「特別賞」とは?

関連ニュース

ゼンデイヤ、ブルーノ・マーズの新MVに主演 - 08月18日(金)11:00 

 マーベル・シネマティック・ユニバース最新作「スパイダーマン ホームカミング」が日本で大ヒットスタートを切った女優ゼンデイヤが、ブルーノ・マーズのシングル「ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア」のMVに主演していることがわかった。  マーズは、8月13日(現地時間)に開催されたティーン・チョイス・アワードで、特別賞であるビジョナリー賞を受賞。授賞式には出席できなかったが、この新MVをサプライズ公開して会場を盛り上げた。  「ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア」はアルバム「24K・マジック」に収録されている曲で、ビデオはマーズとキャメロン・ダディが監督。青く灯った照明の下で、マーズのピアノに合わせて、ゼンデイヤが官能的なダンスを踊っている。  自身も歌手であるゼンデイヤは、新作ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」でヒュー・ジャックマンと共演。地上でもっとも偉大なショーマンと呼ばれた興行師P・T・バーナムの生涯を描く作品で、賞レースを視野に入れた12月25日に全米公開が予定されている。 【作品情報】 ・スパイダーマン ホームカミング 【関連記事】 ・「スパイダーマン」から再びカップル誕生!? トム・ホランドとゼンデイヤがデート ・ヒュー・ジャックマン主演ミュージカルに「スパイダーマン」のゼンデイヤ ・リブート版「スパイダーマン」に19歳のゼンデイヤ Photo by Jon ...more
カテゴリー:

【MTV】ピンク、MTVビデオ・ヴァンガード・アワード受賞 - 08月16日(水)15:46 

MTVは、今月終わりに開かれる<The 2017 MTV Video Music Awards>で、ピンクへ特別賞マイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード・アワードを贈ることを発...
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】十年目を迎え、ますます好調な年刊傑作選。 - 08月15日(火)18:24 

 創元SF文庫の《年刊日本SF傑作選》の十冊目。プロパーSFから文芸誌に掲載された奇想小説、ときに同人誌やネットで発表された秀作をピックアップする視野の広さが嬉しい。2015年に日本唯一のSF専門誌〈SFマガジン〉が隔月刊化されるなど、SF短篇を積極的に掲載する媒体が少なくなっているものの、意欲ある書き手はさまざまなかたちで発表の場を見つけ、ときに自らつくりだす。またいっぽうで、SFはもはや----むしろ「もとより」----専門作家だけの特権ではなく、わざわざ「SF」をうたわなくとも、あるいは「SF」を意識せずとも、スペキュレーション(SFセンスや超虚構性といいかえてもかまわないが)を湛えた作品を送りだすクリエイターはいくらでもいる。旧来のジャンルSFという枠組みにこだわらなければ、作品の質と広がりにおいて現代ほど豊穣な時代はないだろう。  このアンソロジー・シリーズは、選ばれた作品はもちろんのこと、巻末に収められた当該年度の日本SF状況の概観、同じく日本SF短篇推薦作リスト(さまざまな事情でアンソロジーに収録しきれなかったものも多々ある)を含めて、豊穣な時代の息吹をまざまざと伝えてくれる。  こんかいの注目は、同人誌から四篇もの作品が採られていることだ。北野勇作「鰻」と小林泰三「玩具」は、牧野修・田中啓文両氏が企画した書き下ろし官能小説アンソロジー『こんなのはじめて』に発表さ...more
カテゴリー:

在学17年目の高校生が活躍!?岩井俊二も認めた才能・松本花奈監督作ポスター完成 - 08月14日(月)14:00 

 岩井俊二監督が才能を認めた新鋭・松本花奈監督による最新作「脱脱脱脱17」のポスタービジュアルと予告編が、このほど完成した。ビジュアルは「在学17年目のおじさん高校生!! 歌と嘘泣きが得意な17歳!! 2人の高校生最後の旅が始まる!!!」のコピーが添えられたほか、昭和の娯楽映画を思わせる骨太なイメージと、現代風のポップな雰囲気を併せ持った仕上がりだ。  女優としても多くの作品に出演し、「HKT48」のMVも担当した松本監督が、撮影当時17歳で手がけた青春ロードムービー。河瀬直美により発掘され、実写・アニメを股にかけ監督としても活躍するプロデューサーの上野遼平氏をはじめ、撮影の林大智ほか多くの10代スタッフがつくり上げた作品でありながら、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016で審査員特別賞と観客賞の2冠に輝いた。  ある事情で高校生活17年目を迎えたおじさん男子高校生ノブオ(鈴木利学)は、唯一の応援団部員として、校舎の屋上で毎日応援歌を叫んでいた。やがて嘘泣きと歌が得意な女子高生リカコ(北澤ゆうほ)と知り合ったことで、彼女の父親探しの旅に同行することになる。  予告編(http://youtu.be/wtABNPeUmEA)では、青春ドラマかと思いきや、なぜかストリップ劇場らしき建物が登場するなど独特のショットが連続する。また8月14日には、東京・渋谷LOFT9で公開記念...more
カテゴリー:

太賀の芝居は「見ていて気持ちがいい」黒沢監督&廣原監督の師弟トークが開催 - 08月12日(土)15:49 

東京・新宿シネマカリテで開催中の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」。8月12日には映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』(10月28日公開)のトークイベントが行われ、廣原暁監督と黒沢清監督が登壇。キャスティング秘話を語り合った。 【写真を見る】廣原暁監督、恩師である黒沢清監督と登壇。太賀の魅力を語った 本作は、大学在学中に制作した『世界グッドモーニング!!』でぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞した新鋭・廣原暁監督による青春映画。夢も希望もなかった高校生たちが、高校最後の旅を通して、生き方を見つめていく姿を描く。廣原監督にとって、東京藝術大学時代の恩師となるのが黒沢監督で、この日は“恩師×教え子”によるトークイベントとなった。 黒沢監督は「単なる青春映画のようで、いろいろなものに見える不思議な作品。観れば観るほど味わいが出てくる、深い作品」と教え子の映画を絶賛。「溌剌とした青春というよりも、ニヒルスティックな“不吉な人生の一時期”という気配のする映画」と印象を語る。 その最大の理由は「キャスティングにある」と分析した黒沢監督。主演の太賀をはじめ、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太といった実力派が顔をそろえているが、黒沢監督は「誰一人、高校生なんていない」と実際にはどのキャストも高校生の年齢ではないことに触れて、会場の笑いを誘った。 さらに「はるかに高校生を超えた人...more
カテゴリー:

B86W59H87、身長172cmのFカップグラドルがDVDデビュー - 08月17日(木)22:17  news

アイドルグループ「桜丘ショコラ」の元メンバーで、『ミス東スポ2017』で特別賞を受賞した 今注目のグラビアアイドル・矢野冬子(やの・とうこ/25)ちゃんが、初のイメージDVD 『たいせつなアナタへ…』(スパイスビジュアル)を発売! 東京・秋葉原のソフマップ アミューズメント館で記念イベントを開催しました。  「本当に長い間、DVDを出したい気持ちがあった」という冬子ちゃん。待望のDVD発売 ということで、フレッシュさを意識して撮影に臨んだそう。初めての経験に戸惑うことも多 かったようですが、「休日の私、素の...
»続きを読む
カテゴリー:

ミスiD多数 ヴィレッジヴァンガード協力の週刊シリーズ創刊 - 08月16日(水)06:36 

今週末より、ヴィレッジヴァンガード協力 週刊シリーズが創刊される! 週刊シリーズは、週刊で写真集やイラスト集をリリースする企画。今回参加している著者は、 フェティッシュな写真から、生駒里奈(乃木坂46)やオリエンタルラジオなど、時代のアイコンとなる人物の撮影している、現代の日本を代表する写真家”青山裕企”や、人気のイラストレーター”かとうれい”をはじめとしたクリエイターなどの撮りおろし、描き下ろしの作品集。 写真集のモデルは、人気のアイドルグループ”Pass Code”の南菜生をはじめとして、今話題のモデル、タレントなど様々。 各々限定150部~180部という極少部数でのリリース、また創刊記念として、定価500円(+税)で購入可能となっている。このシリーズは、販売形態が特殊で、1タイトルにつき1店舗のみでの販売となっており、取り扱いするのはそのタイトルに該当するヴィレッジヴァンガード店舗1店舗のみとなっており、ネットでの購入や、再販はない。 今回の企画は、講談社のオーディション企画「ミスiD」のフォトブックや、ヴィレッジヴァンガードマガジンで「原石の美少女」ページの編集などを行っているレーベルの編集者がすすめていたもので、初回に出すシリーズは5タイトルの刊行となる。 イベントなどの情報は、下記のtwitterにてお知らせされる。 https://twitter.com/3ji_0j...more
カテゴリー:

【試写会プレゼント】北欧の大自然を舞台に、偽りなき少数民族の姿を描いた映画『サーミの血』が公開 - 08月14日(月)15:00 

2016年東京国際映画祭で、審査委員特別賞と最優秀女優賞をW受賞した映画『サーミの血』が 9月16日(土) より新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほかにて公開される。本作は1930年代を舞台に、スウェーデンにおいて分離政策 […]
カテゴリー:

育休・産休を充実、2年休んでもクビにならないランドセルの会社・協和の「子育て100万円プラン」とは - 08月13日(日)10:00 

ニッポンには人を大切にする“ホワイト企業”がまだまだ残っている…。連載『こんな会社で働きたい!』の第10回は、東京・千代田区に本社を構える鞄メーカー・協和だ。 7月某日、取材予定の少し前に協和の本社に到着すると、専務室の皆川京子さんが出迎えてくれた。だがこの数分後、専務の若松秀夫さん(66)へのインタビューが始まると皆川さんは退社した。 聞けば、数年前から家族の看護のため、毎日この時刻には会社を後にするという。 皆川さんは当初、会社を辞めることも考えた。だが若松さんから「辞めずに済む方法があるのなら言ってみて」と促され、「午後に休めれば…」と回答したところ、それが了承された。 取材には1年3ヵ月の産休から今春復職したばかりの課長代理(営業職)・神田仁愛(いね)さんも同席したが、毎日、保育園に子どもを迎えに行くため、退社時間は定時の17時20分より少し早い17時。 他にも、体調不良により10時出社の社員もいる(定時は8時50分)。体に障がいがあり、杖を使う社員はラッシュアワーを避けるため、やはり10時に出社し16時半に退社する。 「一般的に考えれば、秘書が14時にいなくなったり、営業担当者が17時にいなくなるのは会社にはマイナスか...more
カテゴリー:

土屋太鳳、努力家ゆえの悩み「ストイックも大事だけれど…」 - 08月11日(金)21:04 

公開作が相次ぎ、勢いある若手女優の筆頭となった土屋太鳳。アニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月12日公開)の日本語吹替版では、バレリーナになる夢を叶えようと奮闘する女の子・フェリシーを演じた。何事にもストイックに打ち込むイメージのある土屋。情熱いっぱいのフェリシーにも「とても共感できた」と話すが、今、努力家ゆえの悩みを抱えていた。悩みながらも、土屋を支えている女優への情熱とは?22歳の胸の内に迫った。 【写真を見る】土屋太鳳、ミントグリーンのミニドレスで登場!透け感もキュート 本作の主人公は、踊ることが好きな気持ちは誰にも負けない女の子・フェリシー。施設で暮らしながらもバレリーナになることを夢見ていた彼女が、憧れの街・パリへと出発。ライバルたちとの熾烈な競争に立ち向かいながら、夢を叶えようとする姿を描く。 土屋は「今の自分自身、フェリシーにとても共感ができた。夢へと進もうとする情熱も素敵だなと思います」と共感たっぷりに、作品に飛び込んだ。2005年、女優発掘オーディション「ミス・フェニックス」で審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、この世界に入った彼女。オーディションでは「私を映画の世界に入れてください」と熱い思いを伝えたそうだが、2017年は『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など公開作が相次ぎ、いわば夢が叶...more
カテゴリー:

もっと見る

「特別賞」の画像

もっと見る

「特別賞」の動画

Wikipedia

特別賞(とくべつしょう)とは、従来の賞の等級とは別に送られる賞のこと。一等や特等には該当しないが、選外とするには惜しい技能の持ち主や団体研究などに贈られる場合が多い。審査員特別賞と呼ばれたり、審査員創始者などの名前を冠することもある。審査員名がつけられた特別賞は、通常の協議とは別に審査員が独断で決定する例がほとんどである。

文字通り通常の表彰の枠にはまらない人物やことがらに対して特別に設けられる場合が大半だが、逆に開催告知の時点で特別賞を設けている場合もある。その場合、「特別」でありながらもすでに選出されることが決まっているという不可解な状況が発生してしまう。

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる