「現役引退」とは?

関連ニュース

【サッカー】<本田圭佑>なぜハリル前監督に勝てたのか?「監督よりも権限を持つ男」 過去にも“反逆の歴史” ★2 - 04月21日(土)00:20  mnewsplus

W杯ロシア大会(6月14日開幕)に臨むサッカー日本代表は結局、FW本田圭佑(31)=パチューカ=中心のチームとなることが確実だ。 バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の戦術に異議を唱え、干された時期もあったが、日本協会の田嶋幸三会長(60)が 「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」ことを理由に前指揮官の電撃解任に踏み切ったのは、一選手である本田に軍配を上げたことを意味する。 なぜ監督以上の権限を持つことになったのか。本田は日本代表を救えるか。(夕刊フジ編集委員・久保武司) 本田とハ...
»続きを読む
カテゴリー:

【葬儀業界】僧侶の高齢化が問題に 認知症になっても後継者おらず…読経飛ばし・戒名忘れ・斎場で転倒し担架で搬送・故人の不倫暴露など - 04月20日(金)03:46  newsplus

◆僧侶の高齢化が問題に 戒名忘れ・担架運ばれ・故人の不倫暴露 母の葬儀に現われた80代の住職の様子がどうもおかしい。 時に数十秒にわたる長い沈黙が続く。 うっかりや滑舌の問題でなく、どうやら思い出せないところがあるらしく、挙げ句の果てには読経を飛ばしているようだ。 疑念が確信に変わったのは、法話の段になって亡くなった母の戒名を間違えた瞬間だった──。 住職の高齢化が大きな問題となっている。 日本最大の寺院数を誇る曹洞宗が2015年に行なった「曹洞宗 宗勢総合調査」によれば、60歳以上の住職は全体の53%...
»続きを読む
カテゴリー:

【フィギュア】浅田真央さん(27)、採点に不満があったこともある…明石家さんまとの初共演で明かす 浅田舞(29)も参加 - 04月17日(火)18:01  mnewsplus

 フィギュアスケーターの浅田真央さん(27)がこのほど都内で、27日に放送されるフジテレビ系「さんまのまんま春SP」(後7・57)の収録に参加し、タレントの明石家さんま(62)と初共演を果たした。  1年前に現役引退を表明した浅田さん。さんまは「勝手に日本を背負わされて…」と、幼い頃から第一線で活躍し、日本中の注目を集めた浅田さんをねぎらった。  その上で、さんまから「採点競技だから、“くそっ!”って思うこともあったでしょう」と水を向けられると、「ありましたね」とさらりと告白。浅田さんは「それは...
»続きを読む
カテゴリー:

パトリック・チャン選手が引退 フィギュア ソチで銀 - 04月17日(火)00:47 

 フィギュアスケート男子で高橋大輔や羽生結弦(ANA)らと競ってきた2014年ソチ五輪銀メダリスト、パトリック・チャン(27)=カナダ=が16日、現役引退を発表した。カナダ・スケート連盟を通じ、「新し…
カテゴリー:

宮澤ミシェルが西野朗新監督に期待する「ジャパンウェイ」スタイルの構築 - 04月16日(月)11:00 

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第42回。 現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。 今回のテーマは、西野朗新監督が率いることになった日本代表。W杯まで残された時間が少ない中、どんなチームを構築していくべきなのか、選手選考はどうなるのかを考えた。 ***** ハリルホジッチ監督が解任されて、西野朗新監督が日本代表の指揮官に就任した。 意見はそれぞれあるだろうが、今は前を向いて進むしかない。W杯本大会まで2ヵ月しかない中で、西野監督がどんな日本代表を作るのか楽しみにしている。 時間がない時に一番つくりやすいサッカーは堅守速攻。西野監督はそこにポゼッションをベースにした攻撃も落とし込めると思うし、モチベーターにもなれる。選手からしても監督が変わったことで、より「日本的なサッカー」がやれるとなれば士気も上がってくるよね。3バックはやることが多すぎるので、おそらくこの状況では選択肢にはないだろう。4バ...more
カテゴリー:

ジダン頭突き事件のマテラッツィ氏、CL退場のブッフォンに理解「彼も血の通った人間」 - 04月20日(金)12:51 

過去に現役引退目前のジネディーヌ・ジダンを退場に追い込んだマルコ・マテラッツィ氏が、CL準々決勝で主審を猛烈に批判したジャンルイジ・ブッフォンについて語った。
カテゴリー:

元ブラジル代表カカ氏がレアル時代の苦悩を告白「退団は幸せだった」 - 04月18日(水)08:18 

 昨年12月に現役引退を発表した元ブラジル代表MFカカ氏が、レアル・マドリード時代の苦難を振り返った。ブラジルメディア『UOL』の記事を引用する形で17日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』W
カテゴリー:

明石家さんま、浅田真央との初共演で「俺の財産全部あげる」と猛アタック! - 04月17日(火)05:00 

4月27日(金)放送の「さんまのまんま春SP」(夜7:57-9:55、フジテレビ系)で、浅田真央が姉・舞と登場し、明石家さんまと初共演を果たす。 【写真を見る】浅田真央とさんまが、“たたいて、かぶって、ジャンケンポン!”ゲームで勝負/(C)カンテレ 同番組は、明石家さんまがゲストたちの素顔を丸裸にしていくトークバラエティー特番。 ゲストの米倉涼子に合流する形でさんまの前に現れた浅田姉妹。「ドキドキしながら、今日を迎えた」と吐露するさんまをよそに、米倉と浅田姉妹は3人で盛り上がりを見せる。 そんな中、ちょうど1年前に現役引退を表明した真央に「あなたが一番かわいそうだと思う。プレッシャーの中で生きていた。採点競技だから、“くそっ!”って思うこともあったでしょう?」とさんまが尋ねると、 真央は「ありましたね!」と素直に返し、「それは仕方がない。それがフィギュアスケートなので」と答えた。終始、謙遜する真央にさんまは「そうやって動じない姿勢がえらい!」と大絶賛。 また、真央がことし”アラサー”になることを知り驚いたさんまは、「俺と結婚したら、幸せに暮らせるのに…」とアピールし、「真央ちゃんなら、俺の財産あげるから! その後、若い素敵な人と再婚したらええやん!」とまで言い出す一幕も。 さんまとの初共演を終えた真央は、「すごく楽しめました!“テレビのままの方なんだな”って思って、特にギャップは無...more
カテゴリー:

フィギュア:チャンが現役引退を発表 ソチ五輪で銀 - 04月16日(月)23:49 

 フィギュアスケートの2014年ソチ冬季五輪男子で銀メダル、18年平昌五輪団体で金メダルを獲得した27歳のパトリック・チャン(カナダ)が16日、現役引退を正式に発表した。「競技では自分の夢や願っていたことは達成できた。新しいチャレンジや好機へ移る時が来た」と話した。
カテゴリー:

15歳で直面した内面から出る「美しさ」の追求と表現〜元新体操選手・畠山愛理 - 04月15日(日)18:30 

SPORTSカテゴリーでは、「元アスリートの意識改革」をお届けします。結果を出してきたアスリートが、現役時代を振り返り意識が変わったターニングポイントは何だったのか? 引退したいま、その意識はどう変化したのか。vol.7でお話を伺うのはオリンピック日本代表としても活躍した元新体操の畠山愛理さん。いわゆる「エリート」ではなかったと謙遜する彼女ですが、中学生の頃から日本代表入りした背景には、数々の試練があったそうです。その時どう乗り越え、どのように意識が変わったのでしょうか。* * *畠山愛理の言葉「新体操は表現をする上で、技術だけではなく、感性を磨くことも大切だと学びました。引退したいまも、自然に“美しさ”をイメージしながら取り組んでいます」内面の美しさを表現しなさい! ――新体操は6歳から始められたと聞きました。2016年のリオ五輪後に引退するまで、いくつものターニングポイントがあったのではないかと思います。畠山:新体操に対する見方がガラッと変わったのは、中学3年で日本代表に選ばれた時でした。それまでは、新体操も他のスポーツと同じだと思っていたんです。試合に出たらミスをしないように気をつけて、高い点数が出たらいいなって。で...more
カテゴリー:

もっと見る

「現役引退」の画像

もっと見る

「現役引退」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 引退...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる