「現地パートナー」とは?

関連ニュース

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

AWSは中国から撤退しない――「法規によりインフラ資産の一部売却を余儀なくされた」と発表 - 11月15日(水)07:34 

AmazonはAWSが中国から撤退するという報道を否定した。同時に、中国におけるハード資産の一部を現地パートナーに売却することを余儀なくされたと認めた。 中国におけるAWSのパートナーである北京光環新網科技(Beijing Sinnet)が株主に対し、「AWSの資産を20億元(3億ドル)で買収した」と発表したことをWall Street JournalとReutersが報じたため、AWSは中国から撤退するという観測が広まっていた。 しかし新しい情報はこれと異なっていた。Amazonの広報担当者はTechCrunchの取材に対して「AWSは中国にコミットを続ける」と明確に述べた。ただし、現地の法規により一部の物理的インフラを売却する必要があったことを認めた。 Amazonのコメント全文は以下のとおり。 ノー。AWSは中国ビジネスそのものを売却したわけではない。AWSは今後とも中国のユーザーに対してクラウドのリーダーとしてサービスを提供していく。中国の法規が非中国企業がクラウド・サービスの提供に必要なある種のテクノロジーを所有ないし運用することを禁じているため、中国の法規を遵守する必要上、AWSは一部の物理的インフラ資産を長年の現地パートナー企業であるSinnetに売却した。AWSの中国リージョン(北京)サービスの法律上の提供者は従来どおりAWSであり、そのサービス提供に必要な知的財...more
カテゴリー:

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

「現地パートナー」の画像

もっと見る

「現地パートナー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる