「片桐仁」とは?

関連ニュース

丸山隆平、共演者から部屋の様子バラされる 「しばらく誰も来ていないでしょ」「絶対女っ気ない」 - 09月22日(金)10:54 

 映画『泥棒役者』完成披露試写会イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の丸山隆平(関ジャニ∞)、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエと西田征史監督が出席した。  本作は一軒の豪邸を舞台に、“人違い”と“勘違い”をくり返すクセ者たち8人による“だまし・だまされ”の超喜劇エンターテインメント。かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ役で映画単独初主演を務めた丸山は「恐悦至極にございます。こういった方々とご一緒して影響も刺激も受けた。なにか人として成長していたらいいなと思います」と充実感をのぞかせた。  物語にちなんで丸山だけが金庫の扉から登場したが、「生まれて初めてですね。狭いのとか速いの、高いのがだめなので、その中の一つがここだった。怖かったです」と照れ笑い。客席から飛んだ「かわいいー!」の黄色い歓声に「センキューソーマッチ」とにこやかに応えたが、ユースケから「その代わりゲンかつぎでノーパンだからね」とばらされ笑いを誘った。  役を通して豪邸に忍び込んだ経験から「泥棒ってけっこう堂々とやっているイメージがあったけど、はらはらコソコソしているし、けっこう小声で話すんだなと思いました。今までにないくらいウィスパーなボイスで話しています」と話すなど天然ぶりを炸裂させ、ユースケに「当たり前だろう、泥棒だぞ」と突っ込まれた。  また、クランクイン前の...more
カテゴリー:

関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケからノーパンバラされる? - 09月21日(木)20:32 

 「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った「泥棒役者」の完成披露イベントが9月21日、東京・豊洲PITで行われ、丸山をはじめ共演の市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本で知られる西田監督が演出した、同名舞台を映画化。元金庫破りの泥棒・大貫はじめ(丸山)が、忍び込んだ豪邸で人に見つかり続け、バレたくない一心で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」を必死に演じる様子をコミカルに描いた。  会場一体となった「まるちゃ~ん」という掛け声をきっかけに、丸山が金庫のなかから現れると、満場の女性ファンから大歓声が。丸山は「金庫から登場は生まれて初めて」といい、「怖かったです。狭いのとか速いのとか高いものとか、ダメなので」と閉所は心細かった様子。そんな姿に観客から「かわいい~」と声援が送られたものの、ユースケは「(丸山は)今日ノーパンだからね。ゲンを担いで」とジョークを飛ばし、丸山は苦笑しきりだった。  それでも、映画単独初主演に対しては「恐悦至極でございます」と喜びを噛み締めた丸山。愉快な面々との撮影は「和気あいあいと楽しかった」そうで、「いろんな刺激も受けました。人として成長できていたら良いなと思いましたし、心に残る作品にな...more
カテゴリー:

関ジャニ∞丸山隆平、ノーパンで登壇!?ユースケからバラされる - 09月21日(木)20:20 

関ジャニ∞丸山隆平の映画単独初主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会が、9月21日に豊洲PITで開催。丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督が舞台挨拶に登壇した。ユースケから「今日、ノーパンだからね。げん担ぎで」とバラされた丸山は「しー!」と慌てて人差し指を口にした。 【写真を見る】石橋杏奈は黒のレースのドレスで登壇 丸山は映画単独初主演ということで「恐悦至極でございます」と恐縮した。ステージの金庫の扉から登場した丸山は「生まれて初めてで、ちょっと怖かったです。僕、狭いのと、速いのと、高いのがダメで。その中の1つがここだったので」と苦笑い。会場から「かわいい」と声が上がると、丸山は「センキュー・ソー・マッチ!」とおちゃめに笑うと、また黄色い歓声を浴びた。 宮川は、丸山との共演シーンのロケで、元彼女とバッタリ遭遇したエピソードを明かした。「19歳でつき合ってた子が急に現れて。『大ちゃん、どうしたの、その格好?』と。元カノで、ほんまにドッキリかと思いました」。 また、“泥棒”にちなみ、盗みたいものについて質問された丸山は「できることなら日本全国の女性のハートを盗みたいです」と言って、会場の女性ファンの心を鷲づかみにした。 『泥棒役者』は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を手がけた西田征史が、自作の舞台を...more
カテゴリー:

丸山隆平、自宅は“女っ気なし”暴露! 「全国の女性のハートを盗みたい」 - 09月21日(木)19:52 

アイドルグループ・関ジャニ∞の丸山隆平が21日、都内で行われた主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督とともに登場した。
カテゴリー:

芸人・片桐仁が都政にするどく切り込む!かと思いきや、何だかおかしな方向に - 09月19日(火)13:00 

お笑い芸人でありながら芸術家としても才能を発揮する、メガネとモジャモジャヘアーがトレードマークの片桐仁さん。 そんな片桐さんが、東京都政にギリギリの質問をしまくる動画シリーズが公開されています。 その名も『片桐仁の都政ギ […]
カテゴリー:

宮川大輔、映画撮影中に元カノと遭遇! 久々再会にグイグイで驚き - 09月21日(木)20:36 

お笑いタレントの宮川大輔が21日、都内で行われた映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に、丸山隆平(関ジャニ∞)、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督とともに登場した。
カテゴリー:

関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケから“ノーパン”バラされる? - 09月21日(木)20:32 

「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った「泥棒役者」の完成披露イベントが9月21日、東京・豊洲PITで行われ、丸山をはじめ共演の市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁...
カテゴリー:

宮川大輔、映画撮影中に元カノと再会 共演・丸山隆平もびっくり - 09月21日(木)20:03 

 お笑い芸人で俳優の宮川大輔(45)が21日、都内で行われた関ジャニ∞・丸山隆平の主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に出席した。丸山とともに臨んだ撮影の最中に「一番やりにくかったのが、駅前で目の前にスタッフさんがいないシーンでセリフを言おうと思ったら、僕が19歳の時に付き合ってた子が急に目の前に現れて、『大ちゃん!?』って…」と強烈エピソードを披露して会場をどよめかせた。 【写真】石橋杏奈、市村正親も参加した完成披露の模様  「いや今(カメラ)回ってるから…みたいな。ホンマ、ドッキリかと思った」という宮川に、その場に一緒にいたという丸山も「びっくりした」と驚いたそうで「グイグイきましたよね! 2人で座ってたんですよね」と、ひざを曲げてその場を再現。「『大ちゃんどうしたの!? その格好! 歯ぁ汚いじゃん!』って、その後やりにくかった」と、現役の泥棒役という劇中の扮装のままでの衝撃の再会を振り返った。  共演のユースケ・サンタマリア(46)がここで「結局その後、よりを戻したそうです」といつもどおりのテキトーぶりをみせると「戻してない! 向こうにも家庭ありますから。でも子どもの写真まで見せられました…スタッフ上で待ってたのに…」と爆笑を誘っていた。  2006年に西田征史監督(42)が作・演出を手掛けた同名舞台を映画化した今回、丸山演じる元泥棒の主人公・大貫...more
カテゴリー:

関ジャニ丸山、共演者に自宅の様子暴露される「女っ気がない」 - 09月21日(木)19:48 

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平(33)が21日、都内で行われた単独初主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に出席した。クランクイン前には共演の市村正親(68)、宮川大輔(45)や西田征史監督(42)を招いて自宅で読み合わせを行ったという丸山だったが、市村が「あれさ、絶対女っ気ないよね!? きったない部屋だった!」と暴露。宮川からも「しばらく誰もきてない部屋だった!」と重ねられ、大興奮のファンとは裏腹に、苦笑しきりだった。 【動画】主題歌が流れる『泥棒役者』の予告映像  劇中の内容にちなみ、盗みたいくらい欲しいものを聞かれた丸山は「できることなら日本全国の女性のハートを盗みたい」とドヤ顔で応えると、ファンからは大歓声。一方、宮川は「本読みの時、マルの部屋に行ったんですよ。ベースがば~っと置いてあったり、お酒が置いてあったりすごい“男の部屋”だった。僕は全然楽器できないですが、一番ええベースをパチりたいです」と得意げに回答した。  2006年に西田監督が作・演出を手掛けた同名舞台を映画化した今回、丸山演じる元泥棒の主人公・大貫はじめが昔の仲間に脅され忍び込んだ豪邸で、そこに訪問してきた人々から「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。捕まりたくない一心でその都度勘違いされた役を演じるはじめと周囲の人々のドタバタを喜劇的に描いていく。 ...more
カテゴリー:

岡崎京子と小沢健二と水中、それは苦しい『下北沢ダイハード』今夜8話 - 09月15日(金)11:30 

毎回まったく違う物語が繰り広げられ、見るまで(回によっては見始めても)これがどんなジャンルのドラマなのかわからないおもしろさがある『下北沢ダイハード』。なかでも異色というべき第6話から第8話を振り返りたい。第6話の主役は"場"のエネルギー頭っからSFだったのが第6話「未来から来た男」。登場するのはいきなり全裸の佐藤二朗である。彼はシーモキーター。2037年、平和で合理的な世界を構築したスーパーコンピューター、mamazonによって過去に送り込まれた存在。この世界の抵抗勢力、サブカルゲリラの抹消のため、過去に遡ってその首謀者であるコヤマ・サラとサブカルとの出会いを防ぐのだ。と、ここまで要約を書いていても、突拍子もなさすぎて不安になる。だが、言ってしまえばこの回は「場」の物語だったように思う。主人公はサラでもシーモキーターでもなく、下北沢のヴィレッジヴァンガード、その場所だ。ガイドブックを握りしめて上京した田舎者が、ヴィレヴァンでサブカルという「上から抑圧されてきたカルチャー」に出会う。そこには新譜新刊に混じって、数十年前の音楽やマンガがあふれている。同じようにサブカルチャーを愛する人々が集う。そして片桐仁もいる。そんな場にあふれるエネルギー。これこそが下北沢の魅力なのだろう。90年代サブカルまみれサラがサブカルと出会うきっかけとなる一冊が、岡崎京子の『東京ガールズブラボー』だ。92年...more
カテゴリー:

もっと見る

「片桐仁」の画像

もっと見る

「片桐仁」の動画

Wikipedia

片桐 仁(かたぎり じん、1973年11月27日 - )は、お笑い芸人日本コメディアン俳優彫刻家

埼玉県南埼玉郡宮代町出身。トゥインクル・コーポレーション所属。埼玉県立春日部高等学校多摩美術大学卒業。身長176cm。妻は元モデルでタレントの村山ゆき(現・片桐友紀)。

概要

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる