「片仮名」とは?

関連ニュース

「左右」「四月一日」「八月一日」…この苗字、読めますか? - 08月09日(水)15:06 

日本語を学ぶ外国人の数は年々増加していますが、彼らを悩ますもののひとつに「日本人の苗字の多さ」があるそうです。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、著者で日本語教師の経験を持つ須田將昭さんがそんな事情に触れつつ、日本人でも読めないような珍しい苗字も紹介しています。 日本語を学ぶのは難しい? 私の前職は日本語教師。外国人に日本語を教える仕事です。 日本語は、文字の面では漢字、平仮名、片仮名があって複雑です。欧米圏出身の方にとっては、形をしっかり認識することすら大変なものです。その点、中国・台湾出身の人達は漢字に慣れていますので、まだハードルが低くなります。 ただ、そういうアジア圏の人達にとっても頭を悩ます問題があります。それは、日本人の苗字の種類の多さです。 佐藤、鈴木が日本で一、二位を争う苗字だといっても、1クラス40人の中で30人をこの二つで占めるということはありません。せいぜい二つ合わせて4、5人いれば多い方でしょう。 それ以外にクラスの中で同じ苗字の人がいるというのは、特殊な場合を除いて(地域的に偏りがあるなど)なかなかないものです。 同じ漢字を使う中国では、「王」「李」の二つで14~15%を占めるようです(「王」さんは人口でいえば約9,000万人以上います…すごい)。 日本人でも、異業種交流会のような場で一度に十数人の人と会うと、なじみの無い苗字の方がいるのは...more
カテゴリー:

「片仮名」の画像

もっと見る

「片仮名」の動画

Wikipedia

片仮名(かたかな)とは、日本語の表記に用いられる音節文字のこと。仮名の一種で、借字を起源として成立した。

概要

日本語では主に次のような場面で用いられる。

  • 漢文訓読・注釈等にかかわる場合
    • 漢文訓読における添え仮名
  • 音を示すことを目的とする場合
    • 外来語
    • 漢字文化圏の国を除く外国の人名・地名などの固有名詞
      • なお、中国や韓国など漢字文化圏の国の固有名詞を表す場合でも、地名(韓国の場合は人名も)を片仮名で表記する場合もある。
    • 擬音語・擬態語(ただし、平仮名でも表記できる(特に擬態語))
    • 漢字の音(音読み、固有名詞の特殊な読み、日本語以外の言語での発音、常用漢字外の文字の仮名表記)
      • 逆にあえて平仮名を使うことで、「本来とは違う日本語的な発音」というニュアンスを示せる...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる