「物流大手」とは?

関連ニュース

中国の宅配業界が、別の意味で多くの問題を抱えている - 04月27日(木)05:00 

最近、巷で話題となっている宅配業者の人手不足。アマゾンなどのネット通販の利用が拡大したことにより、日本の物流大手ヤマト運輸が昼間の一部時間帯の配達指定を中止すると発表したのは記憶に新しいところです。たった人口1億人強の日本ですらこの状況で、13億人以上の人口を抱えるお隣・中国のEC市場ではどのような問題が起きているのでしょうか? メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、日本、台湾、中国それぞれのネット通販の現状と問題点を詳しく分析しています。 【日本・台湾・中国】いくらネット通販が発達しても中国は無理 ● さらば楽天、自前サイトで勝負  厳格ルールから解放・陳列見やすく ネット通販が日常化している今、まさに揺り籠から墓場までネットで買い物ができるようになりました。リアル店舗には進出できなくても、ネットショップなら開店できるという人も多いでしょう。 まさに需要と供給の双方がバランスよく増加して、利用者の利便性も高まりました。そんな状況下で、日本では物流の問題が起こっています。物流大手のヤマト運輸は、ネットショップの拡大によって宅配便の個数が激増している上に、時間指定、再配達などに対応しなければならず、現場の人手不足は深刻で、いくら残業してもさばききれないと悲鳴をあげています。 そうした問題を解決するためにヤマト運輸が...more
in English
カテゴリー:

日本郵政、買収戦略甘さ露呈 前期 民営後初の赤字400億円、豪不振で巨額損 - 04月26日(水)06:20 

 日本郵政は25日、2017年3月期連結決算で、15年に買収した豪物流大手トール・ホールディングスの収益力低下を反映し、4003億円の損失を計上すると正式発表した。最終損益予想は従来の3200億円の黒字から400億円の赤字に下方修正。連結最終赤字は07年の郵政民営化以降初めて。買収戦略の甘さを露呈した日本郵政は、海外事業の立て直しを進める方針だ。
in English
カテゴリー:

【日本郵政】減損損失4003億円 豪子会社が不振 民営化後初の最終赤字へ - 04月26日(水)00:00 

 日本郵政は25日、平成29年3月期連結決算で、27年に買収した豪物流大手トール・ホールディングスの業績不振を反映し、4003億円の減損損失を計上すると正式発表した。最終損益予想は従来の3200億円の黒字から400億円の赤字に下方修正。連結最終赤字は19年の郵政民営化以降初めて。買収戦略の甘さを露呈した日本郵政は、海外事業の立て直しを進める方針だ。  損失として計上するのは、トールの買収額から純資産額を差し引いた「のれん代」の全額約3900億円など。のれん代はブランド価値に当たり、トールの収益...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

郵政、最終損失400億円 民営化後初の赤字へ 傘下の豪物流不振で  - 04月25日(火)17:10 

 日本郵政は25日、平成29年3月期連結決算で、27年に買収した豪物流大手トール・ホールディングスの企業価値低下を反映し、4003億円の減損損失を計上すると正式発表した。最終損益予想を従来の3200億円の黒字から400億円の赤字に引き下げた。最終赤字は、19年の郵政民営化以降で初めてとなる。
in English
カテゴリー:

セブン、高齢者攻略を異業種と狙う セイノー・URと提携、生活サービスで首位固め - 04月22日(土)06:20 

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは21日、物流大手のセイノーホールディングスと提携し、買い物が困難な高齢者などに商品を自宅に配達するサービスを強化すると発表した。また同日、都市再生機構(UR)子会社と提携し、団地内に出店した店舗で電球交換といった生活支援サービスを提供することも発表した。コンビニ市場の成長が鈍化するなか、異業種とタッグを組むことで“買い物弱者”向けサービスを強化し、競争力を高める狙いだ。
in English
カテゴリー:

韓国・CJ大韓通運 インドとUAEの物流大手を買収 - 04月26日(水)16:52 

【ソウル聯合ニュース】韓国物流大手のCJ大韓通運が、インドとアラブ首長国連邦(UAE)の物流大手を相次いで買収した。  同社は2
in English
カテゴリー:

都心で新人が名刺下さいつってたけどああいうバカなことやらせる会社まだあるんだな - 04月26日(水)00:55 

日本郵政は25日、平成29年3月期連結決算で、 27年に買収した豪物流大手トール・ホールディングスの企業価値低下を反映し、 4003億円の減損損失を計上すると正式発表した。最終損益予想を従来の3200億円の黒字から 400億円の赤字に引き下げた。最終赤字は、19年の郵政民営化以降で初めてとなる。 当時の買収額は約6200億円。純資産と買収額の差額である「のれん代」を約20年で償却する予定だった。 会見した長門正貢社長は「重く受け止めている」と話した。 一方、「負の遺産を一掃し、改めて攻める経...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本郵政、減損損失4003億円 豪子会社が不振 民営化後初の最終赤字へ - 04月25日(火)21:40 

 日本郵政は25日、平成29年3月期連結決算で、27年に買収した豪物流大手トール・ホールディングスの業績不振を反映し、4003億円の減損損失を計上すると正式発表した。最終損益予想は従来の3200億円の黒字から400億円の赤字に下方修正。連結最終赤字は19年の郵政民営化以降初めて。買収戦略の甘さを露呈した日本郵政は、海外事業の立て直しを進める方針だ。
in English
カテゴリー:

セブン、セイノーと提携 宅配2年後3000店に - 04月23日(日)14:20 

コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパンは21日、弁当などの商品を客の自宅に届けるサービスで物流大手セイノーホールディングスと提携したと正式発表した。加盟店の従業員が担っている宅配業務を委託するのが柱で、対象店舗を2019年2月末までに全国3千店舗に拡大する。 人手不足や業務の煩雑化でニーズに十分に対応できていない加盟店を支援するのが狙いだ。セブンの古屋一樹社長は「提携で間違いなく取り組みが...
in English
カテゴリー:

日本郵政 4000億円の損失計上へ 「うーん3200億円の黒字の予想だったんだけどなぁ」 - 04月21日(金)23:25 

 日本郵政が平成29年3月期連結決算で、27年に買収した オーストラリアの物流大手トール・ホールディングスにからむ巨額の減損損失を計上する 方向で検討していることが20日、わかった。減損処理の規模は3千億~4千億円程度とみられ、 最終利益は3200億円の予想から赤字に転落する恐れもある。来週開催予定の取締役会で決定し、3月期業績予想を修正する見通しだ。 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170421/bsd1704210723015-n1.htm ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「物流大手」の画像

もっと見る

「物流大手」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる