「生鮮食品」とは?

関連ニュース

香港で「ダブル12」キャンペーン 格安の生鮮食品1212点が完売 - 12月13日(水)15:08 

「ダブル12」(12月12日のネット通販イベント)アリペイグローバル·カーニバルが行われた12日、香港地区の宝達商店街では香港地区のアリペイユーザーを対象としたキャンペーンが行われ、多くの市民たちが行列を作り、格安の生鮮食品1212点はあっという間に完売となった。 ...
カテゴリー:

卸売市場への条件付き民間参入 自民が見直し案を了承 - 12月05日(火)22:37 

 自民党は5日、青果や肉、水産物などの生鮮食品を扱う中央卸売市場への民間参入を条件付きで認めることなどを盛り込んだ政府の見直し案を了承した。しかし農家などの反発に配慮して、卸売業者が理由なく出荷物の引き受けを拒めない「受託拒否の禁止」など生産者を保護する一部の規制は維持。規制の原則撤廃を求めてきた政府の規制改革推進会議の提言内容には届かない、玉虫色の決着となった。
カテゴリー:

【富山】黒部峡谷鉄道で越冬物資の荷揚げ 関電の合宿所へ トロッコ停止後は「逓送さん」が10キロ歩いて届ける - 11月27日(月)16:17  newsplus

黒部峡谷で冬の間、ダムやトロッコを管理をする人たちのため、越冬物資の荷揚げがピークを迎えています。 黒部峡谷鉄道宇奈月駅では27日朝、作業員がコメ1.2トンやダイコン、ハクサイなどの野菜0.7トンなど、あわせて4.6トンの物資を車両に積み込みました。 黒部峡谷には関西電力の職員や工事関係者などのために寮と合宿所が9つあり、これらの物資は宇奈月駅の上流およそ27キロの人見平にある合宿所などに運ばれます。 合宿所などでは来年4月末まで延べ1万2000人が寝泊りしてダムの管理や電力設備の保守などにあたります。 今シ...
»続きを読む
カテゴリー:

インバウンドで賑わうナニワの台所・黒門市場で 鳥取・大山の地ビールが積極アピール - 12月11日(月)17:58 

 海外ピーアールを狙う鳥取県の物産が、インバウンド(訪日外国人客)で賑わう大阪・黒門市場に乗り込んできた。【写真】関連情報を含む記事はこちら  海産物仲卸商をルーツに持ち海鮮食材を専門に取り扱う小売店「黒門三平」の一角で、12月7日、8日の期間限定で地ビールの試飲販売を行うのは、鳥取の「大山(だいせん)Gビール」。ワールド・ビア・アワード(WBA)で世界一を受賞した実力派で、鳥取・境港のシンボル「鬼太郎」のラベルをまとっている。 店頭に並ぶビール瓶に目を留めたアジア系の女性観光客が、ヴァイツェン、ペールエール、スタウトの3種を飲み比べたいと話し掛けてきた。すかさずスタッフが栓を抜きカップに注ぐと、真剣な表情で味わっている。「(フルーティーな香味に心地よい苦味が調和された)ペールエールが美味しかった」と笑顔を浮かべ、1本購入。その後も、タイ、韓国、香港など、観光客が次々と足を止めて行った。 大山Gビールを試飲する訪日外国人客。 大山Gビールを試飲する訪日外国人客。  「鳥取とはカニの産地つながり。境港にもグループ会社の出先があります」と話すのは株式会社黒門三平の岩祥一(いわさき・しょういち)代表取締役だ。「4年くらい前から、黒門市場は客層が全然変わりました。最初は台湾、香港、それから今は中国の方がだいぶ増えてきた」と市場の変貌を振り返る。 黒門三平の店頭では、中国の観光客に特に人...more
カテゴリー:

【総務省】10月の全国消費者物価、0.8%上昇 上昇は10カ月連続 - 12月01日(金)09:08  newsplus

 総務省が1日発表した10月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、生鮮食品を除く総合が100.6と前年同月比0.8%上昇した。上昇は10カ月連続。QUICKがまとめた市場予想の中央値は0.8%上昇だった。9月は0.7%上昇した。  生鮮食品とエネルギーを除く総合のCPIは101.0と0.2%上昇した。生鮮食品を含む総合は100.6と0.2%上昇した。  併せて発表した11月の東京都区部のCPI(中旬速報値、15年=100)は生鮮食品を除く総合が100.3と0.6%上昇した。生鮮食品を含む総合は0.3%上昇した。〔日経QUICKニュース...
»続きを読む
カテゴリー:

「生鮮食品」の画像

もっと見る

「生鮮食品」の動画

Wikipedia

生鮮食品(せいせんしょくひん)とは、生鮮(新鮮)であることが求められる食品のことである。 具体的には青果野菜果物)、鮮魚精肉などの食材を指し、一般的に加工食品は含まれない。特に青果・鮮魚・精肉のことを総称して生鮮三品とも呼ぶ。

概要

日本流通業界などにおいては、主に卸売市場にて取引される品目を指すことが多く、食品ではない花卉なども生鮮食品として扱われる。 逆に、卸売市場を介さずに流通することの多いモヤシ、卵などの品目は、生鮮食品ではなく日配食品として扱われる場合もある。 業者によってはハムソーセージなど、一部の加工食品も生鮮食品としている。

問題点

生鮮食品は品質の劣化が早く、貯蔵が難しい。 一箇所の設備で一定の品質...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる