「生野陽子」とは?

関連ニュース

岡副アナ他、誤読で恥をかいた女子アナたち - 03月21日(火)11:05 

 2月3日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、黒すぎる女子アナとの異名がある岡副麻希アナウンサー(24)が、衝撃的な誤読をしている。なんと「北北西」を「きたきたにし」と読んでしまったのだ。生放送での誤読で、スタジオ内を凍りつかせてしまった彼女だが、その翌日に放送された『めざましどようび』(フジテレビ系)では、見事「ほくほくせい」と正しい読み方を披露。これにはネット上でも「えらい」「成長した」など、温かい反応が飛び交った。  もっとも、女子アナがビックリするような誤読をしてしまうことは、過去にもたびたびあり、中には伝説のように語り継がれているケースもある。その代表的な例は、有賀さつきアナウンサー(51)がフジテレビに在職していた頃に、「旧中山道(きゅうなかせんどう)」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだというもの。しかし有賀アナが後日説明したところによると、実際には「きゅうちゅうさんどう」と読んだのが正しいとのこと。しかしどちらにせよ、読み間違えている。  フジテレビでは2011年、当時『めざましテレビ』の顔を務めていた生野陽子アナ(32)が、都内で行なわれた映画『ステキな金縛り』の公開初日あいさつの司会で、言い間違いをしている。主演の深津絵里(44)や西田敏行(69)に試写上映の手応えを聞こうとして、「ニューヨークでの“えいじょう”はどうでしたか?」と聞いてしまったのだ。し...more
in English
カテゴリー:

【NHK】<桑子真帆アナ> 谷岡慎一アナと婚約と週刊文春が報じる 双方とも否定せず - 03月10日(金)08:27 

NHKの“新エース”といわれている桑子真帆アナ(29)に結婚話が浮上した。発売中の週刊文春が、以前から交際がウワサされているフジテレビの谷岡慎一アナ(30)と婚約情報があると報じている。文春は両アナの親族に直撃していて、双方とも否定はしていない。  2人は2010年4月入社の同期で、学生時代から顔見知りだったという。昨年はじめに交際が発覚し、朝方まで飲んだ2人がタクシーに乗り込み、桑子アナの自宅マンションに向かう様子が報じられたこともある。どうやら、交際は順調に続いているようだ。 ■看板番組に抜...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「生野陽子」の画像

もっと見る

「生野陽子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる