「環境問題」とは?

関連ニュース

『CHIVAS VENTURE』2018年度日本代表者発表!日本人母娘が発信する、ウガンダ発のトラベルバッグブランド「RICCI EVERYDAY」代表取締役 COO 仲本千津氏が世界大会へ! - 01月19日(金)19:00 

[ペルノ・リカール・ジャパン株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/4201/37/resize/d4201-37-638385-0.jpg ] 『CHIVAS VENTURE』は、より良い未来の創造を目指し、ビジネスを通じて世界的な社会問題や環境問題の解決に取り組む革新的なスタートアッ...
カテゴリー:

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 - 01月19日(金)05:00 

未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画に盛り込むこと」とのこと。新さんは今回の記事中、国会への「原発ゼロ法案」の提出を目指す小泉・細川両元総理や立憲民主党の動きを紹介しながら安倍官邸のエネルギー政策を批判するとともに、脱原発の可能性を探っています。 原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる 安倍政権で原発ゼロは難しい。原発への依存度を低くするという公約の逆のことをやっている。よく恥ずかしくないな。あきれるよ。 超党派で原発ゼロ法案の国会提出をと呼びかける小泉純一郎元首相は、1月10日、安倍政権のエネルギー政策について激しい言葉で批判した。 昨年夏以降、経産省はエネルギー基本計画の見直しにとりかかった。狙いは原発の新設、建て替えを計画に盛り込むことだ。再稼働できても、いずれ原子炉の寿命は尽きる。新たに造らない限り、この国の電源から原発はなくなる。 現在、日本の全電源のうち、原子力発電の占める割合はわずか2%ていど。それを、2030年に20~22%まで復活させるというのが政府のエネルギー計画だ。 全国43基のうち稼働中なのは、川内原発1、2号機と高...more
カテゴリー:

【国際】「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」 グアム知事、移転に理解 翁長知事が謝意 - 01月13日(土)21:57  newsplus

「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」 グアム知事、移転に理解 翁長知事が謝意 2018年1月13日 14:56 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/194747  在沖縄米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問している沖縄県の翁長雄志知事は12日、カルボ州知事と会談し、沖縄の基地負担軽減のため、グアム移転の着実な実施の重要性を訴えた。県によると、カルボ氏は米国民として沖縄の基地負担軽減の必要性を理解しているとし「一日も早く在沖海兵隊を受け入れたい」と応じた。  翁長氏は負担軽減に理解を示したカルボ氏に謝...
»続きを読む
カテゴリー:

これが、2018年の「色」! - 01月09日(火)22:00 

 「その年の色」があるって知っていました?(恥ずかしながら、わたしは2018年になってから知りました)ちなみに、昨年の色は「リーディングレッド」というビビッドな赤。ファッションシーンやインスタグラムで、赤色が流行っていたのも、ちゃんとした理由があったんですね。2018年は、この色!ビジョナリーミント「ビジョナリー(Visionary)」は、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉。混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が選定したんです。単純に「流行」というだけではなく、その年のムードを作っていく願いを込めて選ばれているんですね。ではなぜ、ビジョナリー「ミント」なのでしょう? これには、3つの理由があるみたい。01.若い人たちを中心に広がる独創的な考えと行動力ミレニアル世代の若い人たちを中心に広がっていく、独創的な考えと、世界中とつながる行動力。それによって、新しい展望が開かれるかもしれません。それを象徴する色として、未来を感じさせる明るい光のような色。02.軽やかな心でみんなで未来へ進んでいく重要なことが見えないところで決まってしまうような時代は終わり、開かれた場所で、みんなで考え、進むべき道を決定する時代になっていくはず。異なる業界、年齢、性別、民族の違いを超えてフラットに...more
カテゴリー:

そっくり? トランプ大統領ロボットを米ディズニー・ワールドがお披露目 - 01月08日(月)19:00 

 ウォルト・ディズニー・ワールドが、トランプ大統領そっくりのロボットを公開した。就任してから1年ほどが経ち、フロリダのディズニー・ワールドの再オープンにあたり、歴史アトラクションの一部としてお披露目になると海外メディアSkyNewsが伝えた。【関連】「ドナルド・トランプ大統領」フォトギャラリー トランプ大統領ロボットは、アメリカの民主主義の歴史を紹介する25分間にわたるショーの中心的な存在として登場。そのショーではホワイトハウスの始まりから今日までが紹介される。 トランプ大統領ロボットはネイビーカラーのスーツにネクタイをつけ、「その始まりから、アメリカはその国民によって定義される国家であり続けてきた」「アメリカ合衆国大統領の任務に就くこと、過去のそうそうたる偉大な指導者の一員となり、アメリカ国民の代表として働くことは名誉なことである」などとジェスチャーを交え語る。 なおトランプ大統領ロボットのお披露目に加え、ディズニーでは同劇場に新しい音響と照明システムを導入。またオバマ前大統領ロボットの位置が移されている。 ■関連記事ヤバい機内食がSNSで話題に…バラエティ豊かな謎のメニューの数々<フォトギャラリー>アンジー、ガガの蝋人形も「マダム・タッソー」フォトギャラリーレオナルド・ディカプリオ、環境問題に消極的なトランプ政権を批判『ザ・シンプソンズ』のカメオ出演を拒否された唯一のセレブ...more
カテゴリー:

‟地球クラッシャーローランド・エメリッヒの愛弟子が、師へのトラウマを告白 - 01月19日(金)16:30 

度重なる異常気象に頻発する自然災害。地球上の生命を脅かしかねない環境問題は喫緊の課題だ。『ジオストーム』(公開中)はそんな地球の未来を予見すると同時に、暴走した気象コントロール衛星が地球を破壊し尽くす様が最新のVFXで描かれている。 【写真を見る】キャスト&スタッフに演出プランを指導するディーン・デヴリン監督/[c]2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ■ 新時代の地球破壊は‟衛星”が引き起こす? 映画の舞台となるのは近未来の地球。さまざまな要因から引き起こされた異常気象に対処するため、世界各国が一丸となり“気象コントロール衛星”を開発。全世界の天気は精巧なシステムの下で完璧に管理・制御されていた。ところがある日衛星が突然暴走。世界中で異常気象が発生し、想像を絶する自然災害を引き起こしてしまう。衛星暴走の原因を突き止め、人類を危機から救うために一人の科学者が立ち上がる。 本作で長編映画監督デビューを果たしたのは、脚本家・プロデューサーとして数々のヒット作を手掛けてきたディーン・デヴリン。映画ファンの間で“ハリウッドの破壊王”とも称されるローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』(96)やハリウッド版『GODZILL...more
カテゴリー:

小林武史が語る、ファレルが100年後に託す地球温暖化へのアクション - 01月18日(木)12:00 

フランスの最高級コニャックブランド「ルイ13世」が、ファレル・ウィリアムスとともにオリジナル曲「100 Years: The Song Well Only Hear If We Care」を制作した。100年後の2117年にリリースされると発表され、話題を集めている。2017年11月13日、上海にて行われたシークレットイベントで一度限り披露された。世界でたった100人しか聴くことができなかった、この貴重な瞬間に立ち会った日本人がいる。地球温暖化をはじめとした環境問題に対して、長年活動をしているアーティスト、小林武史だ。「ルイ13世」が”音楽”を通して世界へ掲げるメッセージ、そして、そのプロジェクトへ賛同したファレル・ウィリアムス、双方の思いがどのような形で表現されたのか。上海から帰国した翌日、小林のレコーディングスタジオでイベントについて聞いた。会場で聴いたファレルの曲ですが、冒頭はフォーキーな響きで、日常感はあるのに不思議とファンタジーなんです。地球という場所に僕らがいるということが、ある種ファンタジックなことなのかもしれない。そう思わせるような始まりがあって、でも途中からマイナー感のある響きになり、現実を突きつけてくるような雰囲気に変わる。まさに警鐘という意味なんだろうけど、メロディとアレンジにどこかノスタルジックな要素もあって、大仰にならない。その点はさすがファレルだなと思い...more
カテゴリー:

健康被害も出始めた「地球温暖化」に抗う世界、遅れをとる日本 - 01月12日(金)03:10 

これまでの常識として「地球温暖化は、経済にダメージを与える」とされてきたことは周知の事実ですが、さらに最新の研究で「感染症を始めとした健康被害や豪雨による河川氾濫や山崩れなどをもたらす」という驚きの結果が出ました。今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、地球温暖化の脅威や防止に向けた世界の動きについて、現役医師(総合診療医)の徳田先生が詳しく解説しています。 今すでにある気候変動による健康被害 蚊媒介性感染症の増加 気候変動、中でも地球温暖化による健康被害は今すでに世界中で起きている問題です。地球温暖化による健康被害は将来のものであって、現在の我々には関係ない、と思われている人もいるかもしれません。しかしながら、最近の研究によると、温暖化によってもうすでに大きな影響が出てきており、この不都合な真実は予想を上回るスピードで私たちに襲いかかってきていることがわかったのです。 ます、蚊媒介性感染症です。1990年以降、ネッタイシマカとヒトスジシマカの病原体媒介力が急激に大きくなってきています。実際、1990年以降のデング熱ケースは10年毎に倍増しています。私は以前からこのメルマガでデング熱について何度も取り上げてきました。日本での国内デング熱ケース発生の予想が当たってしまいました。残念なことです。 今後心配なのは大規模な流行です。デング熱が持続的に流行すると再感染する人も出...more
カテゴリー:

これが、2018年の「色」! - 01月09日(火)22:00 

 「その年の色」があるって知っていました?(恥ずかしながら、わたしは2018年になってから知りました)ちなみに、昨年の色は「リーディングレッド」というビビッドな赤。ファッションシーンやインスタグラムで、赤色が流行っていたのも、ちゃんとした理由があったんですね。2018年は、この色!ビジョナリーミント「ビジョナリー(Visionary)」は、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉。混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が選定したんです。単純に「流行」というだけではなく、その年のムードを作っていく願いを込めて選ばれているんですね。ではなぜ、ビジョナリー「ミント」なのでしょう? これには、3つの理由があるみたい。01.若い人たちを中心に広がる独創的な考えと行動力ミレニアル世代の若い人たちを中心に広がっていく、独創的な考えと、世界中とつながる行動力。それによって、新しい展望が開かれるかもしれません。それを象徴する色として、未来を感じさせる明るい光のような色。02.軽やかな心でみんなで未来へ進んでいく重要なことが見えないところで決まってしまうような時代は終わり、開かれた場所で、みんなで考え、進むべき道を決定する時代になっていくはず。異なる業界、年齢、性別、民族の違いを超えてフラットに...more
カテゴリー:

使用後は食べられちゃう!?ポップなデザインがかわいいエコなストローが誕生♩ - 01月07日(日)10:00 

環境に深刻な影響を与えているプラスチックごみ。 世界中の海には、プラスチックごみが年間800万トンも流出しているのだとか。 2018年7月1日から、米・シアトルのレストランではプラスチック製ストローやフォークなどの提供が禁じられるとのこと。 近年、世界中で環境問題に対して意識が高まっていますが、アメリカでとってもエコロジカルなストローが作られているのです! 環境にやさしい♡食べられるストローが登場 ドリンクを飲んだ後、食べられちゃう「LOLISTRAW(ロリストロー)」。   LOLIWAREさん(@loliware)がシェアした投稿 - 12月 6, 2017 at 5:02午後 PST 一見、カラフルなプラスチックから作られているように見えますが…   LOLIWAREさん(@loliware)がシェアした投稿 - 12月 20, 2017 at 2:34午後 PST 特許出願中の海藻ベースの素材を使って、作り出しているそうです。   LOLIWAREさん(@loliware)がシェアした投稿 - 12月 9, 2017 at 2:09午後 PST 「ロリストロー」は最大24時間程度、飲み物の中に放置しておいても溶けてしまわないように設計。   LOLIWAREさん(@loliware)がシェアした投稿...more
カテゴリー:

もっと見る

「環境問題」の画像

もっと見る

「環境問題」の動画

Wikipedia

環境問題(かんきょうもんだい、)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。

主な環境問題

主な環境問題として、次のようなものがしばしば挙げられる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる