「無線通信」とは?

関連ニュース

Cherry MX Red採用のワイヤレスキーボード「K63 Wireless」―ゲーミング向け - 02月18日(日)01:00 

Cherry MX Red採用の10キーレスワイヤレスゲーミングキーボード「CORSAIR Gaming K63 Wireless」をリンクスインターナショナルが2月17日に発売する。AES 128bit暗号化接続する2.4GHz帯を採用し、1msの低遅延を特徴とする。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 USB 3.0/3.1対応。付属のUSBドングルをPCに接続して使う。またBluetooth 4.2+LEによる無線通信や、付属のUSBケーブルによる有線接続も可能。PC側にドライバー「Corsair Utility Engine(CUE)」を入れると、各キーに備えたブルーLEDバックライトの独立設定、イルミネーション設定をはじめ、高度なマクロ処理、各種のキーバインド制御が可能になる。 100%アンチゴースト、Nキーロールオーバー対応、プレイ中の誤操作を防ぐWindowsロック機能、手元で操作できる便利なマルチメディアキーも備える。 低消費電力で通信が可能な Bluetooth Low Energy(LE)規格にも対応しており、キーボード本体のバッテリーの消費を節約すると最大で75時間の連続利用が可能。 また別売の専用ラップボード「K63 Wireless Gaming Lapboard」と組み合わせると、デスクトップゲーミングをリビングルームで...more
カテゴリー:

IoT拡大で狙われる「工場の無線通信」、3つの攻撃手法とは? --PwC 星澤氏が解説 - 02月14日(水)06:40 

制御システムのセキュリティ対策が改めて注目されている。中でも工場などではIoTの進展に伴ってワイヤレス通信(無線通信)の利用が拡大しているが、これを狙った攻撃が増加しているという。PwCサイバーサービスの最高執行責任者である星澤裕二氏と同 サイバーセキュリティ研究所所長である神薗雅紀氏が、制御システムセキュリティで実際に起きた事例やその攻撃手法について解説した。
カテゴリー:

【IoT】東工大、省電力「ブルートゥース」無線機を開発 - 02月12日(月)08:02  bizplus

東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らは、省電力で動作する近距離無線通信「ブルートゥース」無線機の開発に成功した。あらゆるモノがネットにつながるIoT機器に導入すれば、小型のボタン電池でも15年程度は交換せずに使えるという。成果は米国で開催される国際固体素子回路会議(ISSCC)で13日と14日(現地時間)に発表する。 研究グループは電気をためるキャパシター(蓄電器)の位置を改良することで、アナログ信号をデジタル信号に変換するのに必要な静電容量を10分の1に抑えられるようにした。無線機の構成も簡素...
»続きを読む
カテゴリー:

平昌2018冬季オリンピックが開幕 開会式では各国選手が限定スマホを手に登場! - 02月11日(日)11:00 

[サムスン電子ジャパン株式会社]  無線通信分野のワールドワイドオリンピックパートナーであるGalaxyは、平昌2018冬季オリンピック開会式模様をレポートいたします。  Galaxyは、国際オリンピック協会(IOC)と共同で、出場選手及び関係者全員...
カテゴリー:

ヨコオ 3Q増収増益、回路検査用コネクタ及び無線通信機器が好調に推移 - 02月09日(金)13:04 

ヨコオ<6800>は8日、2018年3月期第3四半期(2017年4-12月)連結決算を発表した。
カテゴリー:

ケータイ容量不足に救世主! ラディウスから、ハイレゾを持ち歩く超高速ワイヤレスmicroSDカードリーダー発売 - 02月16日(金)14:00 

ラディウス株式会社は、2月16日、ワイヤレスで読み込めるオーディオ用microSDカードリーダー「RW-WPS11」を発売すると発表した。カラーは、ホワイト、ブラックの2色展開で、2月22日(木)より発売を開始する。 同商品は、iOS/パソコン用(5GHz帯/2.4GHz帯)の無線通信対応ワイヤレスmicroSDカードリーダーだ。ファイルサイズの大きいハイレゾデータをmicroSDに保存することにより、容量が不足しがちなケータイのストレージを大幅拡大。カードのみを買い替えれば、いくらでも自由に容量が増やせるため、もう容量不足に悩む必要がなくなる商品である。キャリアの通信回線を使用せず、iPhoneと1対1で通信を行うため、大容量のハイレゾファイルでも、通信料の心配は無用。また、ワイヤレス通信なので、Lightning端子を塞ぐことがなく、イヤホンやヘッドホンアンプを接続することができる。もちろん、Bluetoothイヤホン等を使っての完全ワイヤレス再生も可能だ。家庭内ネットワークに接続すれば、パソコンからもiPhoneからもアクセス可能の便利なNASとして機能し、パソコンから同商品にデータを保存し、iPhoneで呼び出して再生するといった使い方にも対応する。 ラディウス株式会社URL:http://www.radius.co.jp/lp/wps11/2018/02/16 ...more
カテゴリー:

NTTコム、「EnOcean Alliance」に正会員として加盟 - 02月13日(火)20:51 

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は2月13日、電池レス・配線レスな無線通信技術「EnOcean」を活用してIoT分野におけるトータルソリューション力を強化することを目的に、「EnOcean Alliance」に正会員として加盟することを明らかにした。
カテゴリー:

省電力、高速の無線素子開発=「5G」やIoTに不可欠-東工大 - 02月12日(月)05:21 

 東京工業大の研究チームは、次世代通信規格「5G」や、自動運転車などあらゆる機器がネットワークにつながる「モノのインターネット(IoT)」に不可欠な2種の省電力、高速の無線通信素子を開発した。成果は、11日から米サンフランシスコで開かれる半導体素子に関する国際学会で発表される。 岡田健一准教授らは、現在一般的な無線LANで使われている電波(マイクロ波)よりも高い周波数(ミリ波)を使い、約100倍高速に伝送できる素子を開発。DVD1枚分(4.7ギガバイト)のデータを0.3秒で送れるという。 5Gと呼ばれる次世代の高速携帯電話網には基地局の増設が欠かせないが、この無線伝送技術を使えば基地局間の接続に光ファイバーを敷設する必要がなく、早期に高速通信網の実現が可能になるという。 研究チームはまた、パソコンやスマホなどで普及している「ブルートゥース」規格に対応し、消費電力が世界最少の通信素子も開発。変換回路を工夫することで、ボタン電池一つで15年間の動作を可能にした。 IoTが広がる2030年代には、全世界で45兆個の機器がネットワークに接続されると予測されている。岡田准教授は「年に1兆個の電池交換でも、1億人分の労働力と150兆円の人件費がかかる。電池が10年、15年もてば、設置場所を選ばず使える」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

キーホルダーサイズのゲーム機登場。GBエミュやSEGAエミュが動いてお前らが使いもしないのに欲しくなる - 02月10日(土)12:57  news

世界最小・キーホルダーサイズの携帯ゲーム機「PocketSprite」が登場 https://gigazine.net/news/20180209-mini-gameboy-pocketsprite/ PocketSprite - Tiny Retro Gaming on your Keychain https://pocketsprite.com/ 手のひらサイズのゲーム機PocketSpriteはこんな感じ。サイズは縦55mm×幅32mm×薄さ14mmなので、手のひらサイズのゲーム機BittBoyよりもかなりコンパクト。 ディスプレイには縦25×幅22mm(解像度:96×64)のOLEDを採用しているので、画面はとても明るく、フレームレートは60fps以上にも対応しています。本体に付い...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍やCIAの情報も漏れた「フィットネスアプリ」に潜む危険性 - 02月08日(木)04:45 

なかなか続かない運動も、今の時代は「フィットネスアプリ」を利用し、気軽に楽しく続けられるようになりました。しかし、そこには予想だにしなかった危険性が潜んでいるようです。軍事アナリストの小川和久さんが主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』の中で、静岡県立大学グローバル地域センター特任助教の西恭之さんが、軍事的な機密情報が軍人のフィットネスアプリの利用で漏洩していたという衝撃の事実を伝えています。 フィットネスアプリで軍や情報機関の位置が特定 米軍やCIA(米中央情報局)の秘密基地の位置や、各国軍の基地内の人員の行動パターンが、ジョギングなどの運動を記録するウェアラブル(装着用)端末やスマートフォンのデータから明らかになっていることが判明、各方面に波紋が拡がっている。 米ストラヴァ社は、こうした端末のGPS機能を用いて、フィットネスアプリ利用者の位置情報を集めて、「アスリートのソーシャルネットワーク」を提供しており、2017年9月までの運動のヒートマップ(数量を色として可視化したグラフで、この場合は地図に落とされている)を11月1日に発表していた。ストラヴァ社が2009年にデータ収集を始めてから、世界各地の利用者が10億回運動し、のべ20万年間にのべ270億キロの道のりを通った際の、3兆カ所の位置情報が含まれている。 豪国立大生のネイサン・ルーサー氏は、「金持ちの白人がどこにいるか」を示...more
カテゴリー:

もっと見る

「無線通信」の画像

もっと見る

「無線通信」の動画

Wikipedia

無線通信(むせんつうしん)は、伝送路としてを使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信の方は有線通信と呼ぶ。無線通信は軍事行動においてこそ長所際立つものの、気候変動や気温・水温などの変化によって受信が不安定なものとなる。

概要

「無線通信」と言えば電波による通信を意味する。電波法施行規則では「無線通信」は「電波を使用して行うすべての種類の記号信号、文言、影像、音響又は情報送信、発射又は受信をいう」とされており(電波法施行規則2条1項15号)。この影響も受けつつ、この語はこうした用いられ方をしているのである。

この意味では「無線通信」には、例えば次のようなものが入ることになる。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる