「生瀬勝久」とは?

関連ニュース

新垣結衣、卓キュン姿にファン悶絶「ほんと好き」 - 08月22日(火)11:45 

 新垣結衣と瑛太の共演作として話題を呼んでいる映画『ミックス。』の公式インスタグラムにて21日、かわいらしい卓球のラケットとボールを持った新垣の姿が公開され、ファンからは「がっきーほんと好きです」などのコメントが寄せられている。【関連】「新垣結衣」フォトギャラリー 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、現在は失恋して無職である28歳の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの荻原(瑛太)と卓球のペアを組んで、全日本選手権出場を目指す姿を描くロマンティックコメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世ら豪華キャスト陣が集結している。 インスタグラムには、「映画公開まであと2ヶ月」という言葉とともに、ハート形の卓球のラケットと、ハートが描き込まれたボールを持ちながら、柔らかい笑顔を見せる新垣の姿を収めた写真が投稿されている。また、「#10月21日公開 #卓球 #卓キュン」といったハッシュタグも添えられた。 写真を見たファンからは、「待って可愛すぎるんだけど!」「がっきーほんと好きです」「ガッキー何時もと雰囲気違う」「いつも可愛い!可愛い!っていう感じだけどこの写真は綺麗」「大人の色気がダダ漏れ」...more
カテゴリー:

新垣結衣の『ミックス。』オフショットにファン歓喜「奇跡の可愛さ」 - 08月15日(火)12:20 

 映画『ミックス。』の公式インスタグラムが、14日に更新。ヒロインを演じる新垣結衣のオフショットが公開され、ファンからは「奇跡の可愛さ」など絶賛の声が寄せられている。【関連】「新垣結衣」フォトギャラリー 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育によって“天才卓球少女”として将来を期待されたものの、現在は失恋して無職の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサー・荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描く。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねている。 インスタグラムに投稿された写真には、キャストが勢ぞろいした映画のポスターを持ちながら、柔らかな笑顔を見せる新垣の姿が収められている。この写真は、過日に行われた取材で納められたオフショットとのことだ。 写真を見たファンからは、「天使だしお姫様だし女神様だしとにかくもうだいすきです!」「な…なんでこんなに可愛いんだ死にかけた。奇跡の29歳…。癒しをありがとうございます」「この髪型どストライクです」「奇跡の可愛さ」などのコメントが寄せられている。引用:https://www.instagram.com/mix_pingpong/ ■関連記事『ミックス。』場面写...more
カテゴリー:

卓球のエース水谷隼&石川佳純がガッキーと共演の映画出演にド緊張! - 08月17日(木)12:48 

新垣結衣と瑛太がW主演し、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『リーガルハイ』などの脚本で知られるヒットメーカーの古沢良太が脚本を手がける、卓球をモチーフにしたロマンティックコメディ『ミックス。』。この映画に水谷隼、石川佳純、吉村真晴、伊藤美誠ら卓球界のスター選手が出演していることがわかった。 本作は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。昨年、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で社会現象を巻き起こし、国民的女優との呼び声も高い新垣が元天才卓球少女のアラサーOL・富田多満子役を、瑛太が元プロボクサーで日本ランカーだった萩原久役を演じる。 また、多満子の亡き母が創設した「フラワー卓球クラブ」の部員役として、広末涼子、遠藤憲一、田中美佐子、佐野勇斗らが出演するほか、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、小日向文世といった豪華キャストが集結! そんな本作で、必要不可欠だったのが本物の卓球選手たちの存在だ。 フラワー卓球クラブが出場する全日本卓球選手権神奈川地区大会で、メンバーである夫婦ペア落合元信(遠藤憲一)&落合美佳(田中美佐子)と対戦するのは、木造勇人&伊藤美誠ペア。伊藤のリオ五輪での活躍は記憶に新しいが、木造も世界ランク93位...more
カテゴリー:

「生瀬勝久」の画像

もっと見る

「生瀬勝久」の動画

Wikipedia

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本俳優タレント司会者。本名、同じ。旧芸名、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)。

兵庫県西宮市出身。、同志社大学卒業。リコモーション所属。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻は。母は。

略歴

1980年に同志社大学文学部社会学科に入学、同志社大学の劇団「第三劇場」に所属していた1982年に京大系の劇団「そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ、1983年に「そとばこまち」に入団、同年の猿飛佐助で初舞台を踏む。学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があった。当時、ゼミの指導教授であった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる