「熱気球」とは?

関連ニュース

Googleがライトビームを使うインターネット接続をインド農村部で展開 - 12月15日(金)18:52 

Googleは、世界中の農村部がインターネットに接続できるために、ライトビーム(light beam(s), 光線)を使う方法を準備している。今日の発表では、その展開はまずインドから、となる。 同社は、人口5000万を抱えるアーンドラプラデーシュ州の通信事業者と共に、そのFree Space Optical Communications(FSOC, 空中光通信)と呼ばれる技術を実用化しようとしている。それは、光のビームを使って高速大容量の長距離インターネット接続を提供する技術だ。 パートナーのAP State FiberNetは1月から2000のFSOCリンクを導入し、同州のネットワークバックボーンをそれらに対してもサポートしていく。Googleのそのプロジェクトは、Googleによると、“同州で数千名の人びとをサポートしている、セルタワーやWi-Fiホットスポットなどの主要なアクセスポイントにはアクセスできない、危機的な格差を填(う)める”ことがねらいだ。 同社によると、インド政府の計画では2019年までに1200万世帯をインターネットに接続する、としており、Googleのこのプロジェクトはその政府施策の一環でもある。 このプロジェクトのアイデアは、Google Xが、遠隔地のための熱気球を使った接続プロジェクトで、末端伝送ラインとしてFSOCを使ったこと...more
カテゴリー:

ミャンマーのおすすめ観光地20選! 訪れるべき古代遺跡や仏教寺院を紹介 - 12月10日(日)12:00 

熱心な仏教国、どこまでも続く田園風景、黄金色に輝くパゴダ(仏塔)など、ミャンマーの人々の心は仏教への信仰にあり、生活の中には深く仏教が根付いています。そんなミャンマーの古代遺跡や仏教寺院、自然に会いに行ってみませんか? 観光に訪れるとみなぎるパワーをもらえる国、ミャンマー。そんなミャンマーに行ったときにぜひ訪れてほしい観光スポットを今回はご紹介します。 ■ミャンマーの治安 外務省によると、少数民族が多く暮らすミャンマーでは内戦があり、少数民族武装組織との間で武力衝突が今も続いているところもあります。現在8つの部族とは和平協議が進み、停戦合意をしていますが、その他の部族とは戦闘が発生しています。また爆発事件も多数起こっていてミャンマーに旅する際は、行く先などの最新の現地情報を得る必要があります。日本では、シャン州コーカン自治地帯、カチン州ライザー周辺には渡航中止勧告、その他の地域には不要不急の渡航をしない、十分注意の渡航注意報が出ています。 お隣のタイ、中国、ラオス、バングラデシュ、インドに対しても、それぞれ危険情報が出されていますので、2都市以上の周遊の際はさらに注意しましょう。 ■時差 日本との時差は日本が進んでいて、ヤンゴンの場合、日本時間9時30分が現地時間で午前7時になります。 ■飛行時間 日本からミャンマーへの直行便は、成田国際空港~ヤンゴン...more
カテゴリー:

光と炎で弥生時代の復元建物を照らすライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」 - 12月11日(月)09:45 

メイン会場の南内郭の「キャンドルの地上絵」 佐賀県の吉野ヶ里歴史公園で、2017年12月24日(日)まで「吉野ヶ里 光の響」が開催中。会期中の毎週土日に開催されているライトアップイベントで、今後のスケジュールとしては12月16日(土)、17日(日)、23日(土・祝)、24日(日)に開催。光と炎で弥生時代の復元建物が照らし出され、現代から古代への幻想的な“タイムスリップ”を楽しめる。時間は17:00〜21:00(入園は20:30まで)で、料金は大人280円 / 小人40円 / シルバー(65歳以上)200円 / 6歳未満無料。なお、17:00までは通常料金(大人420円 / 小人80円 / シルバー200円)で、17:00以前に入園すると17:00以降も引き続き利用できる。 本イベントは、冬至の訪れを吉野ヶ里歴史公園で祝う企画。弥生時代の復元された環濠集落がライトアップされ、キャンドルやかがり火が暖かな光を放つ。今年は第6回目の開催で、昨年に好評だった「キャンドルの地上絵」も登場した。キャンドルの灯りで、メイン会場の「南内郭」に、公園マスコットキャラクターや復元建物などが作られている。そのほか、開催日の20:00からは1日500発の花火が打ち上げられ、19:30〜20:00には熱気球の夜間係留も実施。17:00〜19:00受付で、勾玉づくりの体験プログラムも用意されている。勾玉づくり...more
カテゴリー:

「熱気球」の画像

もっと見る

「熱気球」の動画

Wikipedia

熱気球(ねつききゅう、英語:hot air balloon)とは、気球の一種で、気密性のの中に下方から熱した空気を送りこみ、その浮力で浮揚して飛行するもの。

概要

熱気球 バーナー(右)と膨らまされる球皮 熱気球は、球皮(エンベロープ)と呼ばれる袋の中の空気を下部に取り付けたバーナー等で熱し、外気と比べて比重が軽くなることで生じる浮力で浮揚する。乗員は通常、球皮の下に取り付けられたゴンドラ(バスケット)に乗る。一部ハーネス等でパラグライダーのように吊った状態で飛行するものもある。

バーナーの火力の調整による上昇・下降のみが可能であり、水平方向の移動は基本的には「まかせ」である。飛行船のような自前の推進力で水平方向の進行方向を選ぶことは基本的にはできない。だが、の向きと強さは高度によって異なるため、進みたい方向の風を想定し(ある程度熟練したパイロットは、飛行区域における高度別の風向などは、季節・時間帯による定常風、および飛行前のブリーフィング等で提示された天候等から、把握している)それに乗るべく高度を調節すること...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる