「燃油サーチャージ」とは?

関連ニュース

バニラエア、片道3,980円からの「わくわくバニラSALE!」開催 あすから - 06月23日(金)08:21 

バニラエアは、6月23日午後6時から28日午後11時30分まで、「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜函館・奄美大島線は3,980円から、東京/成田〜沖縄線が4,380円から、東京/成田〜函館線は4,980円から、東京/成田〜香港は5,680円から。諸税は別途必要。燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は7月11日から8月31日までで、路線によって異なっている。座席数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エールフランス、パリ・ニース行き特別運賃販売 26日まで - 06月21日(水)21:54 

エールフランスは、6月13日午後7時から26日まで、パリ・ニース路線で特別運賃を提供している。 エコノミークラスでの設定路線と往復運賃は、東京/成田・東京/羽田・大阪/関西〜パリ・ニース線が77,000円から。燃油サーチャージ・諸税は別途必要。 旅行期間は9月4日から11月30日までで、予約クラスは「R」。旅行日数は5日から21日間。パリでのストップオーバーはできないものの、オープンジョーは可能。変更や払い戻しは不可。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、往復予約で復路が10円 23日まで - 06月20日(火)19:43 

香港エクスプレス航空は、6月20日午前1時から23日午前1時(日本時間)まで、日本線を含む各路線を対象に、往復予約で復路が10円となるセールを開催する。 東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・高松・福岡・名古屋/中部・広島・鹿児島・石垣・釜山・ソウル/仁川・済州・台中・花蓮・チェンマイ・チェンライ・プーケット・ダナン・ニャチャン・シェムリアップ・サイパンと香港を結ぶ路線が対象。10円となるのは運賃部分のみで、燃油サーチャージ、諸税や空港使用料などは別途必要。香港発の往復旅程では片道が無料となっている。 搭乗期間は8月28日から2018年4月30日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は138,000席以上となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、東京/成田〜香港線を片道4,580円から発売 席数限定 - 06月16日(金)18:46 

バニラエアは、6月16日午後6時から21日午後11時30分まで、国際線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜香港線が4,580円から。燃油サーチャージなし、支払手数料や旅客施設使用料、諸税は別となる。受託手荷物料金や座席指定料金も別途必要。 搭乗期間は、9月1日から10月28日までとなっている。提供座席数には限りがあり、一部日程や便には設定がない場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エールフランス、ビジネスクラスで特別運賃販売 往復29万円 - 06月16日(金)11:30 

エールフランスは、6月22日までビジネスクラス対象のセールを開催している。 往復運賃はいずれも290,000円からで、設定路線は東京/羽田・東京/成田・大阪/関西〜パリ・ニース・マルセイユ・ボルドー・リヨン・トゥールズ・ストラスブール・ミラノ・ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ナポリ・ボローニャ・ジェノヴァ・トリノ・バルセロナ・マドリード・ビルバオ・マラガ・ジュネーブ・バーゼル・リスボン・ロンドン・マンチェスター・バーミンガム・プラハ・ブダペスト・ウィーン・ワルシャワ・コペンハーゲン・ストックホルム・オスロ・ルクセンブルク線。燃油サーチャージ・空港税は別途必要。 旅行期間は7月11日から8月31日までで、予約クラスは「Z」。パリでのストップオーバーは往路・復路1回ずつ可能で、1回につき手数料20,000円が必要となる。オープンジョーは可能で、変更は不可。出発前に限り50,000円の手数料を支払うことで、払い戻しが可能。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、国内・国際線で48時間セール開催 片道1,990円から - 06月22日(木)17:43 

ピーチはあす6月23日午前0時から24日まで、国内線・国際線を対象に「48時間限定セール」を開催する。 設定路線と片道運賃は、国内線は、大阪/関西~松山・宮崎線は1,990円から、大阪/関西~福岡・長崎・鹿児島線と福岡~沖縄/那覇線、仙台〜札幌/千歳線は2,490円から、大阪/関西~仙台線は2,690円から、大阪/関西~東京/成田線は2,790円から、大阪/関西~札幌/千歳線と東京/成田~福岡線は2,990円から、大阪/関西~沖縄/那覇線が3,490円から、札幌/千歳〜福岡線は3,590円から、大阪/関西~石垣線は3,990円から。 国際線は、大阪/関西~釜山線は1,990円から、大阪/関西・沖縄/那覇~ソウル/仁川線と沖縄/那覇〜香港線は3,490円から、大阪/関西~上海/浦東線が3,590円から、大阪/関西~香港線が3,690円から、東京/羽田~ソウル/仁川線が4,290円から、仙台〜台北/桃園線は4,390円から、大阪/関西~台北/桃園線と東京/羽田~上海/浦東線が4,590円から、札幌/千歳〜台北/桃園と沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は4,990円から。いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。 搭乗期間は7月3日から12月21日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA/国際線貨物の燃油サーチャージ、現行と同額 - 06月20日(火)20:22 

ANAグループは6月20日、国際線貨物における燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の運賃額を現行と同額としたと発表した。 適用期間は7月1日発行分より、日本発の長距離(日本=北米・欧州・中東など)が1kg当たり43円(現 […]
カテゴリー:

キャセイパシフィックグループ、8月以降の燃油サーチャージ据え置き - 06月18日(日)19:15 

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、8月1日から9月30日発券分の燃油サーチャージを据え置くと発表した。 日本発香港・台北線は片道1,000円で、香港以遠路線は、南西太平洋・北米・ヨーロッパ・中東・アフリカ・南アジア亜大陸方面は同4,500円、その他の路線は1,000円となる。 キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡・沖縄/那覇と香港・台北/桃園を結ぶ路線を毎日20便以上運航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

カンタス航空、パース線対象のセール開催 往復7.5万円から - 06月16日(金)15:54 

カンタス航空は、パース線を対象に「Wildflower Sale」を6月30日まで開催している。 東京/成田〜パース線が往復75,000円から。燃油サーチャージなし、諸税別。2歳以上11歳以下と2歳未満で座席を利用する場合は大人運賃の75%、2歳未満で座席を利用しない場合は大人運賃の10%が必要。 旅行期間は12ヶ月以内。途中降機は往復各1回それぞれ10,000円、予約変更は出発前20,000円、出発後30,000円、払い戻しは出発前に限り30,000円で受け付ける。予約クラスは「O・Q・N」となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ターキッシュエア、1週間限定セール第2弾開催 ヨーロッパ往復2.5万円から - 06月16日(金)09:34 

ターキッシュ・エアラインズは、6月16日から22日までの1週間限定で「プレミアムサードフライデー」キャンペーンの第2弾を開催し、ヨーロッパ11カ国行きを対象としたセール運賃を販売する。 ロンドン、パリ、ベルリン、フランクフルト、ミュンヘン、バルセロナ、マドリッド、ミラノ、ローマ、ヴェネツィア、アテネ、ザグレブ、プラハ、マルタ、ウィーン、リスボンの11カ国16都市行きを対象に、エコノミークラス往復で25,000円から販売する。燃油サーチャージ、空港使用料別。搭乗期間は10月15日から2018年2月28日まで。ターキッシュエアラインズのウェブサイトをはじめ、旅行代理店でも販売する。5月に実施した第1弾では、プラハ、マルタ、パリ、バルセロナ、リスボンの5都市が予約上位だった。 ターキッシュ・エアラインズは、トルコ・イスタンブールを拠点に世界120ヶ国299都市に就航している。スカイトラックス社のワールド・エアライン・アワードでは6年連続でヨーロッパでナンバーワンの「ベスト エアライン ヨーロッパ」に輝いている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「燃油サーチャージ」の画像

もっと見る

「燃油サーチャージ」の動画

Wikipedia

燃油サーチャージ(ねんゆサーチャージ)とは、燃料とする油(灯油軽油重油など)の価格追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。名称としては、燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金、燃料加算金、燃料課徴金、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージ(Fuel Surcharge)[重要・至急]フューエルサーチャージ、金額改定のお知らせ スタークルーズ日本オフィス、2008年5月8日付発表。などとも呼ばれる。

燃料価格の急激な変動により契約、または料金表設定時の運賃では運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置として海運業界が1970年代から導入し、2000年代には航空陸運業界にも広まった。

料金表を設定し、運行時点での燃料価格に応じた価格をサーチャージとして追加徴収する形式が一般的で、燃料価格が一定以下に下落した場合は徴収しない料金表とする場合もある。

航空

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる