「産業観光」とは?

関連ニュース

三重県桑名市が「産業観光」に目覚めた理由 思わぬところにインバウンド需要があった | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン - 04月17日(火)16:00 

三重県・桑名市が「産業観光」(インダストリアルツーリズム)に取り組んだのには訳があった。桑名市の人…
カテゴリー:

【東京】西多摩に“鎌倉超え”の大仏誕生 11日から公開 日の出町 - 04月09日(月)22:14  newsplus

日テレNEWS24 2018年4月9日 19:40 大仏と言えば、奈良や鎌倉が有名だが、何と東京都内にも新たに大仏が造られた。11日から一般公開されるこの大仏、大きさは鎌倉の大仏を超えるという。 大仏を建立した狙いとは――     ◇ 都心から車で約1時間半。東京・日の出町に新たに登場したのが、山の上にそびえ立つ、黒光りする大仏。 大仏の名前は鹿野(ろくや)大仏。像の高さは12メートルで、台座などを含めると18メートルある。地元のお寺、宝光寺が新たに造った。 日本で大仏と言えば、神奈川・鎌倉市の高徳院や、奈良市...
»続きを読む
カテゴリー:

「産業観光」の画像

もっと見る

「産業観光」の動画

Wikipedia

産業観光(さんぎょうかんこう)とは、歴史的・文化的に価値ある工場機械などの産業文化財や産業製品を通じて、ものづくりの心にふれることを目的とした観光をいう。英語では「Industrial tourism」になり、対訳日本語としての「産業観光」は東海旅客鉄道初代会長の須田寛が初めて提唱した。

概要

産業観光の嚆矢は1980年代産業遺産の保護を初めて制度化した産業革命発祥の地イギリスで、保護と同時に活用も模索し観光資源として利用する遺産の商品化ヘリテージツーリズムとして具体化した。ドイツでは社会科見学として工場を訪ねることが定着しており、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる