「濱田岳」とは?

関連ニュース

桐谷健太『ビジランテ』で大切にしたのは「衝動的な反応」 - 12月18日(月)06:00 

「完成した映画を見て“カッコええな、攻めてるなぁ”と思いました。説明的やなくても、匂いというか空気を感じることができるんです。オリジナル脚本が通りにくい時代に、入江悠監督はなんであの激烈な脚本を書きたかったのか」 そう語るのは、auのCM“三太郎シリーズ”でちょっとおバカな浦島太郎に扮する桐谷健太(37)。公開中の映画『火花』では、せつないほど懸命に青春を突っ走る芸人を演じている。 かたや冒頭の言葉は、最新映画『ビジランテ』(全国公開中)を見ての感想。「ビジランテ」とは、警察や法律、正義が及ばない過酷な世界で、自ら大切なものを守り抜く集団のこと。 「撮影はハードでしたよ。俺は監督のまっすぐなまなざしに“よし、やるぞ!”と奮起したし、好きなんでしょうね、過酷な場に身を置くのが」 物語の舞台は開発が進む地方都市。支配的な父親を憎む3兄弟は、成長して別々の道を選ぶが、父の死をきっかけに30年ぶりに再会し……土地や家族というものに縛られた3人の運命は交錯して、凄惨な方向へと転がり始める。 この作品で印象に残るのは、それぞれが父親や兄弟との確執を抱え必死で川を渡るシーン。極寒の冬の夜、ナイトロケで撮った画は闇の中で凍りつくようだ。 「空気は痛いほど寒いし、川の水は針で刺すような冷た...more
カテゴリー:

【テレビ】2017年度CM好感度、auが3連覇 なじみのBGM&インパクトゲスト作品が人気[17/12/14] - 12月16日(土)01:44  mnewsplus

2017年度CM好感度、auが3連覇 なじみのBGM&インパクトゲスト作品が人気 2017-12-14 15:00 ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2102322/full/ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000318-oric-ent 2017年『銘柄別CM好感度ランキング』で【KDDI/au】が3年連続で1位を獲得 CMに関する調査を行うCM総合研究所は14日、2017年度(16年11月度~17年10月度)の銘柄別CM好感度ランキングを発表。俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮する「三太郎」シリーズが人気の【KDDI/au】...
»続きを読む
カテゴリー:

「わろてんか」63話。台詞が聞き取れません、松坂桃李に続いて北村有起哉までボソボソ - 12月14日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第63回 12月13日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太63話はこんな話てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、崇徳院の和歌のように、一度別れた川がもう一度ひとつになったものの、団真(北村有起哉)とゆう(中村ゆり)は、まだ別れた川のままで・・・。おねしょ事件どうやら藤吉(松坂桃李)は、寄席の事務所で寝泊まりしていたらしい。藤吉とてん(葵わかな)とがうまくいってないことを心配する風太(濱田岳)とトキ(徳永えり)。隼也のおねしょをだしにして、てんと藤吉の仲をとりもつ。隼也が大変!と大騒ぎして、おねしょだった・・・という流れはずいぶんとドタバタだったが、その後の、風太とトキの采配には力がある。トキの気持ち 「やっぱりおトキさん、良い時に、居合わせているんですねえ」と「おはよう日本」(関東版)で高瀬アナウンサーにまたまた言及されたトキ(良い時にってダジャレか)。そんなトキと風太が話しているところは、息が合っていて、お似合いだ。仲直りしたてんと藤吉を見て、家族水入らずでライスカレーが食べたいと、結婚に憧れを抱くトキ。現在発売中のワニブックス「プラスアクト」(2018年1月号)で、徳永えりにインタビューをしたら、ドラマの時代、トキは適齢期を過ぎていて、風太...more
カテゴリー:

「わろてんか」面白くない芸人役の藤井隆に期待! - 12月10日(日)15:00 

12月9日に第60回の放送を終え、そろそろ折り返し地点も見えようというところの連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】葵わかな、お尻でドン!藤井隆との攻防にほっこり/(C)NHK 葵わかな演じるヒロイン・てんと夫の藤吉(松坂桃李)は経営する寄席を増やし、忙しい毎日を送っている。しかし、月の井団吾(波岡一喜)や団真(北村有起哉)といった新たな登場人物が巻き起こす騒動に、夫婦の仲も怪しくなってきた。 そして、古参の芸人たちは待遇改善を求めてストライキを決行。12月11日(月)から始まる第11週に向けて、課題が山積みとなっている。 そんな暗雲垂れ込めるストーリーの中で、視聴者に安定した“笑い”を届けているのが藤井隆だ。“全く面白くない芸人”役でありながら、その表情やせりふ回しで登場当初から「面白過ぎる」との呼び声が高い。 今後の展開が期待される万丈目吉蔵役・藤井のインタビューを紹介する。 ■ “面白くない芸人”役は、気が楽です(笑) ──“朝ドラ”への出演は「まんてん」(2002〜03年)に続く15年ぶり2回目ですが、本作への出演が決まった時のお気持ちは? 寄席が舞台になる物語の中で、芸人の役をやらせていただくのは本当に光栄です。ただ、万丈目は出演者発表会見でも、「全く面白くない芸人」と紹介されたんです。だから、本当に気が楽で...more
カテゴリー:

葵わかな&松坂桃李、夫婦ゲンカ勃発で…朝ドラ『わろてんか』第11週 - 12月10日(日)10:00 

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。12月11日からの第11週は、「われても末に」をおくる。てん(葵)が藤吉(松坂桃李)の許可なく、団真(北村有起哉)を高座に上げたことで夫婦ゲンカが勃発、ついには口も聞かない最悪の状態となる。また、藤吉は思いやりのつもりで、「仕事を休んで子育てに専念すればいい」とてんに告げるが、てんはショックを受け、さらに夫婦はすれ違ってしまう。てんがいなくなった風鳥亭では、藤吉が経理から雑用まで引き受けるが、慣れない仕事にてんてこ舞いに。そんな中、団真とお夕(中村ゆり)の夫婦仲もおかしくなり、お夕は姿を消してしまう。てんは、藤吉がなぜ大金を払ってでも団吾(波岡一喜)を風鳥亭に迎えたいのかを知りたいと思い、風太(濱田岳)に頼んで団吾の家を訪ねることに。だがそこで、団吾の世話になっているお夕を見つけて驚く。てんはお夕と団真のよりを戻させるため、もう一度団真を高座にあげて欲しいと藤吉に頼み込む。だが、高座に上がった団真の前に団吾が現れ、それに気付いた客たちは大盛り上がりし、団真が落語をするどころではなくなってしまい……。 関連リンク 綾瀬はるかの『奥様は、取り扱い注意』アクションロスは『精霊の守り人』で解消!? ...more
カテゴリー:

【芸能】濱田岳、友人・松坂桃李に「あいつの方がモテる。それが嫌」 - 12月16日(土)17:06  mnewsplus

 NHK朝ドラ「わろてんか」でヒロインの夫・北村藤吉郎を演じている俳優の松坂桃李(29)が、同局「土曜スタジオパーク」(土曜・後1時50分)に出演。「わろてんか」の出演者達が、松坂についてコメントした。  ヒロイン「てん」を演じる葵わかな(19)は、松坂に初対面した際、「思ってたより普通の方だった」といい、「松坂さんはいたずらをするのが大好きで、小学生か!と思うことが多々ある」と語った。  てんの幼なじみ・武井風太役の濱田岳(29)は、プライベートでの友人・松坂のことを「結構抜けてて、デリカ...
»続きを読む
カテゴリー:

2017年度CM好感度、auが3連覇 なじみのBGM&インパクトゲスト作品が人気 - 12月14日(木)15:00 

 CMに関する調査を行うCM総合研究所は14日、2017年度(16年11月度~17年10月度)の銘柄別CM好感度ランキングを発表。俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮する「三太郎」シリーズが人気の【KDDI/au】が、3年連続で年間1位の座を獲得した。2位は昨年3位から1ランクアップの【NTTドコモ/NTT DOCOMO】、3位は昨年2位から下がった【ソフトバンク/Softbank】が続き、トップ3を携帯電話会社が独占した。 【一覧表】2017年度企業別CM好感度ランキング 出演者も  【au】は「三太郎」シリーズを中心に46作品を放送。三太郎をはじめ、かぐや姫役の有村架純、乙姫役の菜々緒、鬼役の菅田将暉らメインキャストのほか、今年は乙姫とかぐや姫の妹として川栄李奈が演じる織姫が登場し、さらにパワーアップ。シリーズ開始から続く元日スタートのCMでは、今年のNHK紅白歌合戦にも初出場するWANIMAの「やってみよう」が採用され、ほかにも桐谷が歌う「三太郎温度」や菅田が歌う「見たこともない景色」など、CMソングも支持を集めた。  2位にアップした【NTT DOCOMO】は、堤真一、綾野剛、高畑充希が新聞記者を演じる「得ダネを追え!」シリーズで、今年ブレイクしたブルゾンちえみをいち早く起用。高畑がブルゾンのネタを完全に再現した作品も話題となった。また、営業...more
カテゴリー:

「わろてんか」のキーパーソン、大野拓朗が明かすオーディション必勝法!? - 12月10日(日)17:01 

連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、12月11日(月)より第11週に突入する。 【写真を見る】キースの幼少期を演じていた、まえだまえだ・前田旺志郎とそっくり!?/(C)NHK ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は夫婦げんかをし、古参の芸人たちは待遇改善を求めてストライキを決行。月の井団吾(波岡一喜)や団真(北村有起哉)といった新たな登場人物も動き出し、物語に加速度がついている。 全151回のうち5分の2の放送を終えた本作で、実はこの人が物語を動かしているのではと思うほど、良くも悪くもヒロインたちに影響を与えている人物がキースだ。トラブルメーカーであり、藤吉の生涯の友でもあるキーパーソン、キースを演じる大野拓朗のインタビューを紹介する。 ■ オーディションで射止めたキース役 ──本作への出演が決まった時のお気持ちは? 飛び上がるぐらいうれしかったです! オーディションを受けたのですが、「その場で監督が“キースは大野くんで”と思ってくださっていた」と後から聞いて、さらにうれしかったですね。 同時に、やっぱり僕は三枚目路線の役なんだなって、改めて思いました(笑)。自分で言うのもなんですが、三枚目路線は得意分野だと自覚していて。認めてもらえるようになってきたという、喜びも感じています。 ──「とと姉ちゃん」(2016年)に続いて...more
カテゴリー:

『わろてんか』第11週、藤吉の思いを知るため団吾を訪ねたてん そこには意外な人物が… - 12月10日(日)11:00 

NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第10週『笑いの神様』では、藤吉(松坂桃李)は、人気落語家・月の井団吾(波岡一喜)に風鳥亭に出演してもらうべく奔走するが、団吾に大金を払おうとしている藤吉に、万丈目(藤井隆)ら古参芸人たちは異議を唱えストライキ。てん(葵わかな)は道で行き倒れていたお夕(中村ゆり)を助けるが、その夫・団真(北村有起哉)は落語家で、団吾の兄弟子だったことが判明。藤吉は団吾に、風鳥亭に団真を出さないことを約束。そして2万円の契約金を用意するというが、てんは猛反対。ある時、出演予定の芸人が急に来られなくなり、てんは団真を代わりに出演させるが、噺の途中で高座から逃げ出してしまう。そして無断で団真を出演させたことで、藤吉は激怒する。【関連】『わろてんか』第11週フォトギャラリー 11日から放送される第11週『われても末に』では、てんが団真を高座に上げたことが原因で藤吉と夫婦ゲンカが勃発、ついには口も聞かない最悪の状態となった。団真とお夕の夫婦仲もおかしくなり、お夕は姿を消してしまう。 てんは、藤吉がなぜ大金を払ってでも団吾を風鳥亭に迎えたいのかを知りたいと思い、風太(濱田岳)に頼んで団吾の家を訪ねた。だがそこで、団吾の世話になっているお夕を見つけて驚く。てんはお夕と団真のよりを戻させるため、もう一度団真を高座にあげて欲しいと藤吉に頼み込む。 だが、高座に上が...more
カテゴリー:

葵わかな&松坂桃李、夫婦ゲンカ勃発で…朝ドラ『わろてんか』第11週 - 12月10日(日)00:04 

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。12月11日からの第11週は、「われても末に」をおくる。てん(葵)が藤吉(松坂桃李)の許可なく、団真(北村有起哉)を高座に上げたことで夫婦ゲンカが勃発、ついには口も聞かない最悪の状態となる。また、藤吉は思いやりのつもりで、「仕事を休んで子育てに専念すればいい」とてんに告げるが、てんはショックを受け、さらに夫婦はすれ違ってしまう。てんがいなくなった風鳥亭では、藤吉が経理から雑用まで引き受けるが、慣れない仕事にてんてこ舞いに。そんな中、団真とお夕(中村ゆり)の夫婦仲もおかしくなり、お夕は姿を消してしまう。てんは、藤吉がなぜ大金を払ってでも団吾(波岡一喜)を風鳥亭に迎えたいのかを知りたいと思い、風太(濱田岳)に頼んで団吾の家を訪ねることに。だがそこで、団吾の世話になっているお夕を見つけて驚く。てんはお夕と団真のよりを戻させるため、もう一度団真を高座にあげて欲しいと藤吉に頼み込む。だが、高座に上がった団真の前に団吾が現れ、それに気付いた客たちは大盛り上がりし、団真が落語をするどころではなくなってしまい……。 関連リンク 綾瀬はるかの『奥様は、取り扱い注意』アクションロスは『精霊の守り人』で解消!? ...more
カテゴリー:

もっと見る

「濱田岳」の画像

もっと見る

「濱田岳」の動画

Wikipedia

映画
アヒルと鴨のコインロッカー アカデミー賞 =

| AFI賞 =

| 英国アカデミー賞 =

| セザール賞 =

| エミー賞 =

| ジェミニ賞 =

| ゴールデングローブ賞 =

| ゴールデンラズベリー賞 =

| ゴヤ賞 =

| グラミー賞 =

| ブルーリボン賞 =

| ローレンス・オリヴィエ賞 =

| 全米映画俳優組合賞 =

| トニー賞 =

| 日本アカデミー賞 =

| その他の賞 = 高崎映画祭
第22回 最優秀主演男優賞アヒルと鴨のコインロッカー 備考 = }} 濱田 岳(はまだ がく、[[1988年[[6月28日
- )は、日本俳優東京都出身。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる