「無線通信」とは?

関連ニュース

スマホ乗っ取りの恐れ ブルートゥース悪用で - 09月23日(土)16:31  news

 スマートフォンやパソコンなどの電子機器に標準搭載されている近距離無線通信「ブルートゥース」に、情報セキュリティー上の深刻な不具合があることが21日までに分かった。 不具合をハッカーに悪用されると、利用者が気付かないうちに機器を乗っ取られたり、情報を盗まれたりする危険性があるという。  マイクロソフトやグーグルは、基本ソフト(OS)のウィンドウズやアンドロイド向けに修正ソフトの配布を始めた。 現在までに具体的な攻撃の情報はないが、国内でも内閣サイバーセキュリティセンターなどが修正ソフトの適...
»続きを読む
カテゴリー:

スマホ乗っ取りの恐れ ブルートゥース悪用で - 09月22日(金)10:57 

■セキュリティーに不具合スマートフォンやパソコンなどの電子機器に標準搭載されている近距離無線通信「ブルートゥース」に、情報セキュリティー上の深刻な不具合があることが21日までに分かった。不具合をハッカーに悪用されると、利用者が気付かないうちに機器を乗っ取られたり、情報を盗まれたりする危険性があるという。マイクロソフトやグーグルは、基本ソフト(OS)のウィンドウズやアンドロイド向けに修正ソフト...
カテゴリー:

短距離無線通信に不具合 スマホ乗っ取りの恐れ - 09月21日(木)17:42 

スマートフォンやパソコンなどの電子機器に標準搭載されている近距離無線通信「ブルートゥース」に、情報セキュリティー上...
カテゴリー:

ノーランといえばあの名優!マイケル・ケイン「ダンケルク」にカメオ出演していた - 09月20日(水)08:00 

 クリストファー・ノーラン監督が実話の映画化に初挑戦した「ダンケルク」(公開中)に、「ダークナイト」「インターステラー」にも出演した名優マイケル・ケインがカメオ出演していることがわかった。  第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された史上最大ともいえる救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。世界興行収入は9月19日時点で5億ドルを突破しており、ノーラン監督は「世界で最も稼いだ監督」の歴代5位にランクインを果たしたという。  本作でノーラン監督とは7度目のタッグとなるケインは、ドーバー海峡上空をスピットファイア3機が飛行する冒頭シーンで、ファリア(トム・ハーディ)とコリンズ(ジャック・ロウデン)が操縦する2機に対して、「燃料を確認しろ。ダンケルクの戦闘に備えよ」と敵の襲来を警告する無線通信の隊長の声を演じている。  余談だが、ケイン自身も英国俳優が結集した「空軍大戦略」(69)で空軍パイロットを演じている。こちらは、ダンケルクの戦いの約2カ月後に起こった英独の戦い「バトル・オブ・ブリテン」を描くもの。ケインがノーラン監督の常連であることを差し引いても、往年の映画ファンの心に訴えかけるキャスティングといえるだろう。  ケインと“...more
カテゴリー:

小型高速光通信モジュール用非球面ガラスレンズ(スクエアタイプ)を製品化~2017年10月から量産開始 - 09月13日(水)14:00 

[パナソニック] [画像: https://prtimes.jp/i/3442/2867/resize/d3442-2867-885789-0.jpg ] パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、無線通信基地局やデータセンターなどに使用される小型高...
カテゴリー:

カブドットコムが口座開設アプリ、マイナンバーカードでペーパーレス(ニュース) - 09月22日(金)16:15 

 カブドットコム証券は2017年9月22日、口座開設専用のスマートフォンアプリを9月下旬に公開すると発表した。年内にもNFC(近距離無線通信)機能とマイナンバーカードの公的個人認証サービス(JPKI)を利用して、完全ペーパーレスで口座開設ができる機能を導入する。
カテゴリー:

【Bluetooth】近距離無線通信「ブルートゥース」に不具合 スマホ乗っ取りの恐れ - 09月21日(木)18:09  newsplus

 スマートフォンやパソコンなどの電子機器に標準搭載されている近距離無線通信「ブルートゥース」に、情報セキュリティー上の深刻な不具合があることが21日までに分かった。不具合をハッカーに悪用されると、利用者が気付かないうちに機器を乗っ取られたり、情報を盗まれたりする危険性があるという。  マイクロソフトやグーグルは、基本ソフト(OS)のウィンドウズやアンドロイド向けに修正ソフトの配布を始めた。現在までに具体的な攻撃の情報はないが、国内でも内閣サイバーセキュリティセンターなどが修正ソフトの適用といった対...
»続きを読む
カテゴリー:

ソフトバンク傘下のSprint、T-Mobileと合併交渉を再開か - 09月20日(水)08:31 

競合する無線通信事業者であるSprintとT-Mobileの間の合併交渉が再開されたという。CNBCが報じた。Sprintはソフトバンクグループの傘下にある。
カテゴリー:

介護施設向け見守りシステム「ケアワン」を販売開始 ー簡単操作でプライバシーへの配慮が可能ー - 09月15日(金)15:10 

[NISSHA] NISSHAは主力製品タッチセンサーで培ったセンシング技術を応用し、ワイヤレスセンサー製品(人感センサー、ドア開閉センサー、温湿度センサーなど)とEnOcean※1 無線通信技術を組み合わせて介護施設の業務をサポ...
カテゴリー:

インフォステラが8億円を調達、衛星通信アンテナ共有事業を2018年にローンチへ - 09月13日(水)07:05 

人工衛星の運用に欠かせない要素の一つがアンテナだ。資金を投入しリスクを背負って打ち上げた人工衛星も、地上で電波を送受信するアンテナを確保できなければ運用できない。この衛星用アンテナのシェアリング事業を手がけるインフォステラが、シリーズAラウンドで8億円を調達した。航空宇宙分野のスタートアップを中心に投資活動を展開するAirbus Venturesがリードインベスターとなり、早稲田大学発のベンチャーキャピタルであるウエルインベストメント、D4V、Sony Innovation Fund、そして既存投資家であるフリークアウト・ホールディングス、500 Startups Japanの6社を引受先とする第三者割当増資を実施した。出資比率は非開示。 調達した資金の使途は事業開発と人員拡充である。同社は自社開発の通信機器の開発と生産を予定しており、そのための資金に使う。同社CEOの倉原直美氏は「ソフトウェアエンジニアはすぐにでも増やしたい」と語る。例えばアドテクやゲームインフラ分野のスキルは宇宙分野でも活用できるそうだ。 同社はアンテナシェアリングプラットフォーム「StellarStation」のプロトタイプを完成させ、事業化直前の段階にある。倉原CEOは次のように話す。「宇宙ビジネスには、ロケット、衛星、地上設備の3つが欠かせない。ロケットや衛星ではスタートアップがいくつか出ているが、地上設...more
カテゴリー:

もっと見る

「無線通信」の画像

もっと見る

「無線通信」の動画

Wikipedia

無線通信(むせんつうしん)は、伝送路としてを使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信の方は有線通信と呼ぶ。無線通信は軍事行動においてこそ長所際立つものの、気候変動や気温・水温などの変化によって受信が不安定なものとなる。

概要

「無線通信」と言えば電波による通信を意味する。電波法施行規則では「無線通信」は「電波を使用して行うすべての種類の記号信号、文言、影像、音響又は情報送信、発射又は受信をいう」とされており(電波法施行規則2条1項15号)。この影響も受けつつ、この語はこうした用いられ方をしているのである。

この意味では「無線通信」には、例えば次のようなものが入ることになる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる