぐむ“名シーン”があった。しかし『とくダネ!』ではつい1週間ほど前に自局で放送したこの場面さえ、わざわざイラストになっていたのだ。 「もともと映像の許諾に厳しいジャニーズ事務所が難色を示したんです。最後の『スマスマ』は局の“独占ネタ”なのに、映像も静止画も使わないことになり、イラストを使ったわけです。情報番組に限らず、バラエティ番組などでも今後はSMAPの映像は出せないと現場は判断しています」(同前)  フジテレビは「制作の詳細に関してはお答えしておりません」(企業広報部)とするが、他局も同じ事情で、日本テレビ系『情報ライブ...more
in English
カテゴリー:

結婚・妊娠のAAA伊藤 お相手は宮迫博之の元相方 - 01月14日(土)07:00 

 1月12日、男女混成7人グループ・AAAの伊藤千晃(30)が、結婚、妊娠、卒業の“トリプル報告”をした。突然のおめでた報告にファンはさぞ驚いたことだろうが、業界関係者は、4つ目の事実となる結婚相手の名前に衝撃を受けている。  新聞報道などでは、相手は一般人で〈俳優・浅野忠信似の40代実業家〉などと報じられたが、実は過去に芸能界にも在籍していた“有名人”だった。伊藤の知人が明かす。 「旦那さんは、かつて『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんとお笑いコンビを組んでいたAさんです。元芸人だけあってトークが面白く、20歳近い年の差を感じさせない距離感に、伊藤も居心地の良さを感じていました。2人は数年前に知人を介して知り合い、昨年春から交際をスタート。夏頃には半同棲生活を始め、昨年末に妊娠が発覚したことで入籍を決断したそうです」  このA氏、実はただの実業家ではない。高校卒業後、19歳でラーメン店を起業。一方で吉本興業のお笑い芸人養成学校であるNSC(吉本総合芸能学院)に通い、そこで宮迫とコンビを組んでいた。だが、経営の才覚があったA氏は、すぐに芸人を辞めて事業に専念する。ラーメン店に始まった事業は、雑貨の並行輸入や飲食と広げ、水商売の世界で花開く。 「1990年代初頭から、大阪でキャバクラ経営を始め、次々と店舗を拡大。2000年代前半には、関西だけでなく関東、中国、北陸、四国などで約100店舗...more
in English
カテゴリー:

テレ朝の新しい朝の顔、ミス青学・福田成美さん「先輩たちについていきます!」 - 01月13日(金)05:00 

 テレビ朝日系朝の情報番組『グッド!モーニング』(月~金 前4:55~8:00※一部地域除く)に、今月4日からレギュラー出演している2016年度ミス青学の福田成美さん(21)。テレビの世界に飛び込んで1週間ちょっと。番組終わりにオリコンNewSの取材に応じた福田さんは「いまは自分のことで精一杯ですが、番組にも早く慣れて、『グッド!モーニング』の一員として情報をお伝えできるように頑張っていきたい」と抱負を語った。 【写真】お手本にしたい青学の先輩・新井恵理那  福田さんは、1995年10月30日生まれ、千葉県出身。箱根駅伝3連覇で話題の青山学院大学経済学部経済学科の現役3年生だ。昨年10月にミス青山学院に選ばれた。  「自分がミスコンに出ることも、ミス青学に選ばれることも全く想定していなかったので、実感があまりないのですが、ミス青学出身の方がたくさんご活躍されているのを見ると、『青学ってすごいな』と思います(笑)」。  フリーアナウンサーの滝川クリステル、森麻季(元日本テレビ)、田中みな実(元TBS)、TBSの江藤愛、テレビ朝日の市川寛子、久冨慶子、『グッド!モーニング』でスポーツ&エンタメコーナーを担当する新井恵理那も、ミス青山コンテスト出身。  テレビの仕事に「小さい頃から漠然としたあこがれはありました」という福田さんだが、民放キー局の帯番組にレギュラー出演するチャンス...more
in English
カテゴリー:

フジテレビ関係者「ウチにはスキャンダルも数字もない」と嘆息 - 01月12日(木)07:00 

 女子アナ界に“大戦国時代”が到来している。日テレでは久野静香アナ(27)が水卜麻美アナ(29)率いる“水ト会”に反旗を翻し“久野会”を開催。テレビ朝日では田中萌アナ(25)が不倫騒動を起こすもおとがめナシ。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が絶好調だったTBSでは吉田明世アナ(28)、林みなほアナ(26)と結婚ラッシュ。民放各局の女子アナ界は話題豊富に見えるが、その一方で──。 「ウチはスキャンダルも数字もない」と嘆くのは、フジテレビ関係者だ。本誌は昨年12月2日号でショーパン(生野陽子アナ、32)派と旧カトパン(加藤綾子アナ、31)派の“融和”を報じたが、かつての「女子アナ王国」も人材不足は否めない。特にカトパン退社以降、看板番組である『めざましテレビ』の視聴率低迷が叫ばれている。 「現在、メインキャスターを務める永島優美アナ(25)が“戦犯”とされている。そのため、人気急上昇中のサブキャスター・宮司愛海アナ(25)の“メイン昇格案”が浮上しています」(同前) ※週刊ポスト2017年1月13・20日号 【関連記事】 祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【後編】 朝日放送新人・澤田有也佳アナ ミス東大でお天気キャスターも テレ朝・大下容子アナ「いまだに独身なのは七不思議」と社員 祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【前編】 テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「田中萌アナ」の画像

もっと見る

「田中萌アナ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる