「生瀬勝久」とは?

関連ニュース

ゆりやんレトリィバァ「THE W」優勝で『おおきにです。おおきにと申します!』 - 12月13日(水)21:00 

12月11日に日本テレビ系で「女芸人No.1決定戦 THE W」が放送され、ゆりやんレトリィバァが優勝。初代“笑いの女王”に決定した。 【写真を見る】まさかのドラえもん! ゆりやんレトリィバァのインパクト強めな風貌/(C)NTV エントリー総数636組の中から決勝に進出したのは、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァの10組。 MCはチュートリアル・徳井義実、間宮祥太朗、水卜麻美アナが務めた。 審査は、抽選で選ばれた一般審査員395人と、ゲスト審査員の柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏の合計401人による投票で行われた。ヒロミは「とにかく面白い人を選びたい」と緊張の面持ちでコメントしていたが、戦いの模様をリポートする。 ■ 決勝ファーストラウンド 1戦目は、はなしょーとニッチェ。公私共に仲がいいという2組は、声もアクションも特大の熱演を繰り広げる。ネタが終わった途端、泣いていしまうはなしょー・はなに徳井は「女性の大会特有」と評し、結果はダブルスコアでニッチェの勝利となった。 2戦目は、アジアンと、ピン芸人・紺野ぶるま。アジアンはさすがの実力でテンポ感抜群の漫才を。紺野は“浮気を繰り返す女性”という攻めたキャラで勝負に出た。紺野に投票した生瀬は「ほんとに腹が立っ...more
カテゴリー:

「電卓刑事」は超節約家!高島礼子、電卓片手に事件を捜査 - 12月12日(火)08:00 

12月17日(日)朝10時からテレビ朝日系で放送される「日曜ワイド」は、高島礼子主演の新作「電卓刑事」。元会計課の女性刑事・土家千佳(高島礼子)が、「お金はすべてを知っている!」と電卓片手に事件を捜査するという斬新なミステリー。そんな千佳とコンビを組む、“真逆”の浪費家刑事・甲斐杉也は宅間孝行が演じる。 【写真を見る】スマホの電卓アプリを犯人に見せつける高島礼子/(C)テレビ朝日 千佳は、会計課から異動してきた京都府警捜査一課のメンバー。経理畑が長かったことと過去の境遇から、何でも“お金”に換算して考えるのがクセで、常に電卓を手放さない異色の女性刑事。 事あるごとにスマホの電卓アプリを起動して計算を始める千佳を演じた高島は「電卓をたたきながら犯人を説得していくシーンは大変でした。私は会社勤務の経験があるのですが、その時代はそろばんだったので、スマホの電卓アプリを素早く操作するのは結構難しくて…(笑)」と、思わぬ苦労を告白。 また、東映京都撮影所で行われた今回の撮影の中で、高島が最も思い出深いエピソードに挙げたのは、キャストが大集合した“食事会”。 「宅間さんが声を掛けてくださって、役者だけで食事会を開いたんです。“よくぞこんなに会話が弾むな!”と思うくらい盛り上がって、皆さんの性格も分かり、次の撮影からすごく楽しくなりました」と、撮影ウラ話を打ち明けた。 そんな食事会の効果もあって...more
カテゴリー:

ゆりやんレトリィバァ、初代女芸人No.1に号泣「今、こみ上げてきました」 - 12月11日(月)23:38 

 史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)が11日に生放送され、ゆりやんレトリィバァが初代王者に決定した。エントリー総数636組の頂点に立ち、優勝賞金の1000万円と副賞である同局のレギュラー番組に合計視聴率100%出られる権利「日テレ100%券」(原則1番組1回、有効期限は1年間)を獲得。優勝後の会見では、感極まって号泣し、喜びをかみしめた。 【写真】ポケットに手を入れて喜ぶゆりやんレトリィバァ  1本目は、ミスハイスクールコンテストのネタで対戦相手のどんぐりパワーズに圧勝。優勝をかけた2本目は、ドラえもんになりきって日常的な愚痴を打ち明けるネタで2位以下にダブルスコア以上の大差をつけて、見事初代女芸人王者の栄冠に輝いた。  優勝後の会見では、喜びのスピーチの途中で「めちゃくちゃドキドキしていて、放送中は全く実感が沸いてなくて、終わってから…すみません」と号泣。「いつもお世話になっているスタッフさんとか、あとはマネージャーさんとか…いっつも、私のために時間を割いてやっていただいたおかげで…と思ったり、思わなかったりです。今、こみ上げてきました。うれしい」と涙で声を詰まらせながら笑いを誘った。  その後も涙が止まらず「いろいろ、いつも無理をお願いして、私が売れたいとか、勝ちたいとか、目立ちたいっていうだけで...more
カテゴリー:

生瀬勝久が王を演じて人間と社会を問いかける - 12月06日(水)18:15 

今や映像作品に欠かせない存在となっている生瀬勝久。その圧倒的な存在感と演技力を味わえる舞台が上演される。フランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品『アンチゴーヌ』である。演じるのは、法と秩序に従って政治の責任を貫く王クレオン。良心に従って自己の信念を貫く姪アンチゴーヌとの対立を通して、国家と個人、理想と現実など、人間が社会で生きていくなかでの問題を投げかける。ギリシャ悲劇がもとになっている普遍的で力強いこの物語を、いかにリアルに届けるか。舞台『アンチゴーヌ』チケット情報(PC)物語は、アンチゴーヌ(蒼井優)が、反逆者として野ざらしにされた兄の遺体に弔いの土をかけて捕らえられたことに始まる。王クレオンが、弔いをやめれば法に背くその行為を不問に付すと呼びかけるも、死刑をも恐れず自分の道を進むアンチゴーヌ。王に扮する生瀬の目には、その対立はこう映る。「この王が言っているのは、親が子に、“人間として社会で生きるにはルールを守らなければならないんだよ”と教えるのと同じようなことだと思うんです。それに対してアンチゴーヌは、ルールよりモラルが大事だと言うわけですね。果たしてどちらを取るべきかというのは非常に難しい話であって。ルールを破った者に非情な判断をくださなければならない王もルールを破った側も、どっちも悲劇なんですよ。でも、それがこの世界なんだと。だからこそ、この作品は時代を超えて世界中...more
カテゴリー:

伊藤淳史、遠藤憲一、寺尾聰が有罪率99.9%の壁に挑む! - 12月12日(火)09:00 

伊藤淳史、遠藤憲一、寺尾聰出演の痴漢冤罪(えんざい)をテーマにしたスペシャルドラマ「白日の鴉(からす)」が、2018年1月11日(木)夜8時からテレビ朝日系で放送されることが分かった。 自ら関わった事件に疑念を抱いた新人巡査・新田真人(伊藤)は、老弁護士・五味陣介(寺尾)と共に、塀の中から無実を訴える冤罪被害者のサラリーマン・友永孝(遠藤)を救うべく、有罪率99.9%の壁に挑む、というストーリーが展開する。 原作は、2015年に発表された福澤徹三による同名小説(光文社刊)。福澤の小説は2014年に「東京難民」が映画化、2016年に「侠飯~おとこめし~」(テレビ東京系)が連続ドラマ化されたが、スペシャルドラマとして映像化されたのは今回の「白日の鴉(からす)」が初めてとなる。 ■ あらすじ 製薬会社のMR(メディカル・リプレゼンタティブ、医薬情報担当者)・友永孝(遠藤憲一)は、ある日突然、見知らぬ男女から電車内での痴漢の疑いをかけられる。 友永は大事な接待の約束があり、その場を逃げ去ろうとするが、駆け付けた交番勤務の新田真人(伊藤淳史)が抵抗する友永を逮捕。新人巡査の新田は初めての手柄を挙げる。 警察署に連行された友永は、終始無実を訴える。しかしその言葉に耳を貸す者はなく、容疑否認のまま送検、起訴されることになる。 後日、新田巡査は痴漢被害者の女子大学生と目撃証言者の男が、バーで一緒に...more
カテゴリー:

女芸人No.1『THE W』初回大会で見えた意義と課題 - 12月12日(火)06:00 

 ゆりやんレトリィバァの圧巻の優勝で幕を閉じた女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)の記念すべき初回。史上初となる女芸人No.1を決める大会ということもあり、開催発表時から大きな話題を集めていたが、漫才・コント・歌ネタ・ポールダンスといったように、女芸人界の幅の広さを見せる決勝戦となった。 【写真】ポケットに手を入れて喜ぶゆりやんレトリィバァ  まずは出場者と基本的なルールを確認したい。エントリー総数636組から、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァ(ネタ順)の10組が決勝に進出。ファーストラウンドは1対1の戦いを5組で実施し、勝ち上がった5組(ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァ)によるファイナルラウンドで初の『笑いの女王』の座を賭けて女芸人たちが激突した。  大会のMCはチュートリアルの徳井義実、同局の水卜麻美アナウンサー、俳優の間宮祥太朗が担当。ゲスト審査員には柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏の6人に加え、番組ホームページで応募された一般審査員395人の計401人で審査。一人につき1票を持ち、ファーストラウンドは対戦の2組を2択でジャッジ。ファイナルラウンドは、勝ち上がった5組の中から...more
カテゴリー:

初代女芸人No.1はゆりやんレトリィバァ 『THE W』636組の頂点に - 12月11日(月)22:50 

 史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)が11日に生放送され、ゆりやんレトリィバァが初代王者に決定した。エントリー総数636組の頂点に立ち、優勝賞金の1000万円と副賞である同局のレギュラー番組に合計視聴率100%出られる権利「日テレ100%券」(原則1番組1回、有効期限は1年間)を獲得した。 【写真】“女芸人No.1決定戦” ファイナリスト10組  決勝は、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァ(ネタ順)の10組が出場。ファーストラウンドは1対1の戦いを5組で実施し、勝ち上がった5組(ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァ)によるファイナルラウンドで初の『笑いの女王』の座を賭けて女芸人たちが激突した。  「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を謳う同大会。ファイナリスト10組が、史上初となる女芸人No.1の称号をかけて漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスで“異種格闘技戦”を展開。ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖氏による、ラジオ番組『放送室』コンビが副音声で戦いの様子を見守った。  今大会のMCはチュートリアルの徳井義実、同局の水卜麻美...more
カテゴリー:

「生瀬勝久」の画像

もっと見る

「生瀬勝久」の動画

Wikipedia

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本俳優タレント司会者。本名、同じ。旧芸名、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)。

兵庫県西宮市出身。、同志社大学卒業。リコモーション所属。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻は。母は。

略歴

1980年に同志社大学文学部社会学科に入学、同志社大学の劇団「第三劇場」に所属していた1982年に京大系の劇団「そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ、1983年に「そとばこまち」に入団、同年の猿飛佐助で初舞台を踏む。学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があった。当時、ゼミの指導教授であった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる