「特別賞」とは?

関連ニュース

【芸能】深田恭子「2017最も美しい顔」に選ばれる 「父と母にも報告」 - 12月13日(水)14:51  mnewsplus

12/13(水) 14:39配信  女優の深田恭子(35)が「VOCE COSMETICS AWARDS」の特別賞「2017最も美しい顔」に選ばれ13日、都内のホテルで行われた授賞式に出席した。  表彰盾を手にした深田は「そんな賞をいただけるなんて本当にうれしく思いますし。父と母にも報告したいと思います」と満面の笑み。胸元の開いた白いレースロングドレスにまとめ髪、パールのジュエリーというというエレガントな装いについて司会を務めた植松晃士に聞かれると、「おブスよー!とか言わないんですか?」と茶目っ気たっぷり...
»続きを読む
カテゴリー:

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:05 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

立大に分科会賞=アマ野球 - 12月11日(月)21:01 

 東京運動記者クラブ・アマチュア野球分科会は11日、今年の分科会賞に全日本大学選手権を59年ぶりに制した立大を選んだ。 特別賞にはユニバーシアード競技大会で金メダルを獲得した大学日本代表の他、東京六大学で5試合連続と年間12本の本塁打記録を打ち立てた慶大の岩見雅紀外野手、高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打の清宮幸太郎内野手を選出。 東都大学の東洋大を46年間率い、今季限りで勇退した高橋昭雄監督に特別功労賞を贈った。 [時事通信社]
カテゴリー:

Gデザインで4冠を達成したモデュレックスのModuleX MUSEUMシリーズの凄さとは? - 12月11日(月)09:00 

店舗の商品ディスプレイスペース、ギャラリーやアトリエ内の作品をライティングする際に利用される照明機器としてスポットライトがある。こうした照明は基本的には、業務向けであり、先述した店舗や、美術館、博物館等のディスプレイ類、大型食堂や飲食店の店舗内を照らすために用いられる。■空間の演出に利用されるスポットライトまた、最近では新築のデザイナーズマンションで、部屋の照明に使われたり、住宅のリノベーション物件で各部屋の個性を演出するための機器としても、用いられつつある。スポットライト照明のメリットは、全体を照らすのでなく、照明機器が照射できる範囲内を明るく浮かび上がらせることができるところにある。たとえば「展示スペース全体的に暗くし、落ち着いた雰囲気を出しつつ、展示物を明るく浮かび上がらせる」なんていう芸当が簡単にできるわけだ。スポットライトによる光の反射を間接照明とすることで、昼間は明るい雰囲気だった店内をシックで落ち着いたイメージに変化させるといった芸当も可能になる。いわば照明を使ったより細かな空間演出が可能になるのがスポットライトと言っていいだろう。■単なるスポットライト機能にとどまらないModuleX MUSEUMシリーズスポットライト照明は、高さや照射角度が調整可能だったり、天井部にレールを設置することで取り付け位置を変更することができるようになっている。そのため、展示スペースの展...more
カテゴリー:

ディズニーランドに行けるかも 第30回なんぶトリムマラソン - 12月10日(日)09:00 

第30回なんぶトリムマラソン  ★糸満市運動公園発着 2018年3月18日   記念大会、特別賞も  2018年3月18日に開催される「第30回なんぶトリムマラソン」(主催・南部広域市町村圏事務組合、琉球新報社ほか)のインターネットやコンビニエンスストア、郵便振替での参加受け付けが行われている。...
カテゴリー:

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:06 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

女王・鈴木愛、きらびやかなドレス姿で登場!大賞受賞も「もう少し勝ちたかったです」 - 12月12日(火)18:47 

報知新聞社が制定する『2017報知プロスポーツ大賞』の表彰式に、ドレスアップした鈴木愛が登場。自身初の同賞受賞に「めったに選ばれることではないので、ありがたいです。このような賞をたくさんもらえるよう、また頑張りたいです」と笑顔を見せた。 【パッティング連続写真】鈴木愛の匠のパッティング 5月の「ほけんの窓口レディース」、6月の「アース・モンダミンカップ」で今季2勝を挙げ、4年ぶりの日本勢賞金女王に輝いた鈴木だが、「もう少し勝ちたかったです。あと1回くらい」と更なる高みに向けて貪欲な姿勢を見せた。 黒のドレスを身にまとった鈴木は、「今日はメイクさんにやってもらったので、化粧もバッチリです」とプレー中とはまた違ったきらびやかな姿を披露。特別賞を受賞した陸上の桐生祥秀とは、「年も1つしか違わないので、色々な話ができて刺激になりました」。トレーニングについて話が弾むなど、年の近い選手との会話を楽しんだ。 「もし次に機会を頂けたら、バレーボールの石川祐希さんに会いたいです。好きなので(笑)」と2年連続受賞へ意欲を見せた鈴木。「来季は、シーズン3勝を目指したいです。賞金女王としてプレッシャーもあると思いますが、上位を目指して頑張っていきたいと思います」と力強い眼差しを見せた。 【関連リンク】 ・「良い締めくくり」鈴木愛、日本勢4年ぶりの女王戴冠 ・類まれな練習量が生んだ伝家の宝刀 鈴...more
カテゴリー:

パソコン入力コンクール:受賞者決定 全国7万人が参加 - 12月11日(月)19:51 

 パソコンのキーボード入力の速さと正確さを競う「第17回毎日パソコン入力コンクール」(毎日新聞社・一般社団法人日本パソコン能力検定委員会主催、公益社団法人全国珠算教育連盟共催、総務省・文部科学省・厚生労働省・経済産業省など後援)の全国大会が10日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた。地方予選には全国の約7万人が参加。全国大会には上位に入った約140人が進み、日ごろの努力の成果を競った。各部門の特別賞の受賞者は次の通り(敬称略)。
カテゴリー:

最優秀賞は「サンキュー・ローズ隊」「バラむす。」、審査員特別賞に「ゴミンティア」。リビングラボ、女性活躍推進、U-18こどもオープンデータの各チームがアプリ開発 - 12月10日(日)21:00 

 株式会社Bonheur(ボヌール)は、ハッカソンイベント「Lady's Open Dataチャレンジデーハッカソン」を開催いたしました。開催地である横浜市南区の問題解決を図るリビングラボチーム、女性中心に構成する女性活躍推進チーム、生徒や学生がデータ活用するU-18こどもオープンデータチームの各チームが結成され、アプリケーション開発にチャレンジしました。
カテゴリー:

アサヒ、キリン/物流分野の協業拡大で国土交通大臣表彰 - 12月07日(木)18:56 

国土交通省は12月7日、2017年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰について、国土交通大臣表彰1件、国土交通省物流審議官表彰1件、グリーン物流パートナーシップ会議特別賞1件の表彰を決定し発表した。 受賞者は国土 […]
カテゴリー:

もっと見る

「特別賞」の画像

もっと見る

「特別賞」の動画

Wikipedia

特別賞(とくべつしょう)とは、従来の賞の等級とは別に送られる賞のこと。一等や特等には該当しないが、選外とするには惜しい技能の持ち主や団体研究などに贈られる場合が多い。審査員特別賞と呼ばれたり、審査員創始者などの名前を冠することもある。審査員名がつけられた特別賞は、通常の協議とは別に審査員が独断で決定する例がほとんどである。

文字通り通常の表彰の枠にはまらない人物やことがらに対して特別に設けられる場合が大半だが、逆に開催告知の時点で特別賞を設けている場合もある。その場合、「特別」でありながらもすでに選出されることが決まっているという不可解な状況が発生してしまう。

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる