「片道運賃」とは?

関連ニュース

ピーチ、札幌/千歳〜台北/桃園線開設 国内航空会社の札幌/千歳発着国際線は14年ぶり - 09月24日(日)20:01 

ピーチは、札幌/千歳〜台北/桃園線を9月24日より開設した。週3便を運航する。 ピーチは2018年度にも新千歳空港を、関西国際空港、那覇空港、仙台空港に次ぐ第4拠点化する意向で、北海道路線の拡充に先立ち、ネットワークを強化する。同日には福岡、仙台線の国内線2路線も開設しており、新千歳空港を発着する路線数は4路線に増えた。 日本の航空会社による、新千歳空港を発着する国際線の路線開設は14年ぶり。札幌/千歳〜台北/桃園線は、エバー航空が1日2便、チャイナエアラインが同1便、スクートがの週3便の合わせて週24便を運航している。 新千歳空港発初便となるMM725便は、乗客151名と乳児6名を乗せて、午後5時2分に出発。乗客の約3分の2が外国人だった。 「ハッピーピーチ」の片道運賃は、8,080円から40,480円となる。支払手数料、空港使用料、諸税は別途必要となる。 ■ダイヤ MM725 札幌/千歳(16:45)〜台北/桃園(20:00) MM726 台北/桃園(11:00)〜札幌/千歳(15:55) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、仙台〜札幌/千歳線を開設 第3拠点化で積極的に路線拡大へ - 09月24日(日)17:59 

ピーチは、仙台〜札幌/千歳線を、きょう9月24日より開設した。1日2便を運航する。 仙台国際空港で開催したセレモニーには、井上慎一代表取締役社長のほか、宮城県の村井嘉浩知事、仙台国際空港の岩井卓也取締役社長、ゆるキャラのむすび丸と楽天イーグルスのクラッチが出席した。 仙台国際空港ではピア棟を建設中で来年秋に開業を予定している。運用時間の拡大へ向けた議論も継続しており、ピーチは将来的に路線網を拡大していく計画。当初は夜間駐機を行わない。仙台国際空港は、日本の格安航空会社(LCC)が東北地方で唯一就航しており、LCCの拠点化は初めて。 ハッピーピーチの片道運賃は、仙台〜札幌/千歳線は4,290円から23,190円、仙台〜台北/桃園線は7,580円から39,980円となる。いずれも支払手数料と空港使用料、諸税は別途必要となる。 あす9月25日からは、仙台〜台北/桃園線を週4便で開設する。これにより、ピーチの仙台発着路線は、2013年4月に運航を開始した大阪/関西線を合わせた、国内線2路線、国際線1路線の計3路線に拡大する。 ピーチは、2011年に設立。2012年3月に関西国際空港を拠点として運航を開始した。2014年7月には那覇空港を第2拠点化しており、仙台空港は3つ目の拠点となる。現在は19機のエアバスA320型機を保有しており、1日90便以上を運航している。 ■ダイヤ MM...more
カテゴリー:

ピーチ、片道2,490円からの4路線就航記念セール 23日午前0時から  - 09月22日(金)19:59 

ピーチは9月23日午前0時から、4路線就航記念セールを開催する。 設定路線と片道運賃は、札幌/千歳~仙台線が2,490円から、札幌/千歳~福岡線が3,590円から、仙台~台北/桃園線が4,390円から、札幌/千歳~台北/桃園線が4,490円から。燃油サーチャージ不要、諸税や支払い手数料のほか、受託手荷物、座席指定料金、コンタクトセンターや空港カウンター購入時の予約手数料は別途必要。 搭乗期間は9月26日から2018年2月28日までで、路線によって異なっており、適用曜日・除外日の設定がある。販売期間は9月25日まで。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了する。 同社は9月24日から25日にかけて、4路線を新規就航する。24日からは仙台〜札幌/千歳線で1日2便、札幌/千歳〜仙台・福岡線で毎日1便、札幌/千歳〜台北/桃園線で週3便、25日からは仙台〜台北/桃園線で週4便を運航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【LCC】ジェットスター、宮崎―成田線12月就航 1日1往復 - 09月21日(木)13:33  newsplus

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は20日、宮崎―成田線を12月21日から運航すると発表した。宮崎県と国内最大の国際空港である成田とを結ぶ路線開設は初めて。片岡優社長は「県民アンケートで約67%がLCCの宮崎―成田線の就航を希望していることが分かり、県と積極的に話し合いを進め、就航決定に至った」と説明した。  河野俊嗣宮崎県知事は「県民の海外渡航がより便利になるほか、インバウンド(訪日外国人)や首都圏からの観光客の増加が期待できる」と話した。戸敷正宮崎市長は「東京五輪・パラ...
»続きを読む
カテゴリー:

スクート、日本発着路線でセール 台北へ片道6,900円など - 09月20日(水)19:41 

スクートはきょう9月20日から24日まで、日本発着路線を対象にセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は6,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線と大阪/関西〜高雄線は7,900円から、大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田~バンコク/ドンムアン線は12,500円から、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は12,900円から、札幌/千歳~シンガポール線は14,500円から。スクートビズ運賃の設定もある。 搭乗期間は9月26日から2018年6月30日までで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、札幌/千歳〜仙台線の開設でセレモニー コアックマがお見送り - 09月24日(日)19:11 

ピーチは、札幌/千歳〜仙台線を、きょう9月24日より開設した。1日2便を運航する。 新千歳空港で開催されたセレモニーで、森健明副社長は、「北海道はピーチが最初に運航を開始した、特別な想いがある場所。関西と北海道の架け橋となるべく取り組んできた。新千歳空港から仙台、福岡、台北に路線を開設する。これから何度でも東北に出かけて、新しい魅力を発見し、全世界に発信してほしい。仙台の次は他の就航地にもお出かけ下さい。」と話した。セレモニーにはゆるキャラのコアックマも参加した。 ハッピーピーチの片道運賃は7,580円から39,980円となる。いずれも支払手数料と空港使用料、諸税は別途必要となる。 札幌/千歳〜仙台線は、AIRDO(エア・ドゥ)が5便、日本航空(JAL)が5便、全日空(ANA)が4便、ピーチが2便の1日計16便を運航することになる。 ピーチは、2011年に設立。2012年3月に関西国際空港を拠点として運航を開始した。現在は19機のエアバスA320型機を保有しており、1日90便以上を運航している。 ■ダイヤ MM413 仙台(10:00)〜札幌/千歳(11:15) MM417 仙台(14:45)〜札幌/千歳(16:00) MM414 札幌/千歳(12:00)〜仙台(13:05) MM418 札幌/千歳(17:00)〜仙台(18:05) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA、12月搭乗分で「旅割X」タイムセール開催 東京〜大阪間が片道6,000円台 - 09月23日(土)18:26 

全日空(ANA)は、公式ウェブサイト限定で販売する期間限定運賃「旅割X」のタイムセールを、9月23日から27日まで開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/羽田〜大阪/伊丹・神戸線は6,700円、東京/羽田〜稚内・オホーツク紋別・根室中標津線と名古屋/中部〜札幌/千歳線は8,000円、東京/羽田〜鳥取・米子・萩石見線と大阪/伊丹・静岡〜札幌/千歳線と名古屋/中部〜福岡線は9,000円、大阪/伊丹〜石垣線は9,500円、東京/羽田〜福岡・大分・長崎線は9,700円、札幌/千歳〜沖縄/那覇線は9,900円。搭乗期間は12月16日から27日まで。 購入後の予約変更はできず、払い戻しは搭乗日の54日前以降は取消手数料と払い戻し手数料が必要。支払期限は予約日当日となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、国内線4路線で「わくわくバニラ」セール 片道1,980円から - 09月22日(金)19:15 

バニラエアは、国内線4路線で「わくわくバニラSALE!」を開催している。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西~奄美・東京/成田線が1,980円から、東京/成田~函館・奄美線が2,980円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要。燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は10月11日から2018年1月31日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は9月27日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、5週連続セール第4弾 アジア各都市へ片道1,990円から - 09月21日(木)07:29 

ピーチは5週連続「もももももSALE!」の第4弾として、「アジア“も”SALE!」を9月27日午前0時から10月3日まで開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西~ソウル/仁川・釜山線が1,990円、沖縄/那覇~台北/桃園線が2,990円、沖縄/那覇~ソウル/仁川線が3,490円、大阪/関西~香港線が3,690円、沖縄/那覇~香港線が3,490円、東京/羽田・大阪/関西~上海/浦東線が3,590円、大阪/関西~台北/桃園線が3,990円、東京/羽田~ソウル/仁川線が4,290円、仙台~台北/桃園線が4,390円、札幌/千歳~台北/桃園線が4,490円、大阪/関西~高雄線と東京/羽田~台北/桃園線が4,590円、沖縄/那覇~バンコク/スワンナプーム線が4,990円。燃油サーチャージなし、諸税や支払い手数料別。受託手荷物、座席指定料金のほか、コンタクトセンターや空港カウンター購入時の予約手数料は別途必要となる。 搭乗期間は10月1日から2018年2月13日までで、路線によって異なっており、除外日も設定されている。座席数には限りがあり、売り切れ次第終了する。 ■関連記事 ピーチ、5週連続で「もももももSALE!」 1週目は香港線が1,400円! ピーチ、5週連続で「もももももSALE!」 2週目は国内線が片道1,990円から! ピーチ、5週連続セール第3弾 韓国線が片道1,990円から
カテゴリー:

宮崎―成田871円、チキン南蛮価格 ジェットスター - 09月20日(水)18:24 

 12月21日に宮崎―成田線を就航させるジェットスター・ジャパン(本社・千葉県)は21~25日、宮崎名物のチキン南蛮にちなんだセールをする。その名も「チキン南蛮価格に挑戦!セール」。片道運賃871円(…
カテゴリー:

もっと見る

「片道運賃」の画像

もっと見る

「片道運賃」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる