「産業革命」とは?

関連ニュース

色ってどんな風に発見されるの? - 04月19日(木)21:00 

Image: Jim Cooke via Shutterstock 時には偶然に、時には狙って。18世紀初頭、ドイツの化学者ヨハン・ヤコブ・ディースバッハは研究所での仕事中、コチニールカイガラムシから赤い顔料を作ろうとしていました。コチニールカイガラムシとは小さな虫で、その抽出物は食物から口紅まであらゆるものを染めます。ディースバッハ氏はこの洋紅色の抽出物をミョウバン、硫酸鉄と炭酸カリウムと化合すれば彼が望むような淡い赤色を作れると仮説を立てました。しかし、そこには問題が…。同氏が使った炭酸カリウムには異物が混入しており、顔料の化学組成を変えてしまっていたのです。ディースバッハ氏は知らず知らずのうちに、赤色よりも遥かに価値のある色を作っていたことに。それは、深い海のような青色でした。 プルシャンブルー 何世紀もの間、青は自然からは少量しか見つからない非常に希少な顔料だと考えられてきました。同名の変成岩から作られたラピスラズリのような顔料は、貴重な金属である金ほどの価値があったのです。しかし、ディースバッハ氏の失敗のおかげでその顔料は今ではかつてな...more
カテゴリー:

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発 - 04月17日(火)11:00 

国の推進するドローン活用における 「空の産業革命に向けたロードマップ ~小型無人機の安全な利活用のための技術開発と環境整備~」 (参考webサイト:http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/robot/drone.html) こちらにあります測量に関する取組みは既に始まっておりますが、 今後、大量に必要となるドローンパイロットをJUAVACではコマツ社の ノウハウを使ったパイロット育成コースをスタートさせます。 ぜひご紹介をご検討いただければ幸いです。
カテゴリー:

イノベーションの発想は 過去の成功体験を捨てることから - 経営のためのIT - 04月13日(金)05:01 

第4次産業革命が進行する現在、これまでの延長線上の戦略だけでは、成長ばかりか生き残りも困難な時代となっている。企業は、イノベーションを創出していくことが期待されるが、そのためには未来志向の課題設定と大胆な発想の転換が求められる。今回は、外部環境の変化を起点としたアイデア発想法として、新C-NES分析を紹介する。
カテゴリー:

第4次産業革命を地方に 政府、生産性向上狙う 未来投資会議 - 04月12日(木)12:40 

 政府は12日、未来投資会議を開き、人工知能(AI)やロボットの導入といった第4次産業革命を地方のインフラ整備へ広げる方針を決めた。人口減少が深刻化している地方で先進技術の活用を加速させ、コスト削減や生産性の向上を狙う。
カテゴリー:

【WWF】動植物種の半数が絶滅恐れ WWF報告、世界35地域で - 03月30日(金)09:36  newsplus

動植物種の半数が絶滅恐れ WWF報告、世界35地域で 2018年3月29日10時48分 https://www.asahi.com/articles/ASL3Q6SHVL3QULBJ014.html  地球温暖化がこのまま進めば、世界で生物多様性が特に豊かで保全の重要性が高い35地域で動植物種の半数が絶滅する――。こんな報告書を、世界自然保護基金(WWF)などがまとめた。温暖化防止と生息地保全の両方の取り組みが必要だと指摘している。  WWFは南米アマゾンやガラパゴス諸島、アフリカ・マダガスカル、ロシア極東のアムール川流域、北極海など生物多様性が豊かな35地域...
»続きを読む
カテゴリー:

【高論卓説】2018年は物流ドローン元年 - 04月19日(木)05:00 

 「空の産業革命」と呼ばれるドローン(小型無人機)の市場が広がっている。2015年末に航空法が改正され、ドローンの法整備がなされて以降は月1000件ものドローンの使用を求める申請がなされているという。
カテゴリー:

首相、AIなど地方普及加速を指示 未来投資会議「インフラ老朽化が課題」 - 04月13日(金)06:04 

 安倍晋三首相は12日の未来投資会議で、人工知能(AI)など「第4次産業革命」の先進技術の地方普及を加速するよう指示した。具体的にインフラ分野を取り上げ、国土交通省による河川管理での成功事例を道路、空港など他のインフラへも展開するよう求めた。地方経済の生産性を高め日本全体の成長力を底上げするのが狙いだ。
カテゴリー:

安倍晋三首相、「第4次産業革命」の地方普及を指示 未来投資会議 - 04月12日(木)22:05 

 安倍晋三首相は12日の未来投資会議で、人工知能(AI)やロボットなど「第4次産業革命」の先進技術の活用を地方でも加速させるよう指示した。人口減少が深刻化しつつある地方経済の生産性を高め、日本全体の成長力を底上げするのが狙いだ。
カテゴリー:

<;゚`Д⊂ ついに悲願ノチョッパリ越えが2022年達成ニダ - 04月06日(金)20:42  news

韓国が4年後に日本を抜こうとしている・・・一体何で? 中国メディア・新浪は5日、「韓国が、2022年に日本を抜こうとしている」と報じた。 韓国政府が目指すのは、輸出分野における「日本超え」だ。  記事は、韓国の産業通商資源部が5日、現在経済・貿易分野の新政策を制定中であり、 22年までに日本を抜いて世界第4の輸出大国を目指す事を明らかにしたと紹介。「 このために、韓国は対中、対米の輸出依存度を減らすとともに、新たな北方、南方政策の推進を通じて、 絶えず新興市場を開拓していく」と伝えた。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

「産業革命」の画像

もっと見る

「産業革命」の動画

Wikipedia

産業革命(さんぎょうかくめい、)は、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革と、それに伴う社会構造の変革のことである。

産業革命において特に重要な変革とみなされるものには、綿織物の生産過程における様々な技術革新、製鉄業の成長、そしてなによりも蒸気機関の開発による動力源の刷新が挙げられる。これによって工場制機械工業が成立し、また蒸気機関の交通機関への応用によって蒸気船鉄道が発明されたことにより交通革命が起こったことも重要である。

経済史において、それまで安定していた一人あたりのGDP(国内総生産)が産業革命以降増加を始めたことから、経済成長は資本主義経済の中で始まったとも言え、産業革命は市民革命とともに近代の幕開けを告げる出来事であったとされる。また産業革命を「工業化」という見方をする事もあり、それを踏まえて工業革命とも訳される。ただし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる