「田中哲司」とは?

関連ニュース

長塚圭史×田中哲司の『ハングマン』、東京公演が開幕 - 05月17日(木)12:00 

映画『スリー・ビルボード』の脚本・監督としても注目される、マーティン・マクドナーの最新舞台『ハングマン』がついに日本上陸。『ウィー・トーマス』(2003、2006年)など過去4度マクドナー作品を手がけてきた長塚圭史が演出を、小川絵梨子が翻訳を手がける。5月12日・13日の埼玉公演を経て、5月16日、東京・世田谷パブリックシアターにて東京公演が開幕した。【チケット情報はこちら】(PC)物語は1963年のイングランドにある刑務所から始まる。殺人犯のヘネシーのもとへとやって来た、“ハングマン=絞首刑執行人”であるハリー。しかし冤罪を主張するヘネシーに、「せめてピアポイントを呼べ!」とライバル視しているハングマンの名前を挙げられたハリーは、逆上し強引に刑を執行してしまう。そして死刑制度が廃止となった2年後。ハリーが営むパブに、ムーニーというどこか怪しげな男がやって来て…。マクドナーらしい、乾いた笑いと驚くほどの残酷さが同居した本作。物語の主な舞台となるハリーのパブは、そんな空気に満ち満ちている。ハリーはハングマン時代のプライドを大いに引きずり、常連客は常に酒に溺れ、その中には警部の姿まで。そんな彼らにとっての怠惰な日常は、ムーニーという男の出現により崩れ去る。しかもそれが暴力的な恐怖ではなく、ただじんわりと、しかしはっきりと不気味であるということが、とにかく恐ろしい。この舞台のカギを握るム...more
カテゴリー:

田中哲司:妊娠中の妻・仲間由紀恵は「順調」 - 05月16日(水)17:10 

 俳優の田中哲司さんが16日、世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区)で行われた主演舞台「ハングマン-HANGMEN-」の公開ゲネプロ前の会見に登場。現在第1子妊娠中で産休している妻の仲間由紀恵さ…
カテゴリー:

田中哲司、産休中の妻・仲間由紀恵は「順調です」 - 05月16日(水)12:37 

 俳優の田中哲司(52)が16日、東京・世田谷パブリックシアターで行われた舞台『ハングマン -HANGMEN-』公開ゲネプロ前の囲み取材に出席。現在第1子妊娠中で、産休に入った妻・仲間由紀恵(38)の体調について「順調です」と話した。  ハングマン=絞首刑執行人を演じる同舞台について、「すごい見どころがあるんですよ。題名から想像してもらって…」と期待をあおり、「胎教には良くない舞台。妊婦さんとは真逆の世界」と苦笑し、「(仲間は)今回来られないんです」と明かした。  田中演じる男性から溺愛される娘役の富田望生は「とっても優しいお父さんです。けいこ場では優しい」と太鼓判。田中は「すごくショッキングなせりふを(富田から)言われるのですが、それが本当にショックで」と肩を落とし、“パパ”になる予行練習になっているか聞かれると「そうですね」と照れ笑いしていた。  同舞台は、映画『スリー・ビルボード』で映画界からも注目された脚本・監督を務めたマーティン・マクドナー氏の最新戯曲。そのほか、秋山菜津子、大東駿介、演出も務める長塚圭史、羽場裕一が出演する。同所にてきょう16~27日まで上演。 【関連記事】 田中哲司、女性との密会報道で謝罪「家族には大変つらい思い」 (17年06月08日) 【写真】白のキャミソールで…ねそべりカメラを見つめる仲間由紀恵 【写真】美しい色気も…デコルテを大胆披露...more
カテゴリー:

田中哲司「順調です」産休中の妻仲間由紀恵に初言及 - 05月17日(木)06:50 

 俳優田中哲司(52)主演舞台「ハングマン-HANGMEN-」東京公演が16日、世田谷パブリックシアターで初日を迎えた。英国を舞台に、田中はハングマン=絞首刑執行人を演じる。娘(富田望生)がいる設定で「娘からすごいショッキングなセリフを…
カテゴリー:

田中哲司 夏に出産予定の妻仲間由紀恵は「順調」 - 05月16日(水)13:25 

 俳優田中哲司(52)主演舞台「ハングマン-HANGMEN-」東京公演が16日、世田谷パブリックシアターで開幕する。開幕前に、田中や演出・出演の長塚圭史(43)らが同所で取材に応じた。  英国を舞台に、田中はハングマン=絞首刑執行人を演…
カテゴリー:

波瑠も「新しいタイプのドラマになる!」と宣言! テレ朝刑事ドラマの魅力とは? - 05月08日(火)12:00 

長年にわたり、「相棒」をはじめヒットドラマを量産してきたテレビ朝日。4月からは「警視庁・捜査一課長」「特捜9」「未解決の女―」の3作品を放送中だ。そこで今回、最新作「未解決の女―」に注目し“テレ朝刑事ドラマ”のヒットの法則をひもといていく! 【写真を見る】波瑠が演じるのは「特命捜査対策室」第6係・巡査部長 矢代朋。体を張った熱血捜査が得意だが、ケガを負って第6係へ ――テレビ朝日系の刑事ドラマへの出演は「BORDER―」('14年ほか)以来の波瑠。 波瑠「テレビ朝日さんの刑事ドラマといえば、“男たちの社会”を描くイメージでした。それが、今回は女性2人がバディを組んでその物語を女性の脚本家が描くという、これまでとは違った試みで…。新しいタイプのドラマになると思います」 ――演じる矢代朋は、事件に100%の力で立ち向かっていく人物。 波瑠「朋は情熱だけがあって、何事にもおじけづかない真っすぐなタイプ。私自身、彼女の熱血な感じに振り回されて少し息が上がっています(笑)。でも、仕事の情熱をきちんと持って働いているのはすごいし、若いのにカッコイイなぁと思います。むちゃはするけれど、仕事をする人として理想像に近い。ただ未熟な面もたくさんあるので、彼女の成長も見守っていきたいです」 ――そんな朋を表現するために気を付けていることは? 波瑠「彼女の真っすぐな感じを立ち姿から表現できればと、いつも仁...more
カテゴリー:

「田中哲司」の画像

もっと見る

「田中哲司」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる