「物書き」とは?

関連ニュース

お尻の穴を貸してくれ!彼女には言えないオトコの「秘めたるエッチな願望」とは♡ - 12月14日(木)21:30 

【相談者:20代女性】 彼と付き合って半年が経つのですが、彼は性欲が弱いのか、ソフトでノーマルなアプローチしかしてきません。 男友達から聞いた話によると、付き合いも長くなれば彼からの要求も高まってくるとのことだったので、そんな彼にちょっと拍子抜け。 彼のなかにもエッチな願望って眠っているのでしょうか? ●彼の性格によってはエッチな願望をカミングアウトできないことも ご質問ありがとうございます、人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。 エッチは恋人同士の距離を縮める行為でもあり、二人で共有する秘密の行い。 他の誰にも知られたくない、二人だけの表情を見せ合える貴重な時間です…。 できれば素直に願望をぶつけ合い、より濃密なつながりを求めたくなりますよね。 男なら誰しもエッチな願望は持っているものの、「それを彼女に伝えてドン引きされたらどうしよう」「関係性にヒビが入ったらどうしよう」と不安に感じ、打ち明けられずにいることもあるよう。 本当は彼女にいろいろとお願いしたいのに、それを押し殺して、ソフトなアプローチに留めていることだってあるのです。 ここでは、彼女には打ち明けられていないものの、実は奥底にエッチな願望を秘めている男子たちにインタビューしてみました。 彼が抱えるエッチな願望を知るヒントとしてご覧ください! ●(1)セクシーな下着・服装 『彼女はセクシーな下着を身に...more
カテゴリー:

サブカル評論の原点に返った宇野常寛が挑んだふたつの宿題ーー思春期体験の中心にいた富野由悠季とは… - 12月09日(土)11:00 

宇野常寛という評論家について、近年はTVコメンテーターという印象を持っている人も多いかもしれない。しかし、本来は『ゼロ年代の想像力』や『リトル・ピープルの時代』といった著作に代表されるようにアニメや特撮、ドラマなどの分析から現在の社会を考察するカルチャー系の論客として知られた人物である。 そんな宇野氏が久しぶりに本格的なサブカルチャー評論『母性のディストピア』を上梓した。宮﨑駿、富野由悠季、押井守といった日本のアニメーションを彩ってきた巨匠たちの作品を通じて、戦後日本の課題を批判的にあぶり出した意欲作だ。 「虚構について語ることでしか表せない真実がある」と信じる彼が本書を通じて今の日本に問いかけたかったものとは何か? インタビューで直撃した。 ■やり残したふたつの「宿題」 ―『母性のディストピア』は宮﨑駿、富野由悠季、押井守というアニメーション作家たちの作家論が中心になっています。なぜ、今のタイミングでこの3人について論じようと? 宇野 『母性のディストピア』は僕にとってふたつの宿題に取り組んだ本なんです。ひとつは個人的な動機です。僕は富野由悠季について書くために物書きになった人間で、一番影響を受けてきました。しかし、その作家としての偉大さがあまり論じら...more
カテゴリー:

玉の輿も夢じゃない…!?彼の将来が楽しみな「億万長者になれる職業」とは - 12月11日(月)19:00 

【相談者:20代女性】 今、付き合っている彼氏がなかなか定職に就こうとしません。 本人は、敷かれたレールを歩くだけの人生は嫌だと主張し、就職活動にも興味がないようです。 自分の中でやりたいことは明確にあるようなのですが、こんな彼氏と付き合っていて、明るい未来は待っているのでしょうか? ●視野を広く!思わぬ職業が大金を掴む可能性のある時代です! ご質問ありがとうございます。 人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。 今の日本は、少子高齢化が進み、大企業もリストラをするなど、不安の多い時代です。 そんな中、働き方の幅が広がっているのも事実。 個人でお金を稼ぐチャンスは、昔と較べて潤沢にあると言えるのではないでしょうか? 今ではインターネットを活用すれば、個人で収益を得られる仕組みが整っています。 個人ビジネスが成功すれば、大金を掴むチャンスもゼロではありません。 彼のやりたいことが、普通の生き方からズレているとしても、これからの時代にはマッチするかもしれません。 視野を広げ、やってみないと分からないこの時代の成功を、彼と一緒に考えるのも良いのではないでしょうか。 ここでは、普通のサラリーマンではなく、個人で稼ぎを得ている男性たちに実情を語ってもらいました。 彼の今後の参考にご覧ください。 ●(1)Youtubeの動画配信で生活費確保 『手先が器用だった自分は、ミニ...more
カテゴリー:

「物書き」の画像

もっと見る

「物書き」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT作家...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる