「無料メルマガ」とは?

関連ニュース

「金正恩は韓国を倒す準備をしている」脱北兵士が決死の告白 - 01月19日(金)23:28 

年明け早々の北朝鮮によるアメリカを挑発する発言等により、今なお緊張状態が続く米朝関係。そんな中、北は韓国には急接近し、平昌(ピョンチャン)冬季五輪への参加も表明しました。しかしそこには裏の理由もあるようで…。無料メルマガ『キムチパワー』の韓国在住日本人著者が、脱北兵士(帰順兵士)のインタビューを詳しく紹介しています。 北朝鮮の現状(帰順兵士の証言) 2017年11月にメルマガでお送りしたオ・チョンソン兵士は現在も元気で治療と韓国への順応過程を営んでいるようだ。彼より「5か月先輩」の帰順兵士がいる。仮にA氏とする。20代前半の青年である。今回のメルマガは、このA氏のインタビュー記事(SBS)を読んでの要約と感想である。 北朝鮮軍の70%は帰順(南に亡命)を希望している 希望しながらなぜそれが実行できないのか。最初の恐怖は非武装地帯の「地雷」だ。非武装地帯は「地雷畑」と呼ばれるほど地雷が多い。特に軍事境界線の北側に多くの地雷が埋設されているものと推定されている。A氏もこの地雷のため、何度も脱北を躊躇したという。 二番目の恐怖は、北朝鮮側に残っている家族に対する北朝鮮政権の報復だ。金正恩(キム・ジョンウン)政権が軍人の脱北の事実が民間に広がることを非常に警戒するため、たとえ兵士が亡命しても、その家族を公開的に処罰するものではないということだ。 最後の恐怖は、北朝鮮軍の「追跡班」に対する心...more
カテゴリー:

料理人になりたいから調理師免許を取る人が間違っている理由 - 01月19日(金)20:00 

自分としては努力しているつもりだけど、成果が出ない―。そんな時人は、「まだまだ努力が足りないのでは」と思いがちですが、本当にそうなのでしょうか。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では著者の佐藤しょ~おんさんが、「大事なポイントはどれくらい努力をするかどうかではない」とした上で、「努力と成果の関係性を見直す方法」について記しています。 成果に繋がる努力をしているのか? 今の資本主義の世の中に生きていて、努力が必要ないと言い切れる人はかなりの少数派でしょう。努力ゼロで幸せをゲット出来るのなら苦労しないよという声も聞こえて来そうです。 そんな世の中だから、多くの人が倒れる寸前まで努力しようとするんですけど、それでも目指した成果が出ないという人がいるわけです。そうなると、  ■ 私には努力が足りないんだ って思い込んじゃって、さらに努力をしようとする人がいたりするんです。で、挙げ句の果てに肉体的にも精神的にも自分が壊れちゃうという笑えないケースになったりするんです。 マズいなぁ、自分もそのクチだなぁと思ったら今日のネタは良く読んで下さいね。 大事なポイントはどれくらい努力をするかどうかじゃないんです。そんなのは出来る範囲でマックスまでやってるんでしょ。マックスまで努力をしているのに、欲しい成果を手に出来ないというのであれば、次にやるべきなのは「もっと努力をする」...more
カテゴリー:

「プーチンを裏切れ!」米国に脅迫された、ロシアの新興財閥軍団 - 01月19日(金)04:45 

トランプ大統領の「ロシアゲート」事件をきっかけに悪化し続けている米ロ関係。アメリカはロシアの新興財閥にも圧力をかけ、プーチンを裏切るように仕向けているようです。米ロどちらとも良好な関係を保ちたい日本ですが、どのように動くのがベストなのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でモスクワ在住、国際政治に詳しい北野幸伯さんが考察しています。 「プーチンを裏切れ!」アメリカ、ロシア新興財閥軍団を脅迫 久しぶりにロシアの話です。 「日本には沖縄の領有権はない!!!」 中国は、こんな主張をしている。それで、日本にとって最大の脅威になっている。私たちは、リアリズムの大家ミアシャイマーさんや、世界一の戦略家ルトワックさんの戦略に従い、「日米ロで連携し、中国を動けなくする」という道を探ってきました。 トランプは、「親ロシア、反中国大統領」として登場したので、非常に期待していた。しかし、その後「ロシアゲート」が盛り上がり、米ロ関係は悪化し続けている(トランプ自身は、今も親ロシアです)。そして、米中関係は、アメリカが北朝鮮問題で中国の協力を必要としていることから、あっさり改善されてしまった。現在の米中ロ関係を、単純にいえば 米ロ関係は、非常に悪い。ますます悪化している 米中関係は、悪くない 中ロ関係は、とてもよい。 こんな感じになります。しかも、アメリカは、ロシアへの攻撃を止めようとし...more
カテゴリー:

なぜ味は良いのに客が来ない?そんな店にプロが行ったアドバイス - 01月18日(木)23:00 

「お店の立地もまぁまぁで、味は保証つき、それなのにお客様が全然増えない」というお店は、ターゲット設定に問題があるのかもしれません。今回の無料メルマガ『飲食店経営塾』では著者で飲食店コンサルタントとして活躍中の中西敏弘さんが、今話題の「ペルソナマーケティング」について、わかりやすく解説しています。 ペルソナマーケティング コンセプトを作り上げるときに、最も大切なのが、「ターゲット」設定。「誰に店を利用してもらうのか」を決め、その人が「どんな時に」「いくらぐらいで」というように考えていくにあたって、コンセプトをつくっていく基盤となるのがこのターゲット。 ただ、このターゲットに対する考え方、最近は変えていく必要があると思っています。 以前は、ターゲットを設定する際に、「20代前半の女性」という具合に、比較的幅広く設定したものでした。しかし、今はよく考えてみると、「20代前半の女性」と言っても、20歳の女性と25歳の女性では今では、ニーズが全く違いますよね。 ということは、「20代前半の女性」とターゲット設定してしまうと、これだけ飲食店の数が多い現在では、ターゲット(この場合、20代前半の女性)にとっては、「ぼやけたお店」になってしまうということです。そのため、僕はご支援先には、「ターゲット像」をより限定し、詳細に、具体化した方が、「より差別化された店つくりができるよ」と話しています。この...more
カテゴリー:

【書評】なぜ救急車を呼ぶと、「痛くない死に方」ができないのか - 01月18日(木)21:01 

ほぼ日刊で書評や映画評を届けてくれる無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんですが、今回取り上げた書籍は、メルマガ『長尾和宏の「痛くない死に方」』の発行者で2,000人以上を看取った医師にして日本尊厳死協会副理事でもある長尾和宏氏の著書。誰しも逃れられない「死」について綴られた衝撃作です。 『痛くない死に方』 長尾和宏・著 ブックマン社 すごい本である。体裁が。真っ赤なカバーに『痛くない死に方』の黒文字。医師・長尾和宏が書いている。4年前にも『「平穏死」10の条件』というベストセラーがある。在宅看取り、平穏死という言葉を知る人は増えたが、医療者(医療業務に従事する者)の空気はあまり変わっていないと感じているという。 著者による定義。 日本語の尊厳死=自然死=平穏死(不治かつ末期の状態において、本人が望んだ場合、不要な延命治療をせずに、自然な最期を迎えること) 日本語の尊厳死=欧米では当たり前のことなので該当する言葉はない 日本語の安楽死=英語の「尊厳ある」死 欧米の安楽死=日本では殺人罪 著者は欧米の安楽死には賛同しない。尊厳死・平穏死と比べて自然な死とは言い難いからだ。日本においては必要性を感じていない。なぜなら、日本は緩和ケアの技術に優れ、在宅医療制度も整備された世界で唯一の国だからである。上手に緩和ケアの恩恵に浴せれば、寿命を全うし...more
カテゴリー:

歴史教科書に中韓の歪曲された言い分を取り入れたい困った人々 - 01月19日(金)21:00 

昨年11月、高校の歴史教科書から坂本龍馬らの名が削られ、掲載歴史用語が半数ほどになる可能性が報じられ大きな話題となりました。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では中村学園大学教授で日本教育推進財団顧問の占部賢志さんが、3人の現役教師との対談を通して、その問題点を炙り出しています。 歴史用語「半減」案に異議あり! 日本史の教科書から、「武田信玄」や「吉田松陰」などの歴史用語が消されようとしています。その一方で、「南京大虐殺」が再び取り上げられるとか。その提言にはどんな真意が隠されているのでしょうか。 日本の教育を取り戻す 占部賢志(中村学園大学教授) 教師A 「先日、高大連携歴史教育研究会というところから、高校の日本史、世界史の教科書に出てくる用語を現在の約半分にあたる1,600語程度に減らすべきだとする提言が出て議論が起きています」 教師B 「日本史教科書で言えば、戦国時代に活躍した『上杉謙信』や『武田信玄』が消され、明治維新では『吉田松陰』や『坂本龍馬』が外されているようですね。その一方で、最近の教科書からは消えつつあるはずの『従軍慰安婦』などが取り上げられています。なんだかバランスに欠ける提案だと思いました」 占部 「昔から歴史は暗記科目というのが相場です。その暗記科目から抜け出すための方法の一つとして、今回の削減案が出されているようですね。その意図は分からな...more
カテゴリー:

ZOZOTOWNに学べ。作業の手間を減らすためのヒントがココに - 01月19日(金)19:56 

かつては高級品の定番だったオーダーメイド商品。しかし昨今では技術の進歩により、今までよりもお安く手軽に利用できる新サービスが登場しています。今回の無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』では著者の音多さんが、ZOZOTOWNが提供を開始した「ZOZOスーツ」の凄さを紹介するとともに、個人で取り組める「手順を省く仕組みづくり」について考察しています。 ブルーオーシャン戦略~オーダーメイド~ 今日はビジネスのタネからお届けします♪ 今回のテーマはブルーオーシャン戦略と題し、これからのビジネスでますます目立って来ると思われる「オーダーメイドサービス」からあなたのビジネスを進化させるアイデアを考えてみたいと思います。 オーダーメイドやカスタマイズが今後のビジネスの中心となる理由は、逆にこれまでが大量生産大量消費で、全国どこでも同じ物やサービスが手に入る時代だった事を考えればおのずと見えて来ます。 大量生産大量消費モデルとしてすぐ思い浮かぶのがコンビニでありファミレス、そして衣料系の似たようなチェーン店です。消費者はそうした所から商品やサービスを受けるの事にそろそろ「飽きはじめている」のが事実です。私もコンビニはセブンが好きですが、毎日行ってると「たまにはコンビニじゃなくてスーパーに行くか」とか思いますもん。 自分が選んだ服と同じ服を着ている人がそこらじゅうに溢れているのもあまり気...more
カテゴリー:

なぜあの営業マンは「タメ口」なのに売りまくることができるのか - 01月18日(木)23:30 

営業成績のいい人のトークや立居振舞を真似るのも自分のスキルを上げる一つの方法、などと言われますが、もちろんそのままコピーしたところですぐに成果が上がるというわけではありませんよね。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、真似るにあたってまず第一に理解しないといけない部分についてレクチャーしてくださっています。 真似る人の背景 「売っている人の真似をしましょう」という話をよく聞きますよね。実際に成果を上げてきた人たちの話でよく話題に上がりますし、私も以前からよく言っています。現に、真似をすることで、自分に無いものを吸収するとか、新しい発見があったりして、本当に成果につながりやすいことです。 しかし、これにも落とし穴はあります。背景を理解せずに真似してしまうと、失敗してしまうからです。 例えば、お客様とタメ口で会話をするのにめちゃくちゃ売る人がいます。そういう人を真似しようとして、ただ単に「タメ口で会話をする」という部分だけを抜き取って真似をすると、大変なことになります。 その売っている人は、当然、お客様とそんな会話ができる関係づくりをしていますし、あえてそんなキャラ作りをしていることもあるでしょう。普通ではありえないタメ口トークができるような背景があるわけです。 にも関わらず、その背景を理解しないままタメ口...more
カテゴリー:

年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか? - 01月18日(木)22:30 

先日、政府が2020年までに年金支給開始年齢をさらに引き上げ、70歳超えに先送りできる仕組みをつくろうとしていることが報じられました。しかし、そもそもこの「年金の繰り下げ制度」を実際に利用している人は現在2%程度とのこと。今後、高齢者雇用の広がりとともに利用者も増えていくのでしょうか。無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさんが考察しています。 ついに年金の70歳超えの選択受給可能の方向へ 1月17日に、年金支給開始年齢を70歳超も可能にするというようなニュースがありました。2020年までには法案の国会提出を目指すようですね。前も何か75歳支給開始年齢になるとかなんとかっていう話がありましたが、実際の年金支給開始年齢が上がるという話ではありません。ここはいつになるかわかりませんが^^;。 今現在の年金支給開始年齢は65歳であり、しかもまだ65歳に向かって引き上げ中であります。今年60歳になる昭和33年生まれの女子でもまだ厚生年金支給開始年齢が60歳からの状態です。 65歳前から年金がもらえる人は、年金保険料納付済期間+免除期間+カラ期間≧10年以上を満たして、かつ、厚生年金期間または共済組合期間が1年以上ある人。厚生年金期間と共済組合期間合わせて1年以上でもいい。 ● カラ期間とは(参考記事) しかし、昭和33年4月2日生まれから昭和3...more
カテゴリー:

「億り人」も夢じゃない。仮想通貨を始めたい人のための初心者講座 - 01月18日(木)20:08 

「仮想通貨元年」と言われた2017年ですが、明けて2018年、さて今年は自分も仮想通貨市場で一勝負などと思ったものの、1月16日~17日の大暴落に腰が引けてしまった方も多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、そんな初心者の方にもわかりやすく、「仮想通貨」と「フィンテック」について会話形式で紹介しています。 仮想通貨元年 新米 「最近、OL証券さんが良く来られますが、株か何か持っておられるんですか?」 所長 「いや、昔は、OL証券で株をしていたけれど、この会社では、今はもうやっていないよ」 新米 「じゃぁ、何のご用件で来られているんですか?」 所長 「もちろん、株の営業にも来られているよ。でも、今いちばん進められているのは、ファンドだね」 新米 「ファンドって?」 所長 「ファンドっていってもいろいろあるもんね。要は、投資信託かな」 新米 「ふーん、僕はそういうの一度もかかわったことなくて、どういうものか全くわからないので、作業しながら、今度近くでこっそり話を聞いていても良いですか」 所長 「いいよ、邪魔にならなければね。しっかり雑学を修得してくれよ」 新米 「はい、ありがとうございます」 所長 「私は、すきま時間には、できるだけ営業の人に会うようにしているんだよ」 新米 「え?どういうことですか…」 所長 「君がさっき言ったことと同じだよ...more
カテゴリー:

もっと見る

「無料メルマガ」の画像

もっと見る

「無料メルマガ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる