「熱中症」とは?

関連ニュース

かつて「汚い国」日本から脱却も、ふたたび環境後進国となった日 - 12月14日(木)20:00 

川は生活排水で泡立ち、大気は汚染され健康被害を引き起こす―。かつての日本にはそんな光景があちこちで見られていました。そして現在、日本がふたたび「環境後進国」のレッテルが貼られてしまったとするのは、ジャーナリストの嶌信彦さん。嶌さんは今回、自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』でパリ協定のルールづくりに乗り遅れた日本の失態を指摘するとともに、世界的な高まりを見せる環境問題への取り組みについて詳しく記しています。 アメリカ政府がパリ協定から離脱─アメリカ企業は参加、独仏が先導役に─ 1960~70年代の日本は、高度成長期の真っ盛りで人々は元気で、みな浮き浮きしているような雰囲気だった。まだまだ日本は成長し、人々の給料も上がると信じていた。実際、企業の競争力はどの業界も強く、先進国のアメリカやヨーロッパ諸国に追いつき貿易黒字が増え続けて、あちこちの国と経済摩擦を引き起こし黒字減らしを要求された。 昔は汚かった日本 そんな時代の中で日本人も顔をしかめて対策を強く求めていたのが公害問題、環境対策だった。工場地帯では煙突から黒い煙がモクモクと立ち上っていたし、大都会は自動車の排気ガスが充満し、咳き込む人が少なくなかった。マスクをして夜、家に帰ると、マスクが中まで黒ずんでいたものだ。天気の良い晴天の日でも排気ガスやスモッグで空がどんよりしていた。富士山が東京からくっきり見えたの...more
カテゴリー:

【芸能】小島瑠璃子と「熱愛報道」の村上信五が手越祐也を嫌う理由 - 11月23日(木)11:09  mnewsplus

 これまでに何度も女性タレントとのロマンスが報じられてきた関ジャニ∞・村上信五。10月27日発売の「フライデー」で小島瑠璃子とのお泊まり愛が報じられ、今後の成り行きが気になるが、村上はいま仕事で超多忙な日々を送っている。「今夜、誕生!音楽チャンプ」(テレビ朝日系)と「ペコジャニ∞!」(TBS系)が新たにスタートし、テレビ・ラジオのレギュラー本数はグループで1番多い。プライベートの時間はほぼないと予想される。 「貴重な時間をこじるりと過ごす時間にあてていたとすれば、趣味のフットサルができなくなっていたんじ...
»続きを読む
カテゴリー:

「熱中症」の画像

もっと見る

「熱中症」の動画

Wikipedia

熱中症(ねっちゅうしょう、''heat stroke, sun stroke'' ということが多い)とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である日医雑誌 2012;141(2): 259-263.。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で三宅康史:、表面的な症状として主なものは、めまい失神頭痛吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。また、熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合がある。

屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こり得る。湿球黒球温度 1954年、アメリカ合衆国サウスカロライナ州パリスアイランド海兵隊新兵...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる