「物流センター」とは?

関連ニュース

大庄/4月下旬に新物流センター竣工、物流機能の効率化図る - 04月19日(木)17:20 

やるき茶屋や庄やを運営する大庄は4月下旬、新物流センターが竣工する。 <DS・L・ヘッドクォーター羽田正面パース> <DS・L・ヘッドクォーター羽田鳥観図> <位置図> 新物流センター(DS・L・ヘッドクォーター羽田)の […]
カテゴリー:

コンビニICタグ「1000億枚」時代がやって来る!? 大日本印刷を「先物買い」(石井治彦) - 04月16日(月)07:00 

インターネットの検索で、印刷業界紙の日本印刷新聞の最新情報(2018年2月17日付)に、「大日本印刷、ICタグを活用したサプライチェーンにおける情報共有を実証実験」の見出しを見つけた。「ICタグ」はユニクロなどのカジュアル衣料品店でよく見かけるが、それをコンビニエンスストアなどにも応用しようということらしい。 ふと、「ICタグを積極的に活用しよう」といった記事を、少し前に見たことを思い出した。あった! 日本経済新聞(2017年4月18日付)によると、経済産業省が「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」と銘打って、コンビニなどの小売業界で深刻化している人手不足の対策に乗り出したという。 ICタグ需要の拡大に期待も膨らむ 経済産業省の計画では、コンビニの店舗で取り扱う商品にRFID(無線自動識別)機能を持つICタグを貼り付け、商品の個別管理による店舗での消費・賞味期限チェックの効率化や、レジの自動化による業務の省力化を実現。さらにRFIDから取得した情報を、食品や日用品メーカー、卸売り、物流センターといったサプライチェーンを構築して業界で共有することによって、在庫管理などの効率化や食品ロスの削減に効果があると期待されている。 一方、大日本印刷(DNP)は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の一環として、ICタグを活用したサ...more
カテゴリー:

カトーレック/岡山県早島に4温度帯物流センター建設 - 04月11日(水)14:00 

カトーレックは4月11日、岡山県早島で4温度帯物流センターを建設すると発表した。 <完成予想図> <広域地図> <狭域地図> 本格稼働は2019年8月を予定している。 冷凍・冷蔵・常温・定温の4温度帯すべてに対応できる物 […]
カテゴリー:

サステナブル社会の実現に向けて遊技台輸送のモーダルシフトによりCO2排出量を軽減 - 04月09日(月)15:31 

[株式会社ダイナム]  当社は、全店舗で約18万台の遊技台を設置するとともに、物流センターにおいては約4万台の遊技台を社内中古台や外部への販売台として保管しております。物流センターは、新規出店の迅速化をはじめ、社内2次利用...
カテゴリー:

大和ハウスグループ/市川市にAI・IoT・ロボットのショールームオープン - 04月06日(金)15:10 

大和ハウス工業とダイワロジテック、エアークローゼット、Waja、Tokyo Otaku Modeの5社は4月6日、ダイワハウス工業が開発した千葉県市川市の物流施設「DPL市川」の2階の一部で、稼働中の物流センターを見学で […]
カテゴリー:

リテールパートナーズ/物流体制構築で、新生鮮センター2020年稼働 - 04月18日(水)12:00 

リテールパートナーズは2018年度から2020年度の中期経営計画を策定し、経営効率の強化として、物流体制の構築を掲げている。 将来を見据え、丸久グループ新生鮮センター(2020年稼働予定)、グループ物流センター機能の有効 […]
カテゴリー:

デリカフーズ/13億円投じ、次世代型の青果物流通拠点開設 - 04月11日(水)15:00 

デリカフーズは4月11日、埼玉県八潮市に埼玉FSセンターを12月に開設すると発表した。 新設する埼玉FSセンターは、仕分けや配送といった従来の物流センター機能に加え、最新の在庫管理システムを導入した貯蔵拠点としての機能を […]
カテゴリー:

CBREが特別レポート「テクノロジーが切り開くシェア・ロジスティクス」を発表 - 04月10日(火)17:59 

[シービーアールイー株式会社] 物流センターを運営する企業は、現在、雇用難と人件費の高騰に悩まされています。物流施設の需要を牽引してきたeコマースのさらなる拡大は、雇用問題に拍車をかける可能性もあります。 雇用問題の対策として、物...
カテゴリー:

シモハナ物流/岡山エリア初の5温度帯対応3PL物流センター稼働 - 04月09日(月)13:30 

シモハナ物流は4月6日、岡山エリア初の5温度帯対応3PL物流センター、岡山第四センターが4月に稼働したと発表した。 <岡山第四センター> 「岡山第四センター」は、山陽自動車道倉敷ICへ約8km、瀬戸中央自動車道早島ICへ […]
カテゴリー:

【通販】ファンケルも送料無料を廃止へ、宅配会社の値上げ要請は「過去に例のない規模」 大手通販の送料値上げ相次ぐ - 03月27日(火)10:32  newsplus

化粧品や健康食品の通販大手ファンケルは4月19日から送料を値上げする。送料無料サービスを廃止し、現在の配送料金に一律100円を上乗せする。 委託先の宅配会社から大幅な値上げの要請があり、企業努力ではコスト上昇分を吸収しきれなかったことから送料を引き上げるという。 現在の送料は、購入金額3000円未満で360円、購入金額が3000円以上なら無料。4月19日以降は、購入金額3000円未満で460円、購入金額3000円以上なら100円を徴収する。 ファンケルは送料改定の理由として、通販サイトで顧客向けに次のように説明している。 ┌...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「物流センター」の画像

もっと見る

「物流センター」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 倉庫...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる