「理解力」とは?

関連ニュース

「ママ」すら言わない…【ウチの子、言葉が遅いかも?】#01 - 04月25日(水)21:30 

source:https://www.shutterstock.com/ ウチの子、言葉が遅いかも……。そんな風に悩んだことはありませんか? 筆者もまさにその1人でした。 息子は2歳になっても単語すら発することがなく、“発達に気になる部分がある子が通う教室”にも通いました。 今回は子どもの言葉の遅れに悩み続けた筆者の経験を、4回に分けてご紹介します。 ▼「ママ」すら言わない息子…ウチの子、言葉が遅いかも? source:https://www.shutterstock.com/ 最初に「あれ?」と思ったのは、1歳3ヶ月のときでした。息子とほぼ同月齢のお友達(女の子)と遊ぶ機会があったのですが、その子が「ママー」とか「はーい!」とか言って、まわりの大人と楽しそうにコミュニケーションを取っていたのです。 そのときの息子は「あー」とか「うー」とか言うのみ……。 とはいえ息子は首すわりもハイハイも歩き出しも早くなかったので、ウチの子はマイペースなのんびり屋なんだな、ぐらいにしか考えていませんでした。 その頃は「なかなか喋らないんだよね〜」と言うと、「でも“ママ”ぐらいは言うでしょ?」と返されることが多く、それがイヤでした。 「ママ」どころか何も言わないのに……私だって「ママ」って呼んで欲しいのに……と、少し淋しい気持ちになったものです。 ▼そもそも「言葉が遅い」の目安とは? ところ...more
カテゴリー:

富野由悠季が語る『ガンダム』のリアルを生んだ高畑勲イズム 「高畑さんは僕にとっても師匠」 - 04月21日(土)08:40 

 日本のアニメーション文化を黎明期からけん引してきた故・高畑勲さん。1968年に『太陽の王子 ホルスの大冒険』で劇場用長編アニメを初監督以降、『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、『母をたずねて三千里』(1976年)などのテレビシリーズを手掛け、その後のスタジオ・ジブリで『火垂るの墓』(1988年)『かぐや姫の物語』(2013年)などを発表。世界のアニメクリエイターたちの指針ともなったリアリズムに徹した演出論、表現描写は、宮崎駿監督の“作家性”に多大な影響を与えたことでも知られる。今回、『ハイジ』などで共に仕事をした経験を持ち、アニメ監督として同時代を生きる「ガンダムの生みの親」である富野由悠季氏に、高畑監督の功績を聞いた。 【劇中カット】アニメファンが驚愕した 『かぐや姫の物語』の緻密な描写 ■破綻していた『ハイジ』の制作スケジュール 「高畑さんたちは1ヵ月半の作業を10日でこなした」  富野氏は、高畑さんが監督を務めた世界名作劇場で、『アルプスの少女ハイジ』(全52話/18本)、『母をたずねて三千里』(全52話/22本)、『赤毛のアン』(全50話/5本※『機動戦士ガンダム』の放送のため中盤から不参加)の絵コンテを担当。上記は、高畑勲(監督)、宮崎駿(レイアウトなど)、富野由悠季(絵コンテ)という日本を代表するアニメ監督が邂逅した作品という点で、日本のアニメ史においてエポ...more
カテゴリー:

【放送事故】福山哲郎、北村晴男弁護士の法解説が理解できない 生放送で恥を晒す - 03月27日(火)21:44  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/115363 森友文書の改竄騒動で佐川元長官が国会に証人喚問された件で立憲民主党の福山哲郎議員が根本的なところから勘違いをしており、北村晴男弁護士が間違いを正す場面があった。 もはや放送事故のやりとり。 福山哲郎「経緯について刑事訴追の恐れがあり答えられないと仰ってるのに官邸などの指示は『ない』と明確に答えた。不可思議」 北村晴男「全然おかしくない。自分がやった事は刑事訴追の恐れがあり答えられないが、官邸からの指示がなければ『ない』と答えれられる」 福山印象操作失敗...
»続きを読む
カテゴリー:

【先輩しくじり体験談】単語は完璧なのに! 英語が全然できなくなった恐怖体験【学生記者】 - 04月25日(水)17:00 

僕・私はここで失敗した! 大学生活のしくじりポイント まず「単語」を完璧に覚えてから、英文に取り組んだ私。予備校でも「単語」の重要性を教わっていたので、これでもう英語ができるようになると思っていました。しかし、結果はなんと逆に英語がみるみるわからなくなっていくのです。明らかに読めないというより、読んでいるつもりなのに内容を全然つかめていないというような感覚でした。毎日長い英文に触れているはずなのに、逆に理解できなくなっていく。このときは、恐怖と焦りでいっぱいでした。  初心に返り、もう一度「単語帳を見る」ことを始めて、単語帳と英文を読むことを同時並行しようと決意しました。 そして、なんとか英語の理解力を取り戻し、前よりも長い英文を読んでいけるようになりました。やっぱり単語を覚えたと過信したのがいけなかったと反省。私は以前よりももっと単語が最も大切だと思っています。 しくじってしまったのはなぜ? 今振り返ってわかった原因 誰が読んでも明らかなように、単語帳に触れなくなったからです。では、なぜ覚えたはずの単語帳に触れなくなったら英語ができなくなったのか?それは、完璧な暗記ではなかったからだと思います。当時は、英語を見たら和訳をすばやく言える状態で、もうバッチリだと感じました。しかし、暗記にはもう一段階上のステージがあるのだと思います。  例えば、apple、dog、penと聞いて...more
カテゴリー:

【語学】専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」 - 04月20日(金)16:54  bizplus

英語能力のテストとして、学校教育でもビジネスでも重要視されるTOEIC。しかし長年、企業の語学研修に携わってきた猪浦道夫氏は「TOEICは英語能力検定試験として欠陥がある。TOEIC対策講座に成り下がった英語教育を進めることで、母国語をふくめたそもそもの言語教育に悪影響が出ており、日本人の知的レベル低下を招いている」と警鐘を鳴らす――。 TOEICハイスコアは成功への登竜門? 筆者は長年、語学教育にたずさわってきましたが、30年ほど前から学校の英語教育が「文法偏重から会話力重視へ」と急カーブを切り始めました。そのころ...
»続きを読む
カテゴリー:

「理解力」の画像

もっと見る

「理解力」の動画

Wikipedia

  • 転送 理解...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる