「生活習慣」とは?

関連ニュース

心臓の鼓動と寿命には関係がある? 心臓はなぜ動きなぜ止まるのか - 07月21日(金)15:00 

脈拍が1分間に60回あるとします。その人が80年生きる頃には、およそ25億回の脈が打たれることになります。心臓の鼓動には制限はあるのでしょうか。心臓の鼓動と寿命とは関係があるのでしょうか。今回は心臓の動きや心臓が止まる原因についてみていきます。 心臓の鼓動と寿命の関連性は? 心臓の心拍数と寿命には、関連性があります。 心臓は、ポンプとして、体全身に血液を送りだします。一回の鼓動のことを心拍数と言います。一生の間に打つ回数は、哺乳類ではどのような動物もほぼ同じです。 一般的に身体が大きく体重が重い動物ほど1分間に打つ心拍数が少なく長生きできる。それとは、別に体が小さい体重が軽い動物ほど心拍数が多く、寿命が短いのです。 心拍数と寿命の間には一定の法則があります。心拍数が少ないほど長生きできるわけです。 しかし、人間は自律神経の異常により、心拍の変動が大きくかかわります。一般的には、体重が重く心拍数が多いと寿命が短くなるといわれています。 心臓はなぜ動くのか 生まれてから死ぬまで、心臓は働いてます。筋肉は人の意識で動きをコントロールできる随意筋と、できない不随意筋とに分類されてます。 心臓は、心筋という心臓独自の筋肉できてます。心臓は、1分間に平均60回、1時間に3,600回、1日に約9~10万回収縮しています。 心...more
カテゴリー:

母乳はどのように作られているの? 5つの栄養素と粉ミルクとの違い - 07月21日(金)10:00 

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てるもの……そんな風に思っている方が多いかもしれません。でも、実は、母乳ってすべてのお母さんが当たり前のように出るものではないのです。今回は、母乳の仕組みについて説明します。 母乳はどうやって作られるの!? 妊娠・出産を経験した女性は、当たり前のように母乳が出ると思っていませんか? 実は、当たり前ではないのです。なぜ母乳が出るのか、どういう成分が含まれているのか、なぜ白いのかなど、母乳については母親となった女性も知らないことだらけ。今回は、母乳の仕組みについて説明します。 母乳とは 母乳とは、その名の通り、母親のおっぱいから出される「分泌液」「乳」のことを指します。妊娠が成立した女性は、ホルモンの変動によって、週数を重ねるごとに乳腺組織が発達していきます。そして、出産を終えると、女性の体内では「プロラクチン」というホルモンが分泌され、これによってたくさんの血液が乳房に流れ込み、母乳が作られます。このとき、「オキシトシン」というホルモンも分泌されて、乳腺で作られた母乳を乳頭に押し出す働きをします。この二つのホルモンの働きによって、母乳が分泌されるのです。 母乳は、血液から作られています。血液というと、赤色のイメージですが、母乳の成分はタンパク質、栄養、白血球のみ。赤血球は吸収されないため、母乳は赤くはなりません。 出産後の母乳の仕組み 母乳は、出産後...more
カテゴリー:

「スマホdeドック」利用者向けに『なるカラ』Q&Aサービスの提供をスタート - 07月21日(金)08:24 

専門家(医師・看護師・管理栄養士)に気軽に相談出来るQ&Aサービス 株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤 夏樹)は、KDDI株式会社が提供している自宅に居ながら健康チェックが行えるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」の利用者向けに「医師・看護師・管理栄養士」など専門家に気軽に相談出来るQ&Aサービス『なるカラ』の提供を開始しました。 「スマホdeドック」健康相談サービス『なるカラ』提供の背景 日本では急激な高齢化や生活習慣の変化などから「認知症、糖尿病、高血圧」など慢性疾患をもつ方々が増え続けています。これら慢性疾患の重症化予防には定期的な健康チェックにより疾患を早期発見し初期の対策として医療機関への早めの受診が重要なのですが、限られた時間の中で健康チェックが定期的に行えない方々も多数います。 健康相談サービス「スマホdeドック」にQ&Aサービス「なるカラ」を提供することにより、利用者が検査結果に関し気軽に相談できるだけでなく相談内容に応じてアドバイスをもらうことで医療機関の受診にまでつなげ利用者の健康増進を図ります。 ■スマホdeドックとは 専用の在宅検査キットとWEBサービスを組み合わせることで健康診断を受診する時間がなかなか取れない方でも気軽に素早く一般的な健康診断と同等の検査が自宅で受けられるサービスです。(☆健...more
カテゴリー:

【社会】糖尿病児「入園ダメ」23%が経験…学会、初の調査 - 07月20日(木)17:25 

■インスリン治療の理解不足…幼稚園や保育施設  子どもの時期に発症することが多い「1型糖尿病」で、患者の乳幼児の約4人に1人が幼稚園・保育施設の入園を拒否された経験があることが、日本小児内分泌学会による初の実態調査でわかった。学会は、幼稚園などの職員向けに治療法や接し方を説明した「入園取り組みガイド」を作成。病気の乳幼児の支援を求めている。  1型糖尿病の乳幼児は、インスリンというホルモンを注射で補充することで健常児と同じように生活できる。効果が長く持続する薬を自宅で打つことで、在園時は注射が...
»続きを読む
カテゴリー:

汗が止まらない! 多汗症の原因や治療の必要がある症状を医師が解説 - 07月20日(木)11:24 

●エクリン汗腺とアポクリン汗腺の違いを知る 屋外でのスポーツでかく汗は気持ちよいのに、仕事で大勢の前でプレゼンや講演をするときなどに手やわきにかく汗は気になるものだ。だが、ちょっと待ってほしい。他の人に比べ、「汗をかく機会も量も多いのでは? 」と感じた経験はないだろうか。 汗の量を他人と比べることがないため、その現状を知らない人が多いが、最近では年齢や性別を問わず、汗についての悩みを抱いている人が多いという。今回は東京女子医科大学皮膚科教授・講座主任の川島眞先生に「汗のメカニズム」と「多汗症」について詳しく聞いた。 ○汗のメカニズムについておさらい 私たちの体を健康に維持するためには、不要なものを体の外へ排出する働きが欠かせない。尿や便が好例だが、汗も重要な役割を担っている。例えば、体内の温度調整。体の温度が上昇すると、温度を下げるため(気化熱の放散)に汗が皮膚の表面に排出される。 汗は汗腺という皮膚の真皮の部分に存在する組織でつくられる。その組織とは、ほぼ全身の皮膚に分布しているエクリン汗腺と決まった場所(耳、わき、陰部など)にしかみられないアポクリン汗腺の2つだ。それぞれの特徴を下記にまとめた。 エクリン汗腺 エクリン汗腺は全身に約300万個あるとされている。この数は大人になったから増えるというものではなく、子どもも成人も数は変わらない。一日の汗の量は平均して700...more
カテゴリー:

ビューティ検定「白い歯」編 第5問 - 07月21日(金)15:00 

jQuery(.entry-header .entry-block-bg .entry-abstract .row-block img).before(jQuery(.entry-header .entry-block-bg .entry-abstract .row-block h1)); jQuery(.entry-header .entry-block-bg .entry-abstract .row-block).fadeIn(500); jQuery(#title-left).before(jQuery(#title-right)); jQuery(#main .detail).fadeIn(500); Q4の正解 (2)60% 成人の9割以上が持っていると言われる虫歯。虫歯予防の基本は歯磨きですが、歯ブラシだけで落とせる汚れは、(2)60%程度と言われています。 歯ブラシだけでは、歯と歯の隙間の汚れを落としきれません。こうした磨き残しはデンタルフロスなどを使って取り除きましょう。また、虫歯になりやすい人は、歯磨き後にフッ素ジェルを塗ると歯の表面のエナメル質を強め、虫歯菌の活動を抑える効果も期待できます。 参考/きちんとできている?虫歯予防は毎日のケアと正しい生活習慣から ...more
カテゴリー:

日本人に「筋トレ」は必要か?不必要か? - 07月21日(金)08:44 

次から次へと、よくわからない欧米発の横文字の健康法が乱立する昨今。とりあえず健康によさそうだと思って取り入れると、実は恐ろしいことになる可能性も……? そんな”健康オタク出羽守”に警鐘を鳴らす! ◆日本人に「筋トレ」は必要か?不必要か?  筋肉には、長時間にわたって働くことのできる「赤筋」と、瞬間的に大きな力を発揮できる「白筋」がある。筋トレで鍛えると太くなるのは「白筋」なのだが、「アフリカ系人種は筋肉全体の70%、欧米人は50%が白筋であるのに対し、日本人を含む黄色人種は約70%が赤筋。よって、白筋を鍛える筋トレをしても効率が悪い。例えば激しい筋トレで筋肉を1kg増やし、脂肪を2kg減らすと、基礎代謝量の増加は一日あたり10kcalで、キャラメル1粒分にも満たない。つまり筋トレをして基礎代謝をアップしても“やせ体質”にはなれないということです」(医師の奥田昌子氏)  この理論に異を唱えるのは『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』の著者・Yu Suzuki氏。確かに日本人は筋肉が太くなりにくいと認めながらも「筋トレで基礎代謝が上がらないのは全人類に言えることであって、人種別に考えるのはナンセンス。ただ、日本人は筋肉のダメージが回復しにくい遺伝子なので、欧米式のハードな筋トレを行うと逆効果になる可能性は否めません」。  高タンパク低カロリーな食事を意識しつつ、適度な...more
カテゴリー:

【しつけ】挨拶が出来る子どもにするための「見直すべき生活習慣」5つ - 07月21日(金)06:30 

「子どもが、お友達や祖父母に合っても挨拶が出来ない」と悩んでいるママは以外と多いもの。 将来「あの人、育ちが悪い」と思われないために!親が子どもの前でしてはいけないこと 「ほら、こんにちはは?」「ありがとうって言えた?」など、ついついママが強く促してしまうこともあるのではないでしょうか。 そこで、今回は挨拶が出来る子どもにするための「意識すべき生活習慣」について紹介していきます。 1.ママから少しオーバー気味に子どもに挨拶をする 自分から挨拶が出来ない子どもには、ママからオーバー気味に子どもに挨拶するのがおすすめです。 子どもに何か貰ったら「ありがとうー!」と元気に挨拶。子どもが起きたら「おはよー!いい天気だよ!」など、ドラマやアニメのようにちょっと演技っぽくてもいいのでオーバーに挨拶してみましょう。 こうして生活を送ることで、子どもに挨拶の印象が残りやすく「このシーンではこの挨拶」と、記憶しやすくなります。 ママの真似をして、だんだんとあいさつが出来るようになるので、今日の挨拶から実践してみてくださいね。 2.家庭内の挨拶を当たり前にする 意外にも、家庭内の挨拶がおろそかになっているという家庭は少なくありません。 起床がバラバラだったり、忙しかったり、そもそも挨拶をする習慣がなかったり…など理由は様々ですが、家庭内の挨拶が少ないと当然外に出ても挨拶が少なくな...more
カテゴリー:

都道府県の健康格差、拡大 寿命に最大3歳隔たり 平均は4歳延びる - 07月20日(木)13:42 

 日本の平均寿命は過去25年間に4.2歳延びたが、都道府県間の健康状態の格差は拡大したとの研究結果を、東京大の渋谷健司教授(国際保健政策学)らのチームが20日、英医学誌ランセットに発表した。平均寿命は、最長と最短の県の差が3.1歳に広がった。格差の原因は不明だが、医療体制や食事などの生活習慣以外に理由があると考えられるという。
カテゴリー:

管理栄養士による食事トレーニング「ダイエットプラス」、スーパースポーツゼビオ店内にコラボ店舗『Diet Plus ラボ』を7月21日(金)にオープン - 07月20日(木)11:07 

[メドピア株式会社] 日本人の健康に対する意識が高まる中、健康な身体づくりを継続的に実現するためには、正しい生活習慣を身につけることが重要です。この度スーパースポーツゼビオ店内にオープンする『Diet Plus ラボ』では、食に...
カテゴリー:

もっと見る

「生活習慣」の画像

もっと見る

「生活習慣」の動画

Wikipedia

  • redirect習慣...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる