「特別招待作品」とは?

関連ニュース

【映画】「無限の住人」を英紙ガーディアン「星4つ」高評価 - 05月21日(日)05:05 

[2017年5月20日7時40分 紙面から]  開催中の第70回カンヌ映画祭で18日(日本時間19日)、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。  「無限の住人」は、英大手新聞「ガーディアン」から「星4つ」(最高は5つ)の高評価を受けた。 同紙は「オリジナリティーに物足りなさはあるものの、力強さがあり、観客が持ち帰るものがある。三池ワールド全開だ」と評し、木村の演技についても「(アクションで)衣装がなびくたびに興奮が止まらない」としている。 (C...
»続きを読む
カテゴリー:

各メディアが華々しく伝えたキムタクのカンヌ入り - 05月19日(金)11:57 

仏で開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」の特別招待作品に選ばれた映画「無限の住人」に主演する元SMAPの木村拓哉が、三池崇史監督、共演の杉咲花とともに公式会見に出席したこと...
カテゴリー:

カンヌ国際映画祭スタート! Netflixと映画祭の攻防も話題に - 05月18日(木)12:08 

性別も国境もないけどネット配信オンリーはダメ! 5月17日(現地時間)、第70回カンヌ国際映画祭が開幕した。 オープニング・セレモニーは『エール』のルアンヌ・エメラとフランスのミュージシャン/プロデューサーのバンジャマン・ビオレのデュエットで始まり、続いて司会のモニカ・ベルッチが登場。「女性と同じで、映画は歳を重ねるごとに芸術的創造上の自信と成熟を身につけていきます」と言い、今年は様々な部門で10人を超える女性監督の作品が選出されたと述べた。 さらに「映画には性別も国境もありません」と続けたベルッチは、コンペティション部門の審査員長のペドロ・アルモドバルを呼び、アルモドバルはジェシカ・チャステインやウィル・スミス、パク・チャヌク監督など審査員を紹介。その後、リリー・ローズ・デップと、今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作『セールスマン』のアスガー・ファハルディ監督が開会を宣言した。 今年はNetflixが出資した2作がコンペティション部門に選出されたのが話題になっている。ノア・バームバック監督の『The Meyerowitz Stories(原題)』とブラッド・ピットの製作会社「プランB」が手がけたポン・ジュノ監督の『オクジャ』(6月28日から配信)の2本は、どちらも受賞の有力候補になりうる作品だが、Netflixの映画祭参加は今年限りになってしまうかもしれない。というのも、...more
カテゴリー:

【芸能】木村拓哉SMAP解散絡め作品批判「全然構わない」 - 05月20日(土)11:31 

 開催中の第70回カンヌ映画祭で、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。木村はレッドカーペットを歩き、作品上映を終えて大歓声を浴びた後、日刊スポーツなどの取材に応じ、率直な今の気持ちを語った。  タキシード姿の木村は、上映直後に2300人の観客からスタンディングオベーションを浴びると、席から立ち上がって、少し照れくさそうに笑った。うなずきながら三池監督、杉咲花(19)と続けてガッチリ握手し、ホッとしたような表情を浮かべた。三池監督の手を...
»続きを読む
カテゴリー:

木村拓哉13年ぶりカンヌ、外国人記者サイン殺到 - 05月19日(金)07:47 

 【カンヌ(フランス)18日(日本時間同日)=横山慧】木村拓哉(44)が、開催中の第70回カンヌ映画祭に、特別招待作品に選ばれた主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)とともに登場した。出演した香港映画「2046」がコンペティション部門で…
カテゴリー:

キムタクも参加!カンヌ国際映画祭の注目ポイントは? - 05月15日(月)14:00 

世界三大映画祭のひとつ、カンヌ国際映画祭。その第70回がフランスの現地時間5月17日~5月28日に開催される。昨年は深田晃司監督の『淵に立つ』(16)がある視点部門で審査員賞を受賞したり、スタジオジブリ制作の『レッドタートル ある島の物語』(16)が上映されたりしたが、今年は木村拓哉の参加や、常連監督の最新作がコンペ部門に選出されているなど話題性は十分。早速、今回の映画祭の注目ポイントをチェックしていこう! 【写真を見る】黒沢清監督の『散歩する侵略者』(9月9日公開)。長澤まさみが主演!/[c]2017『散歩する侵略者』製作委員会 日本で最もカンヌ国際映画祭との相性がいい監督いえば河瀬直美だろう。今年は永瀬正敏を主演に迎えたラブストーリー『光』(5月27日公開)がコンペティション部門に選出されている。これまで河瀬監督は『萌の朱雀』(97)がカメラ・ドール(新人監督賞)を受賞しているほか、2007年にはコンペティション部門に選出された『殯の森』でグランプリを受賞。今日本で一番、カンヌの最高賞パルムドールに近い河瀬監督がどんな結果を残してくれるのか期待したい。 また、長澤まさみ主演の『散歩する侵略者』(9月9日公開)はある視点部門へ出品。本作の監督、黒沢清は2008年には『トウキョウソナタ』(08)で審査員賞、2015年には『岸辺の旅』(15)で監督賞を受賞するという経歴の持ち主。カン...more
カテゴリー:

「特別招待作品」の画像

もっと見る

「特別招待作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる