「環境基準」とは?

関連ニュース

県内の河川水質、やや悪化 女性連絡会で報告 - 08月06日(日)06:00 

水と環境の保護活動を推進する県協同組合女性連絡会の定例会が7月28日、佐賀市のアバンセで開かれた。毎年6月に実施する環境調査活動の報告があった。 1991年に始まった環境調査活動は組合員50人が、県内50カ所を対象に河川の水質と酸性雨、大気の二酸化窒素の割合を調べている。 16年度の結果について、佐賀大学の半田駿名誉教授は「大気中の二酸化窒素濃度は環境基準値以下で推移している」と説明。酸性雨...
カテゴリー:

築地市場、空気中から基準上回るベンゼン 築地のマグロはベンゼンで汚染されたマグロ - 08月03日(木)10:44  news

築地市場 空気中から基準上回るベンゼン  東京都は31日、築地市場の空気中から環境基準をわずかに上回る有害物質ベンゼンを 検出したと発表した。5月の土壌調査で揮発するおそれのあるベンゼンと水銀を検出した 一部の地点について、7月中旬に空気を測定。水銀は不検出だった。都は「ベンゼンが 土壌から揮発した可能性は低い」とみているが、10月ごろに空気を再測定し原因を探る。 (略)  築地市場の敷地には戦後、進駐軍のドライクリーニング工場や給油所、車両整備工場が あった。都は2016年に「汚染のおそれがある」...
»続きを読む
カテゴリー:

「環境基準」の画像

もっと見る

「環境基準」の動画

Wikipedia

環境基準(かんきょうきじゅん)は、日本の環境行政において、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、法令に基づき定められるものである。

概要

環境基準は、維持されることが望ましい基準として定められる行政上の政策目標である。その基本は、大気汚染水質汚濁地下水を含む)、土壌汚染騒音に係る環境上の条件として、環境基本法第16条1993年11月までは、環境基本法の前身となる公害対策基本法第9条に基づいて定められていた。に基づき定められているものである。環境基本法に基づくもの以外には、ダイオキシン類の環境中濃度の基準が、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき設定されている。

環境基準は、「維持されることが望ましい基準」として以下の性質を有する。

  • 個別の発生源を対象に規制を行う「排出基準」とは別のものであり、「環境基準」で規制することはしない。
  • 一方、許容限度あるいは被害の受忍限度(この基準まで環...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる