「片岡鶴太郎」とは?

関連ニュース

宅間×鶴太郎×篠田が贈る「シチュエーションコメディの最高傑作」 - 01月18日(木)16:35 

脚本家、演出家である宅間孝行が主宰する劇団「タクフェス」。2017年から始動した同劇団「春のコメディ祭!」シリーズの2018年公演は「笑う巨塔」。過去に宅間が主宰していた人気劇団・東京セレソンデラックスの解散前最後の作品「HUNGRY」として初演され、一度の再演を経た後、6年の時を経て、満を持しての再々演となる作品だ。「初期に書いた作品だが、シチュエーションコメディとしては最高傑作」と宅間が自負する本作の記者発表が、都内にて行われた。タクフェス「笑う巨塔」(PC)登壇したのは、宅間に加え、とび親方・花田を演じる片岡鶴太郎、その娘役である篠田麻里子に始まり、期待の若手俳優・松本享恭、お笑い芸人ながらも、役者としての活躍も目覚ましい鳥居みゆき、石井愃一、梅垣義明、かとうかず子ら、個性的なメンバー。25年ぶりの舞台出演となる片岡は、元々“飲み友達”としての親交が深い宅間が手がける作品について「下町っぽい雰囲気が漂っていて、自分自身、とても共感する部分が多い」と語り、「台詞を覚えられるかどうか全くわからないが、舞台の中で遊べればと思う」と、会場の久々の舞台出演について意欲を見せた。本格コメディ舞台へと挑戦する篠田は、「バラエティに富んだ豪華な出演陣に挟まれているので、新たな自分を探せるんじゃないかな、と楽しみ」と笑顔を見せ、「今回の作品は、たくさんの笑いが詰まっている作品だと思うので、『タ...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎、25年ぶり舞台出演 せりふ覚えに不安 - 01月11日(木)12:14 

 俳優で画家の片岡鶴太郎(62)が11日、都内で行われた舞台『笑う巨塔』製作発表会に出席。同作で25年ぶりに舞台出演する片岡は「せりふを覚えられるか全くわかりません」と不安を口にしつつ、「舞台のなかで遊びたい」と声を弾ませた。  舞台出演が久々になった理由については「絵を書き始めて、舞台をやると絵を書く時間がなくなってしまうから」と説明。「そろそろ遊びたいなと思ったときにオファーをいただいた」と喜び、「25年ぶりに刺激をいただこうかと思って。いい機会をいただきました」と感謝。けいこには5年ほど前から始めたヨガを毎日行ってから向かうといい、「全部やってから行くので、けいこ場に着いたときが全快。夕方から一人寝ているかもしれない」と話していた。  また、昨年末に一般男性と結婚した女優・浅野ゆう子(57)とはドラマで夫婦を演じた経験があり、「おめでとうございます」と祝福。「年頭からいい知らせをいただきました。ちなみに、私は去年離婚しましたけれど、一人の方がいいのになと思います」と自虐して笑わせた。  同舞台は、俳優の宅間孝行が作・演出を手がける「タクフェス」のシーズ「タクフェス春のコメディ祭!」第2弾。平穏だった病院に、ドタバタ騒動が起こるさまを描く。宅間、篠田麻里子、松本享恭、石井愃一、梅垣義明、かとうかず子、鳥居みゆきらが出演し、3月29日~4月8日まで東京グローブ座にて上演後、...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎:浅野ゆう子の結婚を辛口祝福 - 01月11日(木)13:57 

 お笑いタレントの片岡鶴太郎さんが11日、東京都内で行われた舞台「笑う巨塔」製作発表会見に出席。夫婦役での共演経験もある女優の浅野ゆう子さんの結婚を聞いた片岡さんは、驚きながらも「何はともあれ、ゆう…
カテゴリー:

「片岡鶴太郎」の画像

もっと見る

「片岡鶴太郎」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる