「田中哲司」とは?

関連ニュース

ドラマ『CRISIS』田中哲司インタビュー「この仕事やりたい!と思える脚本でした」 - 04月28日(金)14:26 

毎週火曜よる9時から放送中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式ブログが、特捜班のメンバー吉永三成を演じる田中哲司のインタビューを公開した。 今回演じる“吉永三成”について田中は 「リーダーとしての能力が高く、情には弱いが頭が切れる男です。観察眼が鋭く、人間らしさも感じられるので、僕は人間的に好きなタイプです。 稲見(小栗旬)や田丸(西島秀俊)など特捜班のメンバーは皆、特殊でどこか孤独ですが、吉永には家庭がある。奥さんとはうまくいってないかもしれませんが、彼には娘もいますから(笑)。」と、好きなタイプであることを明かした。 同ドラマの原案・脚本を手掛ける金城一紀氏の脚本の魅力については 「読んで、「この仕事やりたい!」と思える脚本でした。ト書きも緻密で、書かれている地名についても「金城さん、これ実際にその場所に行って書いたな」ということが分かります。読んでいてワクワクしますし、次の話も本当に待ち遠しい。」 と自身も楽しみながら撮影に挑んだことを明かした。 その他、田中へのインタビューはドラマの公式HPで公開している。 ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第4話は5月2日(火)放送。 【関連記事】 ・公式HPで田中哲司さんのインタビューを掲載!(小栗旬×西島秀俊 出演「CRISIS」オフィシャルブログ) ・インタビュー#3吉永...more
in English
カテゴリー:

【キントリ週報】前代未聞!? 警察官が特別取調室に籠城! - 04月27日(木)07:00 

毎週木曜夜9時から放送中の天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)。 【写真を見る】小日向文世は「現場に行ったら甘えられます」って…誰に!? 4月20日に放送された第1話では、平均視聴率17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今年放送された民放連続ドラマの最高視聴率をマークするなど、新シーズンを待ち望んでいたファンの多さがうかがえる結果となった。特に初回では、ゲスト・三田佳子の“怪演”などもあり、SNSなどでも大きな話題を呼んでいる。 そんな同クールのドラマの中で頭一つ抜けた感じの本作で注目を集めるのが、天海の脇をガッシリ固めているいぶし銀の俳優たち。 その中でも、特に小日向文世、大杉漣、でんでんの3人は、天海扮(ふん)する緊急事案対応取調班(=キントリ)の取調官・有希子と同様に取調官の役だが、それぞれが全く異なる個性を放ち、ドラマに深みと彩りを持たせている。 ザテレビジョンでは、【キントリ週報】と題して各話の見どころを紹介する連載がスタート。「試写室」の形で紹介した第1回に続き、4月27日(木)の第2話からは5回連続で“おじさまトリオ”こと小日向、大杉、でんでんのコメントとともにストーリーを公開する。 ■ 小日向・大杉・でんでんコメント ――シーズン2に入った感想をお願いします。 小日向:最近現場に行くと僕が一番年上になっちゃうことも多いんですけど、今回は大杉...more
in English
カテゴリー:

視聴率も好調 ドラマ『CRISIS』ツイッターの質問募集企画に小栗・西島が登場 - 04月26日(水)14:35 

毎週火曜よる9時から放送中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』が昨日4月25日(火)に放送した第3話、大物国会議員をマスコミの目の前で射殺した謎のテロ組織「平成維新軍」の犯人を特捜班が追う、というストーリーだったが、この回の平均視聴率が関東地区は12.0%と、前週の11.2%から上昇。関西地区も14.8%と、初回からの好調を維持する結果となった。 その他の主要な地区では、仙台15.8%、静岡13.6%、名古屋13.6%、広島12.7%などを記録し、主要8地区平均は13.3%と好調をキープした。特に仙台地区と広島地区は、第3話にしてこれまでで最も高い数値を記録し、回を追うごとに盛り上がりを見せる結果となった。 さらに放送終了後に、第3話に関する質問をツイッターで募集し、原案・脚本の金城一紀氏が回答するという企画を実施した。 事前に、主演の小栗旬と大山玲役の新木優子がゲストで登場することは発表されていたが、田丸三郎役の西島秀俊と吉永三成役の田中哲司も急きょ現場に駆けつけて企画に参加することとなった。 放送終了後、質問締め切り時間の午後10時30分までの36分間に、質問の条件である「#ドラマCRISISに質問」というハッシュタグと共につぶやかれた数は、1500件以上。トレンドワード上位に挙がるなど、大きな盛り上がりを見せた。今回は寄せられた質問の中か...more
in English
カテゴリー:

石田ゆり子、可愛すぎる"ポンコツ"ぶりでさらに人気上昇! 「結婚したい」男性続出 - 04月24日(月)14:13 

女優の石田ゆり子(47)が「可愛すぎるアラフィフ」として人気を加速させている。バラエティ番組での天然ボケに 「ポンコツキャラ」とツッコミが入りまくったが、それをキュートに否定したことで男性ファンをさらに骨抜きにしてしまっているのだ。 未婚の美女ということもあって今までは「才色兼備の完璧美人」というイメージがあった石田。だが、4月12日に出演した トークバラエティ特番『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)では散々なほどに天然ボケをさく裂させた。 同番組は天海祐希(49)がママ、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

池松壮亮&松田龍平が作業着姿で肩を組む 石井裕也監督作の新場面写真披露 - 04月21日(金)15:00 

 「舟を編む」で知られる石井裕也監督の長編第12弾で、石橋静河と池松壮亮がダブル主演した「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の新場面写真が、このほど披露された。工事現場で働く慎二(池松)、智之(松田龍平)が肩を組む様子や、ガールズバーで熱心に話し込むシーンなどを切り取った。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  2016年5月に発売された、最果タヒ氏による現代詩集が原作。同作は異例の累計売り上げ2万7000部を突破し、現代詩の難解なイメージ自体を覆した。「いま最も新しい表現者」として注目を集める最果氏の詩は、平易かつ静謐(せいひつ)な言葉で綴られ、小説では表現しきれない現代人の憂鬱と希望を浮き彫りにする。  舞台は2017年の東京。看護師として働く傍ら、夜はガールズバーに勤務する美香(石橋)と、死の気配を常に感じている日雇い労働者の慎二(池松)の出会いと恋の始まりを描き出す。ほか佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司らが共演している。  新場面写真では、慎二と同じ工事現場で働く冴えない中年男性・岩下(田中)や、美香のかつての恋人・牧田(三浦)らの姿も確認できる。「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、5月13日に東京・新宿ピカデリー、渋谷ユーロスペースで先行公開、5月27日から全国順次公開される。 【作品情報】 ・舟を編む ...more
in English
カテゴリー:

高視聴率『緊急取調室』 徹底したリアリティーで定規も竹製 - 04月27日(木)16:00 

 天海祐希(49才)主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)が、今クールドラマ断トツの視聴率17.9%でスタートを切った。  田中哲司(51才)や小日向文世(63才)、大杉漣(65才)、でんでん(67才)といった実力派が顔を揃える中、第1話のゲスト、独居老人役の三田佳子(75才)の怪演は圧巻。 「ほぼノーメイクで、認知症のような症状もにおわせるけど、すべてを計算し尽くしたような行動も取る。難しい役どころですが、まるで老婆が憑依したかのような凄まじい演技でした。と思いきや、撮影が終わるといつもの三田さんに戻って“お疲れ様でした”って笑顔で挨拶。あまりの女優ぶりに天海さんも驚愕していました」(ドラマ関係者)  さらに高視聴率を支えるのはそのリアリティー。長年警視庁の刑事として活躍した監修者のバックアップのもと、言葉遣いから身のこなし、道具の取り扱いまで、事細かく確認しながら撮影が進められている。 「刑事が遺体の財布から免許証を見て身元確認する、といったいわゆる刑事ドラマ風な場面は出てきません。実際の現場で絶対にありえないことだそうで、専門家の徹底監修を受けながらとにかくリアリティーにこだわっています。小道具一つとってもそう。例えば、現場検証に使う定規。今回使われているのは竹でできたものです。刑事ドラマでは金属製のものをよく使っていますが、熱による膨張や収縮は金属製の方が起きやすい。だから実...more
in English
カテゴリー:

小栗旬ら特捜班メンバーが『CRISIS』裏話告白 飛び降りシーンは「慣れました」 - 04月26日(水)16:11 

 俳優・小栗旬が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜 後9:00)の25日放送終了後に、ツイッターを通じて視聴者から寄せられた質問に原案・脚本の金城一紀が回答するという企画を実施。ここに小栗、西島秀俊、田中哲司、新木優子らキャストも同席して、撮影の裏話を明かした。 【写真】『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第4話場面カットから小栗旬  第3話は、大物国会議員をマスコミの目の前で射殺した謎のテロ組織「平成維新軍」の犯人を特捜班が追う、というストーリーを展開。「高い所が苦手と聞いたことがありましたが、今回の飛び降りのシーンはいかがでしたが?」の質問に小栗は「この撮影で色々やらされた結果、慣れました」と茶目っ気たっぷりに回答。自身が演じる稲見朗の魅力を「全部を乗り越えてきた“ゆるさ”です」と力説した。  また、このほかには大山玲役の新木が大山のカバンの中身を紹介したり、班長・吉永三成役を演じる田中は稲見と西島演じる田丸三郎のどちらが強いか聞かれると「吉永が一番強いです!」と断言して笑いを誘う一幕も。  西島が「取調室で手錠を通す溝が気になりました」と尋ねると金城が「あれは日本の取調室にはなくて、アメリカの取調室のものなんです。特捜班は最先端の設備にしたかったので作ってもらいました」とセットのこだわりまで、その舞台裏をたっぷ...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ視聴率】小栗旬主演「CRISIS」好調!第3話12・0% 関西は14・8% - 04月26日(水)09:36 

スポニチアネックス 4/26(水) 9:31配信  俳優の小栗旬(34)が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜後9・00)の第3話が 25日に放送され、平均視聴率は関東地区で12・0%だったことが26日、 分かった。制作・関テレのお膝元・関西地区は、14・8%だった。 (数字はビデオリサーチ調べ)  11日放送の初回の平均視聴率は関東地区で13・9%、第2話11・2%と推移。 今回は0・8ポイント上昇、3週連続2桁と好調をキープした。  「SP」シリ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】天海祐希「緊急取調室」が絶好調!「世界フィギュア」にも視聴率で圧勝 - 04月21日(金)22:18 

天海祐希主演ドラマ「緊急取調室-season2-」(テレビ朝日系)4月20日スタートし、初回の平均視聴率は17.9%と高視聴率をマークした。 同ドラマは、天海演じる取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別室で取り調べを行う専門チーム 「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げながら難事件を解決していくというもの。 この日は、ドラマ放送直前に「世界フィギュアスケート国別対抗戦」があり、こちらの平均視聴率は16.3%。 それを上回る数字を叩き出したことで、いかに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

西島秀俊の筋肉がすごい!小栗旬にも劣らない腕の筋肉を公開 - 04月21日(金)11:19 

毎週火曜よる9時から放送中のカンテレ・フジ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式ブログが、西島秀俊のトレーニング中オフショットを公開した。 Tシャツ姿で田中哲司と殺陣のトレーニング中の西島を公開。 「小栗さんに勝るとも劣らず、西島さんも腕の筋肉がすごい!!」と、小栗旬の筋肉に続いて、西島の逞しい腕を絶賛した。 25日(火)よる9時から放送の第3話は、贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに襲われ、報道陣の目の前で射殺される。 犯人は権力の悪用を断罪する謎のテロ集団“平成維新軍”。 稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)に向けられる敵の銃口……特捜班とテロリストの闘いの行方は… 【関連記事】 ・【オフショット】西島さんの腕筋も負けてない!(小栗旬×西島秀俊 出演「CRISIS」オフィシャルブログ) ・小栗旬の腕筋がすごい!ドラマ『CRISIS』殺陣オフショットを公開
in English
カテゴリー:

もっと見る

「田中哲司」の画像

もっと見る

「田中哲司」の動画

Wikipedia

田中 哲司(たなか てつし、1966年2月18日 - )は、日本の俳優である。三重県鈴鹿市出身。鈍牛倶楽部所属。妻は女優の仲間由紀恵

来歴・人物

1984年に海星高等学校を卒業後、すぐに上京して音響系の専門学校に進学したが、アルバイト仲間の大学生が楽しそうであったため1年で辞め、大学進学を決意。小林薫に憧れて演劇を志し、1年勉強して日本大学藝術学部演劇学科に進学する。1990年に卒業した。

蜷川カンパニーZAZOUS THEATERtptの公演や、串田和美岩松了長塚圭史の演出作品など多くの舞台に出演。2005年に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる