「片道運賃」とは?

関連ニュース

バニラエア、奄美大島線2路線でセール 片道980円から - 02月23日(金)18:01 

バニラエアは2月26日午後6時から27日午後11時30分まで、奄美大島線2路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜奄美大島線は980円から、東京/成田〜奄美大島線は2,480円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は3月25日から6月15日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、国内・国際線対象に「48時間限定セール」 台湾へ片道1,990円など - 02月22日(木)20:26 

ピーチは2月23日午前0時から24日まで、国内・国際線を対象に「48時間限定セール」を開催する。 設定路線と「シンプルピーチプロモ」の片道運賃は、大阪/関西・札幌/千歳〜仙台線は1,480円から、大阪/関西〜新潟・松山線と沖縄/那覇〜高雄線は1,990円から、大阪/関西〜福岡・長崎・宮崎・鹿児島線と沖縄/那覇〜福岡線は2,490円から、大阪/関西〜東京/成田線は2,790円から、大阪/関西〜釜山線と札幌/千歳〜福岡線は2,990円から、大阪/関西〜沖縄/那覇・石垣線は3,290円から、仙台〜札幌/千歳線と大阪/関西・沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,490円から、大阪/関西〜香港線は3,690円から、大阪/関西〜台北/桃園線は3,990円から、東京/成田〜福岡線と東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、沖縄/那覇〜台北/桃園線は4,390円から、仙台〜台北/桃園線は4,790円から、大阪/関西〜高雄線と東京/羽田〜台北/桃園線、沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は4,990円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は5,290円から。いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。 搭乗期間は3月1日から9月30日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、大阪/関西〜函館線を運休 - 02月21日(水)22:59 

バニラエアは、3月25日から始まる夏スケジュールで、大阪/関西〜函館線を運休する。 2017年3月18日より運航を開始し、季節定期便として運航していた。すでに1月9日をもって冬スケジュール期間中の運航を終了している。片道運賃は、「シンプルバニラ」は5,980円から、「コミコミバニラ」は7,980円から設定していた。これにより函館発着路線は東京/成田線の1路線、大阪/関西発着路線は東京/成田・奄美大島・台北/桃園線の3路線となる。 バニラエアは3月24日をもって台北/桃園〜ホーチミン線を運休、3月25日に福岡〜台北/桃園線を開設する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チェジュ航空、日韓線などで「48時間タイムセール」開催 片道2,500円から - 02月20日(火)21:51 

チェジュ航空は、2月21日午前10時から23日午前10時まで、「48時間限定タイムセール」を開催する。 日韓線の設定路線と片道運賃は、福岡〜釜山線は2,500円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は5,000円から。韓国国内線にも設定がある。3月1日から31日までの搭乗分が対象となる。 チェジュ航空のウェブサイト、モバイルアプリなどからの予約限定となる。日本国内居住者のみ予約センターでの予約ができるものの、手数料が片道10,000韓国ウォン別途必要となる。払い戻しや旅程変更も手数料を支払うことで可能となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、奄美大島線2路線でセール 片道980円から - 02月23日(金)18:01 

バニラエアは2月26日午後6時から27日午後11時30分まで、奄美大島線2路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜奄美大島線は980円から、東京/成田〜奄美大島線は2,480円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は3月25日から6月15日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、国内・国際線対象に「48時間限定セール」 台湾へ片道1,990円など - 02月22日(木)20:26 

ピーチは2月23日午前0時から24日まで、国内・国際線を対象に「48時間限定セール」を開催する。 設定路線と「シンプルピーチプロモ」の片道運賃は、大阪/関西・札幌/千歳〜仙台線は1,480円から、大阪/関西〜新潟・松山線と沖縄/那覇〜高雄線は1,990円から、大阪/関西〜福岡・長崎・宮崎・鹿児島線と沖縄/那覇〜福岡線は2,490円から、大阪/関西〜東京/成田線は2,790円から、大阪/関西〜釜山線と札幌/千歳〜福岡線は2,990円から、大阪/関西〜沖縄/那覇・石垣線は3,290円から、仙台〜札幌/千歳線と大阪/関西・沖縄/那覇〜ソウル/仁川線は3,490円から、大阪/関西〜香港線は3,690円から、大阪/関西〜台北/桃園線は3,990円から、東京/成田〜福岡線と東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、沖縄/那覇〜台北/桃園線は4,390円から、仙台〜台北/桃園線は4,790円から、大阪/関西〜高雄線と東京/羽田〜台北/桃園線、沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は4,990円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は5,290円から。いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。 搭乗期間は3月1日から9月30日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、大阪/関西〜函館線を運休 - 02月21日(水)22:59 

バニラエアは、3月25日から始まる夏スケジュールで、大阪/関西〜函館線を運休する。 2017年3月18日より運航を開始し、季節定期便として運航していた。すでに1月9日をもって冬スケジュール期間中の運航を終了している。片道運賃は、「シンプルバニラ」は5,980円から、「コミコミバニラ」は7,980円から設定していた。これにより函館発着路線は東京/成田線の1路線、大阪/関西発着路線は東京/成田・奄美大島・台北/桃園線の3路線となる。 バニラエアは3月25日に、福岡〜台北/桃園線を開設する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チェジュ航空、日韓線などで「48時間タイムセール」開催 片道2,500円から - 02月20日(火)21:51 

チェジュ航空は、2月21日午前10時から23日午前10時まで、「48時間限定タイムセール」を開催する。 日韓線の設定路線と片道運賃は、福岡〜釜山線は2,500円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は5,000円から。韓国国内線にも設定がある。3月1日から31日までの搭乗分が対象となる。 チェジュ航空のウェブサイト、モバイルアプリなどからの予約限定となる。日本国内居住者のみ予約センターでの予約ができるものの、手数料が片道10,000韓国ウォン別途必要となる。払い戻しや旅程変更も手数料を支払うことで可能となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、山口宇部〜ソウル/仁川線でセール第2弾 片道5,000円 - 02月20日(火)14:03 

山口宇部空港の国内線・国際線定期便利用者が累計2,500万人に到達したことを記念して、エアソウルは山口宇部~ソウル/仁川線でセール第2弾を開催している。 片道運賃は5,000円。燃油サーチャージ、諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は2月20日から3月24日まで。販売期間は2月19日から23日まで。販売予定数は約250区間分で、予定数がなくなり次第終了となる。 エアソウルの山口宇部~ソウル/仁川線は、山口宇部空港初の国際線定期便として2016年11月に就航。現在は月・水・土曜の週3便を、195席か171席を配置したエアバスA321型機を使用して運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「片道運賃」の画像

もっと見る

「片道運賃」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる