「特許技術」とは?

関連ニュース

上海問屋、3Dサウンドとハイレゾ再生に対応した4,500円のイヤホン - 01月19日(金)16:49 

上海問屋は1月19日、ハイレゾ音源再生が可能なイヤホン「DN-915211」を発売した。価格は4,500円(税込)。「HDSS」(High Definition Sound Standard)と呼ばれる特許技術を盛り込むことで、音を立体的に表現する3Dサウンドに対応。
カテゴリー:

【海産】アワビの陸上養殖に成功 微細気泡で成長促進 - 01月13日(土)08:54  bizplus

北九州市小倉北区の水産仲卸・小売り会社「丸福水産」が、若松区有毛の岩屋漁港で試験していたアワビの陸上養殖に成功し、今月出荷を始める。アワビの陸上養殖事業は県内初で、サイズと数をそろえて安定供給できるのが強みという。勝田潤一社長は11日、養殖場を報道陣に公開し「生産効率を上げ、高齢で漁に出にくくなった人の雇用にもつなげたい」と話した。【長谷川容子】  事業は2016年12月、市と国が整備した漁港施設で始まった。約350平方メートルの建屋内に15の水槽を設置。海水が陸地側に染み込んでたまった「地下...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲーム】任天堂、特許権侵害でコロプラを提訴「白猫プロジェクト」配信停止と44億円の損害賠償を請求 - 01月10日(水)16:58  mnewsplus

コロプラは1月10日、同社のスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り、任天堂より44億円の損害賠償とアプリの配信差し止めなどを求める訴訟を提起されたと発表しました。 発表によれば、2016年9月に任天堂から特許権侵害についての指摘があり、その後1年以上にわたり話し合いを続けてきたとのこと。 コロプラ側としては「任天堂の特許権は侵害していない」と主張していましたが、結果として主張は受け入れられず、今回の訴訟提起に至ったとしています。 今後については、「任天堂の特許権を侵害する事実は一切ない」との考...
»続きを読む
カテゴリー:

【水産技術】アワビの陸上養殖に成功 微細気泡で成長促進 - 01月13日(土)10:32  scienceplus

北九州市小倉北区の水産仲卸・小売り会社「丸福水産」が、 若松区有毛の岩屋漁港で試験していたアワビの陸上養殖に成功し、今月出荷を始める。 アワビの陸上養殖事業は県内初で、サイズと数をそろえて安定供給できるのが強みという。 勝田潤一社長は11日、養殖場を報道陣に公開し「生産効率を上げ、 高齢で漁に出にくくなった人の雇用にもつなげたい」と話した。  事業は2016年12月、市と国が整備した漁港施設で始まった。 約350平方メートルの建屋内に15の水槽を設置。 海水が陸地側に染み込んでたまった「地下海...
»続きを読む
カテゴリー:

「HELLO,VISITS東京大学」オープン、コミュニティスペース提供 - 01月12日(金)17:15 

 人生を切り拓く「きっかけ」を創るHR TechカンパニーのVISITS Technologiesは2018年1月11日、東京大学の赤門近くにコミュニティスペース「HELLO,VISITS東京大学」をオープンした。「co-creation(共創)」をコンセプトに学生とOBOGや企業、学生同士のネットワークを広げるスペースを提供する。 2015年よりシリコンバレーのPalo Altoに拠点を構え、シリコンバレーのエコシステムについて研究を行ってきたVISITSは、エコシステムが成り立つ2つのポイントを発見。1つめのポイントについては、0から1を生み出す「デザイン思考」を普及させるとともに世界で初めてデザイン思考力を測定する「ideagram」という特許技術を開発し、2つめのポイントについては大学の学術知見と民間企業の交流、ビジネス化をサポートすることを目的に国内の大学エリアに「HELLO,VISITS」をオープンした。 「HELLO,VISITS」では、コミュニケーター(学生スタッフ)が主体的に企画・運営し、学生同士のつながりを活用したコミュニティが形成されるほか、社会人なども参加するワークショップやセミナーを多数開催し、学生と社会人がともに学び成長する刺激あふれる学びの場を提供。学生同士や社会人、企業と出会い、議論、体験することを通じ、新たなイノベーションが生み出される場を提供する...more
カテゴリー:

使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。 - 01月05日(金)11:00 

ストーリーまで愛せるものって、気持ちがいい。例えば、毎朝食べているHAPPY NUTS DAYのピーナッツバター。千葉県の落花生を使って、九十九里を盛り上げたい。こんなに美味しい落花生を、もっとたくさんの人に届けたい。そういう思いで、ひとつひとつ瓶詰めされたバターをパンに塗るときは、時間に余裕をもって、最後まで味わい尽くしたいと自然に思う。使うものだって、長く、大切に使いたいと思えるものに変えるだけで、心のあり方は変化してゆく。“廃棄食材”から、色を生みだす『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているのは、通常は捨てられてしまう部分の野菜や、食材。食品メーカーからそれらを提供してもらって、国内外の特許を取得した、特別な技術で染料化しているのだそう。90%がこの染料で染められています。天然素材でありながら、特許技術によって、色落ちがしにくいのも嬉しい。世界の3分の1が廃棄されているという問題に対し、異なる分野の企業が協力して、ひとつの商品をつくることでムーブメントを起こしています。現在『農業女子プロジェクト』とコラボして、<着る野菜Tシャツ>のクラウドファンディングを実施中。コーヒーショップ「CAFÉ KITSUNÉ」と一緒に...more
カテゴリー:

「特許技術」の画像

もっと見る

「特許技術」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる