「熱中症」とは?

関連ニュース

温度差の激しい季節の変わり目、ペットの体調について気をつけたいことは? - 10月20日(金)08:00 

すっかり寒くなったと思いきや、天気が良い日は長袖では暑く、油断して薄着で外出すると夜はひんやりしていて……と、季節の変わり目は気温の変化が激しくて体調を崩しやすいもの。人間でも具合を悪くしがちな時期なのだから、ペットたちの体にだって負担があるのでは? また、気温差が激しい時期にペットの体調に関して特に気を付けてあげたいことは?そんな疑問について、獣医師であり、「公益社団法人 日本動物病院協会(JAHA)」の理事を務める吉田尚子先生に話を伺ってみた。 ■高齢のペット、病気にかかっているペットは特に注意 “季節の変わり目”はペットの体にとっても負荷を与えるものなのだろうか。 「気温、湿度など環境の変化に適応する力は病気に抵抗する力と同じく体力を必要とします。ですから季節の変わり目に体調を崩しやすい、ということは私たちと同じくペットにも当てはまると言えます。とくに慢性の病気を持っていたり、すでにお薬を飲んで治療をしているペットの場合には、十分気を付けてあげてください」(吉田さん) なるほど、やはり人間と同じく、ペットたちにとっても体調を崩しやすい時期であるようだ。注意してあげるべきポイントはどこなのだろう。 「気温差などのストレスに対応するよう、ペットも体力を消耗します。健康な若いペットでは順応性が高く、すぐに体力を回復しますが、高齢またはケガや病気の場合には、大きな負担になる...more
カテゴリー:

ギリシャのおすすめ観光地20選! ジブリ「紅の豚」の舞台から有名遺跡まで - 10月19日(木)10:00 

パルテノン神殿や古代遺跡、真っ白な洗練された街とエーゲ海の碧い海など、神話の国ギリシャは魅力的なところがたくさん。海外旅行好きにも人気の国で日本からも毎年多くの観光客が訪れます。エーゲ海の島々と遺跡群、オリンポス12神などの歴史と文化、そしてアリストテレスで有名なギリシャ哲学など学習意欲も掻き立てる興味深い国ギリシャ。人生で一度は訪れてみたい、そんなギリシャのおすすめ観光地20箇所を今回はご紹介します。■治安外務省によると、ギリシャ国内にはテロ組織やアナキスト組織などが多数存在していて、今後もテロに対しての注意が必要です。多くは早朝か深夜に放火事件やテロ攻撃が起こっており、簡易爆弾を使用するなど規模が大きい事件が発生しています。また、犯罪もアテネ首都圏で多く発生していて、夜間や繁華街では強盗や窃盗、ひったくりが横行しています。特に国鉄アテネ駅周辺、ピレウス港周辺、エクサルヒア地区(国立考古学博物館周辺を含む)周辺、オモニア広場周辺が最も危険な場所です。日本からアテネに直行便がないため、ギリシャ観光をする際は入国する時間が深夜になる場合もあります。その場合の夜の街歩き(タクシー探しや宿探し)は危険ですので、到着したら空港から速やかにタクシーを利用してホテルまで移動しましょう。■時差日本とギリシャの時差は日本が7時間早いです(3月後半から10月後半のサマータイム時は6時間)。例えば日本...more
カテゴリー:

カフェインがもたらす利尿作用のメカニズムを医師に聞いた! - 10月18日(水)08:00 

コーヒーやお茶には利尿作用があると聞く。その原因はカフェインであると分かるが、カフェインが体にどのように働きかけることで、利尿作用につながるかは、分からない人が多いのでは。そこで今回、兵庫医科大学小児科学の服部益治さんと、昭和学院短期大学の特任教授で医学博士である國香清さんの両名に、利尿作用のメカニズムから、利尿作用がもたらすメリット・デメリット、利尿作用の効果を減らす方法があるのかを伺った。 ■利尿作用のメカニズム まずはカフェインが体に与える影響を服部医師が解説してくれた。 「カフェインの身体への作用は3つあります。1つめは、脳に対する作用です。脳を興奮させ精神を亢進させることで眠気と疲労感を除去します。2つめは、血管に対する作用です。筋肉の血管を拡張させます。3つめは、腎臓に対する作用です。血管拡張で腎血流増加とともにナトリウムなどの再吸収を抑えます。この3番目の作用が、利尿作用に関係します。アルコールも同様です」(服部医師) 腎臓への働きについて國香教授は次のように解説する。 「カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、排尿の量や回数が増加します。緊張したときに、交感神経が働いてオシッコをしたくなるのと同じメカニズムです。また、アルコールも利尿作用が強いので、飲んだ水分量以上の水分が排...more
カテゴリー:

新規者教育が低調 建設業の安全活動調査 東京労働局 - 10月11日(水)10:00 

 建設工事の元請事業者で熱中症対策や職場巡視による不安全行動解消の取組みが進む一方、新規就業者などへの教育が低調であることが、東京労働局(勝田智明局長)のアンケートで分かった。 調査は今年7~8月、平成25~29年度を期間とした第12次東京労働局労働災害防止計画における取組み事項15項目の進捗状況を把握するため、完成工事高上位企業のうち都内に支店等を置く建設業100社に実施した。……[続きを読む]
カテゴリー:

熱中症死亡訴訟、上告せず=元顧問の賠償責任確定へ-大分県教委 - 10月10日(火)17:39 

 大分県立竹田高校で2009年、剣道部の練習中に工藤剣太さん=当時(17)=が熱中症で死亡した事故は元顧問の重過失が認められるとして、福岡高裁が県に100万円を元顧問に請求するよう命じた控訴審判決について、大分県教育委員会は10日、上告しないことを決めた。原告の剣太さんの両親も上告せず、16日に判決が確定する見通し。 事故をめぐっては県などに約4650万円の支払いを命じる訴訟の判決が15年に確定したが、元顧問は賠償責任を負わないとされていた。 父親の英士さん(52)は「公務員でも責任を負わないといけない。判決がこれからの子どもたちを守ることにつながる」と話した。 大分県教委の話 判決を重く受け止め、今後とも学校における児童生徒の安全確保の徹底に努める。 【時事通信社】
カテゴリー:

この夏の熱中症 去年上回る - 10月19日(木)14:26 

この夏の熱中症 去年上回る:この夏、熱中症で搬送された人の数が、2016年を上回ったことがわかった。...
カテゴリー:

熱中症搬送、大阪府が全国最多の3590人 5~9月、消防庁まとめ - 10月18日(水)23:31 

 5~9月に全国で熱中症により救急搬送されたのは5万2984人だったことが18日、総務省消防庁のまとめで分かった。昨年の同じ期間に比べ2572人多かった。搬送先で死亡が確認されたのは48人で、昨年より11人少なかった。
カテゴリー:

涙無しには語れない、初めての運動会【ママ女医と娘の○○な日常 vol.15】 - 10月13日(金)19:00 

先日、娘3歳、人生初の運動会がありました。そして、親の私も人生初の娘の運動会観戦。今回は、そんな新米親の運動会苦労談と、ひたすら親バカのお話をさせていただきます。 記事の著者   のんびり子育て中のママ女医   HAL先生 内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。 http://halproject01.blogspot.jp/ https://twitter.com/halproject00 「親の運動会」は大変でした 親になって、今更気づいた事。 「あれ? 運動会って、親、大変じゃね?」 これまで幼稚園に小中学校と親が来てくれて、競技やって弁当食べて……とやっていたわけですが、親は見てるだけ(楽そうだな、という感想すらなかった)と思っていましたが……いや、違うわ。子どもの体調管理に、当日の弁当準備、秋とはいえ炎天下の中観戦するための準備、そして汗だくになりながらビデオ撮影して応援して…...more
カテゴリー:

剣道部の熱中症死訴訟、大分県教委が上告断念へ - 10月11日(水)01:01 

 大分県の高校で2009年、剣道部員の工藤剣太さん(当時17)が練習中に熱中症で倒れ、死亡した事故。両親が当時の顧問らに賠償責任を負わせるよう県に求めていた裁判で、1審、2審の判決は、元顧問に重大な過失があったとして請求を命じていましたが、これに対し県の教育委員会は、最高裁へ上告しない方針を決めました。
カテゴリー:

東京・三鷹の中学校で熱中症か、生徒2人を病院搬送 - 10月09日(月)19:34 

 9日午後、東京・三鷹市にある中学校で生徒8人が熱中症とみられる症状を訴え、うち2人が病院に搬送されました。
カテゴリー:

もっと見る

「熱中症」の画像

もっと見る

「熱中症」の動画

Wikipedia

熱中症(ねっちゅうしょう、''heat stroke, sun stroke'' ということが多い)とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称である日医雑誌 2012;141(2): 259-263.。本質的には、脱水による体温上昇と、体温上昇に伴う臓器血流低下と多臓器不全で三宅康史:、表面的な症状として主なものは、めまい失神頭痛吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。また、熱中症が原因で死亡する事もある。特にIII度の熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、発症した場合は程度によらず適切な措置を取る必要があるとされている。また死亡しなかったとしても、特に重症例では脳機能障害や腎臓障害の後遺症を残す場合がある。

屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こり得る。湿球黒球温度 1954年、アメリカ合衆国サウスカロライナ州パリスアイランド海兵隊新兵...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる