「燃油サーチャージ」とは?

関連ニュース

片道180円で香港へ! 香港エクスプレス、180円セールに高松など3路線を新たに追加 合計16路線に - 04月28日(金)21:48 

香港エクスプレス航空は、4月25日午前1時から5月1日午前1時まで開催しているセールの対象路線に、4月29日午前1時から、高松・ニャチャン・昆明~香港線の3路線を追加する。 4月25日午前1時から東京/成田・鹿児島・済州~香港線、26日午前1時から福岡・チェンマイ・釜山~香港線、27日午前1時から名古屋/中部・ソウル/仁川・プーケット・グアム〜香港線、4月28日午前1時から東京/羽田・花蓮・サイパン~香港線でセールを開始しており、追加3路線と合わせて全16路線が対象となる。 片道運賃は180円、香港ドル建てでは8香港ドル。旅行期間は5月9日から2018年3月24日まで。諸税・燃油サーチャージは別途必要。座席数には限りがあり、対象外となるフライトもある。販売座席数は、日本線については4,500席以上を用意している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、片道180円セールに東京/羽田~香港線など3路線追加 - 04月27日(木)19:43 

香港エクスプレス航空は、4月25日午前1時から5月1日午前1時まで開催しているセールの対象路線に、4月28日午前1時から、東京/羽田・花蓮・サイパン~香港線の3路線を追加する。 4月25日午前1時から東京/成田・鹿児島・済州~香港線、26日午前1時から福岡・チェンマイ・釜山~香港線、27日午前1時から名古屋/中部・ソウル/仁川・プーケット・グアム線でセールを開始しており、追加3路線と合わせて全13路線が対象となる。 片道運賃は180円、香港ドル建てでは8香港ドル。旅行期間は5月9日から2018年3月24日まで。諸税・燃油サーチャージは別途必要。座席数には限りがあり、対象外となるフライトもある。販売座席数は、日本線については4,500席以上を用意している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、名古屋/中部〜香港線など4路線もセールに追加 片道180円から - 04月26日(水)22:50 

香港エクスプレス航空は、4月25日午前1時から5月1日午前1時まで開催しているセールに、4月27日午前1時から、名古屋/中部・ソウル/仁川・プーケット・グアム〜香港線も追加する。 4月25日午前1時から東京/成田・鹿児島・済州〜香港線、4月26日午前1時から福岡・チェンマイ・釜山〜香港線でセールを開始しており、10路線が対象となる。 片道運賃は180円、香港ドル建てでは8香港ドル。旅行期間は5月9日から2018年3月24日まで。諸税・燃油サーチャージは別途必要。座席数には限りがあり、対象外となるフライトもある。販売座席数は全7,600席以上、日本線では3,500席以上を用意している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、片道180円セールに福岡〜香港線など3路線を追加 - 04月26日(水)15:34 

香港エクスプレス航空は、4月26日午前1時から5月1日午前1時まで、片道運賃が180円となるセールを開催している。 設定路線は福岡・チェンマイ・釜山〜香港線で、すでに4月25日より発売を開始している、東京/成田・鹿児島・済州〜香港線を加えた6路線が対象となる。 旅行期間は5月9日から2018年3月24日まで。香港ドル建てでは8香港ドル。諸税・燃油サーチャージは別途必要。座席数には限りがあり、対象外となるフライトもある。販売座席は全3,900席以上、日本線では2,800席以上を用意している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

アシアナ航空、沖縄就航25周年記念キャンペーン開催 沖縄発運賃25%OFF - 04月24日(月)21:56 

アシアナ航空は、沖縄〜ソウル/仁川線就航25周年を記念して、6月までの毎月25日出発便限定で特別運賃を提供する。 対象路線は沖縄〜ソウル/仁川線で、4月25日・5月25日・6月25日出発便限定で運賃が25%オフとなる。割引適用例では、ビジネスクラスが往復60,000円から、エコノミークラスが往復20,000円から購入できる。燃油サーチャージ・各種税金・手数料は別途必要となる。予約はアシアナ航空沖縄支店のみで可能となり、ホームページやモバイルアプリ等では購入できない。 また公式ホームページ、モバイルアプリで、4月21日から5月30日までの間に沖縄〜ソウル/仁川・釜山線(第三国行き経由便も対象)を購入した人の中から抽選で、往復航空券などが当たるキャンペーンも同時開催する。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

中国南方航空、日本発東南アジア往復が15,000円からのセール 全19路線対象 - 04月27日(木)20:55 

中国南方航空は、東京・大阪発東南アジア往復が15,000円からのセールを5月5日まで開催している。 対象路線と往復運賃は、大阪/関西発のニャチャン・ハノイ・ホーチミン・フーコック線が15,000円から、東京/羽田・東京/成田発のバンコク・ハノイ・プーケット・クアラルンプール・プノンペン・フーコック・シェムリアップ・ホーチミン・シンガポール行きが17,100円から、大阪/関西発のバンコク・プーケット・クアラルンプール・プノンペン・シェムリアップ・シンガポール行きが17,500円から。燃油サーチャージや諸税等は別途必要となる。対象搭乗期間は5月10日から6月30日まで。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

バニラエア、奄美線など5路線対象にセール 片道3,780円から - 04月27日(木)18:24 

バニラエアは、あす4月28日午後7時から5月4日午後11時30分まで、国内線・国際線5路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西~奄美線が3,780円から、東京/成田~函館・奄美線が3,980円から、東京/成田~沖縄/那覇線が4,380円から、東京/成田~台北/桃園線が5,480円から。燃油サーチャージなし、支払手数料や旅客施設使用料、諸税は別となる。受託手荷物料金や座席指定料金も別途必要。 搭乗期間は5月22日から6月30日までで、路線により異なっている。提供座席数には限りがあり、一部日程や便には設定がない場合がある。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

アエロメヒコ、メキシコ・中南米行き「GW直前セール」開催 メキシコ往復6万円台から - 04月26日(水)17:03 

アエロメヒコ航空は、4月30日まで、日本発メキシコ・中南米路線で「GW直前セール」を開催している。 設定路線と往復運賃は、東京/成田〜メキシコシティ線が65,500円からなどで、日本〜メキシコとブラジル、チリ、アルゼンチンを除く中南米線が対象となる。燃油サーチャージ、諸空港税は別途必要。 旅行期間は12月15日までで、最大滞在日数は30日間。途中降機は1回につき100米ドルで2回まで可、中南米は不可となっている。予約クラスはN・Eクラスとなる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本発着含む国際線全線が50%オフとなるセールを開催中 - 04月26日(水)13:38 

セブパシフィック航空は、5月1日午前1時まで、国際線全路線が50%オフとなるセールを開催している。 搭乗期間5月16日から10月1日まで。公式サイトでの表示運賃は諸税・燃油サーチャージ込みの総額。プロモーション運賃での販売座席数は限られており、返金はできない。変更はフィリピン国内線は1,500フィリピンペソ(約3,323円)、短距離国際線は2,300フィリピンペソ(約5,095円)、長距離国際線は2,800フィリピンペソ(約6,203円)を支払うことで、出発の4時間前まで可能。 日本語版公式サイトでキャンペーン内容がうまく表示されない場合は、フィリピン版の英語サイトで詳細を確認できる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、東京/成田・鹿児島・済州〜香港線が片道180円となるセールを開催 2,300席以上を販売 - 04月24日(月)20:11 

香港エクスプレス航空は、日本時間4月25日午前1時から5月2日午前1時まで、片道運賃が180円となるセールを開催する。 設定路線は東京/成田・鹿児島・済州〜香港線で、旅行期間は日本時間の5月9日午前1時から25日午前1時まで。香港ドル建てでは8香港ドル。諸税・燃油サーチャージは別途必要。座席数には限りがあり、対象外となるフライトもある。 販売座席は全2,300席以上、日本線では1,900席以上を用意している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

もっと見る

「燃油サーチャージ」の画像

もっと見る

「燃油サーチャージ」の動画

Wikipedia

燃油サーチャージ(ねんゆサーチャージ)とは、燃料とする油(灯油軽油重油など)の価格追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。名称としては、燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金、燃料加算金、燃料課徴金、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージ(Fuel Surcharge)[重要・至急]フューエルサーチャージ、金額改定のお知らせ スタークルーズ日本オフィス、2008年5月8日付発表。などとも呼ばれる。

燃料価格の急激な変動により契約、または料金表設定時の運賃では運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置として海運業界が1970年代から導入し、2000年代には航空陸運業界にも広まった。

料金表を設定し、運行時点での燃料価格に応じた価格をサーチャージとして追加徴収する形式が一般的で、燃料価格が一定以下に下落した場合は徴収しない料金表とする場合もある。

航空

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる