「現地調査」とは?

関連ニュース

<米軍機タンク投棄>海自、小川原湖で微量の油膜確認 - 02月23日(金)06:05 

米軍三沢基地(三沢市)所属のF16戦闘機が青森県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄した問題で、海上自衛隊大湊地方総監部(むつ市)は22日、燃料油などの回収に向けた現地調査を本格的に始めた。この日は
カテゴリー:

タンク投棄 自衛隊が油の状況など現地調査 2/21 21:05更新 - 02月21日(水)21:05 

米軍三沢基地のF16戦闘機が青森県東北町の湖に燃料タンクを投棄したことを受けて21日、災害派遣が決まった海上自衛隊の部隊が油の状況などの現地調査に入った。
カテゴリー:

硫黄山活発化の兆候なし 鹿児島地方気象台が現地調査 - 02月18日(日)06:30 

 鹿児島地方気象台は17日、霧島連山のえびの高原・硫黄山に職員2人を派遣し、現地を調べた。地表面の高温域が拡大している様子はなく、火山性地震も減少したことなどから、「現時点で火山活動がさらに活発化する様子は認められない」としている。
カテゴリー:

独身中年男性がガンコに住み続ける「板橋区大山」ってどんな街?――飲食店が充実、程よい田舎感が落ち着く - 02月15日(木)08:53 

 東武東上線で池袋から6分ほどのところに位置する板橋区・大山。「長年に渡って住み続けている人がとても多く、若い人の中にも大山の中で何度も引っ越すという住民は多いですね」と語るのは、在住歴10年の佐藤啓太さん(仮名・40歳・独身・彼女いない歴9年)だ。  なぜ大山には独身男性が多く住むのか。  大山と聞くとたびたびメディアで取り上げられる活気溢れる商店街や、手頃な家賃相場・物価の安さなどを思い浮かべる人も多いかもしれないが、全国的な知名度はそれほど高くない。  住めば都とはいえ、根強い“リピーター”人気を誇っている大山のコスパの実力、オトコが一度住んだら頑固に住み続けたくなる理由とはどのようなものなのか。実際に大山に住む男性たちの言い分を紹介していこう。 ◆独身男性の新参者でも馴染みのお店ができやすい  大山を語る上で欠かせないのが2つの巨大商店街。山手通りから旧川越街道を入った地点から始まる直線550メートルの遊座大山商店街と、大山駅から川越街道まで560メートルの巨大アーケード街ハッピーロード大山には、個人商店やナショナルチェーンが軒を連ねる。  赤羽「いこい」から派生した立ち飲み屋「晩杯屋」大山店は、2フロアで2階席に椅子付きのテーブル席ある大箱。また、野方「秋元屋」系のやきとんの「ひなた」は、300円代で高級メニューの部類に入る価格帯で、同系列で魚料理を中心に出す...more
カテゴリー:

浅間山(群馬、長野県)で火山性微動が急増うわあああああああああああああああ - 02月03日(土)15:06  news

2015年4月下旬ごろから火山活動がやや活発な状態が続いている浅間山(群馬、長野県)で、地下のマグマや熱水の移動などが原因と考えられている火山性微動が2日に急増した。 午後3時までに26回観測された。気象庁は「直ちに警戒レベルを上げるような状態ではない」としている。 浅間の火山性微動が急増 2日は26回 白根との関連性「薄い」 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/31214 気象庁の火山解説 火山活動の状況 1月29日から2月2日15時までの浅間山の活動状況をお知らせします。今期間、噴煙の状況は、火...
»続きを読む
カテゴリー:

【ガイドブック】格付けミシュランガイド 「熊本・大分版」今夏に刊行 - 02月22日(木)09:53  newsplus

格付けミシュランガイド 「熊本・大分版」今夏に刊行 2018/2/21 11:00 https://this.kiji.is/338862869288600673?c=92619697908483575  日本ミシュランタイヤ(東京)は20日、飲食店や宿泊施設を星の数で格付けするガイドブック「ミシュランガイド熊本・大分2018特別版」を今夏に初めて刊行すると発表した。九州地方では4年前に発行した「福岡・佐賀2014特別版」に続き2冊目となる。  同ガイドブックはフランスの大手タイヤメーカー「ミシュラン」グループが発行し、100年以上の歴史を持つ。同社調査員の現地調査...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】油漂着 サンゴや海藻に異変なし 奄美群島などに油などが相次いで漂着している問題を受けて環境省が発表 - 02月18日(日)12:29  newsplus

油漂着 サンゴや海藻に異変なし *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20180217/5050001823.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 奄美群島などに油などが相次いで漂着している問題を受けて、環境省は、 奄美大島の海域を緊急調査した結果、現時点ではサンゴや海藻に異変はないと発表しました。 先月6日に、中国の上海沖で起きた中国の貨物船とイランの海運会社のタンカーの衝突事故では、 タンカーが炎上して漂流し、その後、奄美大島の西およそ315キロ付近...
»続きを読む
カテゴリー:

【伝統芸】立憲民主ら野党、佐川長官との面会を求め国税庁訪問も「公務で不在」 またアポ無しか - 02月16日(金)21:32  news

野党議員、佐川宣寿長官と会えず 国税庁訪問も「公務で不在」  立憲民主や希望、民進、自由、社民の野党5党の国会議員は16日、森友学園問題をめぐる過去の国会答弁を確認するため、 国税庁で佐川宣寿国税庁長官に面会を求めたが「公務で不在」「税務署を回っている」との理由で会えなかった。  野党議員は「答弁の信用性に納税者が不信感を抱いている」として説明責任を果たすよう求める佐川氏宛ての文書を、担当職員に手渡した。  面会を申し込んだ立民の川内博史氏は取材に「税への信頼(確保)のため国会に出るべきだ...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪地裁:籠池被告の自宅競売へ 手続き開始 - 02月14日(水)20:24 

 民事再生中の学校法人「森友学園」を巡り、大阪地裁が前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=の大阪府豊中市の自宅を強制的に競売にかける手続きを始めたことが明らかになった。学園の管財人が申し立てていた。今後、地裁の執行官らが現地調査し、数カ月後にも競売を実施する。
カテゴリー:

【草津白根山噴火】国交省のドローンが迷子に 噴火現場撮影を目指すも帰らず 調査は中止 - 01月29日(月)13:11  newsplus

国交省のドローンが迷子に 噴火現場撮影を目指すも帰らず 調査は中止  2018.1.29 06:19 www.sankei.com/affairs/news/180129/afr1801290005-n1.html  国土交通省関東地方整備局利根川水系砂防事務所は28日、天候不良により延期していたドローンによる現地調査を行った。午前9時ごろ、本白根山の噴火口などの撮影を目指し草津国際スキー場山麓駅付近から飛行を開始した。  しかし、1度目のフライトはドローンの高度制限で噴火口まで届かず断念。その後、標高が高い青葉山ゲレンデに移動し、2、3回目のフライトを試みたが...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「現地調査」の画像

もっと見る

「現地調査」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる