「焼身自殺」とは?

関連ニュース

チェコ・プラハのおすすめ観光地20選! 旅行前に知っておきたい基本情報もチェック - 06月20日(火)14:00 

チェコ共和国の首都・プラハは中央ヨーロッパ有数の観光都市です。市内にはかの有名なモルダヴ川が流れ、中世の町並みが残る幻想的な雰囲気を持っています。尖塔が多く立ち並ぶことから「百塔の街」とも言われ、旅行好きから根強い人気を持つ街の1つです。そこで今回は、プラハを観光する際に気をつけたい注意事項や基本情報、そして逃したくないおすすめスポットをご紹介します。 ■プラハの治安 外務省によりますと、プラハの治安情勢は安定的で犯罪件数も凶悪犯罪は多くなく、漸減傾向ということです。しかし、犯罪発生率は日本の2倍で車上荒らしや車の窃盗、車上荒らしなどが多く発生しています。 日本人への被害は、世界各国同様スリ・置き引きなどがほとんどですが、ホテル内侵入窃盗が増加傾向で、隣の家の屋根を伝って窓から侵入したり、ホテルの部屋のカギを解除して侵入したりして金品を盗む手口が明らかになっています。電気をつけっぱなしにする、セーフティボックス内に貴重品をいれるなどの対策も施して被害を最小限に抑えましょう。 また、日本人や日本の権益が標的となったテロも、十分に起こる可能性があります。誘拐や脅迫、テロなどに遭わないように細心の注意を払いましょう。 ■プラハと日本との時差 日本とプラハの時差はマイナス8時間で日本の方が、8時間進んでいます。サマータイム中はマイナス7時間、日本の方が、7時間進むよう...more
カテゴリー:

新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を「アンノウン」監督が映画化 - 06月18日(日)17:30 

 「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ監督と、「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー脚本家マーク・ボールが、新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を映画化することがわかった。  米テキサス州ウェイコで共同生活を送っていたカルト教団ブランチ・ダビディアンは、信者だったデビッド・コレシュが3代目教祖となってから凶暴化し、終末戦争に備えて大量の武器を保有するようになった。そして1993年、FBIが教団敷地に強制捜査に入ると、ブランチ・ダビディアンは銃撃戦を繰り広げ、51日間立て篭もりを続けた末に、コレシュを含む76人の信者が集団焼身自殺を図った。この模様はテレビで生中継され、全米に衝撃を与えた。  米Deadlineによれば、新作「Waco(原題)」はボールがマーク・ハイムズ(「クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題)」)と共同で脚本を執筆。アンナプルナ・ピクチャーズ、ボールの製作会社ページワン・プロダクションがプロデュースする。  ボールは、キャスリン・ビグロー監督と再タッグを組み1967年のデトロイト暴動を背景に起こった犯罪を映画化した新作「デトロイト(原題)」が、8月4日から全米公開される。コレット=セラ監督は、リーアム・ニーソンと再タッグを組んだ新作スリラー「ザ・コミューター(原題)」が2018年1月12日から全米公...more
カテゴリー:

新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事件を「アンノウン」監督が映画化 - 06月18日(日)17:30 

「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ監督と、「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー脚本家マーク・ボールが、新興宗教ブランチ・ダビディアンの集団焼身自殺事...
カテゴリー:

【フィリピン】カジノに発砲・放火、36人死亡=強盗か、容疑者は自殺-マニラ - 06月02日(金)14:02 

 【マニラ時事】フィリピン警察によると、首都マニラの国際空港付近にあるリゾート施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」のカジノで2日未明、 銃を持った男が発砲し、施設に放火した。地元警察は同日、少なくとも36人が死亡したと明らかにした。AFP通信が伝えた。 現場ではパニック状態になった客らが出口に殺到。死者の大部分は、火災で逃げ遅れたことによる窒息死とみられる。 このほか逃げる際に54人が負傷し、病院に運ばれた。  警察は、現場から逃走した容疑者の男の行方を追っていたが、男は5階の部屋で焼身自殺を図...
»続きを読む
カテゴリー:

「焼身自殺」の画像

もっと見る

「焼身自殺」の動画

Wikipedia

焼身自殺(しょうしんじさつ、英:Self-immolation)とは、自分の身体を自分で焼いて自分自身を焼死させ、自殺することである。しばしば政治的、あるいは倫理的な抗議として行われる。

英語圏の別称であるボンゾ(bonzo)は日本語の「凡僧」からきた言葉。

概要

実行者は自らの体にガソリン灯油軽油などの比較的引火性の高いを振り掛けてから引火させる方法を採る事が多い。

火災などの事故や噴火(火砕流)などに巻き込まれた結果による焼死と同様、多くは肉体の焼損が直接の死因とはならない。探偵ファイルの取材によると、焼身自殺を図った場合の主要な死因は火災などによる焼死に多い直接死因(有毒ガスによる窒息)ではなく、全身の大部分の皮膚火傷し...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる