「熱気球」とは?

関連ニュース

旅の目的にしたい イベント・祭り・フェス 日本の原風景に出会える「奥能登国際芸術祭2017」へ - 08月20日(日)00:00 

365日の中で、この日だけしか見られない景色、会えない人、体験できないことが日本中にはたくさん。旅の目的にする価値のある、イベントやお祭り、フェスをご紹介。◆伝統文化と最先端の美術が響き合うアートの祭典能登半島の先端に位置する石川県珠洲市は、日本の原風景が広がる昔ながらの暮らしや風習が今でも残る町。この地域では連日のように五穀豊穣を祈る「キリコ祭り」が行われ、一年でもっとも活気づく秋に「奥能登国際芸術祭2017」が開催される。2017年9月3日(日)から10月22日(日)の50日間に渡り、国内外から参加するアーティストの作品が珠洲市内のあちこちで見られるので、周遊しながら美しい自然と伝統文化、最新のアートに触れよう。「Something Eles is Possible / なにか他にできる」(トビアス・レーベルガー)数ある作品の中でも、旧蛸島駅のそばに出現するカラフルな屋外作品「Something Eles is Possible / なにか他にできる」(トビアス・レーベルガー)など、珠洲の伝統や使われなくなった建物を蘇らせたアートに注目。ほかにも、のと鉄道の旧飯田駅舎そのものが作品となった「小さい忘れもの美術館」(河口龍夫)、実際に使用されていた古い砂取船をアートにした「時を運ぶ船」(塩田千春)がある。また、かつて保育所として使われていた場所で展示される「スズズカ」(ひびのこづ...more
カテゴリー:

「熱気球」の画像

もっと見る

「熱気球」の動画

Wikipedia

熱気球(ねつききゅう、英語:hot air balloon)とは、気球の一種で、気密性のの中に下方から熱した空気を送りこみ、その浮力で浮揚して飛行するもの。

概要

熱気球 バーナー(右)と膨らまされる球皮 熱気球は、球皮(エンベロープ)と呼ばれる袋の中の空気を下部に取り付けたバーナー等で熱し、外気と比べて比重が軽くなることで生じる浮力で浮揚する。乗員は通常、球皮の下に取り付けられたゴンドラ(バスケット)に乗る。一部ハーネス等でパラグライダーのように吊った状態で飛行するものもある。

バーナーの火力の調整による上昇・下降のみが可能であり、水平方向の移動は基本的には「まかせ」である。飛行船のような自前の推進力で水平方向の進行方向を選ぶことは基本的にはできない。だが、の向きと強さは高度によって異なるため、進みたい方向の風を想定し(ある程度熟練したパイロットは、飛行区域における高度別の風向などは、季節・時間帯による定常風、および飛行前のブリーフィング等で提示された天候等から、把握している)それに乗るべく高度を調節すること...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる