「濱田岳」とは?

関連ニュース

「わろてんか」12話。ナレ死、救世主、偶然の再会、予定調和も極まると前衛に見えてくる - 10月16日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第12回 10月14日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博12話はこんな話ある日、伊能栞(高橋一生)が藤岡家を訪問。用件は、てん(葵わかな)が送った、亡くなった長男・新一(千葉雄大)が残した論文を読み、投資をしたいというものだった。新一、ナレ死ナレ死は、朝ドラや大河ドラマにつきものではあるが、今回のナレ死は、おひとが悪い。まず、てんと妹りん(堀田真由)が、新一に向かってお茶碗を差し出しているカットからはじまり、切り替わると、仏壇。新一はすでに亡くなっていることがわかるという流れになっていた。ドラマにおける登場人物の死は、当然ながら創作であり、そこには、視聴者を泣かせたい、感動させたい、登場人物の転機にしたいなど、なんらかの作意がある。今回の冒頭のこれは、新一の死にもうひとつフックをかけたかったのだと思うが、相手は“死”である。しっかり見せるか、さらっとするか、どちらかでよかったのではないか。百歩譲って、主人公たちが、亡くなってもなお、新一と共に生きているところを表している、と考えたい。百歩譲らなかったら、人気ワード「ナレ死」によって、ネットニュースの見出しや、ツイッタートレンドを狙ったのだろうかと想像してしまう。なにはともあれ。千葉雄大、わずか2週...more
カテゴリー:

「わろてんか」11話「つらいときこそ笑うんや」でも、この笑いはありなのか - 10月14日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第11回 10月13日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博11話はこんな話長男・新一(千葉雄大)の余命がわずかと知らされて、藤岡家一同は意気消沈するが、ふとしたことから笑いが戻ってくる。 そんなアホな13日の金曜日、なかなかヘヴィーなエピソードだった。賛否両論、意見が飛び交うことを目的として作られているのだろうか。なかなか難しいところにトライしているなと感じた。経営難と新一の重体が重なり、笑顔が消えたはずの藤岡家だったが、てん(葵わかな)は率先して明るく振る舞う。それに影響されて、みんなも明るくなっていく。まず、ここ。無理して笑おうとしているてんに合わせて、楽しもうとする風太(濱田岳)が、唐辛子を目にこすってしまい、熱い熱いと泣く。おそらく、彼は、みんなの本音である悲しみを体現しているのだと思うのだが・・・。藤岡家の不運は続く。最後の希望であった結納の件が、伊能家から断られてしまった。てんは、それでも「うちはへいちゃらや」と笑っていたが、彼女以外はもう笑えない。新一の余命が、あと1週間か1ヶ月かわからないが、とにかくあとわずかであると医師から聞いて・・・涙涙のしず(鈴木保奈美)。「そんなアホな」と、自分の非力さを悔しがる儀兵衛(遠藤憲一)。よく使う...more
カテゴリー:

【わろてんか】5文字の朝ドラはヒットする? 脚本・吉田智子氏「恋愛模様を楽しんで」 - 10月14日(土)05:00 

 NHKで放送中の連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)。タイトルの由来や前半のみどころについて、脚本家・吉田智子氏が明かした。 【写真】てんを支える3人の男たち  「どんなドラマにするか打ち合わせを始めた頃、たくさん集めていただいた資料の中に、“女興行師”の話がありました。そして、たくさん議論を重ねる中で、今の時代には“笑い”というものが大切なのではないかという話になりました」。  舞台は、明治の後半から第二次大戦直後の大阪。当時活躍した芸人・文化人などさまざまなお笑いのパイオニアたちの人生をヒントに、いつも周りに笑いをふりまくヒロイン・てん(葵わかな)が、ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになるまでを、笑いと涙のオリジナルエピソード満載で描いていく。  「タイトルは『5文字の朝ドラはヒットする』という法則があるとの理由で、監督が『わろてんか』にしようと提案されました。関西ことばで『笑ってね』という意味で、一文字の違いで議論し、大阪ことば辞典を何冊も買って、ようやく皆で導き出したタイトルです。  実は、このタイトル案が出された当初、私は首を傾げていました。東京出身の私には、『笑っているのか?』とツッコミを入れられているようなイメージの言葉に聞こえ、語感がキツいと感じました。するとプ...more
カテゴリー:

「わろてんか」9話「よ、待ってました!」声を掛けたかった高橋一生登場シーン - 10月12日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第9回 10月11日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博9話はこんな話お家の事情で結納が早まった藤岡てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)に会いに大阪へ向かう。あわや、かどわかしに合いそうになったとき、伊能栞(高橋一生)が現れた。高橋一生、登場。伊能栞の登場場面は、待ってました! と拍手喝采しそうな、芝居小屋でやってる商業演劇の一場面のようだった。朝ドラは、朝の支度のついでに時計代わりに観るものというのが定説だが、「わろてんか」は、お弁当食べながら、完全、リラックスして観たいお約束エンタメだ。少なくとも、9話は、完全にお約束の連続で楽しませてもらった。藤岡家の倉庫が全焼して、商売の巻き返しを賭けて仕入れた洋ぐすりも燃えてしまった。資金繰りのために伊能家とてんの縁談を急きはじめる、お父はん(遠藤憲一)。突然のことに戸惑うてんだったが、縁談反対派だった祖母ハツ(竹下景子)まで縁談派に寝返る(←お約束その1)。「よっしゃ。この結納、わてが整えまひょ。」(ハツ)そこで、風太(濱田岳)らが、ズッコケ。(←お約束その2)「ようみたら、この蝶々結びもよろしいやんか」と嫌っていた服装を褒め始める。さすが、商家の人間。損得で動く。子どもたちに家の懐事情をけどられないよ...more
カテゴリー:

「わろてんか」8話。視聴率は下降、魚と恋と手紙と倉庫は炎上、笑えない展開に - 10月11日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第8回 10月10日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博8話はこんな話縁談が持ち上がった藤岡てん(葵わかな)は、手紙をくれる藤吉(松坂桃李)のことが気になって・・・。視聴率が急降下視聴率が最初の4回が20%を超えて快調と思ったら、いきなり19.3%、17.7%と急降下。秋の3連休だったせいかもしれず。じつは筆者も、月曜日、あれ、今日「わろてんか」だっけ? とわからなくなってしまっていた。連休以外で考えられる問題点としては、物語よりも趣向が先行していたことだ。イケメンを第一にして、1週目が作られていたことは否定できない。初回2回が、松坂桃李のアップ終わりであったこと。そもそも、子供時代から松坂桃李が演じていて、ヒロインが少年少女のときのピュアな出会いと約束が素直に見られなかった。ジブリアニメのような少年少女の感じだったらたぶん、印象的だったと思う。チョコで口のまわりを泥棒ヒゲのように汚すのは、十分大人の松坂桃李よりも、誰か少年がやったほうが微笑ましかっただろう。そして、2週目の初回の終わりも、ラストカットではなかったが、高橋一生(写真)が目立つ構成だった。こういうところばかりが印象に残り、肝心のお話がまだ心に響いてこない。このあざとさを払拭するのは、...more
カテゴリー:

かわいいと思う2017秋ドラマ男性俳優ランキング! 千葉雄大の順位は… - 10月16日(月)08:00 

10月も2週が過ぎ、各局で新ドラマが続々とスタートしている。ドラマを見ていて、若手俳優に思わず「カワイイ!」と思ってしまう人も多いはず。そこで、しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女562名を対象に調査を実施。秋ドラマの主な出演者の中から、かわいいと思う男性俳優を複数回答で選んでもらった。■第5位:瀬戸康史(11.2%)(画像はTwitterのスクリーンショット)第5位は『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で、英語教師・島津智一を演じる瀬戸康史(29)。20代では3位にランクインした。出演映画や舞台が目白押しだが、Twitterのアイコンを同ドラマの役の画像にするなど、気合が入っているようだ。■第4位:竹内涼真(11.9%)(画像はTwitterのスクリーンショット)今年、朝ドラや『過保護のカホコ』で大ブレイク中の竹内涼真が第4位。女性と60歳以上で3位に。いよいよ放送される『陸王』(TBS系)ダイワ食品の陸上部員・茂木裕人役に、期待している人も多そうだ。■第3位:濱田岳(12.3%)(画像は『わろてんか』公式サイトのスクリーンショット)NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインの幼なじみ、武井風太役を演じる濱田岳(29)が第3位。auのCM「三太郎」シリーズの金太郎役のイメージも大きく、小柄な身長もかわいらしいと感じる要因かも。■第2位:神木隆之介(23.8%)(神...more
カテゴリー:

【朝ドラ】鉄板感ある『わろてんか』 視聴者裏切れるかが人気継続の鍵 - 10月14日(土)08:08  mnewsplus

2017.10.13  女優の葵わかな(19)が主演を務めるNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。10月スタート以降、視聴率20%前後をキープし、好調が続いている。序盤戦の課題と今後の見どころについてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * *  そんなわけで、にぎやかに始まった新朝ドラ『わろてんか』。京都の老舗薬種問屋の娘、藤岡てんが、旅芸人の青年、北村藤吉と恋に落ち、後に日本中に「笑い」を広めるビジネスを始め、奮闘するという物語だ。  スタート2週目の時点でこのドラマについて思うのは、ゆるぎない「鉄...
»続きを読む
カテゴリー:

「わろてんか」10話。通俗ドラマの王道だが、ツッコミが止まらない - 10月13日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第10回 10月12日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博10話はこんな話倉庫が全焼したことで経営難に陥る藤岡家。弱り目にたたり目。病弱な長男・新一(千葉雄大)まで倒れてしまう。おはよう日本 「あさイチ」が朝ドラ受けなら、「おはよう日本」は朝ドラ押し。この日は、高瀬耕造アナが「おはようおかえりやす」(いってらっしゃい)と関西弁で、「わろてんか」に繋いだ。興味深い 伊能様てんと伊能との出会いの現場に、ちょっと遅れて駆けつけた風太(濱田岳)。伊能に対して、むむむ、という表情。伊能の家だか事務所だかに連れていかれて話をするが、伊能はてんを知らなかった。ピンチを救ったのは、ほんとにたまたまかい! そのうえ「正直言うと、あまり興味が沸かなかったんだ」とは・・・てんの立場なし。ぎゃふん。薬品事業をする傍ら、文化芸能全般に興味があっていつか仕事にしたいと思い、寄席を観ていたのは「日本の大衆演芸から学ぶことが肝心だと思わないか」と言う伊能様。すばらしいお考えです。そして、てんの、8年前に、笑わせてもらった人のことをずっと思っている気持ちを「興味深い」と言う。「興味深い」で、「ガリレオ」の湯川の口癖「じつにおもしろい」をなんとなく思い出した(福山雅治は昼ドラ「トット...more
カテゴリー:

米津玄師の楽曲ゲストに菅田将暉!「どうしても菅田くんと」 【視聴熱】10/10デイリーランキング - 10月11日(水)18:36 

webサイト「ザテレビジョン」では、10月10日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【写真】山崎賢人や竹内涼真ら「陸王」出演者がバラエティー番組に続々出演 ■ 人物ランキング ニューアルバム収録曲のゲストに菅田将暉! 1位 米津玄師/2位 初音ミク/3位 佐野玲於 米津玄師…10月10日、ミュージシャンの米津玄師が11月1日にリリースするニュー・アルバム『BOOTLEG』の収録曲「灰色と青(+菅田将暉)」のミュージック・ビデオを公開。これまでタイトルは「灰色と青(+?)」とされていたが、この曲に参加するゲストが菅田と判明し、ファンの間で話題を呼んだ。米津は自身のSNSで「菅田くんとどうしても一緒にやりたくて、この曲は彼じゃなければ成立しなかった。最高の曲になったと思います。どうぞよろしく。」とコメントしている。 ■ ドラマランキング 高橋一生のお見合い写真「欲しい」! 1位 わろてんか/2位 陸王/3位 先に生まれただけの僕 わろてんか…10月10日の放送では、てん(葵わかな)の見合い相手・伊能(高橋一生)の写真を見て、母のしず(鈴木保奈美)をはじめ藤岡家の女たちは色めき立つ。しかし、藤吉(松坂桃李)のことが気になるてんは、伊能との見合い話にあまり気乗りがしなかった。風太(濱田岳)はてんが大事にしていた藤吉の手紙を捨て、すっぱり藤吉のことを忘れさせようとするが、逆にて...more
カテゴリー:

「わろてんか」7話。高橋一生登場、舞台がはじまった千葉雄大の出番はいつまで? - 10月10日(火)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第7回 10月9日(月)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博7話はこんな話1910年(明治43年)夏、藤岡てん(葵わかな)に縁談話がもちあがった。 高橋一生、登場(写真だけど)。1週目は、松坂桃李。2週目は、高橋一生。女性視聴者を引きつけようと、がんばってはる。でも、やっぱり、朝ドラですから、ヒロインが大事。1週目の土曜日に出てきた葵わかな。本格的に登場の7話では、まず、お料理シーン。お父はん(遠藤憲一)の顔を作って楽しむ姿がかわいかった。からっと明るい、朝の顔にピッタリだと思う。話は、立派に成長したてんにそろそろ縁談を・・・という流れに。だが、てんの心には、8年前に出会った芸人・藤吉(松坂桃李)の面影が消えずにいた。8年前に会ったっきり、手紙がたまに来るだけだが、その内容が楽しみで、学友たちには“お手紙の君に恋してる”とからかわれるてん。「日本一の芸人になったら会いに行くから」なんて書いてある日には、純情な乙女は心ときめいてしまうもの。まったく罪な男だ、藤吉は。しかも、手紙の内容はほぼ嘘だった。酷い。風太(濱田岳)は「泥棒芸人」と彼を呼ぶ。風太のほうが見る目がある。てんの心とは関係なく、藤岡家には事情があって、縁談を進めないといけない。7話の最後には、...more
カテゴリー:

もっと見る

「濱田岳」の画像

もっと見る

「濱田岳」の動画

Wikipedia

映画
アヒルと鴨のコインロッカー アカデミー賞 =

| AFI賞 =

| 英国アカデミー賞 =

| セザール賞 =

| エミー賞 =

| ジェミニ賞 =

| ゴールデングローブ賞 =

| ゴールデンラズベリー賞 =

| ゴヤ賞 =

| グラミー賞 =

| ブルーリボン賞 =

| ローレンス・オリヴィエ賞 =

| 全米映画俳優組合賞 =

| トニー賞 =

| 日本アカデミー賞 =

| その他の賞 = 高崎映画祭
第22回 最優秀主演男優賞アヒルと鴨のコインロッカー 備考 = }} 濱田 岳(はまだ がく、[[1988年[[6月28日
- )は、日本俳優東京都出身。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる