「生活習慣」とは?

関連ニュース

母乳育児は貧血になりやすい…? - 01月20日(土)11:00 

産後は貧血になりやすい要因が多くあります。出産時の出血や、産後の生活習慣の変化や睡眠不足などは貧血の原因になります。では、母乳育児も貧血の原因になるのでしょうか。医師や看護師さんに聞いてみました。 産後3カ月のママからの相談:「フラッとするのは貧血のせい?完全母乳だと貧血になりやすいの?」 『妊娠前は貧血がなかったのですが、妊娠中に鉄分不足から貧血と診断されました。結局妊娠後期には鉄剤を服用し、貧血を改善して出産を迎える事が出来ました。出産後、完全母乳で子どもを育てているのですが、最近フラっとする時があります。出産1カ月後の健康診査の際には血液検査も異常はなく貧血ではなかったのですが、母乳育児の場合は貧血になりやすいのでしょうか。(30代・女性)』 母乳育児は貧血になりやすい。一度検査を 子どもに母乳を飲ませる事で、ママの蓄えた鉄分はどんどん消費されてしまいます。そのため、母乳育児のママは貧血になりやすく、かつ貧血が進行しやすい状態にあります。一度、貧血検査を受けてみましょう。 『産後は、授乳、育児の生活習慣の変化や睡眠不足により、身体が鉄分をたくさん消費します。特に、母乳は血液から生成され母乳に鉄分がたくさん送られていくため、母乳育児の場合は貧血になりやすくなります。なかなか貧血が改善しない場合は、鉄剤の内服などが必要となる可能性もあるでしょう。まずは病院を...more
カテゴリー:

ストレスが高い人はガンになりやすいことが判明!お前らどうやってストレス解消してんの? - 01月20日(土)09:54  news

国立がん研究センターは19日、常に高いストレスを受けていると感じている人は、ストレスが低い人よりがんになるリスクが高いとの調査結果をまとめた。 ストレスとがんの関連は男性で強くみられ、臓器別では肝臓がんと前立腺がんでストレスが高いと発症リスクが上がった。大規模調査でストレスとがんの関係が明らかになったのは初めてという。  研究チームは40~69歳の男女について1990年代から2012年まで追跡調査した。追跡期間は平均17.8年。 調査開始時と5年後に日ごろ受けるストレスの程度を聞いた。2回とも回答したのは7万...
»続きを読む
カテゴリー:

【インフルエンザ】手洗い・うがいじゃ不十分!? 意外な「家庭内感染経路」&予防の3大ポイント - 01月20日(土)06:30 

今年もインフルエンザの感染が広がりを見せていますが、感染を予防するための対策は、手洗い・うがいだけで十分、と思っていませんか? 緑黄色野菜が子どもの学力に影響!? 野菜嫌いの子どもにも食べさせる工夫 じつは、それだけでは不十分。なぜなら気づかないうちに、家庭内でもインフルエンザウイルスがじわりと広がっていく恐れがあるのです。 どうして、感染が広がってしまうのでしょうか? 今回は、インフルエンザウイルスの“家庭内感染経路を可視化する”という、ちょっと変わったイベントに潜入。実際に家の中でどのようにインフルエンザウイルスが広がっていくのか、そして感染を予防するためにはどんな対策が有効なのか、芝大門いまづクリニック院長・今津嘉宏医師の解説を交えながらレポートします。 インフルエンザウイルスは“思わぬ場所”に広がる 厚生労働省の調べによれば、1回くしゃみをするだけで、約200万個のインフルエンザウイルスが拡散。1分に3回くしゃみをした場合、1時間後の室内のウイルス量は、なんと3億6000万にもなるそうです(※厚生労働省調査から医師のアドバイスに基づき推計)。 インフルエンザウイルスは目に見えません。だからこそ、対策の難しさがあります。そこで蛍光塗料をインフルエンザウイルスに見立て、それが家の中でどのように広がっていくのか、実際の生活を再現しながら感染経路を可視化。 明かりを...more
カテゴリー:

【社会】「憧れの世田谷」に取り残された、高齢者たちの残酷な現実★3 - 01月19日(金)18:52  newsplus

現代ビジネス 2018.01.18 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54164 東京23区で最も高齢化が進んでいるのは北区だ。2010年、15年の調査でいずれも第1位となっているものの、両年の高齢化率の差から求められる「高齢化進展度」は1.8ポイントで、わが国の平均(3.6ポイント)と比べると、高齢化の進行はまだ緩やかなほうである。 ところが、若い活力がみなぎる東京23区のなかに、高齢化進展度が国の平均に迫る3.3ポイントを示す区がある。世田谷区だ。2010年まで、同区の高齢化率は23区中20位前後で推移していたが、15年に11位へ...
»続きを読む
カテゴリー:

普通じゃないの?「我が家の常識」=「世間の非常識」だったこと - 01月19日(金)13:00 

「なんかあなたのそれ、変わってるよね」。旦那さんや友達といった生まれも育ちも違う人から、ある日急にこう指摘を受けて驚いた経験はありませんか? 食べ方や物の呼び方など、自分の育ってきた実家では「普通」のことだと思っていたけど、実際はそうではなかった! そんなママたちのエピソードをご紹介します。 我が家では、この「食べ方」が普通です やはり食べ物のこととなると、それぞれのお家の好みや調理方法の違いがはっきり出てしまうようです。実家のお父さん、お母さんの好き嫌いで食卓に並ばなかった物や、食べ方が普通じゃなかった具材もありました。「これ自分の実家のことかもしれない」と思ってしまうママもいるのでは? 『生ラーメンは、そのまま具無しで食べてた。 結婚してから旦那に出したら「具は?」と驚かれた……。恥ずかしい』 『小さいときからハンバーグやトンテキ、ステーキは母か父に切ってもらってから食べてた! しかも高校まで……(笑)。友達とファミレスに行ってハンバーグを頼んだとき、自分で切るっていう考えがなく店員さんが切るもんだと思ってずっと待ってた。友達に爆笑された。常識知らず世間知らずに育ちました、父さん、母さんよ』 『ポン酢の存在を知らなかった。 大人になって存在を知ってハマった』 『すき焼きにカリフラワーを入れてトロトロにして食べるのが好き。高校の頃、友達とすき焼きの話をしてて、具の中で一番好きな...more
カテゴリー:

F1層のリアルを調査!「お金」と「暮らし」に関する調査を実施 - 01月20日(土)11:00 

現代女子のリアルな収入事情 ミュゼマーケティングは、F1層の「お金」と「暮らし」に関するアンケート調査を実施しました。アンケート調査から、現代女子のリアルな収入事情やショッピングの実態、住まいに関する理想や現実が見えてきました。 ミュゼマーケティングは、全国325万人のミュゼプラチナム会員組織を活用し、F1層のマーケティングサービスを提供しています。 お店のポイントを貯める派は96% 家計簿を「つけている/つけていたことがある」と回答した人は約63%になっており、その中で、現在も一人暮らしで「家計簿をつけている人」は30%という結果でした。また、コンビニやスーパーなどで商品を購入したときにもらえる「ポイント」を貯めるかという質問には、「貯める」と96%が回答しています。 新商品に弱いF1層 どんなときに購買欲が高まるのかを調査したところ、1位「新商品(22%)」2位「限定品(15%)」3位「ラスト1点(14%)」との回答が上位になりました。衝動買いをしてしまった月の月末に「金欠」となった時は、「食費を削る」という人が38%となっています。 インテリア選びは店頭とSNSで分かれる インテリアの参考にしているものについて質問したところ、「お店のディスプレイ」と答えた人が26%と一番多い結果となりました。ついで、「ウェブサイト」「ソーシャルアプリ」「雑誌」などが続きました。年代別...more
カテゴリー:

【健康】ストレスががんリスク高める? がんセンターが疫学調査発表 - 01月20日(土)08:07  newsplus

ストレスががんリスク高める? がんセンターが疫学調査発表 2018年1月20日 7時37分 http://news.livedoor.com/article/detail/14183673/  ストレスが高いと長期的に感じている男性はそうでない男性に比べがんにかかるリスクが2割高まるとの研究結果を19日、国立がん研究センター(東京)がまとめた。  部位別では肝がん、前立腺がんでストレスの影響が強くみられた。喫煙や飲酒などがんのリスク要因となる生活習慣の影響が排除しきれないことから、センターは「今後、さらなる検討が必要だ」としている。  研究は全国10カ...
»続きを読む
カテゴリー:

<入試のツボ>心と体 ベストで臨め - 01月20日(土)06:05 

高校受験・直前対策(3)生活 入試が近づいてきたこの時期は、学力だけでなく体調や精神もベストな状態で本番に臨めるよう生活習慣を整えたい。 疲れをためず、十分な実力を発揮するため、最低7時間の睡眠時間を
カテゴリー:

喫煙や運動不足が老化を助長!? 生活の歪みが老化物質を蓄積させる - 01月19日(金)15:08 

 「規則正しい生活を」とよくいうけれど、それなりに根拠はありそうだ。 AGE(終末糖化産物/Advanced Glycation End Products)とは老化の原因物質のこと。そして皮膚におけるAGEの蓄積が進んでいる人ほど、心血管病を起こしやすく、死亡のリスクが高まることが、多くの研究により明らかにされている。そのAGEの蓄積が、喫煙・運動不足・朝食抜きなどの生活習慣の歪みで進む可能性があることが、モリンダ インク(アメリカ・ユタ州)と久留米大学の共同研究で分かった。 研究では、日本に住む20~70代の男女10,946人を対象に、生活習慣に関するアンケートと、腕の皮膚におけるAGE測定を行った。その結果、AGE蓄積は加齢によって上昇するが、運動不足・喫煙・精神的ストレス・睡眠不足・朝食抜き・甘いものを多く取るといった生活習慣の乱れも、AGEの蓄積を促進させる要因となることが判明した。一方、食べ過ぎないことや野菜を最初に食べることが老化の予防に役立つかどうかは、今回の研究でははっきりしなかった。 年は誰もが取るものだが、老化の進行は適切な運動やきちんとした食生活で遅らせることができるかもしれない。規則正しい生活を、自分のために実践しよう。【関連記事】 ・朝ごはん日本一の宿が決定! 「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル2017」 ・日本初の「しつけ椀」登場 おわんの正しい持ち...more
カテゴリー:

花粉による「肌荒れ」 医師が教える対策法とは? - 01月19日(金)11:30 

そろそろやってくる花粉の季節。早いと1月下旬から症状が出てくる方もいらっしゃるかもしれません。花粉症はくしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどを引き起こすことはよく知られていますが、花粉が肌荒れの原因にもなることをご存じですか? 春先に肌荒れに悩まされる方は、皮膚科専門医の先生が教える、花粉による肌荒れ対策法をぜひ参考になさってみてください。  花粉が肌荒れの原因とわかっているのに、その「対策方法」がわからない女性が多数 スキンケアブランド「d プログラム」が行った「働く女性の花粉による肌荒れとスキンケア方法」に関する調査結果によると、春先に肌荒れなどを経験したことがある女性は64.3%にものぼりました。  また、春先の肌荒れを経験した女性の約半数の方は、その原因を「花粉などの微粒子だと思う」と回答。多くの女性が、花粉はくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状だけでなく、肌荒れの主な原因のひとつだと感じていることが分かりました。 また、春は新生活がスタートする時期ということもあり、45.6%の女性が「環境変化や人間関係によるストレス」が肌荒れの原因と回答。春先はストレスを感じる女性が約半数いることが分かりました。 しかし、花粉が原因で肌荒れしていることを認識しているにもかかわらず、約7割(67.5%)の女性は「普段とは違う特別な対策はしていない」と回答。その理由は、「花粉による肌荒れの...more
カテゴリー:

もっと見る

「生活習慣」の画像

もっと見る

「生活習慣」の動画

Wikipedia

  • redirect習慣...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる