「特殊法人」とは?

関連ニュース

【日本郵政】M&A損失額は年賀状77億枚分 買収を決断した西室元東芝社長の責任問題には触れず - 04月26日(水)09:53 

年賀はがきにして約77億枚分。日本郵政が豪物流子会社トール・ホールディングスの買収で被った損失、約4000億円は、日本人全体が出す年賀状の2年半分にあたる。 携帯電話やインターネットの普及もあって年賀状の発行枚数は減り続けている。 とはいえ約20万人のグループ社員が年末年始に特別体制を組んではがきを売り届けているわけで、こうした地道な努力の積み重ねで獲得した利益が投資の失敗で一瞬にして消えてしまったことに怒りを覚える。 日刊工業新聞は地域経済面で「JAPANPOST 西から東から」を連載中。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【経済】森永卓郎氏「日本はアイデアとやり方次第で無税国家になれる」 - 04月24日(月)18:45 

 借金1300兆円を超えた日本は破綻寸前財務省が喧伝するお馴染みの“財政危機”。だが経済アナリストの森永卓郎氏は、日本は借金を気にする必要がないどころか“超健全財政”だと指摘する。むしろ森永氏は消費税も所得税もない「無税国家」を実現すべきだと主張する。  * * *  国民の多くは気付いていないが、日本の税・社会保険料の負担は富裕層ほど優遇され、庶民ほど「重税感」に喘いでいる。さらに近い将来、低所得者ほど負担が重い消費税の増税が予定され、庶民の暮らしはさらに厳しくなる一方だ。  だが実は、日本はアイ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「特殊法人」の画像

もっと見る

「特殊法人」の動画

Wikipedia

特殊法人(とくしゅほうじん)とは、法人のうち、その法人を設立する旨の具体的な法令の規定に基づいて設立され、独立行政法人認可法人特別民間法人のいずれにも該当しないもののことである。2015年4月現在、33の特殊法人がある。

定義 総務省設置法第4条第15号に基づくもの

法令において、特殊法人とは、「法律により直接に設立された法人又は特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人であって、総務省設置法(平成11年法律第91号)第4条第15号の規定の適用を受けるもの」をいうことが多い。なお、総務省設置法第4条第15号において、独立行政法人は、対象の法人から除かれている。

総務省設置法の第4条第15号の規定等において「法律により直接に設立される法人又は特別の法律により特別の設立行為をもって設立すべきものとされる法人(独立行政法人を除く)」の新設、目的の変更その他当該法律の定める制度の改正および廃止に関する審査は、総務省がつかさどる事務とされている。

独立行政法人等登記令(旧・特殊法人登記令)等に基づくもの

伝統的な特殊法人の定義について、狭義には、独立行政法人等...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる