「無期転換」とは?

関連ニュース

パチンコ大手で無期転換実施 ダイナム・勤務地限定700人を 転換後転居なしの区分に - 04月23日(月)05:00 

マルハンは500人が対象  パチンコ大手の㈱ダイナムと㈱マルハンは、それぞれ数百人規模の無期転換を実施する。ダイナムは有期契約の勤務地限定社員のうち、上位グレードで雇用する700人を正社員に。転換後は転居を伴う転勤のない区分で雇用する。マルハンは契約が5年を超える有期契約社員のうち希望者500人を正社員化し、勤務シフトを固定できる雇用区分を新設した。……[続きを読む]
カテゴリー:

高知県立大を雇い止めで提訴 「無期転換逃れ」と男性 - 04月13日(金)17:06 

高知県立大(高知市)に3月末で雇い止めされた元有期契約職員の40代男性が13日、雇用関係の確認を求めて高知地裁に提...
カテゴリー:

【無期転換ルール】人材派遣業の倒産が深刻 「2018年問題」でさらに悪化か 小規模倒産が全体の7割★3 - 04月08日(日)09:09  newsplus

2017年度の労働(人材)派遣業の倒産が、前年度と比べて28.1%増の73件となり、4年ぶりに増加した。帝国データバンクが18年4月4日に発表した。 負債規模別でみると、「5000万円未満」の小規模倒産が全体の7割を占めた。 ■雲行きが怪しい人材派遣業 人材大手のリクルートスタッフィングとパーソルホールディング、パソナグループの2018年3月期(パソナは5月期)第3四半期決算は、いずれも増収増益で好調を持続している。 しかし、業界全体が好調というわけにはいかない。73件の労働派遣業者の倒産は、小規模倒産が大半を占める。...
»続きを読む
カテゴリー:

【無期転換ルール】人材派遣業の倒産が深刻 「2018年問題」でさらに悪化か 小規模倒産が全体の7割 - 04月07日(土)10:41  newsplus

2017年度の労働(人材)派遣業の倒産が、前年度と比べて28.1%増の73件となり、4年ぶりに増加した。帝国データバンクが18年4月4日に発表した。 負債規模別でみると、「5000万円未満」の小規模倒産が全体の7割を占めた。 ■雲行きが怪しい人材派遣業 人材大手のリクルートスタッフィングとパーソルホールディング、パソナグループの2018年3月期(パソナは5月期)第3四半期決算は、いずれも増収増益で好調を持続している。 しかし、業界全体が好調というわけにはいかない。73件の労働派遣業者の倒産は、小規模倒産が大半を占める。...
»続きを読む
カテゴリー:

【国難/非正規雇用問題】「人材は安く使い潰したい」無期転換ルール開始も派遣労働者2割増という現実、適用逃れ横行も[04/02] - 04月02日(月)14:50  seijinewsplus

どうあっても日本企業は従業員にまともな給料と待遇は与えたくないようです。詳細は以下から。 ◆「派遣労働者2割増」の意味 いつの間にか日本社会では、従業員という存在は会社の大切な財産から可能な限り削減すべき厄介なコストへとランクダウンさせられてきました。 そうした中で格差が生まれ、貧困が蔓延していることから2018年4月1日より派遣労働者や契約社員といった非正規有期雇用者の「無期転換ルール」が開始されましたが、この社会を取り巻く環境は人材不足という未曾有の事態の中でもさらに悪化していることが浮き彫りに...
»続きを読む
カテゴリー:

無期転換逃れ 元社員が提訴へ 日本通運 - 04月17日(火)05:01 

 日本通運㈱の有期契約労働者が、「無期転換ルール」施行後の最初の更新から4年10カ月で雇止めされたのを不当として、4月2日、東京地裁に提訴した。「無期転換逃れ」と主張している。……[続きを読む]
カテゴリー:

【賃上げ】流通、外食、繊維など労働組合 正社員2.40% パート2.82% 3年連続正社員上回る - 04月09日(月)12:51  newsplus

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは6日、2018年春季労使交渉の中間集計(2日時点)を公表した。 1人当たりの賃上げ幅(加重平均)はパート組合員が2.82%(時給26.7円相当)となり、正社員の2.40%を上回った。 パートが正社員を上回るのは16年以来3年連続。小売りや外食で深刻化している人手不足が賃金を押し上げた。  2日時点で正社員421組合、パート165組合で妥結した。 正社員、パートともに妥結した116組合のうち、61組合でパートの賃上げ幅が正社員を上回った。  正社員の賃金体系維持分とベ...
»続きを読む
カテゴリー:

【無期転換ルール】人材派遣業の倒産が深刻 「2018年問題」でさらに悪化か 小規模倒産が全体の7割★2 - 04月07日(土)15:25  newsplus

2017年度の労働(人材)派遣業の倒産が、前年度と比べて28.1%増の73件となり、4年ぶりに増加した。帝国データバンクが18年4月4日に発表した。 負債規模別でみると、「5000万円未満」の小規模倒産が全体の7割を占めた。 ■雲行きが怪しい人材派遣業 人材大手のリクルートスタッフィングとパーソルホールディング、パソナグループの2018年3月期(パソナは5月期)第3四半期決算は、いずれも増収増益で好調を持続している。 しかし、業界全体が好調というわけにはいかない。73件の労働派遣業者の倒産は、小規模倒産が大半を占める。...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】パート賃上げ2.82% 3年連続正社員上回る UAゼンセン中間集計 - 04月06日(金)15:24  newsplus

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは6日、2018年春季労使交渉の中間集計(2日時点)を公表した。1人当たりの賃上げ幅(加重平均)はパート組合員が2.82%(時給26.7円相当)となり、正社員の2.40%を上回った。パートが正社員を上回るのは16年以来3年連続。小売りや外食で深刻化している人手不足が賃金を押し上げた。 2日時点で正社員421組合、パート165組合で妥結した。正社員、パートともに妥結した116組合のうち、61組合でパートの賃上げ幅が正社員を上回った。 正社員の賃金体系維持分とベースアップ(...
»続きを読む
カテゴリー:

【非正規労働者】雇用安定へ、無期転換ルール開始 既に適用逃れのケース多数 - 04月02日(月)13:39  newsplus

 有期雇用契約の労働者が同じ企業で通算5年を超えて働けば、期間の定めのない契約へ移行できる労働契約法の「無期転換ルール」が1日、始まった。要件を満たす労働者が勤務先に申請すれば適用される。有期労働者の雇用安定化が期待されるが、契約更新年数に上限を設けるなど、適用逃れが疑われる企業も既に現れている。厚生労働省は、制度の趣旨に沿った対応を呼び掛けている。  無期転換ルールは2013年4月施行の改正労働契約法で定められた。施行日以降に契約更新を重ね、同じ企業での勤続期間が通算5年を超えた人が対象で、企業は申...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「無期転換」の画像

もっと見る

「無期転換」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる