「特別バージョン」とは?

関連ニュース

『ワンピース』グランドライン突入までを新規作画で放送!原作の扉絵も初アニメ化 - 06月26日(月)11:11 

週刊少年ジャンプの人気漫画『ワンピース』が、7月22日に連載開始20周年を迎える。アニメを放送しているフジテレビにて、これを記念して8月26日(土)21時から、冒険の始まりを完全新作映像で描く夏スペシャル『ワンピース エピソード オブ 東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~』が放送されることがわかった。今回のスペシャルでは、主人公モンキー・D・ルフィが大冒険を始めるきっかけとなった、シャンクスとの10年前の誓いや、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジとの出会いから仲間になるまでなど、原作の第1話からグランドライン突入までを新規作画で制作。そして、これまで毎週日曜のレギュラー放送ではアニメ化されていなかった原作の扉絵を、エンドロールで初アニメ化。チョッパー、ロビン、フランキー、ブルックはこの時に何をしていたのかが明かされる。今作の監督を担当するのは大塚隆史。絵コンテには大塚監督だけでなく、アニメ『ワンピース』シリーズ初代監督・宇田鋼之介も参加し、脚本は中山智博が務める。また、キャラクターデザインは、劇場映画『ONE PIECE FILMシリーズ』でも総作画監督を務めた佐藤雅将が担当する。さらにオープニングテーマ曲『ウィーアー! for the new world』の20周年記念特別バージョンをきただにひろしと一緒に歌う「きただにひろしと『ウィーアー!』を歌おう!」キャンペ...more
カテゴリー:

完全新作映像!「ワンピース」イーストブルー編放送決定 - 06月26日(月)08:00 

原作がこの夏で20周年を迎える人気アニメ「ワンピース」(毎週日曜朝9:30-10:00フジテレビ系)が、アニバーサリーイヤーを記念して、8月26日(土)夜9時から完全新作映像で描く、夏スペシャル「ワンピース エピソード オブ 東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~」を放送することが分かった。 【写真を見る】美しくよみがえる! シャンクスの名シーン、ゾロとミホークの決闘 今回新たな作画で描かれるのは、物語の全ての始まりとなる原作第1話からグランドライン突入まで。 シャンクスとの10年前の誓いや、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジとの出会いと仲間になるまでの軌跡など、ファンなら誰もが知る名シーンの数々を長編スペシャルとして放送する。 監督は、過去にアニメ「ワンピース」や「プリキュア」シリーズで演出を手掛けた大塚隆史氏が務める他、キャラクターデザインは「劇場版『ONE PIECE FILM』“STRONGWORLD”、“Z”、“GOLD”」のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた佐藤雅将氏が担当する。 さらに絵コンテには、アニメ「ワンピース」シリーズ初代監督・宇田鋼之介氏が参加するなど、まさに最強スタッフが集結。 また、これまでのレギュラーアニメでは放送されていなかった“原作の扉絵”を、エンドロールで初アニメ化するという。後に仲間へ加わるチョッパー、ロビン、フランキー、ブ...more
カテゴリー:

提出物管理のSubmittableが$5Mを調達、“機会のマーケットプレース”に将来性あり - 06月14日(水)13:30 

9000あまりの企業が提出物を管理するために利用しているSubmittableが、シリーズAで500万ドルを調達した。 モンタナ州ミズーラのSubmittableが創業されたのは2010年で、最初は文学誌が送られてくる原稿を管理するためのサービスだった。協同ファウンダーでCEOのMichael FitzGeraldは曰く、“最初は、これ以上貧しい顧客はいない、と思われる顧客が相手だった。詩の雑誌さ”。 その後同社は対象を広げ、いろんな企業がデジタルコンテンツを管理できるようにした。それらの提出物は、履歴書や各種申込書/申請書、コンテストの応募作品など、さまざまだ。顧客の中には、TEDxやThe New Yorker、それにスタンフォード大学などもいる。 次のステップは、FitzGeraldが“機会のマーケットプレース”と呼んでいるものを作ることだ。その今の形では、Submittableのアルゴリズムにより、ライターやビデオ作家などに、彼らの作品をどこに提出すべきかをリコメンデーションする。 “前からずっと思っている、うちの核となる信念は、作品を作る能力と、それをパブリッシュしたり宣伝したりする能力はまったく違うものだ、ということ。後者はもっぱら、むさ苦しい仕事だからね”、とFitzGeraldは語る。̶...more
カテゴリー:

『ワンピース』グランドライン突入までを新規作画で放送!原作の扉絵も初アニメ化 - 06月26日(月)11:00 

週刊少年ジャンプの人気漫画『ワンピース』が、7月22日に連載開始20周年を迎える。アニメを放送しているフジテレビにて、これを記念して8月26日(土)21時から、冒険の始まりを完全新作映像で描く夏スペシャル『ワンピース エピソード オブ 東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~』が放送されることがわかった。今回のスペシャルでは、主人公モンキー・D・ルフィが大冒険を始めるきっかけとなった、シャンクスとの10年前の誓いや、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジとの出会いから仲間になるまでなど、原作の第1話からグランドライン突入までを新規作画で制作。そして、これまで毎週日曜のレギュラー放送ではアニメ化されていなかった原作の扉絵を、エンドロールで初アニメ化。チョッパー、ロビン、フランキー、ブルックはこの時に何をしていたのかが明かされる。今作の監督を担当するのは大塚隆史。絵コンテには大塚監督だけでなく、アニメ『ワンピース』シリーズ初代監督・宇田鋼之介も参加し、脚本は中山智博が務める。また、キャラクターデザインは、劇場映画『ONE PIECE FILMシリーズ』でも総作画監督を務めた佐藤雅将が担当する。さらにオープニングテーマ曲『ウィーアー! for the new world』の20周年記念特別バージョンをきただにひろしと一緒に歌う「きただにひろしと『ウィーアー!』を歌おう!」キャンペ...more
カテゴリー:

「アベックラーメン」は青春の味--今も昔も熊本県民の胃袋を鷲づかみ - 06月19日(月)10:00 

「アベック」という言葉には強烈な昭和臭が漂うが、熊本県民にとってはいまだにこの言葉は死語ではない。なぜなら同県には、年号を跨(また)ごうとも県民の心をつかんで離さない、ソウルフード「アベックラーメン」が存在するからである。 ○愛されて57年 アベックラーメンが、熊本市内に本社を構える五木食品から発売されたのは昭和35(1960)年のこと。以来57年間、製法からスープの味にいたるまで全く変わっていないため、口にするとその昔にこのラーメンを食べた思い出が蘇るのか、「ソウルフード」「青春の味」として愛し続けている県民が多いのだという。 「誕生以来、味を変える必要がなかったということは、それだけ完成された味だったということ。当時の開発技術の高さを感じさせられます」と話すのは、同社開発本部の原田さん。香辛料を効かせたあっさり塩味のスープはどこか懐かしくほっとする味わいで、飽きがこず何度でも食べたくなるということに大いに納得できる。 ○アベックにとってもうれしい「2人前入り」 それにしても気になるのはそのネーミング。「アベック」と冠しているからには、パートナーとふたりで食べることを推奨しているのだろうと思いきや、命名理由は「1袋に2人前入っているから」。実に単純明快である。 また、作り方も実に簡単。沸騰したお湯に麺を入れて強火で3分ゆでたらスープを加え、あとはひと吹きさせるだけ。さ...more
カテゴリー:

「特別バージョン」の画像

もっと見る

「特別バージョン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる