「現実味」とは?

関連ニュース

ドイツ:再選挙に現実味 3党連立協議決裂、大統領仲介へ - 11月21日(火)10:39 

 【ベルリン中西啓介】ドイツの国政3会派による連立協議の決裂を受け、メルケル首相は20日、「総選挙になっても恐れるものはない」と述べ少数与党による政権発足を否定した。シュタインマイヤー大統領は、戦後初の政権樹立失敗による連邦議会(下院)解散再選挙を回避するため、主要政党間の仲介に乗り出す。メルケル氏は大統領の仲介の行方を見守る考えだが、再選挙が現実味を帯びている。
カテゴリー:

大統領弾劾に現実味=情勢緊迫の恐れ-ジンバブエ - 11月20日(月)19:48 

 【ロンドン時事】アフリカのジンバブエでは、軍に軟禁されたムガベ大統領(93)が19日、与野党や軍、市民からの退陣圧力が増しているにもかかわらず辞任を拒否した。議会での大統領弾劾が現実味を増しており、情勢は一段と緊迫化する恐れが出てきた。 支配政党で、19日にムガベ氏を党首から解任した「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANUーPF)」は、ムガベ氏に対し、20日正午(日本時間同午後7時)までに大統領を辞任するよう要求。受け入れなければ議会で弾劾手続きを開始すると警告していたが、ムガベ氏は期限までに応じなかった。21日に議会が開かれる予定で、弾劾が議題に上る可能性がある。 大統領に事実上の「反乱」を起こした軍は、ムガベ氏に辞任を迫っているとされ、軍の出方も今後の焦点だ。 AFP通信によれば、大統領解任のための弾劾手続きは、深刻な不正行為や憲法違反、職務不能などを理由に、上下両院でそれぞれ過半数の賛成を得て開始される。両院は合同で調査委員会を設置。調査委が弾劾を勧告すれば、両院それぞれ3分の2の賛成で弾劾が成立する。 【時事通信社】
カテゴリー:

「オリエント急行殺人事件」超豪華舞台裏映像公開!列車走行シーンはこう撮っていた - 11月20日(月)12:00 

 「マイティ・ソー」「シンデレラ」の監督を手がけたケネス・ブラナーが製作・監督・主演を務め、アガサ・クリスティの人気小説の再映画化に挑む「オリエント急行殺人事件」の舞台裏に迫る特別映像が、公開された。 ・「オリエント急行殺人事件」特別映像はこちら!  トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、ギャングで富豪のラチェット(ジョニー・デップ)が殺害された事件に、名探偵ポアロ(ブラナー)が挑む。「ダンケルク」のブラナー、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018年冬公開)のデップに加え、「007」シリーズのジュディ・デンチ、「The Florida Project(原題)」が好評を博すウィレム・デフォー、「ダークシャドウ」のミシェル・ファイファー、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12月15日公開)のデイジー・リドリー、「美女と野獣」のジョシュ・ギャッド、「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルスといった豪華キャストが結集した。  映像内では、クレーンを使った大掛かりな撮影や、車両のセットの両側にスクリーンを置いて風景を投影し、列車が走っているように見せるというトリック撮影、雪原の中を走る実際の車両を追ったものなど、普段なかなか目にすることができない貴重な舞台裏の様子が収められている。ブラナーは、「世界観を存分に味わってもらうために、より鮮明で臨場...more
カテゴリー:

【芸能】西内まりや、事務所社長に暴力行為「もう我慢できない」で”芸能界追放”が現実味 - 11月18日(土)09:08  mnewsplus

モデルで女優、歌手の西内まりや(23)に突如として暴行騒動が浮上した。 1月現在、SNSを半年以上も更新せず、開店休業状態に陥っていた西内だが、以前から囁かれていた”芸能界引退”が現実味を帯びてきた。 16日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じたところによると西内は10月3日、 所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」のオフィス内でライジング関連会社の春日隆社長を殴打し、興奮状態で泣き叫びながら応接室を飛び出してきたという。 春日氏は医師から一ヶ月以上の加療が必要であると診断されるほどの怪我を負い、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

AIがラジオの情報番組のアシスタントを担当 生放送でどんどん進化 - 11月17日(金)11:23 

人工知能のテクノロジーが日々進化し続けるなか、話題の「AmazonEcho」を始め、AI(人工知能)のアシスタント機能を搭載したスマートスピーカーが続々と発売されています。そこでAIとのコミュニケーションツールとなるのは「音声」。つまり、ヒトが声でAIと“対話”する未来が現実味を帯びてきているのです。 そんななかTBSラジオでは10月3日から、その名も『THE FROGMANSHOW AI 共存ラジオ 好奇心家族』がスタート。人気フラッシュアニメ『秘密結社 鷹の爪』の生みの親であり、すべてのキャラクターの声を演じ分けるマルチクリエーター「FROGMAN」が、AIとの共演を通じて、人間と機械が共存するヒントを探る番組とのこと。 しかし「AIと共演」とは、どういうこと? 火曜から金曜、しかも毎回4時間生放送という長丁場を担当するパーソナリティのFROGMANさんに聞いてみました。 「基本はAIをテーマにした生活情報番組です。AIを使った商品がいろいろ発売されるなかで、この新しいテクノロジーは私たちの生活にどう溶け込んでいくのか考えていく。ただ、普通のラジオ番組と違うのは、放送にはいつもAIがいること。この『ドッチくん』という人工知能ペットです」 ドッチくんは会話特化型のAIで、音声認識により番組の内容を学習し、どんどん成長していくそうです。 「例えば、僕が(出身地である)島根県の話ばか...more
カテゴリー:

なぜ前原氏は民進党を破壊したのか。裏ミッションの可能性を読む - 11月20日(月)22:00 

一部では、先日の衆院選総選挙で自民圧勝を許した「戦犯」とも言われる前原誠司前民進党代表。ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、小池ブームにあやからんがために党首自らが民進党を「粉砕」した責任は重いとして政界から去るべきとする一方、前原氏に改憲派から何らかのミッションが与えられていた可能性を指摘、さらに無党派層の新たな受け皿となった立憲民主党を軸にした野党の再構築を進めるべしという持論を展開しています。 立憲民主党を軸にした野党共闘の再構築へ──破壊工作者=前原誠司氏には引責辞職を勧める 前原誠司=前民進党代表が、敗軍の将は兵を語らずという『史記』以来の戒めに反して、あちこちで「民進党のままで選挙を戦ったらもっと酷いことになっていた。希望との合流という判断は正しかったと今でも思っている」という趣旨のことを語っているのが、不快極まりない。 確かに、民進党のままで選挙に臨めば大幅に議席を減らしたかもしれないが、それは他ならぬ前原氏自身に代表として何の知恵も方策もなかったためで、そこから党再生への苦難の道のりを先頭に立って率いていく見通しも覚悟も持ち合わせていない自らの体たらくを覆い隠すために、小池ブームにあやかろうという、浅はかとしか言いようのない道を選んだのだろう。 それが成功したのであれば、まだ何ほどか自慢すべきこともあったかもしれないが、実...more
カテゴリー:

【カルト日本会議問題】稲田元防衛相「前回選挙より114票伸びたから不祥事と失言の禊ぎは済んだ、改憲にむけて頑張る!!」[11/20] - 11月20日(月)13:03  seijinewsplus

2017年11月20日10:15 Buzzap http://buzzap.jp/news/20171120-inada-misogi/ 不祥事のオンパレードで辞任に追い込まれた稲田元防衛相ですが、再選されたことで禊ぎは済んだとの認識のようです。詳細は以下から。 安倍首相のお気に入りで次期首相の声も囁かれていながら、南スーダンPKO日誌隠蔽問題を筆頭に不祥事と失言の総合商社状態となり、内閣改造直前に辞任に追い込まれた稲田朋美元防衛大臣。 ですが、10月の国難突破解散・総選挙で再選されたことで禊ぎは済んだと認識しているようです。稲田氏は11月19日に地元の福井市内...
»続きを読む
カテゴリー:

三浦春馬 大人だと思うのは「一瞬の恥を恐れない人」 - 11月18日(土)11:00 

「台本を読んだときは、腹を抱えて笑いました(笑)。かなり攻めた内容だと思って。でも、ただの群像コメディではなく、現代の世相を映した社会派の要素もある話なんじゃないかと。非現実的ななかにもどこか現実味のある内容で、演じていておもしろいです」 そう語るのは、放送中のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系・土曜23時05分~)で“エリートだけど童貞の30歳”という主人公・荒川英人を演じる三浦春馬(27)。30歳以上で性経験がない男女が入学させられるオトナ高校を舞台に、童貞、処女を捨てるため生徒たちが奮闘する物語だ。 いつもの三浦春馬のイケメンぶりとは一変、勉強一筋で異性との交流がない、残念すぎる男子を体当たりで演じる姿が衝撃的だと話題になっている。そんな三浦に、自身が考える“オトナ”像を聞いた。 ■マネジメント能力をもつ 「時間管理をはじめ、自分のマネジメントをきちんとできる人。スケジュール帳に記したものに忠実に生きるってことかな。僕も前まではスケジュール帳を持ち歩いて忠実にやってたんですよ。最近は、ドラマの香盤表がスケジュール帳がわりですけど(笑)」 ■目標達成のための忍耐力 「自分が設定したビジョンに対して妥協せずに頑張れる人。きちんと目標を決めて毎日努力して、目標の達成に近づいていける人。そのためにも、計画性と努力を継続的に続...more
カテゴリー:

間宮祥太朗 過激な主演映画で「思いきり瞳孔が開いてた」 - 11月18日(土)07:00 

間宮祥太朗が主演を務めた映画「全員死刑」が11月18日(土)から公開。演じたのは、家族の借金返済のため、歯止めのきかない連続殺人に狂い咲く首塚タカノリ。凶器に満ちた表情で殺人鬼を熱演した間宮に今作について聞いた。 【写真を見る】ワイルドなビジュアルに“男の色気”も漂う/撮影=横山マサト ■ 家族への愛はあったと思います ――実際にあった強盗殺人死体遺棄事件の死刑囚の獄中手記をベースにした原作『我が一家全員死刑』をモチーフに映画化した作品です。間宮さんは殺人鬼役を演じていますが、今作のオファーを受けたときの率直な気持ちから教えて下さい。 小林勇貴監督から「これを映画にしたい」とお話をいただいたとき、そのビジョンと熱意に共鳴できるものがあったんです。なぜこの作品を撮ろうと思ったのかはもちろん、監督が抱えている世間への怒りなどを聞いて。これはエンターテイメントとして、やるべき作品だと思いましたし、ぜひ主演として立たせていただきたいと思いました。 ――演じた首塚タカノリは、ヤクザ一家の次男役ということで、金髪にして上半身に龍の入れ墨を入れるなど、ビジュアルからワイルドに作り込んでいましたね。 雑誌のグラビアのために染めた金髪のままで本読みに行ったら、監督からは「髪はやっぱり黒がいいですね」と。でも、リハを続けるうちに「タカノリは金髪がいい。見えました!」とおっしゃっていただいて、金髪でやる...more
カテゴリー:

【サッカー】プレミアリーグに戻ってきてほしい選手ベスト10、香川がランクイン - 11月16日(木)11:16  mnewsplus

11/16(木) 11:06配信 プレミアリーグに戻ってきてほしい選手ベスト10、香川がランクイン  ドルトムントに所属するMF香川真司にプレミアリーグ復帰を求める声があるようだ。英メディア『フットボール365』は「プレミアリーグへ戻ってきて欲しい選手ベスト10」を公開。香川が9位へランクインしている。  今回のランキングは現実味がある選手のみピックアップしているといい、FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)は選外。10位以内へ選ばれた選手は“最適の所属クラブ”まで書かれている。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「現実味」の画像

もっと見る

「現実味」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる