「生野陽子」とは?

関連ニュース

自家製粉の熟成玄蕎麦でいただく絶品手打ち蕎麦 - 10月16日(月)12:10 

10月14日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、東京・中野区沼袋をぶらり散策した中で、「手打蕎麦 じゆうさん」(東京都中野区)が紹介された。 こちらは、都営大江戸線・新江古田駅から徒歩8分の手打ち蕎麦のお店。 そばの香りにこだわっているため、強い香水を使用している人は入店出来ない。 これからの季節は、叩いた大和芋を鴨そぼろなどといただく「ぞろりこ蕎麦」(1,500円)もオススメだ。 「いろいろきのこのおひたし」(650円)は、きのこを昆布出汁に浸し、薄口醤油で味を調えた季節の一品。「おつけもの」(600円)は自家製だ。 「十割せいろ二枚盛り」(1,700円)は、風味を逃がさないため良質な玄蕎麦を低温冷蔵によって熟成させ、毎朝必要分だけ製粉している。キリリとしてブレず、ダレのない風味豊かな一品だ。焼き節を井戸水で煮出して作る濃いめのつゆでいただく。 「手挽き田舎」(1,100円)は、店内の石臼で殻ごと手挽きしたものを使用しているのだそう。 「いろいろきのこのおひたし」を食べた有吉弘行さんが、「うん、きのこ。めちゃめちゃきのこ…」と呟くと、坂下千里子さんも「ん~っ、本当だ!おいしいね~」と頷いた。 「十割せいろ二枚盛り」の蕎麦に山葵を載せてからつゆに少しだけつけ、一口啜った有吉さんは、「最高…」と感嘆。「(二枚目も)余裕」と頷いた。 「とろろ...more
カテゴリー:

「生野陽子」の画像

もっと見る

「生野陽子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる