「玄関先」とは?

関連ニュース

Yper、不在でも宅配物を受け取れるアプリ連動型置き配バッグ「OKIPPA」の先行予約販売を開始 - 04月17日(火)20:10 

OKIPPA Yper株式会社と株式会社マーナは、両社が共同で企画した“置き配”専用のバッグ「OKIPPA」の先行予約販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて開始した。 同製品は、玄関に吊り下げるておくことで、不在時でも在宅時でも荷物を受け取れる置き配バッグ。宅配物を収納するバッグに、玄関先で固定するための専用の巻取り式ワイヤーロックが付いており、玄関のドアノブなどにワイヤーを通してバッグを固定できる。宅配物を入れる際は、ワイヤーを伸ばしてバッグを床に広げて荷物を収納し、施錠する。荷物を取り出したらバッグを一気にたたんで、再度ワイヤーロックに吊り下げておける。コンパクトなので常時玄関口に設置しても邪魔にならない。バッグははっ水加工となっている。さらに、Yper株式会社が提供する荷物管理アプリ「OKIPPA」を併用することにより、いつOKIPPAに荷物が入ったかがスマートフォンに通知される。 Yper株式会社/株式会社マーナ 価格:3980円(税抜)URL:https://www.makuake.com/project/okippa/2018/04/17 ■関連記事 ローランドより、ピュアな音質表現にこだわったBluetoothイヤホン「AF33W」発売 (2018.4.17) 尖った物が当たっても画面を守り、ス...more
カテゴリー:

交通違反の取締りに納得できない!「証拠も見せずにアウトってどうなの?」 - 04月12日(木)15:55 

 4月6日(金)から15日(日)にかけて行われている全国交通安全運動。その目的は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取り組みを推進することにより、交通事故防止の徹底を図ること(国土交通省ホームページより)。  春と秋に取り締まりが強化されるわけだが、どれだけ気を付けて運転していたとしても、捕まってしまった経験はだれでも一度はあるのではないか。実際に日刊SPA!サイト上にて「交通違反の残念なエピソード」を募集してみたところ、多くの回答が得られた。彼らの事例をもとに、これからの安全運転にぜひ活かしてほしい。 ◆交通違反の残念エピソード集 ―忘れられない違反切符編―  今回は、アンケートの回答から“これは悔しい!”というエピソードをピックアップした。 ◆事故で手術したのに違反で罰金=会社員・ひなひなさん(50歳男性・神奈川県) 「バイクで通勤途中に、脇から出てきた車にひっかけられて転倒。意識が飛んだが、気が付いたら警察官(目の前が交番)と救急車がいました」  車にぶつけられてしまったひなひなさんに、さらなる悲劇が襲う。 「意識が戻って、警察官から免許証の提示を求められたが、なんと家の玄関先に免許証を忘れていることに気付いた。救急車に自宅経...more
カテゴリー:

DV彼氏の暴行で血まみれの私。プロレス技で助けてくれたのは意外な人物… - 04月09日(月)08:47 

 今や社会問題のひとついっても過言ではないDV。  もちろん、恋人同士であってもDV行為は後を絶たちません。 「私が23歳のころから2年半付き合っていた3歳年上の先輩社員もとんでもない暴力男でした」と話すのは、坂崎美奈代さん(28歳・仮名・オフィス機器メーカー社員)。ただし、DVという言葉は知っていても、自身がDV被害者との認識はありませんでした。 ◆彼氏のキツい束縛がやがてDVへ 「交際4か月目には彼氏の家で半同棲状態の生活を送っていたのですが、束縛がキツくなったのはこの頃からです。友達との飲み会も男子が1人でもいるとダメで、そのうち女子だけでも許してもらえなくなりました」  彼氏とは同じ会社でしたが、仕事が終わるのは彼女が先のため、終業後と帰宅後のメールを義務付けられていたとか。部屋にはスマホアプリと連動したカメラがあり、彼氏はそれで確認していたのでウソもつけなかったといいます。 「会社を出てから45分以内に家に戻っていなければ、罰を受けさせられたので寄り道なんてもってのほか。近所のコンビニで少し買い物するのがやっとでした」  ちなみに罰とは、彼氏がやめていいと言うまで何時間も正座するというもの。足の痛みに耐えられず、泣きながら土下座しても許してもらえなかったそうです。 「ただ、罰から解放された後、『よく頑張ったね』と誉めてくれるんです。当時は相手のことが好きだ...more
カテゴリー:

【ペット】出会いは突然…そっくりな犬猫「兄弟」、夜は添い寝です - 04月07日(土)14:08  newsplus

 岡山県津山市にそっくりな犬と猫の仲良しコンビがいる。人呼んで「はちわれ兄弟」。2匹とも黒毛で、みけんから口元に「八」の字に広がる白いラインがある。昨年、ツイッターで話題になり、写真集も発売されるなど人気沸騰中だ。  2匹は秋田犬の「風雲丸」(オス、7歳)と、猫の「雷蔵」(オス、推定11カ月)。もちろん血のつながりはなく、体の大きさも全く違うが、飼い主の笠光生さん(52)が「いつも一緒に寝ている」と話すほどの仲良しだ。  2匹の出会いは突然だった。笠さんが元々飼っていたのは風雲丸。雷蔵は迷い...
»続きを読む
カテゴリー:

草野球で失明、老齢で難聴。命を犠牲に社会を変えるしかないと包丁持って役所にいった80歳 - 03月28日(水)09:50  news

「命を犠牲にするしか」包丁持ち役所へ 盲目の80歳男性、社会への怒り募り…高齢の粗暴犯、表面化しづらく 3/28(水) 9:31配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00010002-nishinpc-soci 社会面の片隅にベタ記事が載った。〈役所で包丁持ち/暴れた80歳男逮捕〉。動機は何か。自宅を訪ねると、サングラス姿で現れ、取材に応じるという。「自殺しに行ったんですよ」。声には怒りが満ちていた。  外出には白杖(はくじょう)が手放せない。15歳の時、草野球をしていてバットが目を直撃した。それでも悲観せず、26歳で鍼...
»続きを読む
カテゴリー:

【整理整頓】ママだけががんばるのはもう終わり!家族を巻き込む片づけ法 - 04月17日(火)06:30 

片づけに関するトピックは、主婦の間ではまさにテッパン。いつまでたってもテッパンであることから、この問題が一筋縄では「片づかない」問題であることがわかります。 「時間ない、家事苦手」から脱却できる!多忙ママにとって目からウロコの「家事ノート」 片づけない夫や子どもにイライラするママ、いくら片づけて! と口を酸っぱくして言っても、効果がないどころか逆効果だったら、どうでしょうか。 家族を片づけにおける仲間にできれば、ママの苦労はぐんと減るはず。でも、そのためにはいったいどうすればいいのでしょうか? 整理収納アドバイザーであり、企業でのセミナー実績も豊富な小宮真理さんの『家族が自然と動きだす! お母さんだけが頑張らないラクちん片づけ』を参考に、円満家庭が手に入る片づけ法をお教えします! なぜ家の片づけはストレスフルか 実際に片づけに入る前に、なぜ家の片づけは大変なのかを、はっきりさせておきたいと思います。 まず、ママ一人ががんばり過ぎているから。 これは容易に想像できますね。 家族に期待せず、あるいはいくら言っても手伝ってくれないため、多くのママは片づけを一人で背負いこみがちです。せっかく片づけても、家族が散らかす、そしてまたひとりで片づけて……の悪循環。 さらに、片づけが大変なもうひとつの理由、それは、ママのなかに、収納における「~ねばならない」にとらわれているから。...more
カテゴリー:

高齢者による強姦が30年で7倍に…性犯罪の知られざる真実 - 04月10日(火)08:53 

 近年、若者の凶悪犯罪件数などが減っている中で、減るどころかむしろ増えているのが強制わいせつや盗撮などの性犯罪だ。セクハラはいまや世界的にも大きな社会的問題にまで発展している。  そんな中、『男と女の性犯罪実録調書』(鉄人文庫)が発売された。本書は『週刊実話』(日本ジャーナル出版)で10年間続く同名タイトルの連載を文庫化したもので、新旧39本の男と女の性にまつわる事件を収録している。  20年以上に渡り日本の性犯罪に関する取材を続けてきた本書の著者である諸岡宏樹氏に、メディアがなかなか報じない性犯罪の知られざる現実を真っ向から語ってもらった。 ◆40年にわたって続いた85歳男のストーカー ――‘94年から性犯罪事件を取材している諸岡さんですが、『週刊実話』連載開始当時の自身の状況を教えてください。 諸岡氏:連載は’07年から始まっていますが、当時から’09年の裁判員裁判の導入を見越していました。裁判員裁判が導入されると、殺人事件なども3、4日で扱うようになるので、本格的に公判傍聴にもしっかり顔を出せるなと思ったんです。それ以前も公判を追いかけることはできましたが、「今日は罪状認否だけ」みたいに1、2年かけてひとつの事件をモタモタやるんで最初の頃は付き合いきれず……、またすぐに次の案件に忙殺される感じでした。 ――裁判員裁判の導入が連載のひとつのキッカケになっているんで...more
カテゴリー:

10億の負債で瀕死の有名老舗旅館を劇的に再生させた素人女将の決断ーー従業員が楽しく仕事をする経営とは - 04月08日(日)15:00 

ニッポンには人を大切にする“ホワイト企業”がまだまだ残っている…。連載『こんな会社で働きたい!』第21回は、神奈川県秦野市にある老舗旅館『陣屋』だ。 *** 東京都心から車で90分ほどの場所に、明治時代から親しまれてきた温泉地・鶴巻温泉がある。箱根や熱海といった日本有数の温泉地に近接するが、社員旅行や接待といった企業の団体利用を取り込む首都圏の奥座敷として栄え、小田急線には『鶴巻温泉駅』もできた。 だが、バブル崩壊を経て今はかなり寂れている。ピーク時に20軒ほどあった宿泊施設は旅館とビジネスホテルを合わせて3、4軒に。そのほとんどがマンションに建て替えられ、温泉風情は消失し、駅前からの風景は郊外によくある街、といった様相だ。 その駅からマンション群を抜け、住宅街の坂道を数分歩くと目の前に突如、木々に囲まれた1万坪の庭園が広がる。創業100年の温泉旅館『陣屋』だ。広大な“森”の中に20の客室とレストラン、ブライダル会場を配した贅沢な設計で、皇族が利用したり、数々の将棋の名勝負の舞台になったりと由緒ある老舗として知られている。 だが、その『陣屋』もリーマンショック後に倒産寸前まで追い込まれた。売上げを支えた企業の団体利用は2000年以降、目に見えて減り、20...more
カテゴリー:

【兵庫】詐欺だ!ニセだ!警官偽装の詐欺の女、警戒中の刑事に物陰から会話聞かれバレる - 04月04日(水)17:45  newsplus

警察官のふりをして高齢女性の家を訪ね、キャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、兵庫県警捜査2課と網干署は3日、詐欺未遂の疑いで、東京都の無職の女(20)を現行犯逮捕した。偶然近くにいた捜査2課の刑事が玄関先でやりとりを聞き、詐欺に気付いたという。 逮捕容疑は何者かと共謀し、同日午後4時ごろ、姫路市内の無職女性(75)宅に「口座が不正アクセスされ10万円引き出されている。カードを交換する必要がある」などと電話をかけた上で、警察官を装って訪問し、キャッシュカードをだまし取ろうとした疑い。容疑を...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】役所で包丁を持ち暴れた80歳の男 動機を怒りの告白「自殺しに行った」 - 03月26日(月)13:26  newsplus

社会面の片隅にベタ記事が載った。〈役所で包丁持ち/暴れた80歳男逮捕〉。動機は何か。自宅を訪ねると、サングラス姿で現れ、取材に応じるという。「自殺しに行ったんですよ」。声には怒りが満ちていた。  外出には白杖(はくじょう)が手放せない。15歳の時、草野球をしていてバットが目を直撃した。それでも悲観せず、26歳で鍼灸(しんきゅう)マッサージの店を開いた。妻を亡くしてからも身の回りのことは1人でこなし、穏やかに暮らしてきた。  怒りが募り始めたのは、5年ほど前に難聴を発症し、命綱の耳が聞こえにく...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「玄関先」の画像

もっと見る

「玄関先」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる