「環境基準」とは?

関連ニュース

米軍ヘリ墜落でダム取水1年停止も 2013年宜野座、土壌から鉛やヒ素が高濃度検出 - 10月16日(月)10:12 

 2013年8月5日、宜野座村の米軍キャンプ・ハンセンに空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリが墜落した際、墜落現場から70メートル離れた場所に大川ダムがあり、村は約1年間ダムからの取水を止めた。  墜落現場における米海兵隊の土壌調査では、日本の土壌汚染対策法で定める環境基準値の74倍の鉛(1リッ...
カテゴリー:

【データ改ざん】神鋼、過去にも深刻な不正 ばい煙値改ざんや違法献金… - 10月10日(火)04:27  newsplus

神鋼、過去にも深刻な不正 ばい煙値改ざんや違法献金… 10/8(日) 22:46配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000011-kobenext-bus_all  アルミと銅製品の性能データの改ざんが発覚した神戸製鋼所は、過去にも深刻な法令違反や不正が発覚し、トップの辞任に発展したこともある。昨年のグループ会社でのデータ改ざんを受け、神戸製鋼は川崎博也会長兼社長の指示で今年5月、社員の行動規範を改めて定めたが、負の連鎖は止められなかった。  神戸製鋼は1999年、総会屋への利益供与が発覚。金銭提供などの商法違...
»続きを読む
カテゴリー:

「環境基準」の画像

もっと見る

「環境基準」の動画

Wikipedia

環境基準(かんきょうきじゅん)は、日本の環境行政において、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、法令に基づき定められるものである。

概要

環境基準は、維持されることが望ましい基準として定められる行政上の政策目標である。その基本は、大気汚染水質汚濁地下水を含む)、土壌汚染騒音に係る環境上の条件として、環境基本法第16条1993年11月までは、環境基本法の前身となる公害対策基本法第9条に基づいて定められていた。に基づき定められているものである。環境基本法に基づくもの以外には、ダイオキシン類の環境中濃度の基準が、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき設定されている。

環境基準は、「維持されることが望ましい基準」として以下の性質を有する。

  • 個別の発生源を対象に規制を行う「排出基準」とは別のものであり、「環境基準」で規制することはしない。
  • 一方、許容限度あるいは被害の受忍限度(この基準まで環...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる