「生命線」とは?

関連ニュース

アルゴリズムによるゾーニングは、より安い住居と公平な都市への鍵となるか? - 02月20日(火)14:09 

米国のゾーニングコード(都市の地区にコードを割り当て、そこに建築できる施設を規制する制度)の歴史は1世紀に及ぶ。そしてそれは、米国のすべての主要都市( おそらくヒューストンを除く )の生命線であり、何をどこに建築できるのか、近隣では何を行うことができるのかを決定するものだ。だが現在、研究者たちが、その複雑さが増してきたことを受けて、都市空間を合理化するための現在のルールベースのシステムを、ブロックチェーン、機械学習アルゴリズム、そして空間データにに基く動的システムで置き換えることができるかどうかの探究をさらに進めている最中だ。おそらくそれがこの先100年の都市計画と開発に革命を起こすだろう。 これらの未来のビジョンは、都市と都市ガバナンスの改善を現在のキャリアの中心に置く、2人の研究者であるKent LarsonとJohn Clippingerとの会話の途中で触発されたものだ。LarsonはMITメディアラボの主任研究者であり、シティサイエンスグループのディレクターである。そしてClippingerはヒューマンダイナミクスラボ (メディアラボの一部でもある)の客員研究員であり、非営利組織ID3の創設者でもある。 米国の主要都市が現在直面している最も困難な課題の1つは、過去数十年に渡って急騰してきた住宅価格である。このことによって、若年層や高齢者たち、単身者や普通の家族世帯の予算に信...more
カテゴリー:

ベニチオ・デル・トロ出演作にハズレなし!?―『ロープ/戦場の生命線』【連載コラムVol.42】 - 02月16日(金)21:21 

映画ライター・新谷里映が心動かされた、本当に観て欲しい映画たちを連載コラムでお届け。 第42回目は「個人的にこれまでの出演作にハズレがない=ベニチオ・デル・トロが選んだ作品は面白いと信じている」という、彼が出演する最新作『ロープ/戦場の生命線』。映画のストーリーにあるのは「戦争の先にある悲劇と不...
カテゴリー:

フジの夜の顔、椿原慶子アナが恥ずかしい発言をしまくった暗黒時代とは… - 02月11日(日)15:00 

人間誰しもが、思い出したくもない“暗黒時代”があるもの。現在、『THE NEWS α』でキャスターを務めるフジテレビ・椿原慶子アナにとっては、新人時代がそれに当たるのではないだろうか。 入社4ヵ月目に出演した『熱血!平成教育学院』で、彼女は恥ずかしい誤回答を連発した。「体の一部を使った慣用句で、だまされないように用心する意味のものは?」の問いに、彼女は「顔に塩を塗る」と答え、「日本の三大名園は?」という問題では、「毛利園、徳川園、織田園」とヤケッパチ気味に回答…。出演者の中で、ビリ争いを演じてしまったのだ。 また、深夜の女子アナ番組『アナ☆バン』には、“慶子おねえさん”としてレギュラー出演。ノースリーブ&ショートパンツのポップな衣装に毎回身を包み、共演者などに毒舌を吐くSキャラを演じていたのである。しかも、深夜番組らしく、下ネタ発言をしたことも…。 「手相占いが得意な先輩の武田祐子アナが、『生命線が薄い人は子孫を残したいとかの願望が強くない。エッチをそんなに頑張らない』と言うと、彼女は『私は生命線が濃いけど短い。ってことはエッチに興味はあるけど、頑張らないってこと? 一番ダメなタイプじゃないですか』とコメントしていました(笑)」(女子アナウオッチャー) それから約10年。今は硬派...more
カテゴリー:

国際援助活動家たちが日々目にする紛争地帯の現実とは? 『ロープ/戦場の生命線』【今月のプロ押し映画!】 - 02月09日(金)18:30 

1995年、停戦直後の旧ユーゴスラビアを舞台に、紛争地帯で活躍する国際援助活動家たちの悲喜こもごもを描いた衝撃と感動のヒューマン・ドラマ。ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンスなど豪華な俳優陣の演技にも注目!    
カテゴリー:

100人に1人のレアな手相 「ますかけ線」の持ち主に待ち受ける運命とは? - 02月07日(水)12:00 

 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「目指せ占い芸人!」のコーナーに、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー・Hoshiがゲストとして登場。手相のあれこれを教えてくれた。 ■大きな夢をかなえられる手相  Hoshiが取り上げたのは、珍しい手相の代名詞「ますかけ線」で、頭脳線と感情線がくっついて、手のひらに横一文字に伸びている線を指す。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人にあったといわれることから「天下取りの手相」としても有名だ。とは言っても平成のこのご時世、天下取りではピンとこない。ますかけ線の持ち主にはどんな人生が待っている?  Hoshiによれば「普通の生き方が難しい手相」ゆえ、結婚などには向かない人も多いそう。反面、大きな夢をかなえる可能性を秘めているとも言う。  「ますかけ線は逆境に強い線。平和や安定を求めるとかえって生きにくさを感じることも。孤独でさみしくて苦しい状況のほうが、一念発起してがんばれます。そして大きな夢をつかんだら、今度は人のために生きていくことができるので、結婚は何かを成し遂げた後にするといいでしょう」。  では、ますかけ線の持ち主は全員ビッグになれるのか、といえばそうではない。「ますかけ線の残念なところは、怠けグセ。追い込まれたら強いけれど、その手前でラクな道を選んでしまいがち」とHoshi。ます...more
カテゴリー:

やくみつるの「シネマ小言主義」 知られざる国際援助活動家たちの姿 『ロープ/戦場の生命線』 - 02月17日(土)12:03 

邦題としてつけられた『ロープ』。停戦直後の紛争地では、こんなありふれた日用品がいかに貴重なのか、日常生活がどれだけ破壊尽くされて「常識が通用しない」状況にあるのかを象...
カテゴリー:

人間臭い「ロープ 戦場の生命線」ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンスが沁みてくる紛争地帯のある1日 - 02月15日(木)09:45 

『ロープ 戦場の生命線』は、紛争地帯のある1日を通して、人間のままならなさと希望を浮かび上がらせた作品だ。というとなんだか重たそうだが、コメディ的な要素とヘビーな要素を絶妙にブレンドした、しみじみと滋養のある一作である。井戸水除染のために、紛争地帯でロープを探せ!タイトルになっているように、この映画はロープをめぐる右往左往を描いている。舞台は1995年、紛争終結直後のバルカン半島。小さな村の井戸に、死体がひとつ投げ込まれているところからストーリーは始まる。村人の生活用水が汚染されてはまずいと、NGO団体"国境なき水と衛生管理団"のメンバーは死体にロープをくくりつけて引き上げようとする。が、古びたロープは途中で切れてしまい、やむなく彼らは代わりを探すことに。二手に分かれてロープを探す"国境なき水と衛生管理団"のメンバーたち。ベテランのマンブルゥ、同じくベテランながらほぼ変人のビー、生真面目な新人ソフィー、通訳のダミールと、国籍も年齢もバラバラな彼らはロープがありそうな場所を探すも、国連軍の駐屯地にはなく地元の店には断られ、なかなか手に入れることができない。おまけにいじめられている現地の子供を拾ったり、マンブルゥの元カノが査察官として同行したりと、状況は悪化するばかり。井戸の浄化のリミットは24時間。そこら中に地雷が埋まり、武装解除されていない部隊がうろつくバルカン半島で、彼らはロープ...more
カテゴリー:

メコン川上流を支配する中国、下流域諸国の生命線を握る - 02月11日(日)11:00 

【2月11日 AFP】カンボジアの漁師、スレス・ヒエトさんはメコン川の恵みで生活している。≫続きを読む
カテゴリー:

彼の顔色を見て、エッチしていませんか? - 02月07日(水)21:05 

これはどうにも悲しい現実ですが、求められたとき、それをやんわりと断ろうとしてしまうと、途端に機嫌が悪くなってしまう男子がいます。そうなったのを見て、もしくは、そうなったらいやだから、彼が求めてきたときには応じるようにする。こういうことをしてしまっている女性は少なくないのではないでしょうか。彼に嫌われたくない。愛されたいというその気持ち自体は悪いことではありませんし、理解もできます。でも、それは間違った愛され方なのではないでしょうか。少なくとも、したくないけど、彼の顔色を見て、「私もしたいよ」というフリをして応じる。この瞬間にあなたは、ほんのちょっとだけ、でも、度重なるごとにだんだんと、自分自身を殺してしまっているのかもしれません。■男子は「心と体」をセットで愛するそもそも、彼女にエッチを断られたときに発動する男子の不機嫌は、男子の「好き」の気持ちの構造に由来します。とくに若い頃の男子は、彼女ができたとき、体を愛することと心を愛することを切り離しては考えられません。「好きだからしたいし、したいから好き」ということですが、厄介なことに「彼女も同じだろう」と思っているのです。だから、自分がエッチをしたいのに、彼女がしたくないと言い出したとき、「え、俺のこと好きじゃないの?」と思ってしまう。だから不機嫌になる。よくこの言葉を「男子は結局、ヤりたいだけ」と解釈する人がいますが、それは違くて、...more
カテゴリー:

【共産党】「赤旗」創刊90周年 真実と希望を届け国民と歩む - 02月03日(土)03:30  newsplus

「赤旗」創刊90周年 真実と希望を届け国民と歩む  「しんぶん赤旗」はきょう創刊90周年を迎えました。日頃のご愛読とご協力、各界からお寄せいただいた励ましの言葉に感謝申し上げます。「赤旗」は、戦争や弾圧で余儀なく発行を中断した時期があったものの、反戦平和、国民主権、自由と民主主義、生活擁護の立場を貫いてきました。安倍晋三政権が改憲の企てを本格化させる戦後史の大きな岐路のもと、安倍暴走政治と対決する市民と野党の共闘を促進し、真実を伝える「赤旗」に新たな期待と注目が集まっています。その責任と役割を深...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「生命線」の画像

もっと見る

「生命線」の動画

Wikipedia

生命線(せいめいせん)

脚注

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる