「田中美央」とは?

関連ニュース

矢本悠馬、大河の現場は緊張の連続!「毎回せりふが飛びそう」 - 08月16日(水)00:00 

矢本悠馬が大河ドラマ「おんな城主 直虎」(夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、井伊家の家臣・中野直之を演じている。 【写真を見る】田中美央が演じる六左衛門とは名コンビ! 互いに直虎を支える/(C)NHK 直之は直由(筧利夫)の息子で、父に似て一本気な強硬派。初めのうちは、直虎(柴咲コウ)が城主となることを認めようとせず、反発を繰り返していたが、次第に彼女の井伊谷を思う気持ちに感銘を受け、殿と認める。また、武芸の達人でもある直之は井伊家にとってなくてはならない存在で、これまで何度も直虎の窮地を救ってきた。 そんな直之という、直虎の側近を演じる心境などを聞いた。 ――今回の出演が決まった感想を教えてください。 純粋に「やったー!」です。歴史のある大河ドラマのレギュラーに使っていただいて感謝しかないですよ。 本当、最初はうれしさしかなかったんですが、出演者と顔合わせをした瞬間に、周りが有名な役者さんばかりで、「恐さ」と「言葉にできないプレッシャー」を感じました(笑)。 ――緊張などは次第に解けていきましたか? ぜんぜん解けないですね。出演者の皆さんとも仲は良くなりましたし、スタッフの皆さんとも仲良くなったんですけれど、ずっと緊張していますよ。「本番!」って言われると、毎回せりふが飛びそうになっています(笑)。 でも、現場全体が緊張しているんじゃないですかね。人生でなかなか味わう...more
カテゴリー:

【芸能コラム】巧みな脚本と俳優陣の好演が生む登場人物の魅力―中野直之と奥山六左衛門の場合― 「おんな城主 直虎」 - 08月11日(金)16:59 

 武田との戦(いくさ)に備える今川の陰謀により、井伊家に取り潰しの危機が迫った第31回「虎松の首」。だがそれは、同時に直虎(柴咲コウ)たちが築き上げた井伊家の結束の強さを証明する場ともなった。隠し里に逃れた一族の前で、直虎が小野政次(高橋一生)と通じ合っていたことを打ち明けた時の温かな反応に、グッときた視聴者も多いに違いない。これは、登場人物たちの魅力が見る者に浸透した証と言えるだろう。  登場人物を魅力的に見せるために必要なものは、大きく分けて二つある。まずは、ストーリーに沿ってキャラクターを引き立てる脚本。もう一つは、演じる俳優たちの芝居だ。その両方が効果を発揮した代表的な例が、直虎に仕える中野直之と奥山六左衛門だ。  当主の座に就いた直虎に反発していた当初、直之は怒ってばかりいる直情的な人物、六左衛門は真面目だが今一つ気弱で頼りない…そう見えたはずだ。だが、今では2人とも直虎にとって頼りになる家臣。そうなる上で、それぞれ転機となったエピソードがあった。  直之の場合は、第15回「おんな城主 対 おんな大名」。今川から呼び出された直虎の危機を救おうとする百姓たちの心意気に動かされ、襲撃を受けた場面に間一髪で駆けつける。さっそうとした登場に加え、演じる矢本悠馬自身「初めて」と語った殺陣も鮮やかで、武芸に秀でたキャラクターを強く印象付けた。井伊谷に帰還した直虎を迎えるやや照れたよう...more
カテゴリー:

「田中美央」の画像

もっと見る

「田中美央」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • 田中美央 - 劇団俳優座
  • 劇団俳優座 田中美央のブログ「ではまた、板の上で会いましょう。」
  • Air Language - ココログ

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる