「田中美央」とは?

関連ニュース

『おんな城主 直虎』、小姓になるため草履番の後釜を育てることになった万千代だが… - 10月14日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第40話「天正の草履番」では、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられた万千代(菅田将暉)。慣れない仕事に悪戦苦闘していたが、草履棚を作るなどの工夫で次第に評価を上げていく。一方、井伊家の再興を望まない直虎(柴咲コウ)は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康(阿部サダヲ)は直虎を呼び、本心を明かす。草履番に起用したのは万千代が「叩かれれば叩かれるほど奮い立つ」性格であると判断したからで、武将として大きく育てたいという。その後、直虎は万福(井之脇海)から井伊家再興にかける万千代の思いを聞く。【関連】『おんな城主 直虎』第41話フォトギャラリー 今週放送の第41話「この玄関の片隅で」では、小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代と万福の元にやってきたのは、見た目さえないノブ(六角精児)という中年男だった。一方、直虎は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。 そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請するが…。 甲斐の虎と恐れられた信玄(松平健)がこの世を去り、勝頼(奥野瑛太)が跡を継いだ武田家。勝頼は父の遺志を継いで攻め上り、ふたたび三河、遠...more
カテゴリー:

【直虎】柴咲コウ、元気いっぱいクランクアップ「あと1年やれそう」 - 10月11日(水)17:21 

 女優の柴咲コウが11日、静岡県浜松市の久留女木の棚田でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)のクランクアップを迎えた。昨年10月7日頃にも物語前半の重要なシーン(第7回など)の撮影を行った場所。最後まで撮影を共にした、市原隼人や小松和重らに囲まれて、柴咲は「始まるときには1年間やり遂げられるかな、という不安もあり、精魂尽き果てて終わるんだろうなと思っていましたが…体力があり余っています」と、はっちゃけた。 【写真】市原隼人、小松和重らと棚田でクランクアップ  柴咲は「(スタッフ・キャストの)皆さんが愛を持って接ししてくれたことと、それぞれがプロフェッショナルな仕事をしてくれたことが学びになり、刺激になりました。愛を感じながら撮影できてとてもうれしく思っています。やり遂げられて幸せです。体力が残っていて、あと1年くらいできそうなんですが、また別の作品でご一緒したいです」と、はちきれんばかりの笑顔を見せていた。  この日は、黄金色の稲穂が頭を垂れる美しい棚田の風景の中、最終回(第50回、12月17日放送予定)で井伊谷の民が、郷の豊かな実りに感謝するシーンなどが撮影された。龍潭寺の僧・傑山役の市原、同じく僧・昇天役の小松、井伊谷の民を演じた山中崇、前原滉、TKOの木本武宏、木下隆行らが撮影に参加。クランクアップを祝いに、奥山六左衛門役の田中美央が私...more
カテゴリー:

「おんな城主 直虎」主演の柴咲コウが笑顔でクランクアップ 「まだ1年ぐらいできそう」 - 10月12日(木)10:35 

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、ロケ地となった静岡県浜松市内でクランクアップを迎え、最後の撮影を終えた主演の柴咲コウが会見を行った。  季節外れの夏日となったこの日、撮影には市原隼人、小松和重ら共演者数名も参加し、全シーンの撮影が終わったところで恒例の花束贈呈とくす玉割りを実施。さらに、撮影のなかった田中美央も駆けつけ、晴れ渡った空の下、終始笑いの絶えない賑やかなセレモニーとなった。  撮影を終えた柴咲は疲れた顔も見せず、「始まる時には、1年間やり遂げられるかどうか不安で、精根尽き果てて終わると思っていたけど、体力が有り余っています(笑)」と元気いっぱい。「作品からエネルギーやパワーをいっぱいもらった」とのことで、「まだ1年ぐらいできそうな感じではありますが、また違う作品で皆さんとお仕事できることを楽しみにしています」と笑顔を浮かべた。その様子を見た報道陣から「再度、大河のオファーが来たら?」という質問が寄せられると、間髪入れずに「もちろん、やりたいです!」と力強く答えた。  この日、最終回(12月17日放送予定)の撮影が行われた久留米木の棚田は、クランクイン間もない昨年10月にも撮影で訪れた土地。見渡す限りの美しい稲穂が印象的で、第7回では井伊家の隠し里として登場している。今回、再びこの地を訪れるまでの1年について「本当にあっという間。毎日撮影に没頭できた日々でし...more
カテゴリー:

「直虎」和田正人、常慶の感情が表に出たことの喜びを明かす - 10月11日(水)00:00 

和田正人が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。諸国を行脚しながら情報を集めている山伏・松下常慶を演じている。 【写真を見る】常慶は、虎松(菅田将暉)が井伊を名乗ったことに大きな衝撃を受ける。そしてその後、隠されていた感情が表に出るように/(C)NHK 徳川家康(阿部サダヲ)からの情報を直虎(柴咲コウ)に伝える役目を担う常慶は、その任務上、感情を表に出すような人物ではなかったが、第39回(10月1日放送回)からは、虎松(菅田将暉)との関わりの中で感情を表に出すシーンも登場するように。そんな役どころに変化が生まれてきた常慶役の和田に、演じる上でのこだわりなどを聞いてみた。 ――「―直虎」に出演が決まった時の気持ちを教えてください。 ミュージシャンの方が紅白(歌合戦)にいつか出たいと思う心境に近くて、大河ドラマというものが俳優という職業にとっての紅白だと思っています。その大河ドラマへ出演が決まって、プレッシャーがとても強かったんですけれども、喜びも大きく、「ここまでようやくたどり着いたな」という1つの目標を達成した感じがありました。 また、僕の役者人生の転機になった作品、連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年、NHK総合ほか)の制作統括である岡本幸江さんと脚本家・森下佳子さん、そして音楽の菅野よう子さんが再びタッグ組んだ作品に...more
カテゴリー:

「田中美央」の画像

もっと見る

「田中美央」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • 田中美央 - 劇団俳優座
  • 劇団俳優座 田中美央のブログ「ではまた、板の上で会いましょう。」
  • Air Language - ココログ

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる