「生瀬勝久」とは?

関連ニュース

【映画「ミックス。」連載】脚本・古沢良太「スターが演じるに値する人物を描くことが僕の務め」 - 10月21日(土)17:15 

卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを題材に、欠点だらけの不器用な登場人物たちが成長していく姿を描く映画「ミックス。」が、ついに本日・10月21日公開!! キャスト&スタッフによるリレー・インタビュー連載の第8回は、いよいよ脚本を務める古沢良太が登場。「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほかフジ系)や「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジ系)など、ヒットドラマも数多く手掛ける当代随一の人気脚本家が、新作映画に込めた思いを語ります! ミックスダブルスを組んで奮闘する多満子(新垣結衣)と萩原(瑛太)。ガッキーの美脚にも注目!/(C)2017『ミックス。』製作委員会 ■ 映画が現実に追い越された気がして、複雑な気分なんです(笑) ――映画「ミックス。」は、今話題の卓球のミックスダブルスを題材にしたロマンティックコメディーです。卓球の世界を舞台にするという構想は、どのくらい前からあったのでしょうか? 卓球を題材にしたものを作りたい、というのはけっこう前からあって。スポーツを映像で描く場合、卓球って実は向いてるんじゃないかっていうことはずっと思ってたんですよね。役者さんも、そこまで肉体を作り上げる必要もないだろうし、試合も屋内だし、映像にしやすいはずだって。 で、今回の映画の話をいただいたのが…ちょうど「デート」を書いていたころだったのかな…自分の中で、“ラブコメ書きたい熱”がす...more
カテゴリー:

新垣結衣×瑛太インタビュー 待望の初共演に「ガッキーを質問攻めにしました」 - 10月19日(木)12:09 

ドラマ『リーガル・ハイ』シリーズ、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(2015年)、映画『エイプリルフールズ』(2015年)などの古沢良太が脚本を手掛けた映画『ミックス。』は、失恋して無職となった元天才卓球少女・富田多満子(新垣結衣)が、偶然出会った落ちぶれた元プロボクサー・萩原久(瑛太)と卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを組み、人生に小さな"奇跡"を起こす新感覚・ロマンティックコメディ。 本作でW主演を務めたのが、意外にも初共演だという新垣結衣と瑛太。絶妙な空気感で、息ぴったりのやりとりを繰り広げる二人に、お互いの印象や映画の魅力、撮影現場でのエピソードなどを語ってもらった。 【さらに写真を見る】新垣結衣×瑛太インタビュー撮りおろしカット ■「ハギは全てを受け止めてくれる優しい人」(新垣) ーー失恋して無職の元天才卓球少女の多満子と、落ちぶれた元プロボクサーの萩原。お二人はそれぞれのキャラクターをどのように捉えて演じられましたか? 新垣:多満子はすごく不器用な女の子。普通に生きようとしているのに、ヤマンバになってしまったり、失恋して大暴れしたり、その時々の自分の気持ちに素直に振り回されてしまう。常に0か100かというタイプなんです(笑)。でも不器用ながらも一生懸命だから、応援したくなるというか…そういうところが可愛らしいなと思って演じていました。 ...more
カテゴリー:

【ドラマ】テレ朝『日曜ワイド』高橋克典・安田顕・生瀬勝久・松重豊・高島礼子主演の新企画続々 - 10月14日(土)19:44  mnewsplus

http://news.mynavi.jp/news/2017/10/13/091/ 2017/10/13 テレビ朝日系サスペンスドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜10:00~)では、15日放送の高橋克典主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』を皮切りに、新企画を続々放送する。 『庶務行員 多加賀主水が許さない』は、高橋が銀行の雑用係"庶務行員"にふんし、組織の闇に立ち向かっていく作品。 劇中で高橋は、ハンモックのような布を使って空中でポーズを行う「エアリアルヨガ」に初挑戦している。 その後も、安田顕が弁護士から転職した刑事になって事件を暴く『白い...
»続きを読む
カテゴリー:

テレ朝『日曜ワイド』パワーアップで新企画続々!第1弾は高橋克典のミステリー - 10月13日(金)14:01 

4月にスタートして以来、日曜朝のドラマ枠として好評を博している『日曜ワイド』(テレビ朝日系列、毎週日曜10:00~)。これまで『土曜ワイド劇場』から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品が放送されてきたが、この秋からは『日曜ワイド』発の新企画が続々放送されることがわかった。番組コンセプトは、「大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる、日曜の朝10時から上質なエンターテインメント作品をお届けしたい」。この通り、バラエティにより富んだ極上のラインナップが揃った。第1弾は、10月15日に放送される高橋克典主演の『庶務行員 多加賀主水が許さない』。江上剛原作の、銀行を舞台にした傑作ミステリーを初ドラマ化した作品で、高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。その後も、安田顕主演の『白い刑事』(10月22日放送)、生瀬勝久主演の『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)、松重豊主演『内閣情報調査室 特命調査官ハト』(放送日未定)、高島礼子主演『電卓刑事』(放送日未定)など新企画が続々登場。『白い刑事』は、“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を“刑事”として暴いていく、新しいタイプのミステリードラマ。 『ハルさ...more
カテゴリー:

「日曜ワイド」がパワーアップ! 秋から新企画を続々放送 - 10月13日(金)12:00 

“大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる日曜の朝10時から、上質なエンターテインメント作品をお届けしたい”というコンセプトで、ことしの4月9日に創設された「日曜ワイド」(毎週日曜朝10:00-11:50)。 【写真を見る】安田顕が「白い刑事」として「日曜ワイド」に初登場!/(C)テレビ朝日 これまで「土曜ワイド劇場」から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品を放送されてきたが、この秋からは「日曜ワイド」発の新企画を続々放送することが分かった。 第1弾は、10月15日(日)放送の「庶務行員 多加賀主水が許さない」。銀行を舞台にした江上剛原作の傑作ミステリーを初ドラマ化、高橋克典が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮(ふん)し、組織の闇に立ち向かっていく痛快なドラマだ。 その後も、安田顕主演の「白い刑事」(10月22日)、生瀬勝久主演の「ハルさん~花嫁の父は名探偵!?」(12月放送予定)、松重豊主演「内閣情報調査室 特命調査官ハト」(放送日未定)、高島礼子主演「電卓刑事」(放送日未定)など、新企画が登場する。 「白い刑事」は、被告人の容疑を次々と晴らし“シロく”無罪にする“白い弁護士”・相良修平(安田)が、警察職員となり今度は“白い刑事”として事件の真相を暴くミステリー。 かつて弁護士時代に自らが弁護し、逆転勝訴した女性が絡んだ不可解な殺人事件の謎を...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月19日付) トム・クルーズ主演の『バリー・シール』など話題作が続々公開! - 10月19日(木)21:30 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 10月19日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。  ■【10月19日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:10月16(月)~10月22日(日)劇場公開作品 新垣結衣、瑛太など豪華なキャストを迎えたロマンチックコメディー『ミックス。』が堂々の第1位! 山崎賢人主演、「週刊少年ジャンプ」で連載され、独特な世界観が支持されている麻生周一の人気ギャグ漫画『斉木楠雄のΨ難』、トム・クルーズ主演の『バリー・シール/アメリカをはめた男』など話題作も続々公開! 1位 『ミックス。』(https://yahoo.jp/lqpwPI) ■公開日 :2017年10月21日(土) ■監督  :石川淳一 ■キャスト: 新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、蒼井優、山口紗弥加、中村アン、久間田琳加、神尾佑、平山祐介、斎藤司、佐野ひなこ、鈴木福、谷花音、平澤宏々路、関太、真木よう子、吉田鋼太郎、池上季実子、松尾諭、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世 他 ■作品概要: テレビドラマ「リーガルハイ」の脚...more
カテゴリー:

おばさん犯罪エンターテイメント「監獄のお姫さま」今夜スタート。冒頭からトリッキー、期待しかない - 10月17日(火)09:45 

宮藤官九郎脚本、小泉今日子、満島ひかり、菅野美穂、伊勢谷友介らが顔を揃える話題のドラマ『監獄のお姫さま』が今夜10時よりスタートする。『逃げ恥』(レビュー)『カルテット』(レビュー)を送り出した火曜10時枠らしい、ツイストの効いた「おばさん犯罪エンターテイメント」だ。罪を犯した5人の女と、罪を憎む1人の女刑務官が、悪事を働いたイケメン社長に復讐を企む――というのが大まかなストーリー。「大まかな」と書いたのは、話がどう転がっていくかまったくわからないからだ。まずは、あらためて登場人物を紹介してみよう。物語のカギを握る「爆笑ヨーグルト姫事件」小泉今日子演じる主人公・馬場カヨは、銀行で働く平凡な主婦だったが、不貞を働いた夫を刺した殺人未遂罪で服役する。懲役5年。小泉曰く「しっかりしているようで、いつも失敗したり、みんなにいじられるような、おっちょこちょいの役」。平凡で凡庸な人物なので、あだ名もない。口癖は「冷静に」。菅野美穂演じる勝田千夏は、カリスマ経済アナリストだったが、巨額の脱税で服役。ちなみに著書のタイトルは『貯める女はブスばかり』だった(ひどい)。女囚たちのリーダー的な存在で、あだ名は「財テク」。菅野曰く「自分の欲に素直で思慮深さがあまりない感じ」の人物。坂井真紀演じる大門洋子は、若手俳優への度重なるストーカー行為と、追っかけ費用を捻出するために横領と詐欺に手を染めて服役。あだ名...more
カテゴリー:

テレ朝系日曜ワイド 高橋克典、安田顕、松重豊らの主演作続々登場 - 10月13日(金)14:05 

 テレビ朝日系で今年4月からはじまった日曜午前のドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜 前10:00~11:50)で放送予定の新企画が一挙された。『土曜ワイド劇場』の人気シリーズに主演歴のある高橋克典や高島礼子、「トリック」シリーズやスピンオフ『警部補 矢部謙三』でおなじみの生瀬勝久のほか、安田顕や松重豊が主演する新作が続々登場する。 【場面写真】安田顕主演『白い刑事』ほか、放送を待つばかり  第1弾となるのが、15日放送の高橋主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』。銀行を舞台にした江上剛氏原作の傑作ミステリーを初ドラマ化。高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。  22日は、安田主演の『白い刑事』を放送。“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を、“刑事”として暴いていく、まったく新しいタイプのミステリードラマが誕生する。  生瀬の主演作は、藤野恵美氏の小説『ハルさん』(創元推理文庫)を初ドラマ化する『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)。妻を亡くし、男手ひとつで娘を育て上げてきた人形作家の父“ハルさん”(生瀬)が、これまで娘の周囲で起きてきた数々の“事件”を振り返る、ハートウォーミングな異色ミス...more
カテゴリー:

テレ朝『日曜ワイド』パワーアップで新企画続々!第1弾は高橋克典のミステリー - 10月13日(金)14:00 

4月にスタートして以来、日曜朝のドラマ枠として好評を博している『日曜ワイド』(テレビ朝日系列、毎週日曜10:00~)。これまで『土曜ワイド劇場』から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品が放送されてきたが、この秋からは『日曜ワイド』発の新企画が続々放送されることがわかった。番組コンセプトは、「大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる、日曜の朝10時から上質なエンターテインメント作品をお届けしたい」。この通り、バラエティにより富んだ極上のラインナップが揃った。第1弾は、10月15日に放送される高橋克典主演の『庶務行員 多加賀主水が許さない』。江上剛原作の、銀行を舞台にした傑作ミステリーを初ドラマ化した作品で、高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。その後も、安田顕主演の『白い刑事』(10月22日放送)、生瀬勝久主演の『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)、松重豊主演『内閣情報調査室 特命調査官ハト』(放送日未定)、高島礼子主演『電卓刑事』(放送日未定)など新企画が続々登場。『白い刑事』は、“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を“刑事”として暴いていく、新しいタイプのミステリードラマ。 『ハルさ...more
カテゴリー:

『日曜ワイド』高橋克典・安田顕・生瀬勝久・松重豊・高島礼子主演の新企画続々 - 10月13日(金)12:00 

テレビ朝日系サスペンスドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜10:00~)では、15日放送の高橋克典主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』を皮切りに、新企画を続々放送する。
カテゴリー:

もっと見る

「生瀬勝久」の画像

もっと見る

「生瀬勝久」の動画

Wikipedia

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本俳優タレント司会者。本名、同じ。旧芸名、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)。

兵庫県西宮市出身。、同志社大学卒業。リコモーション所属。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り。妻は。母は。

略歴

1980年に同志社大学文学部社会学科に入学、同志社大学の劇団「第三劇場」に所属していた1982年に京大系の劇団「そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ、1983年に「そとばこまち」に入団、同年の猿飛佐助で初舞台を踏む。学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があった。当時、ゼミの指導教授であった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる