「片岡鶴太郎」とは?

関連ニュース

佐藤健、『コナン』ファンにメッセージ「いぬやしきも見て」 - 04月21日(土)06:00 

俳優の佐藤健が20日、都内で行われた映画『いぬやしき』の初日舞台あいさつに出席。「じじいがヒーロー」の本作に絡めて、登壇者にとっての「ヒーロー」を明かしあう中、佐藤は『名探偵コナン』のコナンを指名。「かっこいいです。今、コナンの映画がめちゃくちゃヒットしていますが、コナンファンに『いぬやしき』も見てねと言いたいです」と話して笑顔を見せた。定年を間近に控えた冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)が、あるきっかけから超人な能力を得て活躍する様を描く本作。壇上には佐藤のほか、木梨、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、メガホンをとった佐藤信介監督も登壇した。木梨は、登壇するやいなや「映画の仕事を久しぶりにやりました。素晴らしい作品にかかわれて光栄です」と感慨深げ。佐藤同様、自身のヒーロー像を問われると、「父の作三です」と即答し「僕と同じ顔しています。本物のじじいです」とにっこり。「祖師ヶ谷大蔵で、今も自転車屋をやっています。おなじみさんだと空気入れるの無料にしたり、冬のパンク修理を真水でやっていたり、そういうのを見た時にヒーローだなって思うんです」としみじみ語った。また、本作はベルギーで開催された「第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」のインターナショナルコンペディション部門作品賞でグランプリにあたる「ゴールデン・レイヴン賞」を受賞。審査員たちが「グランプリじゃな...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎、牛尾刑事をリスペクト「彼はストイック!ヨガをやっているのかも(笑)」 - 04月20日(金)17:00 

森村誠一の原作に、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直が初めて登場したのは1987年1月刊行の「駅」で、今年はなんと“牛尾刑事誕生30周年”に当たる。テレビ朝日では、片岡鶴太郎を主演に迎え…
カテゴリー:

片岡鶴太郎、牛尾刑事をリスペクト「彼はストイック!ヨガをやっているのかも(笑)」 - 04月20日(金)10:39 

森村誠一の原作に、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直が初めて登場したのは1987年1月刊行の「駅」で、今年はなんと“牛尾刑事誕生30周年”に当たる。テレビ朝日では、片岡鶴太郎を主演に迎え、牛尾刑事30周年記念作『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』を、4月22日(日)21時から放送。シリーズ5作目、1996年から約22年に渡って牛尾刑事を演じ続けている片岡が、この度“牛尾刑事”への思いを語った。牛尾正直刑事は、その名の通り、正直で実直。どんな事件でも足を棒にして捜査に当たり、複雑に絡み合った謎を丁寧に解きほぐし、真犯人にたどり着く。そんな牛尾刑事を22年間演じてきた片岡は、「彼は名前のとおり、“正直”な人。常に事件の謎について考えていて、ストイックでもある……。まるでヨガをやっている私のようです。たぶん牛尾刑事もヨガをやっているんじゃないかな(笑)」とジョークを交えながら、「僕は22年間、ずっと牛尾刑事の生き様に感銘を受け、彼を敬服している。“彼のような人間でありたい”という思いから役に入っていきます」と、常に牛尾刑事へのリスペクトを胸に作品に携わってきたことを明かした。記念作となる『殺意を運ぶ鞄』は、大都会の片隅で製薬会社の元社員の撲殺死体が見つかったところからはじまるストーリー。被害者は生前、電車で乗客に荷物を取り違えられたことがきっかけで人生を大きく変えて...more
カテゴリー:

牛尾刑事、原作登場30周年!プロデューサーが作品のウラ側を明かす - 04月20日(金)10:20 

片岡鶴太郎が、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直を演じている、日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(テレビ朝日系)が、4月22日(日)21時から放送。今年は、森村誠…
カテゴリー:

片岡鶴太郎、約22年間演じた牛尾刑事は「たぶんヨガをやっているんじゃないかな(笑)」 - 04月20日(金)08:00 

4月22日(日)夜9時から放送される「森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄」(テレビ朝日系)で主演を務める片岡鶴太郎が、約22年間演じている牛尾刑事を語った。 【写真を見る】片岡鶴太郎が“終着駅の牛尾刑事”への思いを語る/(C)テレビ朝日 同作の主人公、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと、牛尾正直が森村誠一の原作に初めて登場したのは1987年1月刊行の「駅」で、2018年は“牛尾刑事誕生30周年”となる。 シリーズ5作目、1996年から約22年にわたって牛尾刑事を演じ続けている片岡が、役柄への思いを語った。 「彼は名前の通り、“正直”な人。常に事件の謎について考えていて、ストイックでもある…。まるでヨガをやっている私のようです。 たぶん牛尾刑事もヨガをやっているんじゃないかな(笑)」とジョークを交えながら、「僕は22年間、ずっと牛尾刑事の生き様に感銘を受け、彼を敬服している。“彼のような人間でありたい”という思いから役に入っていきます」と、常に牛尾刑事へのリスペクトを胸に作品に携わってきたことを明かした。 片岡は「ありふれた日常の中で起きたちょっとした出来事から歯車が乱れ、大きな事件につながっていく…そんな人間の持つ儚さ、もろさを描いた物語が長期にわたって支持されてきた理由だと思います」とシリーズの魅力を分析。 「『殺意を運ぶ鞄』も、まさに日常に潜むもろさを描いた作品。い...more
カテゴリー:

佐藤健、『コナン』ファンにメッセージ「いぬやしきも見て」 - 04月21日(土)00:52 

俳優の佐藤健が20日、都内で行われた映画『いぬやしき』の初日舞台あいさつに出席。「じじいがヒーロー」の本作に絡めて、登壇者にとっての「ヒーロー」を明かしあう中、佐藤は『名探偵コナン』のコナンを指名。「かっこいいです。今、コナンの映画がめちゃくちゃヒットしていますが、コナンファンに『いぬやしき』も見てねと言いたいです」と話して笑顔を見せた。定年を間近に控えた冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)が、あるきっかけから超人な能力を得て活躍する様を描く本作。壇上には佐藤のほか、木梨、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、メガホンをとった佐藤信介監督も登壇した。木梨は、登壇するやいなや「映画の仕事を久しぶりにやりました。素晴らしい作品にかかわれて光栄です」と感慨深げ。佐藤同様、自身のヒーロー像を問われると、「父の作三です」と即答し「僕と同じ顔しています。本物のじじいです」とにっこり。「祖師ヶ谷大蔵で、今も自転車屋をやっています。おなじみさんだと空気入れるの無料にしたり、冬のパンク修理を真水でやっていたり、そういうのを見た時にヒーローだなって思うんです」としみじみ語った。また、本作はベルギーで開催された「第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」のインターナショナルコンペディション部門作品賞でグランプリにあたる「ゴールデン・レイヴン賞」を受賞。審査員たちが「グランプリじゃな...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎、牛尾刑事をリスペクト「彼はストイック!ヨガをやっているのかも(笑)」 - 04月20日(金)17:00 

森村誠一の原作に、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直が初めて登場したのは1987年1月刊行の「駅」で、今年はなんと“牛尾刑事誕生30周年”に当たる。テレビ朝日では、片岡鶴太郎を主演に迎え、牛尾刑事30周年記念作『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』を、4月22日(日)21時から放送。シリーズ5作目、1996年から約22年に渡って牛尾刑事を演じ続けている片岡が、この度“牛尾刑事”への思いを語った。牛尾正直刑事は、その名の通り、正直で実直。どんな事件でも足を棒にして捜査に当たり、複雑に絡み合った謎を丁寧に解きほぐし、真犯人にたどり着く。そんな牛尾刑事を22年間演じてきた片岡は、「彼は名前のとおり、“正直”な人。常に事件の謎について考えていて、ストイックでもある……。まるでヨガをやっている私のようです。たぶん牛尾刑事もヨガをやっているんじゃないかな(笑)」とジョークを交えながら、「僕は22年間、ずっと牛尾刑事の生き様に感銘を受け、彼を敬服している。“彼のような人間でありたい”という思いから役に入っていきます」と、常に牛尾刑事へのリスペクトを胸に作品に携わってきたことを明かした。記念作となる『殺意を運ぶ鞄』は、大都会の片隅で製薬会社の元社員の撲殺死体が見つかったところからはじまるストーリー。被害者は生前、電車で乗客に荷物を取り違えられたことがきっかけで人生を大きく変えて...more
カテゴリー:

牛尾刑事、原作登場30周年!プロデューサーが作品のウラ側を明かす - 04月20日(金)10:21 

片岡鶴太郎が、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直を演じている、日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(テレビ朝日系)が、4月22日(日)21時から放送。今年は、森村誠一の原作に牛尾刑事が登場して30周年(※初出は1987年1月刊行の『駅』)ということもあり、この放送を控え、第1作から「終着駅シリーズ」の歴史を知る佐藤凉一プロデューサーが、裏話や制作者としての思いを語った。――今作の見どころを教えてくださいこの「終着駅シリーズ」は、事件に関わる人々の人生を掘り下げて描き、最後に牛尾が“救い”を渡す、というドラマ。本作もそれが非常に色濃く映し出された内容で、30周年の節目にふさわしい作品になっています。“鞄の取り違え”という、日常生活で起こりそうな出来事がきっかけとなって人生が大きく変貌していくストーリーで、鞄の中身が違えばまた違うドラマになったかもしれません。とにかく,市井に生きる登場人物たちをきちんと描いた面白いストーリーだと思います。 ――「終着駅シリーズ」が長く支持されてきた理由は?やはり“人間を描く”という、一貫した視点が受け入れられているのだと思います。橋本綾さんをはじめ、脚本家の皆さんの人間を捉える目は鋭く、僕らには想像もつかないストーリーを毎回、構築してくださいます。あとは、牛尾刑事のキャラクターですね! 牛尾はとても実直な刑事で、ほかに...more
カテゴリー:

牛尾刑事、原作登場30周年!プロデューサーが作品のウラ側を明かす - 04月20日(金)10:20 

片岡鶴太郎が、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと牛尾正直を演じている、日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(テレビ朝日系)が、4月22日(日)21時から放送。今年は、森村誠一の原作に牛尾刑事が登場して30周年(※初出は1987年1月刊行の『駅』)ということもあり、この放送を控え、第1作から「終着駅シリーズ」の歴史を知る佐藤凉一プロデューサーが、裏話や制作者としての思いを語った。――今作の見どころを教えてくださいこの「終着駅シリーズ」は、事件に関わる人々の人生を掘り下げて描き、最後に牛尾が“救い”を渡す、というドラマ。本作もそれが非常に色濃く映し出された内容で、30周年の節目にふさわしい作品になっています。“鞄の取り違え”という、日常生活で起こりそうな出来事がきっかけとなって人生が大きく変貌していくストーリーで、鞄の中身が違えばまた違うドラマになったかもしれません。とにかく、市井に生きる登場人物たちをきちんと描いた面白いストーリーだと思います。 ――「終着駅シリーズ」が長く支持されてきた理由は?やはり“人間を描く”という、一貫した視点が受け入れられているのだと思います。橋本綾さんをはじめ、脚本家の皆さんの人間を捉える目は鋭く、僕らには想像もつかないストーリーを毎回、構築してくださいます。あとは、牛尾刑事のキャラクターですね! 牛尾はとても実直な刑事で、ほかに...more
カテゴリー:

片岡鶴太郎が22年間演じた役に言及「ヨガをやっている私のよう」 - 04月20日(金)08:00 

俳優でタレントの片岡鶴太郎が、テレビ朝日系ドラマ『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』(22日21:00~)の放送を前に、96年より22年間演じ続けてきた主人公・"牛尾刑事"への想いを語った。
カテゴリー:

もっと見る

「片岡鶴太郎」の画像

もっと見る

「片岡鶴太郎」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる