「燃油サーチャージ」とは?

関連ニュース

ピーチ、48時間限定セール開催 国内・国際線が片道1,990円から - 10月19日(木)19:58 

ピーチ(Peach)は、10月20日から21日まで、48時間限定セールを開催する。 シンプルピーチプロモの片道運賃は、大阪/関西〜松山・釜山線は1,990円から、大阪/関西〜宮崎線は2,290円から、大阪/関西〜福岡・長崎・鹿児島線と福岡〜沖縄/那覇線、仙台〜札幌/千歳線は2,490円から、大阪/関西〜東京/成田線は2,790円から、大阪/関西〜札幌/千歳・仙台線と沖縄/那覇〜台北/桃園線は2,990円から、沖縄/那覇〜大阪/関西・ソウル/仁川線は3,490円から、東京/羽田・大阪/関西〜上海/浦東線と福岡〜札幌/千歳線は3,590円から、大阪/関西〜香港線は3,690円から、仙台〜札幌/千歳線は3,790円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は3,990円から、大阪/関西〜石垣線は4,090円から、東京/成田〜福岡線と東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は5,390円から。 搭乗期間は10月30日から2018年2月28日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。燃油サーチャージなし、空港使用料、支払手数料、受託手荷物料金、座席指定料金、コンタクトセンターと空港カウンターで購入の際の予約手数料等は別途必要となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、2017年12月~2018年1月発券分の燃油サーチャージを引き上げ ハワイ2000円増、北米・欧州3500円増など - 10月18日(水)17:34 

 JAL(日本航空)は10月18日、2017年12月1日から2018年1月31日に発券する国際線航空券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を改訂すると発表した。
カテゴリー:

アシアナ航空、エアバスA380型機利用の東京/成田〜ソウル/仁川線でセール 往復1.4万円から - 10月18日(水)11:01 

アシアナ航空は、エアバスA380型機の東京/成田~ソウル/仁川線就航を記念して、同路線の特別運賃を販売している。 対象便は、エアバスA380型機で運航するOZ101便・OZ102便。対象出発日と往復運賃は、11月23日出発分までが16,000円から、11月24日から12月27日までが14,000円から。燃油サーチャージ、諸税別。金・土曜出発の場合は週末料金6,000円を加算する。 いずれも販売座席数には限りがある。キャンペーン期間は10月29日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「燃油特別付加運賃」、及び「航空保険特別料金」について - 10月17日(火)12:00 

チャイナ エアライン、及びマンダリン航空では、「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」、及び「航空保険特別料金」を設け、航空燃油価格、航空保険料の高騰や、航空保安強化による費用増の一部をお客様にご負担いただいております。2017年12月1日以降、下記の通り航空券発券時に申し受けさせていただきますのでお客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。また、航空保険・保安費超過負担料についても同様に引き続き各区間ごとに300円を適用させていただきます。
カテゴリー:

ピーチ、48時間限定セール開催 国内・国際線が片道1,990円から - 10月19日(木)19:58 

ピーチ(Peach)は、10月20日から21日まで、48時間限定セールを開催する。 シンプルピーチプロモの片道運賃は、大阪/関西〜松山・釜山線は1,990円から、大阪/関西〜宮崎線は2,290円から、大阪/関西〜福岡・長崎・鹿児島線と福岡〜沖縄/那覇線、仙台〜札幌/千歳線は2,490円から、大阪/関西〜東京/成田線は2,790円から、大阪/関西〜札幌/千歳・仙台線と沖縄/那覇〜台北/桃園線は2,990円から、沖縄/那覇〜大阪/関西・ソウル/仁川線は3,490円から、東京/羽田・大阪/関西〜上海/浦東線と福岡〜札幌/千歳線は3,590円から、大阪/関西〜香港線は3,690円から、仙台〜札幌/千歳線は3,790円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は3,990円から、大阪/関西〜石垣線は4,090円から、東京/成田〜福岡線と東京/羽田〜ソウル/仁川線は4,290円から、沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は5,390円から。 搭乗期間は10月30日から2018年2月28日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。燃油サーチャージなし、空港使用料、支払手数料、受託手荷物料金、座席指定料金、コンタクトセンターと空港カウンターで購入の際の予約手数料等は別途必要となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL/国際貨物の燃油サーチャージ、値上げ - 10月18日(水)11:55 

JALは10月18日、11月1日から適用となる日本発国際貨物燃油サーチャージを国土交通省に申請した。 基準となる2017年9月のジェット燃料の平均価格が1バレル当たり68.00米ドルであったことから、新貨物燃油サーチャー […]
カテゴリー:

アシアナ航空、エアバスA380型機利用の東京/成田〜ソウル/仁川線でセール 往復1.4万円から - 10月18日(水)11:01 

アシアナ航空は、エアバスA380型機の東京/成田~ソウル/仁川線就航を記念して、同路線の特別運賃を販売している。 対象便は、エアバスA380型機で運航するOZ101便・OZ102便。対象出発日と往復運賃は、11月23日出発分までが16,000円から、11月24日から12月27日までが14,000円から。燃油サーチャージ、諸税別。金・土曜出発の場合は週末料金6,000円を加算する。 いずれも販売座席数には限りがある。キャンペーン期間は10月29日まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA 燃油サーチャージ値上げ - 10月16日(月)22:14 

ANA 燃油サーチャージ値上げ:値上げされるのは、4カ月ぶり。...
カテゴリー:

もっと見る

「燃油サーチャージ」の画像

もっと見る

「燃油サーチャージ」の動画

Wikipedia

燃油サーチャージ(ねんゆサーチャージ)とは、燃料とする油(灯油軽油重油など)の価格追随する、運賃とは別建てで徴収される料金のこと。名称としては、燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金、燃料加算金、燃料課徴金、燃料サーチャージ、フューエルサーチャージ(Fuel Surcharge)[重要・至急]フューエルサーチャージ、金額改定のお知らせ スタークルーズ日本オフィス、2008年5月8日付発表。などとも呼ばれる。

燃料価格の急激な変動により契約、または料金表設定時の運賃では運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置として海運業界が1970年代から導入し、2000年代には航空陸運業界にも広まった。

料金表を設定し、運行時点での燃料価格に応じた価格をサーチャージとして追加徴収する形式が一般的で、燃料価格が一定以下に下落した場合は徴収しない料金表とする場合もある。

航空

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる