「物価変動」とは?

関連ニュース

100円が16340円に。なぜ年金保険料は60年でここまで上がったのか - 04月25日(水)03:36 

昭和34年に制定された国民年金制度。始まった当初の保険料は35歳以下が月々100円でした。それが現在は16340円、なぜここまで値上がったのでしょうか? 無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では、著者のhirokiさんが「この値上げは不公平ではない」として詳しく解説しています。 昔の国民年金保険料は月々100円の低額だったが今は16,340円に上がる中で何が起こったのか 新年度になりましたが、国民年金保険料の金額が変わりましたよね。平成29年度は16,490円でしたが、今年度は16,340円に150円下がっています。この金額は毎年変動します。前年の物価と賃金変動に影響するからです。 国民年金保険料は平成10年度から平成16年度までは13,300円と変動しない事がありました。これは平成9年に金融危機が起きて、大手金融機関の倒産から始まり(山一證券の廃業とかは知ってる人もいると思います)、いろいろな企業の倒産が相次いだので国民の負担をかけないために国民年金保険料を凍結させたんです。 平成16年改正により、凍結されていた保険料を平成17年4月に13,300円から280円アップして13,580円に上がり、その280円を毎年度上げていき、平成29年度までに16,900円に固定されることになりました。ただ、16,900円に固定するといっても、この価額に前年の物価と賃...more
カテゴリー:

中国GDP:堅調続くも、米の制裁がリスク 1~3月実質 - 04月17日(火)22:50 

 【北京・赤間清広】中国国家統計局は17日、今年1~3月期の国内総生産(GDP)の伸び率が物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.8%だったと発表した。2017年7~9月期から3四半期連続で成長率は横ばい(6.8%)で、中国政府が設定した今年の成長率目標(6.5%前後)を大きく上回る堅調さが続いて
カテゴリー:

中国GDP、1~3月は6.8%成長 消費拡大が下支え、対米貿易摩擦が下ぶれ要因に - 04月17日(火)11:56 

 中国国家統計局は17日、物価変動の影響を除く実質ベースで、2018年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)が前年同期に比べて6.8%増だったと発表した。17年10~12月期からは横ばいで、3四半期連続で同じ成長率になった。3月に北京で開かれた全国人民代表大会(全人代=国会)で李克強首相が公表した18年通年の政府成長率目標の「6.5%前後」を上回った。
カテゴリー:

【経済】実質賃金、2月0.5%減 3カ月連続マイナス - 04月07日(土)00:31  bizplus

厚生労働省が6日公表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた2月の実質賃金は前年同月に比べて0.5%減った。減少は3カ月連続。名目賃金にあたる現金給与総額は1.3%増えたものの、物価の伸びに追い付いていない。  現金給与総額は26万6466円だった。基本給を示す所定内給与は24万1532円で、前年同月比0.9%の増加となった。残業代を示す所定外給与は全労働者で1万9787円と、前年同月に比べて1.0%増えた。  ただ、2月は原油などの価格が上昇し、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃...
»続きを読む
カテゴリー:

【総務省】2月の実質消費支出、前年比0.9%減 市場予想0.4%増 - 04月06日(金)08:48  newsplus

総務省が6日発表した2月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は1世帯あたり26万5614円で、物価変動を除いた実質で前年同月比0.9%減少した(変動調整値)。減少は2カ月ぶり。QUICKがまとめた市場予想の中央値は0.4%増だった。季節調整して前月と比べると1.5%減だった。 勤労者(サラリーマン)世帯の1世帯あたりの消費支出は28万9177円となり、実質で前年同月比6.3%減少した。減少は2カ月ぶり。〔日経QUICKニュース(NQN)〕 2018/4/6 8:32 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06H...
»続きを読む
カテゴリー:

ここ専業の投資家っていないよな、スレが一つもなくてかなしい - 04月22日(日)18:40  news

厚生労働省が6日公表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた2月の実質賃金は前年同月に比べて0.5%減った。減少は3カ月連続。名目賃金にあたる現金給与総額は1.3%増えたものの、物価の伸びに追い付いていない。  現金給与総額は26万6466円だった。基本給を示す所定内給与は24万1532円で、前年同月比0.9%の増加となった。残業代を示す所定外給与は全労働者で1万9787円と、前年同月に比べて1.0%増えた。  ただ、2月は原油などの価格が上昇し、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃...
»続きを読む
カテゴリー:

中国GDP:6.8%増 成長率3期連続で横ばい - 04月17日(火)12:59 

 【北京・赤間清広】中国国家統計局が17日発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.8%増となった。2017年7~9月期から3四半期連続で成長率は横ばいとなっており、中国経済は安定飛行が続いている。
カテゴリー:

中国GDP:6.8%成長と横ばい 1~3月、投資が伸び - 04月17日(火)11:40 

 中国国家統計局が17日発表した今年1~3月の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6.8%増だった。伸び率は2017年10~12月から横ばいだった。不動産開発投資が伸びたほか、消費が堅調だったことから、18年通年の政府の成長目標である「6.5%前後」を上回るスタートとな
カテゴリー:

【経済】2月の名目賃金、前年比1.3%増 実質0.5%減 毎月勤労統計 - 04月06日(金)09:20  newsplus

2月の名目賃金、前年比1.3%増 実質0.5%減 毎月勤労統計 2018/4/6 9:00 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05HR7_V00C18A4000000/  厚生労働省が6日発表した2月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、2月の名目賃金にあたる1人あたりの現金給与総額は前年同月比1.3%増の26万6466円だった。増加は7ヵ月連続で、2016年6月以来の伸び率だった。  内訳をみると、基本給にあたる所定内給与が0.9%増。残業代など所定外給与は1.0%増。ボーナスなど特別に支払われた給与は33.0%増だった。物価変動の...
»続きを読む
カテゴリー:

「物価変動」の画像

もっと見る

「物価変動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる