「理化学研究所」とは?

関連ニュース

【研究】ゴキブリの脱皮を阻害する遺伝子を発見 他の生物に影響を与えることなくGだけを倒せる新型殺虫剤の開発に期待 - 01月23日(火)14:39  newsplus

◆ゴキブリの成長を阻害する遺伝子が発見 他の生物に影響なくヤツだけを倒せる新型殺虫剤の開発に期待  ~脱皮に影響する物質を注入することで、脱皮不全で死亡させることに成功~ ゴキブリの脱皮に影響を及ぼす遺伝子を発見したことを、中部大学が発表しました。 この遺伝子から生成した物質をゴキブリに注射すると、脱皮不全により死亡することが確認されたとのこと。 応用による効果的な殺虫剤の開発が期待されます。 同学の研究チームが、佐賀大学大学院生の佐藤一輝氏(現理化学研究所環境資源科学研究センター特別研究員)...
»続きを読む
カテゴリー:

理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見 - 01月18日(木)14:20 

理化学研究所(理研)は、自己と他者が空間のどの場所にいるのかを認識する仕組みを、ラットの脳の海馬における神経細胞の活動を記録することで明らかにしたことを発表した。
カテゴリー:

気象衛星やスパコン活用した高精度な豪雨予測 開発成功 - 01月18日(木)04:16 

観測性能が大幅に向上した気象衛星「ひまわり8号」のデータや、スーパーコンピューターを活用して、豪雨の発生場所などを高い精度で予測する手法の開発に、理化学研究所などの研究グループが成功しました。将来的に、豪雨や洪水の危険性をいち早く把握できると期待されています。
カテゴリー:

日本首创临床移植iPS细胞治疗眼疾 出现严重并发症 - 01月17日(水)12:26 

  中新网1月17日电 据日媒报道,日本兵库县神户市立医疗中心中央市民医院与理化学研究所等的团队本月16日发布消息称,把由他人的诱导多能干细胞(iPS细胞)制作的视网膜细胞移植给严重眼疾患者的全球首创临床研究中,70多岁男性患者出现了视网膜水肿并发症。   日本理研方面表....
カテゴリー:

iPS細胞使った臨床研究の患者 網膜に膜状組織でき追加手術 - 01月16日(火)18:11 

神戸市にある理化学研究所などの研究グループは、他人に移植しても拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞を使って重い目の病気を治す臨床研究を行った患者5人のうち1人で、網膜に膜状の組織ができ、取り除く手術をしたことを明らかにしました。グループによりますと膜状の組織は移植した細胞からできた可能性が高いということですが、iPS細胞を使ったことによる特有のリスクではなく、経過を慎重に観察しながら臨床研究は継続するとしています。
カテゴリー:

“わたし”と“あなた”はどこにいる? 空間認識の仕組みを発見 …理研 - 01月21日(日)20:45  news

理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見 理化学研究所(理研)は、自己と他者が空間のどの場所にいるのかを認識する仕組みを、ラットの脳の海馬に おける神経細胞の活動を記録することで明らかにしたことを発表した。 同成果は理研 脳科学総合研究センターシステム神経生理学研究チームの藤澤茂義氏、檀上輝子氏、 神経適応理論研究チームの豊泉太郎氏らの共同研究チームによるもので、米国の科学雑誌「Science」に 掲載されるのに先立ち、オンライン版(1月11日付、日本時間1月12日)に掲載された。 我々は...
»続きを読む
カテゴリー:

新天気予報システム、自然災害の予測精度向上か 理研チーム - 01月18日(木)11:37 

【1月18日 AFP】日本の気象衛星「ひまわり8号」の観測データを活用して天気予報の精度を向上させる可能性のある新システムを開発したとの研究結果を理化学研究所が発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

台風、豪雨の予測精度向上=ひまわり8号データで-理研・気象研 - 01月18日(木)00:07 

 気象衛星ひまわり8号で観測した雲のデータをスーパーコンピューターに直接取り込んで素早く処理し、台風の急速な発達や豪雨の予測精度を向上させる技術を開発したと、理化学研究所と気象庁気象研究所のチームが17日付の米科学誌電子版に発表した。 スパコンは神戸市にある理研の「京(けい)」を使用した。気象庁は将来、予報業務に使っているスパコンに開発成果を応用する方針で、防災に役立つと期待される。 【時事通信社】
カテゴリー:

iPS細胞の臨床研究で合併症「拒絶反応の可能性低い」 - 01月16日(火)18:55 

 他人のiPS細胞を使って網膜の病気を治療する臨床研究で、手術を受けた70代男性の網膜の上に膜ができ、取り除く再手術をしたと理化学研究所などのチームが16日、発表した。iPS細胞を変化させた細胞を移植…
カテゴリー:

スピントロニクスデバイスの新たな指針 - 金属強磁性体の電界制御に成功 - 01月16日(火)16:33 

理化学研究所(理研)は1月15日、原子レベルで制御可能な酸化物界面において、磁化とnmサイズの渦状の磁気スピンの配列(スキルミオン)に由来する輸送特性を電界で制御することに成功したと発表した。これにより、磁化やスキルミオンを磁気メモリとして使う際の設計指針となることが期待できるという。
カテゴリー:

もっと見る

「理化学研究所」の画像

もっと見る

「理化学研究所」の動画

Wikipedia

国立研究開発法人理化学研究所(こくりつけんきゅうかいはつほうじんりかがくけんきゅうしょ、RIKEN、Institute of Physical and Chemical Research)は、埼玉県和光市に本部を持つ自然科学系総合研究所。略称は「理研」。

概要

本所(埼玉県和光市)の研究本館

1917年(大正6年)に創設された物理学化学工学生物学、医科学など基礎研究から応用研究まで行う国内唯一の自然科学系総合研究所である。国際的に高い知名度と研究業績を持つ研究所であり、海外では"RIKEN"の名称で知られている。

鈴木梅太郎寺田寅彦中谷宇吉郎長岡半太郎嵯峨根遼吉池田菊苗、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる