「片岡鶴太郎」とは?

関連ニュース

【昼ドラ】倉本聰作品だからこそ!『やすらぎの郷』に豪華ゲストが続々登場「普通では考えられないような役どころ」 - 04月17日(月)08:14 

倉本聰氏(82)の脚本、石坂浩二(75)、浅丘ルリ子(76)、八千草薫(86)、加賀まりこ(73)ら豪華出演者で話題を集めているテレビ朝日のドラマ「やすらぎの郷」(月~金、後0・30)に、今後、豪華ゲストが続々と登場することになった。 現時点で決定しているのは片岡鶴太郎(62)、上川隆也(51)、神木隆之介(23)、清野菜名(22)、津川雅彦(77)、冨士眞奈美(79)、向井理(35)の7人。それぞれが人気俳優で多忙を極めているが、ドラマ「北の国から」シリーズなど数々の名作を手がけてきた倉本氏...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

神木隆之介、『やすらぎの郷』ゲスト出演 『風のガーデン』に続き「幸せ」 - 04月17日(月)07:00 

 俳優の神木隆之介(23)が、テレビ朝日系で放送中の帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)に、ゲスト出演することがわかった。同ドラマは、「シニア世代も楽しめるドラマを」という脚本家・倉本聰氏とテレビ朝日がタッグを組み、新設ドラマ枠で今月3日にスタート。神木は2008年に倉本氏の脚本ドラマ『風のガーデン』(フジテレビ)に主人公の息子役でレギュラー出演しており、「今回が2度目になります。再び先生の作品に携わることができて、この上ない幸せを感じております。精一杯頑張ります」とコメントを寄せている。 【写真】倉本聰氏を囲む豪華レギュラー出演者  同ドラマは、石坂浩二を主役に、浅丘ルリ子、八千草薫、加賀まりこといった昭和から平成にかけて活躍し続ける大スターが顔をそろえ、テレビの全盛期を支えた“業界人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、シニア世代が直面するさまざまな問題をユーモラスに描く。  すでに放送済みの回では、近藤正臣、小松政夫がゲスト出演。伊吹吾郎、倉田保昭が1カットだけ出演するなど、「今後も、普通では考えられないような方々に普通では考えられないような役どころでご出演いただきます」と中込卓也プロデューサー。  神木のほかにも、今後、ゲストとして片岡鶴太郎、上川隆也、清野菜名、津...more
in English
カテゴリー:

鶴太郎さんの作品一堂 博多阪急で - 04月14日(金)07:32 

タレントの片岡鶴太郎さんが伊万里市の伊万里陶苑(金子秀樹社長)を訪れて制作した作品群が一堂に会する「痴陶人(ちとうじん)に魅せられて~片岡鶴太郎と伊万里陶苑」が、14日から福岡市博多区の博多阪急7階イベントホールで開かれる。入場無料。23日まで。 片岡さんはお笑い、俳優とマルチに活躍する傍らで芸術家の一面も持つ。同社の創業に携わった澤田痴陶人(故人)の作品に触れたのをきっかけに、伊万里をたび...
in English
カテゴリー:

話題騒然!「やすらぎの郷」上川隆也らオールスターゲスト判明 - 04月17日(月)07:00 

石坂浩二を主役に浅丘ルリ子、八千草薫、加賀まりこら日本を代表する大スターが顔をそろえ、昼の帯ドラマとしては驚異的なキャストの集結で話題を呼ぶ「帯ドラマ劇場 やすらぎの郷」(毎週月~金曜昼0.30-0:50、テレビ朝日系)より、新たな大物ゲストの出演が発表された。 【写真を見る】主演映画「3月のライオン」後編が間もなく公開の神木隆之介も! 今後登場することが決まったのは、片岡鶴太郎、上川隆也、神木隆之介、清野菜名、津川雅彦、冨士眞奈美、向井理といったドラマ・映画で主役級の役どころで出演することが多い、豪華なメンバー。 その他、織本順吉、上條恒彦、きたろう、佐々木すみ江、品川徹、柴俊夫、毒蝮三太夫、布施博、村田雄浩といったそうそうたる名優たちも続々登場するという。平穏なはずの「やすらぎの郷」に、心中穏やかでない波乱を巻き起こしていく。 誰が、いつ、どんな役柄で登場するのか、オールスター俳優たちが運んでくる今後のドラマティックな展開に、期待が大きすぎて心が“やすまる”ことがなさそうだ。 【上川隆也コメント】 倉本(聰)さんの作品に出演させていただくのは2度目になります。そもそも僕は倉本さんの作品がとても好きで、10代の頃からずっと見てきた者の一人として、どんな形でも作品に関われたことを光栄に思っています。今回も石坂さんと二人きりで広大な自然の中で演じさせていただいて、ぜいたくな時間を持っ...more
in English
カテゴリー:

牛尾刑事・片岡鶴太郎 セリフが多いのに寡黙な男の演じ方 - 04月16日(日)07:00 

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、片岡鶴太郎が「終着駅」シリーズで主人公の牛尾正直刑事を演じるにあたって監督から言われたこと、そして監督の演出イズムをどのように理解しているのかについて、片岡自身が語った言葉をお届けする。  * * *  片岡鶴太郎は1996年からテレビ朝日「土曜ワイド劇場」枠の「終着駅」シリーズで主人公の牛尾刑事を演じ続ける。監督は一貫して、かつては市川雷蔵の映画などを撮ってきたベテラン・池広一夫だ。 「監督からは『牛尾刑事は寡黙な男なんで、そんな感じでやってくれる?』と言われていました。それならセリフも少ないんだろうと思って台本を開いたら、とんでもなく多いんですよ。『寡黙だというのに、こんなに喋っていいんですか』と監督に言ったら『いいの』って。ようするに、『字面を見ると多いけど、それをおしゃべりだなと思わせないで、最終的に寡黙だと印象を与えればいい』ということです。  たしかに、牛尾刑事は無駄口を叩かないんですよね。その時その時に誠実に接していく。謎解きの場面のセリフは多いですが、感情を抑えて冷静に演じることで、あまり喋っていないようにしようと思っています。  池広監督は、今はこの一本だけを撮られています。年に二回。つまり、監督にとっては一年の全てがこのための日々なんですよね。出来あがった台本は監督の熱...more
in English
カテゴリー:

「片岡鶴太郎」の画像

もっと見る

「片岡鶴太郎」の動画

Wikipedia

片岡 鶴太郎(かたおか つるたろう、1954年12月21日 - )は、日本俳優お笑いタレント歌手画家プロボクサー。身長161cm、体重47kg、本名は荻野 繁雄(おぎの しげお)。愛称は「鶴ちゃん」。太田プロダクション所属。絵を描くときのみ左利き。弟は太田プロダクション社員(バラエティマネージメント1部部長)の荻野良乙(よしお)。

東京都荒川区西日暮里出身。東京都立竹台高等学校卒業。

概要 生い立ち

実家の荻野家は埼玉県所沢市の農家であり週刊文春 2004年3月4日号 p.70〜73「家の履歴書(461)」、父方の祖父は神田で...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる