「現地調査」とは?

関連ニュース

IUCNの調査官が国頭村を視察 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」の現地調査で - 10月16日(月)09:25 

 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」の現地調査のため沖縄入りしたユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の調査官2人は16日午前、本島北部の国頭村を視察、調査した。  環境省によると、調査官は国頭村の比地川上流にある大国林道沿いの長尾橋付近で視察した。環境...
カテゴリー:

新燃岳、警戒範囲を拡大=火口3キロ、活動活発化で-気象庁 - 10月15日(日)21:26 

 気象庁は15日夜、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳について、今後噴火活動が活発になる可能性があるとして、警戒が必要な範囲を火口周辺約2キロから同約3キロに拡大した。噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、噴石や火砕流への警戒を呼び掛けている。 同庁によると、15日の現地調査で火山ガスの放出量が1日当たり1万1000トンと、13日の約8倍に急増。2011年1月の本格的なマグマ噴火時以来の量となったほか、火山性微動の振幅も大きくなっているという。 【時事通信社】
カテゴリー:

<社説>事故機に放射性物質 米軍は現地調査を認めよ - 10月15日(日)06:01 

 東村高江で炎上したCH53E大型輸送ヘリコプターについて、在沖米海兵隊がインジケーター(指示器)の一つに放射性物質が使われていることを認めた。さらに現地では放射性物質を既に取り除いたと説明し「健康を害すのに十分な量ではない」と回答している。つまり事故現場に放射性物質が存在していたことになり、放...
カテゴリー:

新燃岳、噴煙最大2000メートル 噴火活動続く恐れ - 10月13日(金)06:30 

 鹿児島、宮崎両県にまたがる霧島連山・新燃岳で続く小規模な噴火活動は12日、前日に比べ噴出物の量が増し、噴煙の高さは最大2000メートルに達した。降灰は宮崎県側だけでなく霧島市でも確認された。現地調査した専門家は、一連の噴火は火口直下に水蒸気が上昇して地下の圧力が高まって起きる水蒸気噴火とみており、数日続く可能性があるという。
カテゴリー:

奄美でIUCN調査開始 世界自然遺産登録へ最大のヤマ場 - 10月12日(木)23:45 

 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島・徳之島・沖縄島北部および西表島」について、ユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の調査官2人が12日、奄美大島入りし、現地調査を始めた。登録の可否を左右する最大のヤマ場とされる現地調査。2人は、環境省の職員らから、奄美の多様な自然の価値など全体的な説明を受けた後、アマミノクロウサギなどの夜間観察に出掛けた。
カテゴリー:

【火山】新燃岳 火山活動が活発に 警戒範囲おおむね3キロに拡大 霧島連山 - 10月16日(月)00:15  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171015/k10011178751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 今月11日から噴火が続く鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では火山ガスの放出量が急増し、6年前の平成23年の噴火以来の量となるなど、火山活動が活発になっています。気象庁は、今後、規模の大きな噴火が起きるおそれがあるとして15日午後7時に改めて「噴火警戒レベル3」の火口周辺警報を発表し、警戒が必要な範囲をこれまでのおおむね2キロから、おおむね3キロに広げました。 鹿児島と宮崎の県境にあ...
»続きを読む
カテゴリー:

【鹿児島】新燃岳で火山ガス急増、警戒範囲3キロに拡大 - 10月15日(日)21:15  newsplus

 噴火活動を続けている宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃しんもえ岳(1421メートル)について、気象庁は15日、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が急増し、爆発的噴火が発生する可能性があるとして、警戒範囲を火口の「おおむね2キロ」から「同3キロ」に拡大した。  噴火警戒レベル3(入山規制)は維持し、大きな噴石や火砕流への警戒を呼びかけている。  同庁によると、15日に実施した現地調査で、火山ガスの放出量が1日あたり1万1000トンに達し、13日の調査時(1400トン)から約8倍に増えた。放出量が1...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳、連続噴火は停止か=警戒レベル維持-気象庁など - 10月13日(金)20:01 

 気象庁は13日、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳で11日から続いていた噴火が、13日午後4時ごろ止まったもようだと発表した。同庁は再び噴火する可能性もあるとして、噴火警戒レベル3(入山規制)を継続。火口から約2キロ以内では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けた。 同庁によると、噴煙は13日午後3時までに火口の縁から最高900メートルに達したが、上空からの観測では火山灰を含まない白色だった。火山性微動も振幅が小さくなり、山体の膨張も緩やかになったという。火山灰は14日にかけて、東から北東の宮崎側に降ると予想される。 一方、防災科学技術研究所などは11、12の両日、現地調査を実施。火山灰の細かさや噴煙の様子などから、今回の噴火は、地下の水がマグマに間接的に熱せられて噴出する「水蒸気噴火」の可能性が高いことが分かった。 【時事通信社】
カテゴリー:

ニホンカワウソ否定的 環境省調査のDNA解析 大陸から対馬に漂着か - 10月13日(金)06:00 

長崎県・対馬で、38年ぶりに国内で生息が確認された野生のカワウソについて、環境省は12日、現地調査で得られたDNA...
カテゴリー:

<小型機墜落>操縦士立ち会い 事故調が現地調査 - 10月11日(水)06:05 

栗原市瀬峰の瀬峰場外離着陸場で8日発生した4人乗り小型機の落下事故で、国土交通省運輸安全委員会は9、10の両日、事故現場の現地調査を行った。 同委員会の航空事故調査官が現地に赴き、小型機を操縦した所有
カテゴリー:

もっと見る

「現地調査」の画像

もっと見る

「現地調査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる